Gamerch

【Apex Legends】初心者におすすめの立ち回り【エーペックス レジェンズ】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

Apex Legendsで初心者におすすめの立ち回りを紹介しています。最初に何をすればいいかや撃ち合いに勝つためにどうしたらいいかなどをまとめていますので、これからエーペックス レジェンズを始める初心者は参考にしてみてください。

マッチング~試合開始直後の立ち回り

マッチング時のキャラ選び

Apex Legendsではマッチング時に試合で使うキャラを選ぶ形式になっています。初心者の場合、どのキャラを選べばいいか迷いがちです。もし迷ったらライフラインかジブラルタル、バンガロールあたりを選んでおくようにしましょう。


初心者におすすめのキャラ

ライフラインは味方の回復を行うことができ、敵を倒すことができなくとも味方の手助けでチームに貢献できるキャラです。回復を担当するため、味方の動きに注目することが多くなり、自然と立ち回りの勉強ができます。動きを勉強するという意味では一番おすすめのキャラです。


ライフライン


ライフラインの立ち回り

ジブラルタルはシールド持ちのキャラとなっており、ほかのキャラよりも倒されにくいことが特徴です。ただし、正面以外の攻撃には弱く、味方と一緒に動かないと簡単に倒されてしまいます。そのため、味方と足並みを揃えて動く練習になるので、ライフラインが選べなかったときにおすすめです。


ジブラルタル


ジブラルタルの立ち回り

ライフラインやジブラルタルが選べなかった場合は、バンガロールがおすすめです。バンガロールは比較的シンプルで癖のないキャラとなっています。ブラッドハウンドのように痕跡を見ることは出来ないので、基本が身についていないと勝てないキャラです。そういう意味では中級者向けですが、初心者であれば勝つことを意識するよりも死んで覚えることから始めてみましょう。


バンガロール


バンガロールの立ち回り

ジャンプマスターの譲渡は早めにしよう

キャラ選びが3番目のときは降下の操作を担当するジャンプマスターに選ばれます。初心者の場合、どこに降下したらいいか迷いやすいです。迷っている間にも上空を進んでいってしまうので、譲るなら早めの決断を心がけましょう。

探索時の立ち回り

着地後は索敵を優先しつつ、装備を回収

初心者が行いやすい動きとしてとにかく装備を漁ることに夢中になってしまうことです。武器や装備の入手も重要であることは間違いないですが、索敵を疎かにすると相手の接近に気づかずに序盤で脱落することになります。


Apex Legendsはチーム戦なので、自分が武器を入手できていなくても味方が入手できている可能性があります。そのため、周囲に敵がいないかなどの索敵を優先する気持ちで臨みましょう。


特に野良の場合は、味方が索敵してくれているかの保証はないので、自分で周囲の安全を確認したほうが生存率は高くなりやすいです。

移動のタイミング

時間の経過でダメージを受けないエリアは徐々に狭まっていきます。リング縮小の警告が出ると焦って身を隠さずに移動しがちですが、それは厳禁です。


見通しの良い場所を走って移動しているとすでに移動済みの相手チームに発見され、襲撃される可能性があります。リング縮小が始まったからといっても焦らずに遮蔽物の影などを使いながら次のリングへと向かいましょう。


なお、リングの外に出ても即死せず徐々に体力にダメージを受けるだけなので、リング縮小に少し遅れる程度であれば問題ありません。

リング短縮中は背後に注意

リング短縮中は自分たちだけでなく、相手チームの移動も活発になるタイミングです。このときはリングの外側にも注意を払う必要があります。


Apex Legendsではリングの外に出ても即死せず、徐々にダメージを受けていく仕様となっています。そのため、リングの外でも多少は生存が可能となっています。


リングの外には敵がいないと思い込んでいると索敵が漏れて不意打ちされる可能性があるため、油断は禁物です。

リング短縮後は痕跡を探そう

ブラッドハウンドでなくとも、見える痕跡というのが存在します。例えばすでに開封されているコンテナや倒された相手の所持品などです。


それらの痕跡があるということは人がいるもしくはいたかもしれないということなので、その場所に接近する前に辺りを見回してみましょう。運がよければ別の地点に移動中の相手の姿を捉えることもできるかもしれません。

銃声が聞こえたら漁夫の利を狙う

銃声が聞こえたら相手チーム同士で交戦している可能性が非常に高いです。こちらが見つかっていないのであれば、わざわざ撃ち合っているところに参加する必要はありません。相手チームが消耗したのを見計らって攻撃を仕掛けるのが最も効果的です。


特に生き残ったチームは相手のチームの所持品を漁っている可能性が高いので、戦闘終了直後であれば奇襲も成功しやすく、制圧しやすいです。

戦闘時の立ち回り

相手に発砲する前にシグナルを使う

初心者であれば相手を発見したからといってすぐに発砲するのはやめましょう。1発で相手を倒せる銃は限られており、先に当てたから勝てるというようなものでもありません。


敵を見つけたら撃つことよりもシグナルで味方に知らせることを優先しましょう。戦闘が始まったら中距離~近距離戦で撃ち合いになることが多く、そのときに重要になるのは味方との距離です。


味方がそれぞれ離れ離れになっている状態で撃ち始めると一人ずつ倒されやすく、復活を行おうにも間に合わないことが多いです。


先手を取ることは重要ですが、そのまえに味方と態勢を整えることを意識しておきましょう。

深追いは禁物

Apex Legendsでは注射器などの回復アイテムは存在しますが、一般的なFPSと違って身を潜めていれば体力が回復するということはありません。逃げたとしても相手はダメージを受けたままです。


そのため、いかに自分たちがダメージを受けずに相手にダメージを与えて物資を消耗させるか、といったダメージレースが戦闘における勝敗の分かれ目です。


手負いの相手を深追いした結果、別の相手から大きなダメージを受けてしまっていては消耗戦になります。味方が交戦している相手を安全に狙えるなら、そちらを狙って2VS1の状況を作ることを心がけましょう。

グレネードをしっかり使う

初心者の場合、フラググレネードなどは銃を撃つことに意識が集中して使うのを忘れがちです。しかし、銃では攻撃できない場所にいる相手を攻撃する手段として非常に有用です。


的確なタイミングで使うのが理想ではありますが、使うのを忘れてしまうくらいなら建物に突入する前や物陰に移動する前に使うことを意識しておきましょう。


もし自分で使わないのであれば、イベントリを開き一度捨てて味方に譲ることも選択肢の一つです。物資はチーム全体で有効活用しましょう。

マッチング終盤の立ち回り

マッチング(試合)終盤の立ち回りは非常に重要な要素なので必ず頭に入れて立ち回るようにしましょう。

挟まれそうな位置は避ける

終盤に円が縮まった状態だと1パーティと戦っている間に挟まれて攻撃される事が多くなるので、終盤は銃声やケアパッケージなどの状況を前もって確認しておき、敵の位置を把握してから戦いましょう。


自分達のポジショニングは最後のみならず序盤から意識しておくべき事なのでしっかりと最後まで気を抜かないようにしましょう。

ラスト3パーティになったら漁夫の準備をする

試合終盤で自分のパーティーを入れて3パーティになったら漁夫の利を狙って立ち回る事で勝率が大きく上がります。


自身のパーティ以外の2パーティが戦いだしたら戦いが終わるまでは静かにしておき、戦いが終わったタイミングで全員で一斉に倒しに行きましょう。


この時に味方としっかり動きを合わせる為にもボイスチャットなど有効に使う事が大事です。


【注目記事】

【人気記事】


【キャラ一覧】

注目動画
【ApexLegends】《Duo/1on3》窮地からチャンピオンへ!その立ち回りを解説!【Gamerch】
【Apex Legends】初心者必見!基本の立ち回りを解説![Mirage使用 / チャンピオン] 【Gamerch】

コメント (【Apex Legends】初心者におすすめの立ち回り【エーペックス レジェンズ】)

  • 総コメント数35
  • 最終投稿日時 2019/05/06 22:59
  • 表示設定
    • 35
    • ななしの投稿者
    2019/05/06 22:59 ID:mja8yk6f

    >>32

    あと、いいシールどとってるのに全然たま当てれない雑魚。いい武器持っても当てられない 立ち回りもだめだから無意味 譲れ

    • 34
    • ななしの投稿者
    2019/05/06 22:52 ID:mja8yk6f

    >>32

    お前ら雑魚と即降りする俺の気持ちにもなれって思う

    • 33
    • ななしの投稿者
    2019/05/06 22:51 ID:mja8yk6f

    >>32

    それ

    • 32
    • ななしの投稿者
    2019/04/20 03:08 ID:pjmwr503

    何よりもろくにキルできないのに脳死で真下に降下してすぐ死ぬ味方はやめて欲しい。

    • 31
    • ななしの投稿者
    2019/04/12 15:27 ID:tmjruy2g

    一緒に戦う。これに尽きる。上手く命中しなくても取り敢えず撃つ。

    • 30
    • ななしの投稿者
    2019/04/11 13:29 ID:qpk19sx0

    >>29

    自分の場合まさにこれだと思う

    タイマンで負けるのは練習あるのみでAIM上達してけばなんとかなってくかなとは思うけど、カバー入るまでに有利位置取りたいとか余計なこと考えてまごつくことが多いから戦闘参加に遅れることが多い

    上手い人は有利位置とか敵位置の予測とかいろんなことを瞬間的に無意識的に考えれてるんだろうなぁと思う

    • 29
    • ななしの投稿者
    2019/04/06 18:51 ID:g1vcwag1

    ちょっとできるようになってきた初心者でチーム内でいつもキルも少ないしダメージ出てないってやつは戦闘に参加できてない事が多い、いつまでもファームしててカバーが遅かったりその場にいてもクロスファイア食らって即死またはタイマンで負けてるせいで戦闘から離脱してるとか、とにかく状況把握できてないやつが多いイメージある

    • 28
    • ななしの投稿者
    2019/03/30 17:46 ID:gnf9u6w0

    >>27

    このゲームだけでFPS練習するなら現状それくらい。エイムとかだけなら全FPSで共通の必要なスキルだから、他のFPSを遊びながらそれを練習って事にするのは有りだと思うよ。ガチのFPS初心者が急にapexやった場合、接敵時以外に対人との撃ち合いの腕を磨く機会がないからエイムに関しては上達くっそ遅いと思う。20分間生き残ったとしても、撃ち合ってる時間だけでいえば数分だからね。とはいえその撃ち合いがFPSでは超重要だから。エイムの基礎さえあればapexやりながら立ち回りも習得できるから上達も楽だと思う。

    • 27
    • ななしの投稿者
    2019/03/30 16:02 ID:eld6vf4f

    >>26

    このゲームで、トレーニングってどこでやれば・・・チュートの的撃ちくらい?

    • 26
    • ななしの投稿者
    2019/03/29 22:49 ID:gnf9u6w0

    >>25

    「初心者」ってどこから「初心者」かにもよると思うんだよね。個人的には、とりあえず一緒に行動して、戦闘が始まったら少しだけ離れたとこで発砲してデコイになってくれたらOKって感じ。カスダメしかいれられなくてもそれで相手が一瞬そっちに気を向けてくれたら後はこっちが頑張って何とかって感じ。相手が3人共猛者ならもう諦めパターンだけど、野良で初心者抱えた時点で仕方ない。上手くないやつの行動で最悪のパターンはひとり行動だと思ってる(ひとりで凸してダウンひとりでずっと後ろにいる等)。

新着スレッド

注目記事
ページトップへ