Gamerch
ブロスタ攻略まとめ

【ブロスタ】格差救済システムの徹底解説

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ブロスタの格差救済システムを紹介しているページです。ぜひご覧ください。

格差救済システムとは?

  • ブロスタの格差救済システムは、3対3のバトルにおいてトロフィー数で不利な状況にあるプレイヤーに「格差救済」ステータスを付与するものです。

  • マッチメイキングでトロフィー数が自分のチームより非常に多い(トロフィー200個以上多い)チームに当たった場合、または混合チーム(トロフィー数が多いプレイヤーとトロフィー数が少ないプレイヤーの両方がいるチーム)がマッチアップされた場合などに適用されます。

  • 「格差救済」のステータスがあるプレイヤーは、失うトロフィーが少なくなり、獲得するトロフィーが多くなります。

注意すべきこと

  • バトルロイヤル(ソロまたはデュオ)には影響しません
  • 格差救済のステータスが付与されるのは、トロフィーを200個以上持っている場合のみです
  • 同じチームで「再戦」すると、格差救済のステータスは失われます

格差救済システムの効果

トロフィー数に大きな差のある2人のチームにもう1人が加わった場合のマッチメイキング

たとえば、プレイヤー1(500トロフィー)とプレイヤー2(100トロフィー)が同じチームにいた場合、2人のトロフィー数の差は歴然です。

トロフィー数に200以上の開きがあれば、大きな力の差があると考えるべきでしょう。

さらに、このチームが3対3のマッチに参加したところ、プレイヤー3(500トロフィー)が参加しました。

そしてプレイヤー1の実力に基づいて対戦相手が選ばれた場合、プレイヤー3は「格差救済」の対象となります。


高度なプレイヤー同士のマッチメイキング

トロフィー数が多いプレイヤーと、そのプレイヤーよりもトロフィー数が著しく少ないプレイヤーがマッチアップされてしまう場合があります。

たとえば、平均トロフィー数が1000であるチームが700のチームと当たった場合です。

平均トロフィー数に200以上の開きがあった場合は、数値が低い方のチーム全体が「格差救済」の対象となります。


「格差救済」ステータスが適用されるケース

  • トロフィー数に大きな差がある(200以上の差がある)2人のチームに、もう1人のプレイヤーが加わる場合、3人目のプレイヤーは「格差救済」対象となります。

  • 平均トロフィー数に200以上の差があるチーム同士で対戦する場合、平均トロフィー数の低い方のチームが「格差救済」の対象となります。

「格差救済」ステータスによる効果

試合に勝利した場合

獲得トロフィー数が多くなる

試合に引き分けた場合

トロフィー数の変化なし

試合に敗北した場合

失うトロフィー数が少なくなる

 


ブロスタ攻略まとめトップページへ

おすすめ攻略記事


初心者おすすめ攻略記事


ブロスタ攻略まとめトップページへ

コメント (格差救済システム)

新着スレッド(ブロスタ攻略まとめ)

注目記事
ページトップへ
閉じる