Gamerch

【FGO】ケイローンの評価とステータス

最終更新日時 :
1人が閲覧中

FGOのアーチャークラスのケイローンのキャラページになります。相性の良いサーヴァント・概念礼装やステータス、最終再臨絵など掲載していますのでぜひご覧ください。

ケイローン

ケイローンのステータス

ケイローン

サーヴァント名ケイローン
クラスアーチャー
評価
声優武内駿輔
イラストレーター近衛乙嗣
初期HP1,960
初期ATK1,549
最大HP12,250
最大ATK9,294
Lv100 HP14,853
Lv100 ATK11,253
カード構成
(HIT数)

Q/Q/A/A/B
Q= 3HIT、A= 3HIT、B= 4HIT、
EX= 5HIT
宝具
4HIT

ケイローンのスキル

スキル1 心眼(真) A
自身に回避状態を付与(1ターン)
&自身の防御力をアップ(3ターン)
スキル2 永生の奉献 EX
味方全体のクリティカル威力をアップ(3ターン)
+スターを獲得
+自身のHPを500減らす【デメリット】
スキル3 神授の智慧 A+
味方単体のArtsカード性能をアップ(3ターン)
&味方単体のQuickカード性能をアップ(3ターン)
&味方単体のBusterカード性能をアップ(3ターン)

ケイローンの宝具

アンタレス・スナイプ
天蠍一射

敵単体の防御強化状態を解除
&敵単体に超強力な攻撃
&敵単体のクリティカル発生率をダウン(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

ケイローンのクラススキル

スキル1 対魔力 B
自身の弱体耐性をアップ
スキル2 単独行動 A
自身のクリティカル威力をアップ
スキル3 神性 C
自身に与ダメージプラス状態を付与

ケイローンの評価

ケイローンの評価を掲載しています。強い点、弱い点それぞれまとめているので、どこか強いのか気になる方はぜひご覧ください。

強い点




弱い点


ケイローンの運用方法


ケイローンの再臨素材・スキル強化素材

ケイローンの再臨やスキル強化に必要な素材と数を掲載しているので、最終再臨したい方などぜひご覧ください。

ケイローンの再臨に必要な素材

段階必要な素材
1段階アーチャーピース×4 QP×5万
2段階アーチャーピース×10 隕蹄鉄×6 QP×15万
3段階アーチャーモニュメント×4 精霊根×2 禁断の頁×8 QP×50万
4段階アーチャーモニュメント×10 精霊根×4 智慧のスカラベ×4 QP×150万

ケイローンのスキル強化に必要な素材

Lv強化素材
2アーチャーの輝石×4 QP×10万
3アーチャーの輝石×10 QP×20万
4アーチャーの魔石×4 QP×60万
5アーチャーの魔石×10 禁断の頁×4 QP×80万
6アーチャーの秘石×4 禁断の頁×8 QP×200万
7アーチャーの秘石×10 隕蹄鉄×4 QP×250万
8隕蹄鉄×8 蛇の宝玉×4 QP×500万
9蛇の宝玉×12 万死の毒針×48 QP×600万
10伝承結晶×1 QP×1000万

レベル別宝具・スキル効果と育成優先度

ケイローンの宝具やスキル効果の上昇値をレベル別に掲載しています。ケイローンを育成・スキル上げする際の参考にしてください。

宝具:アンタレス・スナイプ

宝具の効果
天蠍一射

敵単体の防御強化状態を解除
&敵単体に超強力な攻撃
&敵単体のクリティカル発生率をダウン(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>
OC:1OC:2OC:3OC:4OC:5
20%30%40%50%60%

スキル1:心眼(真) A

スキルの効果
自身に回避状態を付与(1ターン)
&自身の防御力をアップ(3ターン)
Lv1Lv2Lv3Lv4Lv5
10%11%12%13%14%
Lv6Lv7Lv8Lv9Lv10
15%16%17%18%20%

スキル2:永生の奉献 EX

スキルの効果
味方全体のクリティカル威力をアップ(3ターン)
+スターを獲得
+自身のHPを500減らす【デメリット】
Lv1Lv2Lv3Lv4Lv5
30%
5個
-500
32%
6個
-500
34%
7個
-500
36%
8個
-500
38%
9個
-500
Lv6Lv7Lv8Lv9Lv10
40%
10個
-500
42%
11個
-500
44%
12個
-500
46%
13個
-500
50%
15個
-500

スキル3:神授の智慧 A+

スキルの効果
味方単体のArtsカード性能をアップ(3ターン)
&味方単体のQuickカード性能をアップ(3ターン)
&味方単体のBusterカード性能をアップ(3ターン)
Lv1Lv2Lv3Lv4Lv5
20%
20%
20%
21%
21%
21%
22%
22%
22%
23%
23%
23%
24%
24%
24%
Lv6Lv7Lv8Lv9Lv10
25%
25%
25%
26%
26%
26%
27%
27%
27%
28%
28%
28%
30%
30%
30%

スキルの育成優先度

※優先度:→○→△

スキル1スキル2スキル3

相性の良いサーヴァント・概念礼装

ケイローンと相性の良いサーヴァントや概念礼装を紹介しているのでパーティ編成の際の参考にしてください。

相性の良いサーヴァント

相性の良い概念礼装

その他の基本情報

ケイローンの再臨(最終再臨)画像やプロフィール、マテリアル、バレンタイン礼装など掲載しているのでぜひご覧ください。

再臨画像

ネタバレがあります。
タップで画像が開きます。

初期第2段階
初期第2段階
第3段階最終再臨
第3段階最終再臨

プロフィール

ギリシャ神話における大賢者。
あらゆる知識に精通し、その穏やかな性格と教え方の巧みさからギリシャにおいて彼に教えを受けた英雄は数知れない。
ヘラクレスアキレウスイアソンアスクレピオス、カストール……年代こそ異なれど、皆ケイローンの門下生である。

声優(CV)武内駿輔
ILLUST近衛乙嗣
性別男性
属性秩序・善
出典ギリシャ神話
地域ギリシャ
  • パラメーター
筋力B耐久B
俊敏A+魔力B
幸運C宝具A

マテリアル

以下ネタバレがあります。

  • 絆Lv.1で解放

身長/体重:179cm・81kg
出典:ギリシャ神話
地域:ギリシャ
属性:秩序・善   性別:男性
ゼウスの父クロノスと、島の女神ピリュラーとの間に生まれた。

  • 絆Lv.2で解放

ケイローンの父である神クロノスは馬に化けて彼女と交わったため、ケイローンもまた、半人半馬のケンタウロスとして生まれた。怪物のような彼に乳を与えることをピリュラーは激しく厭い、菩提樹へと姿を変えてしまった。

父母から愛されなかったものの、成長したケイローンはあらゆる勉学に秀でた賢者となった。これは母の名である「ピリュラー」が菩提樹を意味することとあながち無関係ではない。菩提樹の花は気付け薬に使われ、樹皮は占いや書板として活用されたためだ。

大人になったケイローンは、ギリシャ中から乞われて「未来の英雄」を養育し始めた。彼が教えた者には大英雄ヘラクレスアキレウスの他、後に医術の神となったアスクレピオス、双子座に昇華されるカストールなどである。アルゴナイタイのリーダーであるイアソンも、彼に教えを受けた者の一人である。

もっともイアソン曰く「まあ俺くらいになると、ああいう、簡潔でわかりやすい授業というのはむしろ耳障りでね! 地雷女に引っ掛かったときの対処法くらい教えて欲しかったさ!」とのこと。

  • 絆Lv.3で解放

○永生の奉献:EX
不死性を差し出すことによって、射手座へと昇華した逸話がスキル化したもの。
星に昇華されたことで、彼は天の蠍から人々を守る存在となった。

○神授の智慧:A+
ギリシャ神話の神から与えられた賢者としての様々な智慧。
英雄独自のものを除く、ほぼ全てのスキルにB~Aランクの習熟度を発揮できる。
また、マスターの同意があれば他サーヴァントにスキルを授けることも可能。
別の聖杯戦争においては自分以外に使う機会がなかったスキルだが、此度のカルデアでは使う気満々である。

  • 絆Lv.4で解放

『天蠍一射』
ランク:A 種別:対人宝具
レンジ:5~99 最大捕捉:1人

アンタレス・スナイプ。
射手座となったケイローンが常に天の蠍を狙っているエピソードの具現化。
星を穿つという、弓兵が到達できる究極の一撃。
真名を解放した時点で発射することが可能で、弓からではなく、星から放たれる流星の一撃。
駿足で名高きアキレウスですら、この宝具を回避することはできなかった。
一夜に一度しか使用できないというデメリットが存在するが、タイミングさえ間違えなければ標的を逃すことはないだろう。

  • 絆Lv.5で解放

ギリシャ神話有数の大賢者であったケイローンは最終的にヒュドラの毒矢で射られ、その苦しみから逃れるために神としての証であった不死を返上した。
ケイローンを惜しんだ神が天に昇らせることで星となったが、現界したケイローンは不死を返上したのを悔いており、改めて不死を得ることを願望とする。
だがそれは神に昇華されたい訳でも、不死を切望している訳でもない。
彼が両親から授かった唯一の特異性、それを得たいがための望みだった。

  • をクリアすると解放

絆礼装/バレンタイン礼装

  • 絆礼装

,150,絆礼装)


  • バレンタイン礼装

,150,バレンタイン礼装)


注目動画
【FGO】99連《ラスベガス御前試合ピックアップ1召喚(日替り)》[水着武蔵・水着刑部姫・水着カーミラ]

コメント (ケイローン)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ