Gamerch

【FGO】ラクシュミー・バーイーの評価とステータス

最終更新日時 :
1人が閲覧中

FGOのセイバークラスのラクシュミー・バーイー(恒常)のキャラページになります。相性の良いサーヴァント・概念礼装やステータス、最終再臨絵など掲載していますのでぜひご覧ください。

ラクシュミーのステータス・スキル・宝具

ラクシュミー

サーヴァント名ラクシュミー・バーイー
クラスセイバー
評価
声優佐藤利奈
イラストレーター武内崇
初期HP6,590
初期ATK5,803
最大HP11,362
最大ATK9,949
カード構成
(HIT数)

Q/Q/A/B/B
Q= 3HIT、A= 2HIT、B= 4HIT、
EX= 5HIT
宝具
4HIT

ラクシュミーのスキル

スキル1 ラーニーのカリスマ B+【CT7】
味方全体の攻撃力をアップ(3ターン)
&確率でスター発生率をアップ(3ターン)
&確率でクリティカル威力をアップ(3ターン)
スキル2 進撃するシパーヒー B【CT8】
味方単体に無敵状態を付与(1ターン)
&確率で毎ターンHP回復状態を付与(3ターン)
&確率で被ダメージカット状態を付与(3ターン)
スキル3 グワーリヤルの抵抗 A【CT9】
自身にガッツ状態を付与(1回・3ターン)
&弱体耐性をダウン(3ターン)【デメリット】
+味方全体の強化成功率をアップ(3ターン)

ラクシュミーの宝具

ナヒン・デーンゲー
侵奪怺えぬ拒絶の王国

敵全体に強力な攻撃
&攻撃強化状態を解除
&クリティカル発生率をダウン(3ターン)

ラクシュミーのクラススキル

スキル1 対魔力 A
自身の弱体耐性をアップ
スキル2 騎乗 B
自身のクイック性能をアップ
スキル3 女神の真核 C
自身に与ダメージプラス状態を付与
&弱体耐性をアップ

ラクシュミーの評価

ラクシュミーの評価を掲載しています。強い点、弱い点それぞれまとめているので、どこか強いのか気になる方はぜひご覧ください。

強い点

味方全体の強化成功率アップ

ラクシュミーは、オジマンに次いで2体目の全体強化成功率アップを持ったサーヴァントです。

皇帝特権を始めとして、発動さえすれば強力なスキルをサポートできる役割として運用することになるでしょう。

カード構成もQQABBとアーツ多めのパーティーに編成しづらくされているので、確率アップでサポートするなら剣だけでなくあらゆるパーティーに出張するのがおすすめです。

発動すれば強力なスキル群

スキル1と2は、確率発動スキルなだけあって強力な効果がついています。

スキル3を使って確定発動させることが可能ですが、使うタイミングは相手やパーティー編成によって大きくブレるため、運用難易度の高いサーヴァントと言えるでしょう。

弱い点

CTのバラけたスキル

スキル1と2が確率発動なため、確率をアップできるスキル3とのCT差が大きく影響してきます。

特にスキル1は、2度目の発動を狙いたい性能です。

短期決戦を仕掛けるか、スキル3を使うタイミングをずらして使うか、どちらかに割り切った運用をしましょう。

ラクシュミーの運用方法

確率発動スキルをサポート

スキル3を使って皇帝特権などの確率発動スキルを持ったキャラのサポートをしましょう。

カード構成からして、アーツパーティーよりも、バスターとクイックを主体にクリティカルで殴っていくパーティーとの相性がいいです。

剣だけでなく、様々なクラスに出張可能なので色々な編成を試しましょう。

クリアタッカーとして運用

スキル3のおかげでサポートとしての運用をしたくなりますが、アタッカーとしても十分活躍させることができます。

蘭陵王美遊などをサポートに置くことで、CTの問題を解消させることも可能です。

星出し性能が低めなので、星出しが出来るサポートキャラと共に編成しましょう。

ラクシュミーの再臨素材・スキル強化素材

ラクシュミーの再臨やスキル強化に必要な素材と数を掲載しているので、最終再臨したい方などぜひご覧ください。

ラクシュミーの再臨に必要な素材

段階必要な素材
1段階セイバーピース×4 QP×5万
2段階セイバーピース×10 英雄の証×18 QP×15万
3段階セイバーモニュメント×4 戦馬の幼角×5 鳳凰の羽根×4 QP×50万
4段階セイバーモニュメント×10 九十九鏡×4 鳳凰の羽根×7 QP×150万

ラクシュミーのスキル強化に必要な素材

Lv強化素材
2セイバーの輝石×4 QP×10万
3セイバーの輝石×10 QP×20万
4セイバーの魔石×4 QP×60万
5セイバーの魔石×10 戦馬の幼角×3 QP×80万
6セイバーの秘石×4 戦馬の幼角×5 QP×200万
7セイバーの秘石×10 英雄の証×12 QP×250万
8英雄の証×24 励振火薬×15 QP×500万
9オーロラ鋼×20 励振火薬×45 QP×600万
10伝承結晶×1 QP×1000万

レベル別宝具・スキル効果と育成優先度

ラクシュミーの宝具やスキル効果の上昇値をレベル別に掲載しています。ラクシュミーを育成・スキル上げする際の参考にしてください。

宝具:ナヒン・デーンゲー

宝具の効果
侵奪怺えぬ拒絶の王国

敵全体に強力な攻撃
&攻撃強化状態を解除
&クリティカル発生率をダウン(3ターン)
OC:1OC:2OC:3OC:4OC:5
20%25%30%35%40%

スキル1:ラーニーのカリスマ B+

スキルの効果【CT7】
味方全体の攻撃力をアップ(3ターン)
&確率でスター発生率をアップ(3ターン)
&確率でクリティカル威力をアップ(3ターン)
Lv1Lv2Lv3Lv4Lv5
10%
30%
30%%
11%
32%
32%
12%
34%
34%
13%
36%
36%
14%
38%
38%
Lv6Lv7Lv8Lv9Lv10
15%
40%
40%
16%
42%
42%
17%
44%
44%
18%
46%
46%
20%
50%
50%

スキル2:進撃するシパーヒー B

スキルの効果【CT8】
味方単体に無敵状態を付与(1ターン)
&確率で毎ターンHP回復状態を付与(3ターン)
&確率で被ダメージカット状態を付与(3ターン)
Lv1Lv2Lv3Lv4Lv5
1000
1000
1100
1100
1200
1200
1300
1300
1400
1400
Lv6Lv7Lv8Lv9Lv10
1500
1500
1600
1600
1700
1700
1800
1800
2000
2000

スキル3:グワーリヤルの抵抗 A

スキルの効果【CT9】
自身にガッツ状態を付与(1回・3ターン)
&弱体耐性をダウン(3ターン)【デメリット】
+味方全体の強化成功率をアップ(3ターン)
Lv1Lv2Lv3Lv4Lv5
2000
20%
20%
2100
20%
22%
2200
20%
24%
2300
20%
26%
2400
20%
28%
Lv6Lv7Lv8Lv9Lv10
2500
20%
30%
2600
20%
32%
2700
20%
34%
2800
20%
36%
3000
20%
40%

スキルの育成優先度

※優先度:→○→△

スキル1スキル2スキル3

相性の良いサーヴァント・概念礼装

ラクシュミーと相性の良いサーヴァントや概念礼装を紹介しているのでパーティ編成の際の参考にしてください。

相性の良いサーヴァント


不夜アサシン
・味方のQuick性能アップ
・HP回復&確率で攻撃力と防御力アップ
ネロ
ネロ
・皇帝特権持ちセイバー
・HP回復&確率で攻撃力と防御力アップ
シトナイ
シトナイ
・NPチャージ&確率で攻撃力アップ+毎ターンスター獲得
蘭陵王
蘭陵王
・スキル2でスキル発動確率アップ
・同系統の攻撃サポートスキルでさらに火力アップ

スカディ
・Quick性能&Quickクリティカル威力アップ

相性の良い概念礼装

2030年の欠片2030年の欠片
自身に毎ターンクリティカルスター8(10)個獲得状態を付与
熱砂の語らい熱砂の語らい
自身のスター集中度を400(600)%アップ&クリティカル威力を20(25)%アップ
月の湯治月の湯治
自身のクリティカル威力を20(25)%アップ&毎ターンスターを3(4)個獲得する状態を付与

その他の基本情報

ラクシュミーの再臨(最終再臨)画像やプロフィール、マテリアル、バレンタイン礼装など掲載しているのでぜひご覧ください。

再臨画像

ネタバレがあります。
タップで画像が開きます。

初期第2段階
第3段階最終再臨

プロフィール

1857年のインド大反乱における、最も有名な指導者の一人。
ジャーンシー藩王国の王妃という立場でありながら、自ら馬に乗り、剣を振るい、先頭に立って民を導いた。
彼女に率いられた反乱軍の戦いはあまりにも見事であり、イギリス側の司令官は敵ながらその戦いぶりを賞賛する言葉を残している。

最新鋭の装備を備えた鎮圧軍に対し果敢に抵抗を続けたが、1858年6月、グワーリヤルの地にて戦死。

しかし彼女の勇気と思いは、
今もなお人々の心に深く刻みこまれているという。

声優(CV)12
絵師武内崇
性別佐藤利奈
属性秩序・善
出典史実
地域インド
  • パラメーター
筋力B耐久B
俊敏B魔力C
幸運E-宝具A

マテリアル

以下ネタバレがあります。

  • 絆Lv.1で解放

身長/体重:159cm・44kg
出典:史実
地域:インド
属性:秩序・善   性別:女性
ギョロ目のキャスターによく誰かと間違えて追いかけられる。

  • 絆Lv.2で解放

ラクシュミーは王の病死後、ジャーンシー王国の存続をイギリスと交渉する事になった。
当時イギリスは『失権の原理』(養子が王国の相続権を持つとは認めず、跡継ぎのいない国はイギリス東インド会社が併合する)を進めており、養子をもって存続を図ったラクシュミーの希望は打ち砕かれた。
インド総督ダルハウジーの特使がジャーンシーを訪れ「今後この国はイギリス領に併合される」と宣言したとき、彼女は涙を流すのではなく、「我がジャーンシーは決して放棄しない」と毅然と言い切ったという。

  • 絆Lv.3で解放

その後、ラクシュミーはジャーンシーにおける反乱運動の旗手となる。
彼女に刺激された女性兵士たちを多く含んだジャーンシーの反乱軍は、イギリス軍が舌を巻くほど勇猛果敢に戦った。
1858年、鎮圧軍の手によりジャーンシー城はついに陥落してしまうが、ラクシュミーはなんとか脱出。他の反乱軍と合流し、グワーリヤルの地で抵抗を続けた。
しかし反乱の気運がそれ以上広がる事はなく、二ヶ月後、イギリス軍はグワーリヤル城に総攻撃を仕掛ける。
ラクシュミーはその戦いでも奮戦したが、前線で指揮をしていた際に銃弾を受けて戦死したと伝えられる。

  • 絆Lv.4で解放

○ラーニーのカリスマ:B+
軍団の指揮能力、カリスマ性の高さを示すスキル。
ジャーンシー藩王国をまとめあげ、イギリス軍に反抗した王妃としての軍団指揮力。
ラーニーとはヒンディー語で『王妃』の意味。

○進撃するシパーヒー:B
シパーヒー、あるいはセポイと呼ばれる東インド会社のインド人傭兵部隊が反乱の引き金となった事を示すスキル。
ジャーンシー藩王国における反乱は、デリーを占拠した反乱軍に呼応し、ジャーンシーにいたシパーヒーが駐屯イギリス兵を殺した事が契機であった。
しかしその後、シパーヒーたちはデリーに向かってしまったため、ラクシュミーは私費を投じて兵を雇い、残されたジャーンシーを守らなくてはならなかった。

  • 絆Lv.5で解放

『侵奪怺えぬ拒絶の王国』
ランク:B 種別:対軍宝具
レンジ:1~40 最大捕捉:200人

ナヒン・デーンゲー。
彼女の『絶対に祖国を渡さない』という強い決意、願いが形になった宝具。

本来は敵対者の侵入・攻撃を防ぐ絶対的な領域を発生させる結界宝具である。
『彼女はジャーンシー王国を命をかけて守った存在である』という定義により、『彼女が守っているものは彼女の王国である』と因果を繋げる事で発動する。

今回はセイバーとして召喚された事により、『外敵に対する拒絶』の概念を攻撃に転化させた対軍宝具として機能させている。
彼女の想いの全てが乗った剣閃は、国の存亡を背負う決意そのもの。
故にそれは決して曲がる事も折れる事もない刃として、一国の未来に等しい重みと輝きをもって敵を薙ぎ払うのだ。

  • Lostbelt No.4クリアおよび絆Lv.5で解放

近代のサーヴァントであるが、インド異聞帯で縁を結んだ彼女は神性を具えている。
これは特殊な事情によりヒンドゥーの女神ラクシュミーの分霊がその身に宿り、半ば疑似サーヴァントのような状況になっているからである。
名前の一致も魔術的親和性を高め、その状況を後押しした。

……しかしそれは正確ではなく、実際に彼女に宿っているのはラクシュミーの姉、不運と不幸の女神アラクシュミー(ラクシュミーと同一存在・別側面であるという説も)。
アラクシュミーはカリ・ユガ期に現れる悪魔カリの二番目の妻であるともいう。

彼女の中にあるのは本当に女神の一部分であり、パーソナリティはほぼ王妃としてのラクシュミーそのまま。
『神性というエンジン(燃料)』
『稀に身体の奥底から感じる(アラクシュミーとしての)衝動』
『不運の女神としてたまに漏れ出てしまう失敗成分(軽いドジっ娘体質)』
あたりが、このラクシュミー・バーイーの持っている女神的要素である。

絆礼装/バレンタイン礼装

  • 絆礼装

,150,絆礼装)

  • バレンタイン礼装

,150,バレンタイン礼装)


コメント (ラクシュミー・バーイー)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ