Gamerch

紅茶・エピソード

最終更新日時 : コメント(3)

エピソードまとめへ戻る

紅茶へ戻る

紅茶のエピソード

果断かつ真面目な性格で、何事も中途半端に

は終わらせない食霊。


戦闘能力を上げることに執着し、どんな場面に

遭遇しても優雅な立ち振舞いを崩さないのは、

以前高貴な身分の料理御侍についていたからな

のかもしれない。


過去に心身ともに疲弊した経験があるが、どん

なに辛いことでもいずれ時間がキズを癒やして

くれると、人に手を差し伸べる温かさを持って

いる。



Ⅰ .委託

日課としてやっている射撃のトレーニングを済ませ

たら、私はよく「サタンカフェ」へ足を運ぶ。食霊が

オープンしたこのカフェは、絶品のコーヒーやドリン

クを提供するだけでなく、人間には実行不可能

とされる任務の代行業も営んでいる。


「マスター、いつものお願いするわ」


「サタンカフェ」のマスターであるコーヒーは、経

営と管理に応じる食霊だ。いつも微笑みを見せて

いる彼だが、今はある委託状を見て眉を顰(ひそ)めて

いた。


「手の焼ける委託のようね」


マスターの少し色あせた前掛けに、そっと目を

やりながら尋ねた。


「ああ……」


ようやく返事をしてくれたが、マスターの

表情は厳しいままだ。普段とは違う、仕事の

顔をしていた。


「ちょうど君に、頼もうと思っていた」


「委託の内容は?」


私はたまにここで委託を受ける。

任務完了後、店長は報酬を分けてくれる。

食霊にとって、お金は無意味なものだが、

人間社会での暮らしには欠かせない。


「光耀大陸に行ってくれるか?」


マスターは私が注文したドリンクを

カウンターに置くと、まっすぐに

こちらを見つめてきた。


「私の知っている中で、あの土地に一番

詳しいのはやっぱり君だからね」


「……到着後の動きを教えてちょうだい」


「行方不明になった人間の女性を捜してほしい。

年齢は18歳前後」


丁寧な任務説明に耳を傾けながら、

私はマスターの目に吸い込まれそうに

なっていた。私はあわてて目を伏せた。


「わかったわ。すぐに出発します」


手渡された委託状を受け取り、店を出ようと

したとき、後ろから呼び止められた。


「待ってください。私も行きます。いいですよね?

店長?」


振り向くと、その落ち着いた、ほのかに甘い

声の主はミルクだった。一見付き合いにくそうな

雰囲気だが、友達思いの心優しい食霊なのだろう。


「心配することはない。彼女ならきっと」


コーヒーは、ミルクを制し強い口調で言った。

その目は、自信に満ちていた。


私には、今から向かう土地に、つらい記憶があっ

た。彼らはそのことに触れないが、何かを察して

いる様子だった。


「待っているよ、ハニー」


いつもの調子に戻ったマスターは、しかし

申し訳なさそうな顔で言った。


ありがとう。本当にもう大丈夫よ。心配されるほ

ど、やわじゃないのよ、わたくしは。力強い足取り

で店を後にし、私は因縁の地、光耀大陸へ向かった。



Ⅱ ボタンイバラ



この国を後にして、どれくらい経っただろう。懐かしい景色を目にすると、種々の感慨が湧いてくる。目の前に広がるボタンイバラの花畑が、星辰の生暖かい風にそよいでいた。



ティアラ大陸は、365日を十二等分した独自の暦をもっている。星辰はちょうどその4番目に当たる。私はしゃがんで小さな白花に触れた。その瞬間、おぼろげな姿が頭の中を巡った。



「はじめまして。今日からは私があなたの御侍様よ。姫と呼ばれるのは好きじゃないの。そうね、ボタンと呼んで。」


「ほ〜ら、そんなに堅い表情しないで、リラックス、リラックス、笑ってみて?ふふ、せっかくわたしにそっくりの美人なんだから、自信を持ちなさい」



「わたしの父上も母上も、この国のために命を捨てたの。ずっと寂しかった私の世界に、紅茶、あなたが来てくれたのよ」



「ねえ、紅茶。ここはとっても平和でしょう。みんな助け合いの心を忘れず、生活しているの。素敵な国でしょう?」



「私も先代のような、立派な王になりたい。すべての民を守りたい。私にとってみんなは、家族のような存在だから」


「え?私は国を、あなたは私を守る?ふふ」



紅茶、ありがとう。あなたに話すと、いつも私の心は晴れやかになるのよ」



姿だけでなく、彼女はどこか、私に似ていた。ちょうどこの季節に吹く風のような笑顔。彼女は、私がこの世界に来てから初めて出会った料理御侍だった。



彼女がいて、私は光耀大陸が好きになった。そして、「サタン」のみんなが私を心配してくれる理由も、彼女が関係している。


Ⅲ 過去

(※誤字と思われる箇所を編集者の判断で変更して記載しています)


「任務に集中しないと」私は立ち上がり、コーヒーから受け取った委託状を握りしめた。


行方不明になった少女は、光耀大陸に遊学していた人間の女の子で、まだ自身の食霊をもっていない。彼女は毎月家族に手紙を送っていたが、あるときぱったりと途絶えたそうだ。少女は最後の手紙で、広い竹林について書いていたが、私はそれが手掛かりになる予感がしている。


「……きっとあそこのことね」人間に派閥があるように、食霊にも似たような状況がある。竹林のある場所の見当はついていたが、そこは「彼ら」の支配下にある地域だ。


いかに「彼ら」に気づかれず侵入し、捜索するか。竹林の陰に身を隠し思案を巡らせていた。突如、視線の先に、黒い影が動いた。


「奇遇だな」顔を上げると、不敵な笑顔を浮かべた甘い豆花と目が合った。私は思わずベルトに下げているフリントロック式銃に手をかけた。


「まあ、そう警戒するなって。オレたちの仲だろ…?」甘い豆花の不気味な笑顔には、毒蛇の牙のような鋭さが貼り付いていた。初夏の昼間だというのに、背中に寒気がはしった。この食霊には、できれば会いたくなかった。


私は銃を構えた。「何も、話すことはないわ」


「わあ怖い顔。かつての友だちじゃないか。さ、思い出話をしよう」彼は薄く笑いながらその場に腰を下ろした。


「しかし、あの頃の君はもっと魅力的だったね」

彼は私を見つめながら言う。「元の君なら、オレをもっと愉しませることができる」


黙れ……銃を握りなおすと、突然の眩暈が襲ってきた。何が起こった?視界に映る林、やつの不気味な顔、すべてが猛スピードで回転し、突然、地面が迫りかかってきた。


「おや。やっと効いたね」


「効いた……どういうこと……」


甘い豆花は懐から香袋を取り出し、倒れている私を覗き込んだ。「時間を稼ぐために長話をした甲斐があった」彼は香袋を嗅ぎながら続けた。「これ、なかなか便利なんだ。君をね、思い出の中に連れていける」


足元に咲くボタンイバラの白花が風に揺れている。私は頬についた土をはらうこともなく、それをただ、茫然と眺めていた。


「もう一度あの人の顔を見られるんだ、幸せだろ?」


Ⅳ 現在

(※「甘豆腐花」→「甘い豆花」に変更しています)


香袋の、どこか懐かしい匂いに誘われ、私はいつの間にか、記憶の世界に浮かんでいた。


「鎖国を解くことは、絶対にできない!この国は私が守る国。この地の民は、私にとって家族よ。他の大国との交流は、危険でしかないわ。」


紅茶も分かってくれるでしょう?この国は、平和な生活に慣れているの。その安全を、他国の脅威に晒すというの?」


「あなたの心配には及ばないわ。父上と母上だって、他国によって殺されたのよ!」


「もういい!紅茶には、私の気持ちなんてわからないでしょう!この国の王は私よ!!」


執拗にこびりつき、ついに消し去れなかった悪夢が鮮明に、滝のようにとめどなく溢れ、私は自分の絶叫を聞いた。「思った以上に効いてるね」甘い豆花のささやきが、頭のどこかで反響している。


「貴様の思い通りに……させるか……」かろうじて引き留められた意識の中、銃で香袋を打ち壊そうとしたが、もはや手足の感覚すら失われていた。かわりに、再び深淵に引きずりこまれる感覚があった。


「たった一体の堕神の襲撃で、私の国が滅んだ……」


紅茶、あなたは正しかったのね……この国は、こんなにも脆い……」


「私たちだけで守ろうなんて、儚い空想だったわ……は、はは」


「もしあなたの言う通りにしていたら……あなたは傷つかず、みんなも死ななくて済んだね」


「ごめんね……」


「もういいの!泣かないで!どうか生きて!」ボタンが銃を手に取り、自らの脳天に突き付けた。私は思わず手を差しのべた。「お願い、死なないで……」ボタンを抱きしめるはずの手は、いたずらに宙を引っ掻いた。暗闇は、あまりにも果てしなかった。


「私のせいで、みんな死んだ。私が弱かったから、ボタンが全部背負った。私のせいで」


「死ぬべきなのは、私、ボタンじゃなく、私」


胸を突く衝動が私を蝕んだ。得体のしれない第三の思考が、静かに、確実に、身体のすみずみまで張り巡らされるのを感じていた。


「覚醒が……始まったのか?」


甘い豆花の言葉とともに、意識が絶えるのを感じた。記憶の暗闇は、刻一刻と凝縮され、より濃密な空間へと姿を変えていくが、息苦しさは感じなかった。その無感覚に、ただ身をゆだねていた。


「大丈夫よ」


どれくらい墜ち続けただろう。私は大きく、純粋な力によって包まれていた。


「大丈夫。すべては終わったの。悔いることも、恥じることもないわ」


「大丈夫、もう大丈夫……」


目を開けた私は、声の主を見ることはなかった。

ただ一輪のボタンイバラの白花が、暗闇に根を生やしていた。


再び意識を取り戻した時、私は既に「サタン」にいた。


目が覚めた私を見ると、ミルクはかすかに瞳を潤わせたが、向き直ると、コーヒーに文句を言い始めた。コーヒーは苦笑しながら、ミルクを静めようとしている。彼らのやりとりをぼんやりと聞いていると、どうやらティラミスが光耀大陸に行き、甘い豆花から私を救ったようだ。


「任務は……どうなったの?」私は視線をコーヒーに向けた。


「ハニー…あれは君をおびき出すための偽の委託だったようだ。本当に申し訳ない」


「そう……」甘い豆花が現れたのは、偶然ではなかった。


だがこれでよかったのかもしれない。私は過去を肯定するために、光耀大陸へ向かったのだ。


開け放した「サタン」の窓から、あたたかな風が舞い込んできた。


編集中


エピソードまとめへ戻る

紅茶へ戻る

コメント (紅茶・エピソードに対して)

  • 総コメント数3
  • 最終投稿日時
  • 表示設定
    • 3
    • 白羽
    ID:j7uu8339

    (Ⅱの続き)


    「え?私は国を、あなたは私を守る?ふふ」


    「紅茶、ありがとう。あなたに話すと、いつも私の心は晴れやかになるのよ」


    姿だけでなく、彼女はどこか、私に似ていた。ちょうどこの季節に吹く風のような笑顔。彼女は、私がこの世界に来てから初めて出会った料理御侍だった。


    彼女がいて、私は光耀大陸が好きになった。そして、「サタン」のみんなが私を心配してくれる理由も、彼女が関係している。

    • 2
    • 白羽
    ID:j7uu8339

    (Ⅱの続き)


    「ほ〜ら、そんなに堅い表情しないで、リラックス、リラックス、笑ってみて?ふふ、せっかくわたしにそっくりの美人なんだから、自信を持ちなさい」


    「わたしの父上も母上も、この国のために命を捨てたの。ずっと寂しかった私の世界に、紅茶、あなたが来てくれたのよ」


    「ねえ、紅茶。ここはとっても平和でしょう。みんな助け合いの心を忘れず、生活しているの。素敵な国でしょう?」


    「私も先代のような、立派な王になりたい。すべての民を守りたい。私にとってみんなは、家族のような存在だから」


    (続きます)

    • 1
    • 白羽
    ID:j7uu8339


    その二_ボタンイバラ


    この国を後にして、どれくらい経っただろう。懐かしい景色を目にすると、種々の感慨が湧いてくる。目の前に広がるボタンイバラの花畑が、星辰の生暖かい風にそよいでいた。


    ティアラ大陸は、365日を十二等分した独自の暦をもっている。星辰はちょうどその4番目に当たる。私はしゃがんで小さな白花に触れた。その瞬間、おぼろげな姿が頭の中を巡った。


    「はじめまして。今日からは私があなたの御侍様よ。姫と呼ばれるのは好きじゃないの。そうね、ボタンと呼んで。」


    (続きます)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ