Gamerch

ミルク・エピソード

最終更新日時 : コメント(0)

ミルクへ戻る

ミルクのエピソード

綺麗な白髪と真っ白な瞳が特徴。

普段は物静かでそっと友人のそばにいるが、

友がピンチの時はすぐに助けに行く。

じつはかなり気が短く、同じことを何度もさせ

てしまうととんでもないことが起こるらしい。



深く考えず、いつも気まぐれで行動しようとする

食霊だと最初から分かっていたけど、まさか本当

に御侍さまの遺言に従ってカフェを開くとは思わ

なかった。彼はカフェの名前を「サタン」とした。


御侍さまは生きている間に、コーヒーという飲料を

世界中に広めることに力を注ぎ、そしてコーヒー

を「悪魔の飲料」と見なす過激派と戦っていた。

私と彼はこのような御侍さまに召喚され、御侍さ

まの短い人生が終わるまでお供した。


御侍さまが亡くなった後、大半の人がコーヒー

いう新しい飲料を受け入れ始め、コーヒーはもの

すごいスピードで世界中に広がった。こんなに

順調に普及できたのは、彼のやってきたこと

のおかげだと私は思っている。


彼は「コーヒー」から誕生する食霊、コーヒーだ。


「サタンカフェ」は食霊向けの通常業務のほか

に、人間にしか開放しない業務も営んでいる。

任務委託だ。


人間の中にはきっと私たち食霊のやり方に反対

する者がいるだろう。だけど注目を避けるため、

コーヒーは「サタン」を茂る森林に隠し、人間の

生活と完全に切り離した。同時にグルイラオの各地

に黒い郵便受けを設置し、様々な委託を受けている。


「事件や問題を書き、十分なお金を残せば、すべて

解決する」噂は私たちの想像を超えたスピードで

広まった。


任務は次々と届き、カフェの商売はますます盛ん

になっている。「すべて解決する」という噂だ

けど、実際はすべての任務を受けるわけではない。


時々「私を世界一のお金持ちにしてくれ」、「鳥

のように飛べるようにしてくれ」など、笑えない

委託が来る。こういう場合は、お金と委託状と一

緒に返すことにしている。


中には悪意に満ちた書状もあるが、コーヒー

一切見せてくれない。


部屋を掃除していた時、私は偶然このような委託状

を見たことがある。その時私は分かった。コー

ヒーは彼なりの方法で人類との平和共存を求めて

いる。私たちの人間に対するイメージが悪くなら

ないように。


彼は賢い食霊だが、友達付き合いは器用な方では

ない。



編集中


編集中


編集中


編集中


ミルクへ戻る

コメント (ミルク・エピソードに対して)

注目記事
ページトップへ