Gamerch

子推饅・エピソード

最終更新日時 :
1人が閲覧中

エピソードまとめへ戻る

子推饅へ戻る

子推饅のエピソード

地位や権力に無関心な書生。

乱世の中においても、流されずに自分の信念を貫く。

大事に思うことに関しては強い執念を持つ。

いつも『モモ』といううさぎと一緒。

Ⅰ 穀雨

 どんよりとした夕暮れ時、いつもは暖かな橙色の夕日がこの時は血のような赤さを帯びている。

 こんな奇妙な赤色の下で、御侍様は申し訳なさそうに私を見る。


「ごめん......迷惑かけるね......」


 私は御侍様の澄んだ瞳を見て、軽く首をふる。


 振り向いてあの灼熱の炎に包まれた山林を見る、風によって勢いを増す炎が草木を伝って私たちを囲んでいく。


 猛烈な日の熱気が御侍の額に汗を流させ、着込んだ防寒着も今では余分に感じる。


 沸き上がる煙が私たちを包み、黒煙は吸い込むと窒息感を与えてくる。御侍様が耐えきれずに倒れこむのが見えた。


 手を差し伸べて起き上がらせようとするが、私の目の前もすでに朦朧としていた。まぶたが重く目を開けることも難しいと感じていた時、目の前の景色が突然ぐるりとまわる。

 

 体に痛みを感じながらも、私はすでに倒れこんでいる御侍へ手を伸ばす。


 私はここで......終わってしまうのですか......

 悔しいですね......

 まだあの者たちに......




 それから、数滴の冷たい液体が顔にたれ、困難だった呼吸も次第に楽になった。その後、ざあざあと雨の音が聞こえた、雨はまだ火が消え切っていない木の上に降り注いでいる。


 普段ならば、こういった雨の降る音は好きだった。それは私に落ち着きを与え、悩みを洗い流してくれるから。


 だがこの時、この音が与えてくれたのはかつてないほどの静けさと、生き残れたことへのわずかな喜びだった。


 私はこの時やっと気付いた。この世界を離れることに対して、想像以上に自分が平然とはしていられない事に。


 私はその雨を見ようとしたが、もう目を開ける力も残ってはいなかった。意識が薄れていくなか、私は雨のような涼しさを持ちながら、どこか暖かさを感じさせてくれる声を聞く。


「大丈夫?」



 私は目を開ける。


 まず私の意識が向いたのは、部屋に香る茶の香りだった。

 その香りはまるで今までの出来事を忘れさせるようだった、煙によって感じていた息苦しさもそれによって消えていった。


 私は体を起こし、周囲を見渡す。そこはとても優美な部屋だった。暗い赤色の博古棚の上には様々な置物が置かれていた。

 部屋の中央には淡い木目のある暗い赤色の机があり、そこには茶具が置かれていた。あのほのかな茶の香りはこの茶具から来ていたのだろう。


 私がちょうど茶具を観察していると、ドアが静かに開く。私はそれに気付きドアの方の男性に目を向ける。


 彼は私が起き上がっているのを見てそれほど驚いてはいなかった。

 おそらく、この男性が助けてくれたのだろう。


 私は謝意を伝えようと思ったが、喉の痛みによって声が出せず、私は眉を顰めて喉元を抑える。


 男性の表情は少し冷めているようにも思えたが、彼は私に持ってきた薬を手渡しこう言った。


「あなたの喉は煙にやられたみたいです、この薬を飲めばよくなりますよ。」


 私は彼に向って軽く頷き、言う通りに薬を飲んだ。

 意外だったのは、この薬は思ったほど苦みはなく、さっぱりとした味わいがあった、口にした後ゆっくりと喉の痛みは引いていった。


 私は少し驚いた顔で茶飲みを見た後、顔を上げて男性を見る。


「これは私が武夷大紅袍からもらってきたもので、人間の薬とはまた少し違いますが、あなたには効果があるはずです。毎日飲むのを忘れずに。」


 男性は言い終えるとその場から去って行き、私はその後ろ姿をみて瞬きをする。

――彼は思ったほど冷たい人ではなさそうですね。



Ⅱ 静かな日々

 この療養の日々で、私は私を救ってくれた男性の名を知った———西湖龍井


 西湖龍井は私と同じで食霊だった。だが彼の身なりか、または彼の能力からか、彼の住む湖辺に住んでいた者たちは、皆彼を龍神様と呼んでいた。


 その人々は西湖龍井のために湖辺に彼を崇め奉るための像を建てていた。


 私が今住んでいるのは、湖辺にある屋敷だが、彼はあまりここにいたくはないようで、湖底に隠した洞府にこもるのが好きなようだった。


 彼の言葉を借りるなら、あちらは静かで、誰も来ないからと言う事だった。


 私が住む部屋からは窓を開ければ、龍神の像を見ることができる。

 時折周囲の人々が訪ね、「龍神様」への供物を持って来たりする。そして自分の願い事の記されたお札を像の横にある小さな木にかけていく。


 私もここでただ何もせずに療養していたいとは思わなかったので、「龍神様の従者」として行動する事にした。


 農民の願いを集め、それらを整理して彼に渡す。


 私は知っている、この一見冷たそうに見える彼は、誰よりも優しい心を持っていることを。




 私たちは御侍様や過去の事も多くは語らずに、静かに暮らしていた。


 いつも現実的ではないお願いなどを見て無気力な顔になるを見て、私はこらえきれずに笑う。


「私はお隣の家の子がずっと好きでした! 彼女の誕生日に最高の花束を贈って、告白しようと思います! どうか龍神様、告白を成功させてくださいますよう、お願いします。......っぶ龍井、いつから恋愛の神に?」


 私は無気力に人々の願いを読み上げる西湖龍井をみる。彼は我慢できずに小さなため息をつき、願いの中から一つ選んで机に置く。


「彼らは私を龍神として、誠心誠意、真にお願いをしてくれる。それなら私もそれに答えなければならない。私ができないことは無理だが、中には私ができる事も少なくはない。」


 私は彼が抜き出した願いの札を見る。


 それはある農民からのお願いだった

 この堕神が蔓延る世界で、彼の田畑は度々堕神によって荒らされてしまう。

 そこにある穀物や果実は奴らの蹂躙後はもう腐らせて地に還るしかなく、対抗しようにも人間では堕神に対抗するすべがない。


「龍井これはなんです?」

「おそらく彼が今用意できる一番の供物ですね。」


 西湖龍井はいつもそういった大切なものをこっそり元ある場所に返し、心のこもったものは大切に受け取る。


 私はたち上がり、座ったによってくずれた服を整える。西湖龍井の顔には疑問符が浮かんでいる。


「......」


 私は少し凝り固まった肩を動かす。


「堕神のようなものは、あなた一人にやらせるのは少々危険ですからね。私もあなたの友人なのですから?」


 西湖龍井はずっと私を見つめる。彼が自分の決定で私を危険に晒したくはないのは知っていたが、私粘りに最後は彼も引き下がった。


 私たちはそうやって西湖龍井の住む湖辺のように、平和で平凡な日々を長い年月過ごした。


Ⅲ 月見

 この静かな日々を破ったのは、美しく華やかな衣装を身にまとい、どこか追い詰めら れているかのような様子で、人形を強く抱いた女性だった。


 彼女は私と同じで、龍井に救われて、この屋敷へ来た。


 はじめ、私たちは彼女に対して少し身構えていた。時折この世界の全てを信用していないかのような感情を出すからだ。


 彼女の手に残る烙印を見て、目元が少し熱くなる思いがした。


 私は顔をあげ、彼女を連れてきた西湖龍井を見る、彼の顔は少し赤くなっていた。


「……彼女の体にある烙印を見て、あの時、貴方たちを山で取り囲んでいた人たちに似て いると思って連れ帰ってきた。他意はないですよ。」


 彼は言い終えると洞府の方へと戻っていった。私はその後ろ姿を見て首を横にふる。


「やはり簡単な話ではないですか……そうだ、あなたの名前は?」


 私はふりむいて龍井の連れ帰った女性を見る。彼女は私を見て呆けていたようで、私が 振り向くのに驚いたようだった。


 彼女の頬が少し赤くなっていたようだったが、私にはその意味をくみとることはできな かった。


 彼女はコホンと咳払いをし、姿勢を整え、両手をゆっくりと膝の上に据える。


 礼儀作法がしっかりしており、優雅な振る舞い。間違いなく一般の人間の食霊ではないだろう。


「このロンシュースー、重ねてお二方に深い感謝を。」


 軽く頭を下げ感謝の意を述べる際にも気品を感じさせる。

 だがそれは彼女の空虚たる瞳を隠せてはいなかった。

 

 私はそんな彼女の目を見て、彼女に手を伸ばし、彼女の少し乱れた髪を整えて耳の後ろ へやる。


「もし行くあてが無いのなら、しばらくここにいるといい、西湖龍井も気にすることはな いでしょう。」


 

 私と西湖龍井はよく星の輝く夜に屋敷から夜空の星を見る。時には茶を、時には酒を酌み交わし、この一見変わらないようで、日々少しだけ違った星空を眺めている。


 ただ、今回は私たちのそばにもう一人。


 ロンシュースーが茶具を巧みに扱う様子を見て、私たちは目を離せずにいた。


 しばらく共に過ごしたことで、ロンシュースーと私たちの関係も以前のように堅苦しいものではなくなった。依然として堅苦しい礼儀作法にこだわっているようだったが、良き友となっていた。


 ロンシュースーは茶を注いだ器を私の前に運び、そばにあった琴を持ち上げる。


 私は目を閉じて風によって運ばれてくる茶の香りを感じる。そのほのかに香る風が悩みや疲れを運び去り、琴の音色が私の心の靄(もや)をかき消す。そんなひと時が私に静かで平凡な生活を感じさせた。

Ⅳ 波紋

もしロンシュースーが私たちの静かな生活に少しの風をもたらしてくれたとすれば、ロンフォンフイ波紋を起こす強風だろう。


龍井が評するに、 かなり騒がしいやつだそうで。


 事実、確かに騒がしかった。




 私はある荒れ果てた村で彼を見つけた。

 その時の彼は誰かの攻撃を受けたのか、息も絶え絶えに瓦磯の中に倒れており、体には負傷した痕があった。


 私と西湖龍井は一度見合って、彼を救う事にした。


 だが彼が目を覚ました後、私たちは少し後悔した。

 ほんの少しではあるが。


彼はかなり明るい性格のようで、静かな屋敷にはよく彼の笑い声が響き渡っている。


「はははは! 見ろよ子推饅! 子供をお願いしに来てるのもいるぜ! 龍神様! 子供が欲しいですってな!」

「……ロンフォンフイ。 」

「はははははは!! なんでもありだな!」


 彼は私たちとは全く違った個性を持っていたが、意外にも私たちとは打ち解けていた。


 西湖龍井は暇な時は大抵湖底に隠した洞府の中でのんびりとしているのが好きだ。


 だが彼は西湖龍井の住む湖に向かい、 龍井が出てくるまで石ころを投げ入れる。


 彼が来てから、西湖龍井が以前は見せなかった表情をよくする。ロンシュースーも度々私を引っ張り出しては愚痴を吐いていた。


 これらの事が、暇ではあるが静かだった生活に一つの面白みを付け加えた。また暗かった屋敷の雰囲気にも少し明るさを与えた。


 その他にも私はある偶然の一致に驚いた。ロンフォンフイも同様にあの件について探っているようだった。 あの……罪深き者たちの……。


 同じ目的を持った者がこの場所に集まっていくのは偶然の事とは思えなかった。


 私は本来心の奥底にしまい込んで、叶うはずがないと考えていた願いがいつの日か叶うような気がした。



 私はロンフォンフイに絡まれてばつが悪い様子で酒に付き合う龍井の姿を見る。


彼は“龍神”という名を恥じてはいない。本当の神でないにしろ、 あの虚像の神などに比べれば皆から敬われるべきだ。


 あれは月見をしていた時だった。さりげなく口にした私の願い。だがそれを彼は忘れずにあの者たちの情報をずっと探してくれていた。


 以前、私は彼にどうしてそこまで私の願いを叶えようと尽力してくれるのかと尋ねた事がある。


 その時の彼は以前のように冷めた声ではあったが、耳を少し赤らめてこう言った。


「私はあなたの友人ですからね。」


子推饅

堕神の誕生によってもたらされたものは、 堕神の象徴とも言える災害、飢餓、人災といったもので、親しい者や故郷を失った人々が絶望の淵に陥っていた。


そんな時、ある全知全能の神が人々の心の支えとなる。


だが人々はますます荒れ狂うばかり。


金銭を供物とすることから始まり、次第にそれは動物となり、最後には..…


人々からすれば、大きな代価を払うほど堕ちていくばかりだった。

──彼らは自分たちが払った代価に責任など持たない。その割に、彼らが欲するものは身の程知らずのたわいもないものなのだ。


子推饅もそんな理智の失われた場所で生まれた。


あれは死の街といっていいだろう、街道を歩く人間の大抵はゾンビのようだった。彼らは病に侵されても薬には頼らず、街で祭壇を築いた教徒たちを信じる。


飼っているペットを生賛に捧げようと、聖教に街の美女を送ろうと、ましてや自分の娘が聖主の“神の使”として送られようと、彼らは文句の一つも口にしない。


子推饅も自身の御侍を何度も止めたが、結局惨劇を防ぐことはできなかった。


あの赤いリボンをして、彼のことをお兄ちゃんと呼んでいた少女も、最後はその父親によって送られ、その後二度と帰ってくることはなかった。


だが娘を送り出したからといって、御侍夫人の病が好転することはなかった。


激しく雨が降る中で、夫人の亡骸を抱きかかえ、御侍はやっと現状を理解する。


すでに邪教によって支配されていた街は、他の街へと生活用品を買いにいく時でさえ教徒の同伴が必要だった。


子推饅と彼の御侍はなんとか見つからないように街の情報を信用できる者へと渡した。


子推饅の御侍はその者に情報を現在は国防大将の弟子であるかつての仲間に伝えてもらおうと考えていた。


だが子推饅と御侍の行動はすでに邪教の者たちにばれていた。

子推饅と彼の御侍は後方より迫り来る追っ手を前に一度退くことを決意し、妻と娘の墓のある山へと逃げ込む。

だがあの邪教に堕ち、狂乱した者たちは二人をおびき出すためだけに山に火を放つ。


子推饅が御侍に対する最後の記憶は彼の心残りだった。

彼は復讐の願いも果たせぬまま火に呑まれるわけにはいかないと考えたが、

彼にはどうすることもできなかった……


ただあの雨の中現れた食霊がその希望を繋いでくれた。


子推饅を驚かせたのは、西湖龍井が彼を救ったことだけでない。自分のさり気ない一言だけで、あの憎むべき邪教について調査してくれていたのだ。


ロンシュースーロンフォンフイ雄黄酒……西湖龍井の気まぐれな手助けによってこの静かだった屋敷に集まってくる。


子推饅は屋敷で皆が騒ぐのを見て、同様に無気力そうにしていた西湖龍井のそばへと行き、軽く礼を言う。


西湖龍井は図星をつかれたように咳払いをし顔を少しそむける。


「何を言っているのかわからない。」


子推饅は彼の耳が赤くなるのを見て軽く微笑む。


そして彼の注意はまた騒がしい方へと向く。

何度同じ光景を見ただろう。菖蒲を引き抜いたロンフォンフイ雄黄酒に追われて走り回っている。

一つため息をついて、手を伸ばして雄黄酒が手元の丹薬をロンフォンフイに投げつけようとするのを引き止める。


今の生活は確かに以前よりも騒がしいものになったが、彼は信じている。こにに集まった皆ならいつか必ず、あの邪教の者たちに相応の罰を下せる時がくると。





エピソードまとめへ戻る

子推饅へ戻る

コメント (子推饅・エピソード)

  • 総コメント数4
  • 最終投稿日時 2019/05/10 23:38
  • 表示設定

新着スレッド(フードファンタジー攻略wiki)

注目記事
ページトップへ