Gamerch

X打ち定石先攻

最終更新日時 :
1人が閲覧中

アリバトの定石と打ち方概要

盤面の例アリバトにおいて、盤面のマスはそれぞれアルファベットと数字で表すことができ、左上の角マスは「A1」、右下の角マスがある位置は「F6」といった位置付けがあります。


この記事では先手(紫)の詳細のため、初手はどの位置に置いても同じなので「D5」に置いた形から説明していきます。


定石の種類と打ち方

盤面画像アリバトおける盤面の進行は、細かく分けると6つの進行があります。先手(紫)は、2手目からどのマスに置いて行くかによって定石が決まっていきます。

▼基本的な打ち方

C打ち定石(先手(紫)2手目にF2)

風車定石(先手(紫)2手目にC2)

X打ち

(先手(紫)が2手目E2)

 もしくは

(後手(黄)が初手E5)


X(エックス)打ち

X打ちの簡易説明

アリバトにおいて、盤面の角マスの1つ内側にあるマスを「X(エックス)」といいます。

この「X(エックス)」のマスに序盤から置いて進行していくことを「X(エックス)打ち」と言います。

この定石は、序盤〜中盤において、コンボスキルがとても組みやすくなる進行で、相手を早めの段階でHPを削りきることもできる、速攻型の打ち方です。


しかし、バトルが長くなるにつれて盤面は相手有利となってしまうデメリットもあります。

速攻型の打ち方のため、初手からコンボスキルの強い駒を置いていきましょう。

またアリバトではコストの影響により序盤からコンボスキルの強力な駒を配置することができないので現状は有効な打ち方とはなりにくいです。


2手目

X打ち2手目「X(エックス)打ち」の先手(紫)2手目は、右上Xマスの「E2」に置いて行く進行です。

この時点で、先手(紫)はコンボスキル導線が2つ出来ているので、次のターン確実にコンボスキルを繋げることが出来ます。

またE2に置く駒を、後手(黄)がE1に置いてひっくり返すと盤面が先手(紫)がF1に配置が可能と

なるので優勢的に戦うことができます。数ターン効果のあるカードを使用してひっくり返したくなるようなスキルを持つ駒や、コンボスキルが強力な駒を置くと良いです。


3手目

X打ち3手目先手(紫)が「X(エックス)打ち」の進行をしていくと、後手(黄)は「C5」もしくは「E5」に置いてきます。「C5」の場合、先手(紫)は4箇所置けますがどこに置いても良い手になるので、「D5」と「E2」に設置している駒のコンボスキルと繋げたいマスに置くのがベストです。

この時点で、強力なコンボスキルを発動することが出来れば、優勢にバトルを進めることが出来ます。基本的には「B5」に高火力アタッカーなどを置けると、とても理想的です。


また「E5」の場合は、後手(黄)の「E3」の駒のコンボが強力な場合は「F3」へ、弱い場合は「C2」へ置いて行きましょう。この時点で相手は置くところが限られてくるので、バトルを有利に進めることが出来ます。


4手目

X打ち4手目先手(紫)4手目は、速攻型な打ち方である「X(エックス)打ち」の場合、HPの半分以上は与えられてることが多いです。

コンボスキルをを繋げられる箇所や回数が後手(黄)より多いため、火力で押し切っていきましょう。


まとめ

現状のアリバトにおいての定石「X(エックス)打ち」はゲームの仕様上有効な進行となりにくいですが今後強力なコンボスキルが序盤から使用できるキャラが増えた場合は有効になることもあります。

オセロニアをプレイしていたユーザーが本進行を使用してくる可能性もあるので覚えておいて損はありません。


今回はアリバトにおいての定石「X(エックス)打ち」について説明しました。他にも定石・打ち方はいくつかあるので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

コメント (X打ち定石先攻)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ