Gamerch

C打ち定石先攻

最終更新日時 :
1人が閲覧中

アリバトの定石と打ち方概要

盤面の例アリバトにおいて、盤面のマスはそれぞれアルファベットと数字で表すことができ、左上の角マスは「A1」、右下の角マスがある位置は「F6」といった位置付けがあります。


この記事では先手(紫)の詳細のため、初手はどの位置に置いても同じなので「D5」に置いた形から説明していきます。


定石の種類と打ち方

盤面画像アリバトおける盤面の進行は、細かく分けると6つの進行があります。先手(紫)は、2手目からどのマスに置いて行くかによって定石が決まっていきます。

▼基本的な打ち方

C打ち定石(先手(紫)2手目にF2)

風車定石(先手(紫)2手目にC2)

X打ち(先手(紫)2手目E2)

 もしくは(後手(黄)初手E5)


C打ち定石

C打ち定石の簡易説明

一番基本的な進行として使用されるのが「C打ち」です。

「C打ち」は序盤時、先に「辺」へ駒を置くことができる点と、終盤時に盤面が有利になり、戦いやすくなる進行です。

また中盤時は相手にだけコンボスキルを組まれてしまう場面が多くあるため注意が必要な進行とも言えます。


2手目

C打ち「C打ち」の黒番2手目は「F2」に置く進行で相手より先に「辺」に駒を設置できる点が強いです。

また、「F2」に置いた駒はしばらくの間返されません。そのため「盤面で表になっている間〜」や「○ターンの間~」といった永続効果のスキルを持つ駒を置くのが理想です。

手駒に永続スキルを持った駒がある場合は積極的に置いていきましょう。


3手目

3手目黒番が「C打ち」の進行をしていくと白番は2手目に最善手の「D6」に置いてきます。(2枚返しが可能な上にキャラを倒せるため)

次に黒番が置けるのは6箇所ありますが、「B3」の2枚返しがの位置が基本的な進行且つ最善手です。


4手目

4手目黒番が3手目に2枚返しをすると、白番は基本的に「A2」へ2枚返しをします。

次に黒番が置ける場所は4つありますが、基本的に「B5」か「C5」のどちらかへ打つことでバトルを有利に進められます。

それぞれメリットやデメリットがあるので、覚えておくとその時に応じて戦いやすい選択をすることができます。


「B5」に置くメリット・デメリット

・短期戦向け

・◯バトルを早く決めたい時に有効。

・◯相手にプレッシャーをかけれる。

・終盤時盤面が不利になり逆転される可能性がある。


「C5」に置くメリット・デメリット

・長期戦向け

・◯盤面を有利に進めることができる。

・◯終盤時に優勢になる。

・×D6に置かれた駒と2回コンボスキルが繋がり、HPを削られてしまう可能性がある。


5手目(C5パターン)

5手目盤面黒番が盤面を取るために、4手目「C5」に打った場合は、白番の打つ所はほとんどが悪手なため、2枚返しの「D2」へ置いてくることがほとんどです。

ただし、「B4」に置かれた場合は進行が長くなる為、注意が必要です。(一手のミスが悪手となるパターンがあるため)


「D2」以外の悪手進行

優しい人は以下の、手を相手が打った場合悪手であることを教えてあげましょう。

・黄C2→紫C1(三枚返し+辺取り)

・黄E2→紫B4→黄B5→紫A3(A1、A6、F1の角取りが可能になる)

・黄F3→紫F4→黄B5→紫A3→(黄A4→紫A6)or(黄E2→紫A1)(角取りが可能)

・黄B5→紫A6(速攻で角を取られる最悪手)

・黄B4→紫A4→黄D2→紫A3→(黄F3→紫F4→黄A4以外→紫A1)or(黄A4→紫A1)


「D2」へ打たれた場合

次に5手目で黒番が置ける場所は7箇所ありますが、基本的には「C1」「E1」「E2」の3箇所に置くのが良いです。

また黒番はここで2回目の「辺置き」が出来るため、「辺置き」の場合は継続スキルを持った駒などを置くと効果的です。


6手目

6手目黒番が「C1」に打った場合、白番は高確率で「B4」で2枚返しをしてきます。

次に黒番は「C6」に置くのが最善手(後に相手は思ったとおりに打てなくなるため)ですが、「D6」や「B4」に置かれている相手の駒のコンボスキルが強力な場合は要注意な盤面です。

しかし、なにも手段がない場合などは「B6」で回避するか、「A5」に置いて「B4」に置かれている駒を返す手段を取ることが適切です。


相手が「B4」以外を打ったときの進行

優しい人は以下の、手を相手が打った場合悪手であることを教えてあげましょう。

・黄B6→紫C6→黄→紫A6(角取り)

・黄F3→紫F4→黄B5(辺取りが可能)

・黄B2→紫C2→黄→紫A1

・黄B5→紫C6→黄B4(ここでB6に打ったらA6獲得)→紫E6(下3辺獲得)


自分が「B6」で回避するときの進行

・紫B6→黄C2→(+20ダメージで倒せる場合は紫A3or耐久の場合は紫A3)


7手目

7手目黒番が「C打ち」をするにあたって1番狙いが「A4」に置くことにあります。「A4」に置く駒は、コンボスキルが確定で発動出来る位置なので、強力なダメージスキルを持つ駒を設置出来ると良いです。

また「5手目」の進行詳細に記載した、C1に置く際コンボスキルが強力な駒を設置すると、次に白番が「D1」に逃げてきた場合にもコンボスキルを繋げることが出来るためです。


8手目以降

8手目以降は、5手目,7手目に置いたキャラとフィニッシャーを組み合わせて大ダメージを与えていきましょう。

またお互いまだHPがある状態でも黒番が盤面的に有利のため、大きなダメージを受けない限り劣勢になることはないでしょう。


まとめ

今回はアリバトにおいて最もよく打たれる「C打ち定石」について説明しました。

「C打ち定石」は打ち手数が多くなりがちで時間もかかるためATKバフがかかった一撃必殺レベルの受験生デッキのゴンに気をつけましょう。

他にも定石・打ち方はいくつかあるので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

コメント (C打ち定石先攻)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ