Gamerch

C打ち定石後攻

最終更新日時 :
1人が閲覧中

アリバトの定石と打ち方概要

盤面の例アリバトにおいて、盤面のマスはそれぞれアルファベットと数字で表すことができ、左上の角マスは「A1」、右下の角マスがある位置は「E6」といった位置付けがあります。

この記事では後攻(黄)で相手がC打ち定石を打ってきたときの詳細のため、紫「D5」→黄「E3」に置いた形から説明していきます。


定石の種類と打ち方

盤面画像アリバトおける盤面の進行は、細かく分けると6つの進行があります。先手(紫)は、2手目からどのマスに置いて行くかによって定石が決まっていきます。

▼基本的な打ち方

C打ち定石

 (先手(紫)が2手目にF2)

風車定石

 (先手(紫)が2手目にC2)

X打ち

 (先手(紫)が2手目にE2)

 もしくは

 (後手(黄)が初手にE5)


C打ち定石

C打ち定石の簡易説明

一番基本的な進行として使用されるのが「C打ち」です。

「C打ち」は序盤時、相手が先に「辺」へ駒を置く進行なので、相手が「辺」にどんな駒を置いたかを確認してから「辺」に置きたい駒を選択する必要があります。

アリバトでは後攻が圧倒的不利な状態で対戦が続くため、終盤まで通常進行をしてしまうと盤面が先攻(紫)有利のまま敗北してしまいます。

後攻(黄)の攻め方やコンボスキルを活かせる位置に強力な駒を置くなど、対策が重要になってくるので対策をきちんと学びましょう。


2手目

白2手目「C打ち」は、先手(紫)が「F2」に置いてくるため、後手(黄)2手目は2枚返しの「D6」に置くのが定石です。

また、「D6」に置いた駒はしばらくの間返されません。そのため「盤面で表になっている間〜」や「○ターンの間~」といった継続効果のスキルを持つ駒を置くのが理想です。

ただ、アリバトではコストの関係上強力な効果のユニットを序盤に配置することはできないので継続回復のコスト0のマチなどが有効です。


3手目

3手目先手(紫)は最善手の「B3」に置いてきます。(2枚返しがの位置が基本的な進行且つ最善手となるため)

後手(黄)が「A2」へ置いた場合、次の先手(紫)が「C5」へ置いて来ると、終盤になるにつれて盤面が後手(黄)不利になっていきます。

「盤面で表になっている間〜」や「○ターンの間~」といった継続効果のスキルを持つカードが手元にある場合は「A2」の2枚返し。

持っていない場合は「B4」に配置して打ち方を変えていきましょう。


「A2」に置くメリット・デメリット

・○辺に打つことができるので継続効果が生きる

・終盤時盤面が進むにつれ不利になる。


「B4」に置くメリット・デメリット

・◯今後の盤面を有利に進めることができる。

・×出したユニットが早々に退場となってしまう。

ほぼ必ず以下の進行となる先手(紫)が他の手を打ってきた場合、真っ先に角を取ろう

【ここ重要】

後手(黄)B4→先手(紫)A5→後手(黄)E2→先手(紫)C5→後手(黄)B5→先手(紫)E5→後手(黄)C6


4手目(3手目でA2へおいた場合)

相手が「C5」へ打ってきた場合は他のマスは悪手なので迷わず「D2」へ打ちましょう。


「D2」以外の悪手進行

・黄C2→紫C1(三枚返し+辺取り)

・黄E2→紫B4→黄B5→紫A3(A1、A6、F1の角を取られる)

・黄F3→紫F4→黄B5→紫A3→(黄A4→紫A6)or(黄E2→紫A1)(角を取られる)

・黄B5→紫A6(速攻で角を取られる最悪手)

・黄B4→紫A4→黄D2→紫A3→(黄F3→紫F4→黄A4以外→紫A1)or(黄A4→紫A1)


5手目

5手目盤面先手(紫)がは辺を取るために最善手の「C1」へ打って来ることが多いです。

その場合に後手(黄)は迷わず「B4」で2枚返しを狙っていきましょう。

※他の手はすべて悪手となっております。


「B4」以外の悪手進行

・黄B6→紫C6→黄→紫A6(角を取られる)

・黄F3→紫F4→黄B5(辺が取られる)

・黄B2→紫C2→黄→紫A1(角を取られる)

・黄B5→紫C6→黄B4(ここでB6に打ったらA6獲得)→紫E6(下辺3マスを取られる)


6手目

6手目先手(紫)は「B6」に置くのが最善手ですが、オセロニアプレイヤーは「C6」においてくるプレイヤーも居ます。

先手(紫)が「B6」へ打ってきた場合は注意が必要です。運任せの「E4」進行か


「C2」以外の悪手進行

・黄B5→紫A1(角を取られる)

・黄C6→紫E6(下辺をすべて取られる)

・黄D1→紫E1(上辺3マスを取られる)

・黄E1→紫→黄→紫(ここでB6に打ったらA6獲得)→紫E6(下3辺獲得)


運がよければこの進行で勝てるかも?

・黄E4→紫E5(+10ダメージなので、ここでA5に打ったらA6獲得)→黄E6→紫A4→黄B5→紫C2→黄E1→紫B2→黄E2(F6の角を取られてしまうが+20ダメージ)

・黄E1→紫A4→黄B3(+10のダメージ)→紫C2→黄E4

・黄E1→紫A3→黄A4→(+20のダメージを受けても耐久が可能であれば盤面が良くなる)


まとめ

今回はアリバトにおいて最もよく打たれる「C打ち定石」について説明しました。

「C打ち定石」は打ち手数が多くなりがちで時間もかかるためATKバフがかかった一撃必殺レベルの受験生デッキのゴンに気をつけましょう。

他にも定石・打ち方はいくつかあるので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

コメント (C打ち定石後攻)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ