Gamerch
『NBA 2K22』攻略Wiki

『NBA 2K22』ザイオン・ウィリアムソン選手風のビルド構成

最終更新日時 :
1人が閲覧中

『NBA 2K22』でザイオン・ウィリアムソン(ZION WILLIAMSON)選手に近いビルド構成を紹介しています。ザイオン選手に近い選手をマイキャリアビルダーで作成したい方は是非参考にしてください。

ZION WILLIAMSON選手の基本情報

現代NBA期待の新星、ザイオン選手特有のダンク、フィニッシュ性能を強く意識したビルド構成を目指します。

体型の再現まで気にせずゲーム的に強い選手を作りたいのであれば、身長を低く、体重を軽くしてスピード面を強化するとさらにダンクがしやすくなります。

今回は体型の再現をしている分、少しスピードが低めです。その分体の強さ、ジャンプ力が増強され、リバウンド等も兼ねて力強い攻めを展開しやすくなっています。

所属チームペリカンズ
シューズエア・ジョーダン
ポジションパワーフォワード
利き手左利き
背番号35

体型、身長、体重

体型は「屈強」になります。

最近のザイオン選手は体重が増加しているという話題もありますが、このページではあくまでゲーム内で閲覧できるデータを参考にしています。

また体重は129cmですが、ゲームの仕様上125kgが限界値なので125kgに設定しています。

【ザイオン選手の体型】

身長2.01m
体重125kg
ウィングスパン2.08m

スキルアップグレードのポイント

スキル内訳は「フィニッシュ」「シュート」「プレイメイキング」に対して多めに割り振ります。ディフェンスは必要最低限です。

フィニッシュ

ポストコントロール以外に最大まで割り振ります。

【フィニッシュのスキルアップグレード】

ショートレンジシュート99
ドライブレイアップ95
ドライブダンク95
スタンディングダンク72
ポストコントロール26

シュート

3ポイントには割り振らず、ミドルレンジシュートとフリースローに高く割り振ります。

なるべくインサイドでのプレイを心がけていきましょう。

【シュートのスキルアップグレード】

ミドルレンジシュート91
3ポイントシュート25
フリースロー99

プレイメイキング

ボール所持時のスピードは最大まで上げて、それ以外は低くならない程度にステータスを割り振ります。

【プレイメイキングのスキルアップグレード】

パスの精度75
ボールのハンドリング65
ボール所持時のスピード69

ディフェンス/リバウンド

ディフェンス面でもオフェンスリバウンドだけは高めに取っておくとインサイドでの攻めが安定します。

他はスティール、ペリメーターディフェンスを高めに取っています。

【ディフェンス/リバウンドのスキルアップグレード】

インテリアディフェンス25
ペリメーターディフェンス59
スティール48
ブロック25
オフェンスリバウンド88
ディフェンスリバウンド78

フィジカル

ザイオン選手が持つ天性のフィジカルを再現すべく、ここは全て割り振れる最大まで割り振っています。

【フィジカルのスキルアップグレード】

スピード71
加速68
体の強さ91
ジャンプ力91
スタミナ99

テイクオーバー

テイクオーバーは「フィニッシュムーブ」「高度なギャザー」「簡単な抜き去り」など、スラッシャー系のテイクオーバーを2種まとめて獲得し、力強く攻められるように調整します。

バッジ選択

フィニッシュ

豪快なダンクをガンガン決めるダンカーとして、「リミットレステイクオフ」「ファストトゥイッチ」「ポスタライザー」辺りは獲得しておけると良いでしょう。

他には「大胆不敵なフィニッシャー」「なめらかなフィニッシャー」辺りもオススメです。

バッジ名効果
なめらかなフィニッシャー
なめらかなフィニッシャー
ギャザーの最中とゴール際で、相手をすり抜け、接触を避ける能力が上昇する
グレースアンダープレッシャー
グレースアンダープレッシャー
ゴール近くで行うスタンディングシュートがブーストされる。
ファストトゥイッチ
ファストトゥイッチ
スタンディング状態のレイアップまたはダンクを、ディフェンダーと競り合いになる前に素早く行えるようになる。
フックスペシャリスト
フックスペシャリスト
任意の距離からのポストフックシュートがブーストされる
ポストライザー
ポスタライザー
ディフェンダー越しにダンクを決める確率が増加する。

シュート

ガンガンシュートを狙いにいくプレイを目指すなら「ボリュームシューター」「ブラインダー」辺りを入手しましょう。

腕に自信があるなら「ホットゾーンハンター」「グリーンマシーン」もオススメです。

バッジ名効果
なめらかなオフボール
なめらかなオフボール
スクリーンを避けてフリーになろうとしている最中、より効果的に人を避けることができるようになる。
スナイパー
スナイパー
タイミングよくジャンプシュートを打つとブーストを獲得する。タイミングが悪いとペナルティになる。
フェードエース
フェードエース
どの距離からでもポストフェイダウェイのシュートがブーストされる。
ブラインダー
ブラインダー
ジャンプシュートを行った際に、周囲にいるディフェンダーから受けるペナルティが低下する。
ボリュームシューター
ボリュームシューター
選手がシュートを一定数決めると、成功するかどうかにかかわらずシュートするたびにシュートスキルにブーストが付与される
グリーンマシーン
グリーンマシーン
ジャンプシュートで最高のリリースを連続で出すと、シュート成功時にブーストが付与される。

プレイメイキング

速攻を狙うなら「ダウンヒル」「ハイパードライブ」を装備させると、見た目のスピードよりもさらに速く攻め上がれます。

残りは「ブレイクスターター」を装備させて、味方の速攻もサポートしていくのも面白いでしょう。

バッジ名効果
ダウンヒル
ダウンヒル
速攻中、ボール保持者のスピードにボーナスが付与される
ハイパードライブ
ハイパードライブ
オフェンス時に走りながらドリブルムーブを行うスピードが加速する。
ブレットパサー
ブレットパサー
ボールが手から離れるまでのスピードとパスの速度が増加する。
ブレイクスターター
ブレイクスターター
ディフェンスリバウンドをつかんでからの遠距離アウトレットパスの精度が上昇する。パスはディフェンスリバウンド後すぐに放たなければならない

ディフェンス/リバウンド

ジャンプ力のステータスが高く、リバウンド後のジャンプも強化出来るため「ポゴスティック」はかなり噛み合います。

あとは「ボックス」「リバウンドチェイサー」など、リバウンドしやすくなる物を選びましょう。

バッジ名効果
リバウンド チェイサー
リバウンド チェイサー
通常より遠距離からリバウンドを追いかける能力が上昇する。
ボックス
ボックス
リバウンド前に相手選手をボックスアウトする能力を強化する。
ポゴスティック
ポゴスティック
選手がジャンプからの着地後に素早く回復して再びジャンプできるようになる。これはリバウンド、ブロック、ジャンプシュートでジャンプしたあとに影響する。
ワーム
ワーム
ボックスアウトを受ける際、リバウンダーがそれを通り抜け、良いリバウンドポジションにたどり着く確率が上昇する。
ボックス
ボックス
リバウンド前に相手選手をボックスアウトする能力を強化する。

本記事の注意点

マイキャリアビルドではビルド構成にパターンがあり、それによってステータスに制限が生じるので選手を完全に再現する事は不可能です。

このページではなるべく選手のステータスに近づけるようにしていますが、選手のどの要素を再現するか、またどう活躍させたいかでステータスの振り方も変わってきます。

あくまでもビルド構成の参考としてご覧頂けると幸いです。



NBA攻略Wikiのトップに戻る

コメント (ザイオン・ウィリアムソン選手風のビルド構成)

新着スレッド(『NBA 2K22』攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる