Gamerch

はじめに

最終更新日時 :
1人が閲覧中

金券ショップ(チケットショップ、金券屋とも)についてよく知らない方にも、金券ショップがどんなお店で、どんな商品を扱っているのかを解説します。金券ショップはどのような時に利用できるのでしょうか。

ついに消費税が増税され、8%から10%になりました。しかし給料が上がったり景気が良くなる気配はなく、家計の事情は厳しいままです。こうなると、収入を増やすか支出を減らすしかありません。

そんな厳しい家計の強い味方、それが金券ショップです。


金券ショップは金券屋、チケットショップなど様々な呼び名があります。

店舗によっては切符屋など、特徴的な名前で呼ばれたり、あるいは自分からそう名乗ったりする店舗もあります。


当然、一概に「金券ショップ」と言ってもその店舗によって販売している商品は多岐にわたります。

一例をあげると主に次のような商品を取り扱っています。

新幹線の切符:新幹線の回数券のバラ売り

商品券:百貨店や様々なお店などが発行する商品券

ギフトカード:クレジットカード会社などが発行する、加盟店で使える金券

近距離回数券:鉄道会社が発行する回数券のバラ売り

切手・印紙類:不要になった人から買い取って、割安で販売する


こういった商品は定価より安く販売されており、例えば百貨店で使える商品券が2%引きの価格で売っていたりします。同じモノを百貨店で買う時、百貨店で現金で払ってしまうより、1%のポイントがつくクレジットカードで買うより、2%引きの商品券で買った方がお得なのは明白ですよね。

このようにお得な金券を見つけて購入する事で、いつでも買うような物をいつもより安く手に入れる事ができます。(あくまでこれは一例で、百貨店で物を買うのが本当に節約になるのか、とか 2%引きの商品券なんてめったにない、とか色々加味するべきポイントはあります。)


これらの商品は、当然自分で購入して使う事でお得にモノを買うことができる訳ですが、逆に自分が売り手になる事もできます。


また、金券ショップは古物営業法に基づき、各都道府県の公安委員会より古物営業許可を受けて営業している。自分の知っている店舗がしっかり許可を受けているかどうかは、店舗の見えるところにプレートが貼ってあるかどうかで分かる。さらに、自動販売機で営業している店舗にも、自販機にプレートが設置してあったりします。


執筆中・・・

コメント (はじめに)

新着スレッド(首都圏金券ショップ攻略Wiki【回数券・私鉄株主優待券バラ売り】)

注目記事
ページトップへ