Gamerch

【デッキ構築】重力デッキ

最終更新日時 : コメント(0)
構築難易度★★★☆☆
デッキ方針上級者向け

キーカード

画像カードレアリティコスト備考
グラビティーバルーンR1核・3枚

候補カード

デッキ画像カードレアリティコスト備考
全般グラビティーマジシャンR24枚目以降の重力展開要員
エイレーネVR1防御札・準必須
罠師R0サポーター
ビートミノタウロスバトラーVR0召喚酔い小型アタッカー
ツインヘッドドラゴンR2召喚酔い中型アタッカー
灼熱竜バロルVR3召喚酔い大型アタッカー
暗黒神官ファフニールLE4竜軸サポーター
育成炎のチアリーダーN0育成要員
フライングランナーR0育成要員
軍隊アリN0育成対象
バーン狙撃の名手ジョーN0バーン
スナイピングオクトパスN0バーン
イザナミLE3ロックバーンであれば準必須
投石コングN3バーン
選択神竜LE3除去
篝火の魔法使いN2除去
溶鉄巨人N0加速
墓嵐VR2加速
聖域の妖精N0篝火をメインに立ち回る場合

デッキ説明

敵味方含め全アニマが隙を見せるようになる重力効果を活かしたデッキ。

召喚酔いを持つ代わりにスペックが高いアタッカーの弱点を消しながら攻めるビートダウン系か、時間を稼げることを利用したロックバーンやチアリーダー育成、砂時計の竜を絡めた特殊なロックデッキ等に応用できる。


ビートダウンで使う場合、メインアタッカーはツインヘッドとバロルになる。これらはアシスト錬成できるため暗黒神官ファフニールでコストを踏み倒して錬成することができる。バルーンをチャージしないように注意。エースアタッカーが苦手なアブゾーブエレファントものまねパロットを無力化できるのは長所。不意の紫雲竜テオブロも怖くない。

最高パワーがバロルの2700になるケースが多いので2800~に対応する除去枠は欲しい。特に神竜はファフニールとの組み合わせはもちろん、バウンスと重力のコンボは単純にエグい。重力によって自身もものまねパロットは使えないが篝火の魔法使いは使える。敵パワーを1000にするとバルーンを相打ち破壊されてしまうので気にするならバフをかけておいても良い。


ロックバーンの場合、罠師によってエイレーネイザナミを駆使して防御し、バーンダメージで削っていく。ジェスターエイレーネ以上に時間がかかり、かなり害悪。

バーンを使わずとも時間稼ぎに長けている性質を活かし炎のチアリーダーのバフをかける戦術も。バフ対象は軍隊アリ水晶の天馬、あるいはフライングランナーと合わせてバルーン自体を強化するケースも。こちらもジェスターエイレーネに似た性質を持ち、あちら同様バフ対象への除去には弱い。(天馬以外)


重力展開に共通する弱点はそもそも先手が取れないとかなり不利な場合があること。敵のデッキ次第ではあるが展開が速いデッキだと先手で重力を展開できなければ非常に辛い。

cip除去にもとても弱い。神竜重量騎士マルシャルでバルーンを割られると防御札が無ければ後続にそのまま殴られる。

マテリアル効率の悪さも問題。居座ることを前提としているため、デッキの回転率が非常に悪く、マテリアルがカツカツになりがち。加速札を入れるなら重力の性質上、風鈴の踊り子は使いづらいため、基本的には溶鉄巨人等に頼ることとなる。

総じて、重力デッキはかなりクセが強いデッキであり、使いこなすのは非常に難しい。

コメント (【デッキ構築】重力デッキに対して)

  • 名前
    ログインしてニックネームで投稿する
  • コメント ※必須 残り300文字
  • ※画像は1度に1枚まで投稿可能
  • 利用規約に同意の上、投稿してください

Goodコメントランキング
注目記事
1/2 2/2
ページトップへ