Gamerch

【白猫】ヴィンセント(トライドル2)・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中

南の島の100億$$$ ストーリー
飛行島の思い出 
友情覚醒画像その他相関図



ヴィンセント・サビーノ CV:拝真之介
ジョカ島出身のギャング。
その手に握るのは、誇りと形見。

思い出1



ワイハの島での事件が解決し、少しだけ後のこと……

<ジョカの火薬庫>が飛行島を訪れた。


お邪魔いたします。ご挨拶が遅れてしまい、面目次第もございません。

アラ、ヴィンセントじゃない。やっほー。

この間はお疲れ様でした!

皆さまご無事で何より――喜びの至りでございます。

なんでフォーマルモードなのさ。

あら、礼儀って大事よ? 人のシマにお邪魔するんだもの。つまらない物だけど、コレどーぞ。

うん?

ワイハといえば、シャイニーズのココナッツ・ビーナッツバターよ♪

あらー! 気が利くじゃない♪

わざわざありがとうございます。ゆっくりしていってくださいね♪

お気づかい感謝いたします。ですがあの島にはまだ、野暮用が残っておりまして。

ワイハ島に? 事件はもう解決したでしょ?

一度、巣食った<病>ってなァ、そう簡単には消えねえのさ。

――徹底的に除かねェ限りな。

もしかして、アンタやブラッドがワイハ島に来た理由と関係あるの?

私たちにお手伝いできることがあるなら、頼ってください。

ありがとうございます。ですが、心配はご無用ですとも。

……なんか隠してるふうね?

可憐なお嬢さんに、ドブさらいをさせるわけにもいかねェもんでね。

みなさーん!

あっら~~~ン!? ティィィイヌウワちゅわぁ~~ん!

みなさん、もしお時間空いていたら海に――

いくいくゥ~~! 一緒にバカンスをエンジョイしちゃいましょ~~~ン♪

おっ先ィイ~~~~~~~ン!!

海に遊びにいきませんか!

(何事もなかったように……!)


TOP↑

思い出2


たくさん泳いだね~。疲れちゃった!

お腹ペコペコだわ。何か食べましょーよ♪

すごい行列。

ソースの匂い………焼きそばかな?

アタシたちも並びましょうよ! この行列だもの、絶品に違いないわ!


 ***


「らっしゃい!! 何人前でしょうかァ!?」

あ、ヴィンセントさん。

ティナちゅわんじゃなァ~い! もー待ってたんだからぁ♪

なんで焼きそば作ってんの?

テキ屋の真似事するつもりはなかったんだけどねえ。

材料買い込んで準備してたら、客が集まっちゃってもー。

どういう経緯よ! たしかに美味しそうだけどさ!

ったりめェだろ? はいティナちゃん、たーんと召し上がれ♪

ありがとうございます。いい匂い……♪


商売繁盛、大いに結構だ。

で、誰の許可ァ得て、ウチの縄張りで小銭稼いでる?

―これはご無礼を。ご覧の通り、右も左もわからない余所者でして。

そうかい。とうりでクソマズそうな焼きそばだと思ったぜ。

ウチの屋台のは絶品だって、客の間でも評判だったな。

それはぜひ味わってみたい。

もっともウチじゃ――クスリのトッピングは扱っちゃいねえがな。

クスリ? なんのことですか……?

どうせ裏で売りさばいてんだろ。ピースフル剤をよ。


ピースフル剤――

この島の人々を蝕んでいた危険な薬物である。


なんのことやら。

言いがかりよ!

しらばっくれんじゃねえ!

知ってんのよ。あんたらがこの島で派手に暴れ回ってたことはね。

あんたなら、騒ぎに乗じて<在庫>をかすめ取るくらい、ワケねえはずだ。

なあ――<ジョカの火薬庫>よ?

……あァら、あたしったら有名人。

ピースフル剤はいまだに裏で出回ってる。黒幕は尻尾を出さねえ。

そんな……

ヴィンセントの『野暮用』って、もしかしてコレ……!?

ジョカの次は、この島を牛耳ろうってハラか?

ヴィンセントさんはヘンな人だけど……そんなことはしませんっ!

ガキまで利用するかよ。ヘドが出る。

そんなんじゃないわよ! 話を聞きなさい!

無駄だ。あちらさんは拳を振り上げた。止まらねェよ。

わかってるな。で、どうすんだ?

さっきはずいぶんと吹いてくれたじゃねぇか。

付き合ってやる。どっちが上が、白黒つけようぜ。

……面白え。後悔すんじゃねえぞ!




TOP↑

思い出3



ヴィンセントさん、豚肉と野菜切りましたよ。

あらぁぁ~~~ん、上手ゥウウ! もういっそこのまま食べちゃいたいわ~ん!

生ですから!!

鶏ガラも準備できました♪

さすがの手際でございます。……うん、いいダシ出てるわ♪

じゃ、いきますぜ主様。あたしのヘラさばき――

よぉくご覧くだせェ!

<ヴィンセントは二本のヘラを巧みに操り、具材を炒める!>

さあ主様も! リピートアフタァア……ミィイ~!


「馬鹿野郎、火ィ通しすぎだ!

とろとろの半熟卵がウチの焼きそばの命だろうがァ!」

「「「ヘイ!すいません!」」」

「余所モンに負けたらぶっ飛ばす!」


ねえヴィンセント! なんで焼きそば作ってるんだっけ!

こんな所でドンパチなんざ、カタギの皆さんにご迷惑だろうが!

売上げ勝負ならわかりやすいぜ! 文句あるかァ!?

ないけども!

焼きそば十個、お待たせいたしましたァ!

そんなにたくさん一人で持てる? 手伝おうか?

大丈夫、弟たちが待ってるんだ! じゃあねー!

あ、そんなに慌てたら……!

あっ!?

大丈夫かよ、お娘ちゃん?

うん……でも焼きそば、ぜんぶこほしちゃった……

こぼした? さて、何のことやら。

え、だって……

<ヴィンセントの手には、新品の焼きそばが大量に乗っている!>

ほらよ、持てるか?

でもお金、もうないよ……?

お代ならとっくにいただいておりますとも。

……ありがと!おじさん!

じゃあね~ん♪

私も運ぶの手伝ってきますね!

あーもーティナチュわぁあン! なァんて優しいコなのかしらぁ~♪


…………



 ***


さて、売上げ発表といこうぜ。

テメーが勝ったら、気の済むまで調べさせてやるよ。

もちろん、抵抗はするけどな。

……必要ねえよ。どうでも良くなっちまった。

あら、そ。

なんだかわかんないけど、信じてもらえたみたい……?

ってかアンタら、結局なんなのよ!

元々、この一帯を治めてたチンピラさ。

あのふざけた会社と、その傘下に降ったギャングともにほとんど殺られたかな。

悪党らしい幕だな。

納得ずくさ。だが、奴らが持ち込んだモンまで許すつもりはねえ。

カタギもガキも区別なく牙を剥く、あのふざけたクスリだけはな……!

あんたらも<売る側>じゃなく<追う側>ってわけだな。

あんたら『も』……? じゃあ、アンタ――

オレ自身の都合じゃねえ。落とし前ってやつさ。

……大切な奴だったのか?

オレに焼きそばの作り方を叩き込んだジジイさ。

<ヴィンセントは焼きそばの容器を放って渡した。>

――うめェな。

だろ?



TOP↑

思い出4


――で、テキ屋のフリして売人(ハスラー)を誘き寄せようとした、と?

あの手の連中は、同業者の動きに敏感だからな。

だからって、あのチープな味の焼きぞばで金とったのか? 冗談だろ。

アテは外れたが、地元の古株と渡りをつけられた。上出来だろ。

一人で無茶すんなって……

バッキーのやり残した仕事だ。ハンパに終わらせるつもりはねえ。

……旦那にゃ世話んなったしな。


バッキー・ディミューロ――

ヴィンセントたちの知己であり、この島に流れた危険植物<ワスカの葉>を嗅ぎつけた結果、殺された老ギャングである。


死人の仕事を引き継ぐなんざ、ケナゲすぎて涙が出るね。

悪党だったが、筋は通す男だった。

クスリを嫌ってたよな、旦那は。なんつってたっけ……

『人の特権とは<憂う>こと』……

『それを手放したヤツは、人のカタチをした獣だ』

<三人は、路地裏に視線を向けた。>

……しあワセ――だぁ――ヘヘ……

……たしかにヘドが出るぜ。


ワイハ島で、押収を逃れた相当量のピースフル剤と――

その主原科であるワスカの葉が何者かに持ち出され、ひそかに出回っていた。


表向きこそ小綺麗になったが、島の裏側はいまだクソまみれだ。

黒幕はどこのどいつなんだろうな。いくら売人ともをふん縛っても、情報なんて出てきやしねェ……

尻尾をいくら漬そうが意味がねえ。潰すなら頭だろ。

だから、簡単にそれができるならよ……

――このビルで間違いねえか、ケニー?

ああ、ここだ。そびえ立つクソみてえなビルだ。

何がだよ? このビルがどうか――

おじゃましま~す♪

<ヴィンセントがビルの外壁を蹴り壊した!>

あーら、いるいる。ちょっぴり偉そうなオジサマ方♪

な、なんだ貴様ら!?

あれは――ピースフル剤か!? それもあんな大量に……

ビンゴじゃねえかケニー。情報収集ありがと♪

お前が味方につけたゴロツキ、そこそこ使えたぜ。土地勘ってのは大事だな。

え? は? なんだコレ!?

どこ向かってんのかと思ってたら、出入りだったのかよ!?

そういうことは事前にいっとけ!

ハン、出入り~? こんなもんはなァ――

お、おい、こいつらを殺れ! 早く!


――ただのゴミ掃除っつーんだッ!

ったく……仕方ねェな!



TOP↑

思い出5



襲撃した幹部を締め上げ、ヴィンセント達は密売事件における<黒幕>の潜伏先を突き止めた。


”コードネームは<マウス>――ネズミねぇ”

「コソコソ潜んで、バイ菌まき散らす野郎にピッタリだな。

時間をかけたら逃げられる。挟み撃ちにして、確実にケリをつけるぞ。」

”主人公の力も借りられりゃ心強ェが……身内事だしな”

「わかってんじゃねーか。ならとっとと――

おでましだ。おい、ブラッド――……チッ。壊れたか。」

銃弾を受けたルーントランシーバーは沈黙している……

こいつバカか? 一人でノコノコ来やがった。

誰がトドメ剌すか賭けようぜ。今日こそはオレ――

な……!?


ぐちゃぐちゃうるせェ。

この野郎……殺っちまえ!

おいおい。たかが一人に大盤振る舞いじゃねェか。

代金はてめえの命だ。

面白ぇ……満足させてみろよ!


 ***


な、な……!?

――で。これで終いか?

<ヴィンセントの周囲には、おびただしい数のギャングが倒れ伏している。>

なら、どけよ。ネズミが逃げちまう。

「――動かないでください。」


……! テメーは―

マ、<マウス>……!! 助けてくれ、こいつ――

人前で呼ばないでくださいよ、……ゴミが。

テメーが<マウス>か。わざわざ会いに来てくれてありがとうよ。

このままじゃ、大事な兵隊が全滅してしまいますから。

テメーで殺っておいて、難儀な話だ。

バカはいりませんので。

その胡散臭えツラ、見覚えあるぜ。バッキーの部下だった。

ええ、あなたのこともよく知ってますよ、ヴィンセントさん。

バッキーを売ったのはテメーだな?

だって時代錯誤なんですもん、クスリは扱わないとか。

例の騒ぎのおかげで、ブツも大量に手に入りましたし。僕の人生キテますよこれ。

バッキーはテメーを気に入ってたぜ?

心底間抜けですよねぇ。最後まで裏切りに気づかなかった。

そのニヤニヤ笑い、今すぐ消してやるよ……

おっと、ここで突然クイズです。<コレ>はいったい何でしょう?

知ってるぜ。ピンチになったら自爆するためのスイッチだろ?

島の各地に、<災いの霧>を仕込んだ爆弾が仕掛けてあります。

……なに?

爆発したら何人死にますかねぇ?

……興味ねェな。他人が何人くたばろうが。

100億ゴールドの少女も巻き込まれるかも。

…………

そうそう、それでいい。……半殺しにして動けなくしろ。


 ***


――ハァ、ハァ……

くそ、こんだけ痛めつけてまだ気絶しねえ……!

……気は……済んだかよ……?

もういい。適当に縛って車にブチ込んでください。ズラかりましょう。

なんで……いま殺らねェ……

ジョカを復興させた立役者……ヴィンセント・ザビーノ。

僕ね、ジョカ島を狙ってるんです。あなたのノウハウがほしい。

あそこじゃクスリは……扱ってねェよ。

綺麗な土壌ほど、市場は作りやすいんですよ。

ドブネズミ……が。

じゃ、虫の息のてめえは虫ケラだ。もう動けねえだろ?

ワスカ潰けにして情報吐かせたら、用無しだ。


 ***


ちょっと! あれ、ブラッドだわ!

次から次へと――うぜェんだよ!

――

お前ら!? どうしてここに……

ケニーさんから聞いたんです! ヴィンセントさんは……!?




TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



この……光は……!

なんだ!?

――あああああッッッ!

ぐッ……!? しまった、スイッチが……

……いただきだ。

<爆弾のスイッチは、ヴィンセントの手の中で粉々に砕け散った!>

ひっ……!?

『と、取り押さえろ! 死にかけだ、ビビるな!

死にかけかどうか、確かめてみろよ……ッ!

しゃらくせぇ。全員まとめて――かかってこいやァ!

も、もういい! 撃て! 撃ち殺せェ!

な……!?

ニイさんに、好き放題やってくれたな。

――ったく、遅えよ。バカ野郎。


ヴィンセント、だいじょぶ!?

ひどいケガ……

ご心配おかけいたしました。この通り、ピンピンしてますとも。

さあ……年貢の納め時だぜ、ドブネズミ。

……この、死にぞこないがぁッ!!

テメーに欠けてる、決定的なものを教えてやる。

品性。度胸。そして――

くるなァーーー!!! ぶぎゃぁアアア!?

――<愛>だ。



 ***



数日後――

バッキーの眠る海辺にて。



「悪いなバッキー。遅くなっちまった。」

ヴィンセントの手にはワインの瓶。

銘はクライング・フォックス。

生前バッキーが愛蔵していた、億の値を持つビンテージワイン……

「祝杯といこうぜ。あんたは仕事をやり遂げた。」

ヴィンセントは瓶に口をつけると、残りを海へとまいた。

「美味えか? もう開けちまってたから、風味はだいぶ抜けてんなぁ。

オレがそっちにいったら、最初の一口の感想を聞かせてやる。

せいぜい悔しがれ――クソジジイ。」




矜持のアヴェンジャー ヴィンセント・サビーノ




TOP↑



その他






関連ストーリー
画像説明
ヴィンセント・サビーノ
ジョカ島出身のギャング。
世間に飽いた工夫したがり。
ギャングが一匹――
立ち寄った町で、銃を撃つ――
ヴィンセント(トライドル2)
ジョカ島出身のギャング。
その手に握るのは、誇りと形見。


人物紹介

データがありません


コメント (ヴィンセント(トライドル2)・思い出)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ