Gamerch

アイドルキャッツ!! Story7

最終更新日時 : コメント(0)


君は久々の休暇を謳歌していた。大きな事件もなく、平穏にクエス=アリアスで過ごしていた。

時間は昼を過ぎた頃だった。まだ昼食は摂っていない。

ウィズは宿屋で眠っており、君ひとりだった。つまり今日はちょっとしたチャンスだった。

以前より目をつけていた大海老のフライを提供する店に行き、ゆっくりと食事のひとときを楽しむという、チャンスであった。

君は店の扉を意気揚々と押した。


「よっ。」

君はローブを翻し、背後の扉に飛びついた。だが、扉はびくともしなかった。

「まあ、せっかく来たんだから、そこに座るニャ。」

来たくて、来たわけじゃないです、と君は愚痴を言いながら、席に座った。


君は周囲を見回す。見たこともない装飾ばかりだった。

ピカピカと光る板が壁にかかっており、楽器を弾く人もいないのに、音楽がかかっている。

ここはどこですか? クエス=アリアスじゃないですよね。もしかして異界を移動したんですか?

と君は謎の猫(?)に話しかける。

「そうニャ。ここはアタイの店ニャ。ま、クエス=アリアスではないニャ。チミもしかして、ちょっと油断してたニャ? 月2無い時もあるからなあ、とか思ってたニャ。

だぁめぇニャ。 そんなことじゃだぁめぇニャよ。そもそも、この季節になるとアタイが来ることは想定しておくニャ。」

今回呼びましたよね。なんでそんなことが出来るんですか?と君は目の前の謎の猫(?)を怪訝に思う。

「深く考えちゃ駄目ニャ。大体いつも大した理由もなく異界に移動するニャ。目の前光ったら、移動してるニャ。」

まあ、そうですね。と君は答える。

「何か食べたいものはあるかニャ? 好きなもの作ってあげるニャ。」

君はそういう気分ではない、と断った。

「何でもいいから言うニャ。食べたくなかったら残してもいいニャ。とりあえず食べたいものを言うニャ。」

けっこうしつこかったので、君は食べたかった海老のフライを注文してみた。

「冷蔵庫にハムとじゃこしかないニャ。やきめしならできるニャ。」

なんでもいいって言いませんでしたか? と君は言った。

「言ってないニャ。」

言ったと思いますけど? と返す。

「言ってないニャ。」

君は半ば呆れて、じゃあ、それでいいです。と言った。

「言ったニャ。」

構ってほしいんですか?

「かまってほしいに決まってるニャ! 年にー度くらいしかチミに会えないニャ。かまってほしいニャ~!」

すごく面倒臭いな、この人。いや猫か、猫でもないか。と、君は思った。

「あと、アタイといる時くらい他人行儀はやめるニャ。」

他人行儀? と君は聞き返した。

「それニャ。その変な「と言った」みたいなやつニャ。アタイといる時は、そんなのいらないニャ。」

なんのことかわかりません、と君は言った。

「それニャ、それ! いまのやつニャ。」

本当に何言ってるんですか?

「かまととぶっても無駄ニャ。チミもちょっと面倒だとか思ってたニャ? わかるニャよ。」

全然意味がわかりません。


謎の猫(?)はグラスを鼻息で曇らせると、キュッキュと音をさせて磨く。

そのグラスを君の前に差し出した。君はちょっとやだなと思った。

琥珀色の液体を注ぎながら、謎の猫(?)は思い出したように言った。


「そうそう。チミの代わりに、きゃっつに花輪を贈っておいたニャ。立て替えておいた分、払ってほしいニャ。」

『きゃっつ』ってなんですか?

「きゃっつニャ。知らないことないはずニャ。チミも知っている子たちがやってるアイドルクループニャ。

エクセリアとかリリーとかアイラ、セラータ。あ、最近はルカも事務所に入ったニャよ。」

……全員知らないんですけど。

「きっと忘れてるだけニャ。ともかくお金は払ってほしいニャ。クエス=アリアスのお金でいいニャ。」

よくわからないまま、君は渋々お金を払い、謎の猫(?)が入れた、ちょっと塩辛い琥珀色の液体を一口飲んだ。

冷製スープだろうか。悪くない昧だった。

ところで、ここで何してるんですか?

「世界を救っていたニャ。」

嘘ですよね。

「アタイだって本当のことを言う時もあるニャ。きゃっつが世界を救えるようにいろいろ手引きしたニャ。」

嘘ですよね。

「ぶぶ~~。不正解ニャ。少しはアタイを信しるニャ。

正直、どっちでもいいな、と思っていた。後ろで扉が開く音がする。

ぺたぺたという足音が、君の隣で止まった。独特の生臭さが漂ってきたので魚でも持っているのかと思った。

見ると、どこかで見たことがある人がいた。

「よっ。お疲れ様ニャ。いろいろ御苦労様だったニャ。あ、キュウリ冷えてるニャよ。」

「……。」


謎の猫(?)と、緑色の人を見て、君は、この異界には人がいないのだろうか、と思う。

パキッというキュウリを食べる綺麗な音が響いた。少し前まであったはずの平穏な時間が懐かしくなった。 

「チミ、カラオケでも唄うニャ?〈Razor-Will〉入れるニャ。デュエットするニャ。」


君は心底帰りたいと思っていた。




TOP↑


アイドルキャッツ!!


  プロローグ 

1 Heart break Work(初級)

  無防備会議

2 キューリー(中級)

3 物販戦線異状アリ!(上級)

  リアル・ブラウンの弁当

4 アイドル特攻大作戦(封魔級)

5 フルタイム・チケット(絶級)

6 番外編

7 嘘猫は眠らない





コメント (アイドルキャッツ!! Story7に対して)

  • 名前
    ログインしてニックネームで投稿する
  • コメント ※必須 残り300文字
  • 利用規約に同意の上、投稿してください

Goodコメントランキング
注目記事
1/2 2/2
ページトップへ