Gamerch

【白猫】3000万回のラッキーチャンス! Story

最終更新日時 :
1人が閲覧中

2015/03/16



目次


Story1 二人の天使

Story2 働き者のリーゼント

Story3 ふるえるこいぬ

Story4 みすぼらしい少年

Story5 幼い妹

Story6 見栄を張った商人

Story7 声をかけてしまった者

Story8 後悔する天使と反省中の神

最終話 前をむいた天使



登場人物





story1 二人の天使



冒険家、たっくさん増えたね♪

いやはやさんぜんまんとはね~……まったく、アタシがぴょっと目をはなしてたスキに……

はなしてたんだ……

あら? ディオニスだ。

うぐぐ……俺としたことが、戦闘用の鎧で一週間も政務をしてしまうとは……

忙しかったとはいえ、ぬかった……もってくれ、我が鎧よ……!

うっ! 御大の店まであと少しだというのに、鎧の留め具が外れそうだ! このままではあられもない姿に……

ぎ、ギニャー! やめれー!

「ラッキープレゼント!」

うぉっ!? 唐突に足元を駆け抜けたうりぼうにつまづいて転ぶぞ!

こ、これは……! 倒れた衝撃で、鎧の留め具ががっちりはまっただと……!? なんたるラッキー……!

…………

……ん?

……どう?

んん?

ハッピー?

んむう?

鎧脱げなくて、どう?ハッピーじゃない?

まあ、な。これで万全の装甲で御大の店へ行けるしな。

うん。うんうんうんうん。そうよね。よかったよかった!

……? よくわからんが、忙しい身でな。失礼!

いや~……いいことするってスガスガしいなぁ~……!

いまのうりぼう、アンタが呼んだの……?アンタ、どちらさま?

あ、こんにちは。あたしはマール。幸運の女神さまにおつかえする天使だよー。

おい。

あんな鎧男に<<幸運>>をやることはなかっただろう、マール

んー、でもねー、かなり苦労してる様子だったよ?若そうなのに、むーって顔でさー。

フン。まつりごととはそういうものだ。するべき努力は努力と呼べん。

こっちも羽だ……天使が二人……?

こんにちは。私はアイリスといいます。あなたは?

……なんだ? 人間? 馴れ馴れしく声をかけるな。

ちょっとぉ! 礼儀正しくアイサツしたでしょぉ!?

フン。俺はガレア。人間風情に名乗る名などない。

行くぞ。マール。人間どもの街で、いつまでも遊んでいる暇などない。

ムッ! ずいぶんないいぐさ! アンタたち! ちょっと待ちなさいよ!

お前たちに付き合っている時間などない。用があるなら横にくっついて歩きながら話せ。

おいてこうったってそうはいかないわ、横にくっついて歩きながら…………アレ?

どうした? そうするのであれば、止める手立てもないわけだが。

うん……じゃあ、ついてくわよ。

さ~って、本日の<報われない人>はどこかなー?ラッキーあげちゃうよ~♪



story2 働き者のリーゼント


ちっ、あのオヤジ、久々に顔見せたと思ったらコキ使いやがって……

上まぶたと下まぶたがタイマンしそーだっつーの!ねみーぜちくしょー!

<フラフラ歩くテツヤの頭上に、突然の落石が迫る!>

ラッキープレゼント!

<掛け声とともに放たれた。マールの不思議な力が、テツヤのリーゼントを鋼に変える!

落石は、リーゼントに砕かれ、粉々になって地面に散らばった……>

……お?

……どう?

……あぁ?

鋼鉄のリーゼント、ハッピー?

……あん? わかんねーけど……岩、防いでくれたってことか?

うん。

……おぅ。さ、サンキュー…………じゃ、じゃあな!

うんうん!ラッキーでハッピー♪

……ふむふむ。

つまり、二人はこうして人助けをしてまわってるってこと?

俺たちの仕事を人間なんぞに話してなんになる。

アタシは猫よ!

同じことだ。

おなっ……!?ちがうと思うけどっ!?

<幸運>の女神はきまぐれだが、努力した人間が不幸になることは望まない。

そこでマールが遣わされ、不当な不運に見舞われた者に<幸運>を与えているのだ。

(この人やっぱり親切だわ……!)

ふうん……?ガレアは黒いけどさ、アンタもマールと同じなの?

俺は<奪う>側だ。

過剰な<幸運>を――――あるいは不運をな。

……なるほどー。ひょうりいったいってわけね。

でもねー、誰にでも簡単にラッキーをあげるわけじゃないよ。

これは努力へのごほーびなんだ!

……さっきのテツヤはなんの努力?

あんなにフラフラになるまで働いてたんなら、うん。それは、努力でしょう!

(意外とハードルは低いみたいね……)

……マール、いつも言っているだろう。もっと厳格に審査しろ。

いいじゃない~、みんなハッピーになる分には~?

そう簡単なことではない。いいか、過ぎたる<幸運>は……

ハイハイ、わかったよー。それじゃ、本来のターゲットを探そっか。

……フン。まあいい、行くぞ。道中には魔物も多いが、幸い味方も得たことだしな。

えっ!?アタシたちのこと!?

……知らぬまに俺は、おまえたちに対し、ある程度本心を語っていた……

それは、俺自身が<ダチ>だと認めたからなのではないか、ということに気づいたのだ。

いつのまにか勝手に友達認定されてた……

いいじゃないキャトラ。お手伝いしましょ?

サンキュー。では、行くとしよう。


story3 ふるえるこいぬ


キュゥン……

しょげないよ、タロー……

せっかく、やっと見つけたのに……落としちゃった<雪のルーン>、だれかひろって届けてくれるよ……

……ぶるる……寒いね、タロー……

キュン……

……枯れ枝、集めてくれたの……?

……たきびね……でも…………火がないんだぁ……

キュゥゥン……

……タロー…………私、もうくたくただよ……

マール! マール! マールゥ!!

ら、ら、ら、ラッキープレゼントぉ!!!

<マールの杖から放たれた温かい光が、コヨミとタローを包む……>

……あれ……?

……おむかえ、なの……?

キュン、キュン……

……うふふふふ……

……あっち、とってもあかるいね、タロー……

マールゥゥゥウ!!!

ら、ら、ら、ら、ラッピープレゼントゥア……!

<再びマールがふりかざそうとした杖を、ガレアが止めた。>

待て。

<ガレアはコヨミへと歩み寄ると、そっと手をさしのべた。>

……こんなところにペタンと座ってちゃダメだ。さあ、宿まで送ろう。

<ガレアはコヨミの手を引いて、近くの宿に送り届け……

戻ってきた。>

……すんごい近くに宿あったね……

ああ。

ガレア~、そんなことしなくても、ラッキーにしちゃえばいいよー?

そうすれば幸せだもん。ごほーびの出し惜しみをすることなんてないんじゃないー?

…………

ガレアさん……?

……気をとりなおして、次に行きましょっか!アンラッキーな人どこ~?

…………

ガレア? どうして黙ってるの?

……マールはまだ、わかっていない……。<幸運>というものを……

……ともかく、もう少しついてきてくれるか?

はい。マールさんを追いましょう?

サンキュー、ブロウ……!


TOP↑

story4 みすぼらしい少年


……これだけじゃとても足りません……家には妹もいるんです……

自分だけ特別だと思うなよ。闇の魔物のせいで、苦しんでる人は大勢いる。

半人前以下のお前の働きに、これだけの食糧を渡すんだ。

感謝されこそすれ、不満を並べるのはおかど違いだな!

……リィナ……

なんなのあのおじさん!? あんなイジワルないよ!?

あの子を救わなきゃ! ラッキープレゼン――!

――待て! マール、軽卒な行動はよせ!

止めないで! あの子を幸せにしなくっちゃ! ラッキー……!

――!?

<杖を振りかざしたマールが突然ひざから崩れ落ちた。>

マールっ!?

……大丈夫だ。……少し<幸運>の供給を<止めた>だけだ。

<幸運>を……とめた……?

ガレア……どういうこと……?

…………

う、うわあぁぁあっ!?

しまった、あの子の不運が魔物を呼び寄せたか……! 行くぞ!

まってよ、マールは!?

……!

<ガレアの白い翼から放たれた光を受け、マールはうっすらと瞳を開いた。>

……あれ?

さっきの少年が魔物に襲われている。助けに行くぞ。

!? だからラッキーをあげればよかったんだよ!

慎重すぎるのも考えものだよ! ちょっと冷たいじゃないガレア!? ぼやぼやしないで急ぐよ!

…………

ガレアさん……



TOP↑

story5 幼い妹



<――魔物を退けると、助けられた少年はぺこりと頭を下げた。>

ありがとうございます、旅の方……

気にしないで。ラッキープレゼントォ!!!

ばっ……!

ありったけのラッキー、あなたにあげるよ!幸せになってね!

えっ? えっ?

<マールの杖から一際眩い光が放たれ、少年の全身を包み込んだ。>

……!

えっ? あれっ? いまのは……?

……忘れろ。

そんな、忘れろったって……?

……おにいちゃーん……!

リィナ! ……すみません、失礼します。忘れません、ありがとう!

これであの子は、幸せになるってこと……?

もちろんでしょ!だってあたし、ラッキーをあげてハッピーにする天使だもん。

……本当にそれがあの子のためか?

え?

……見てみるがいい。……お前が、何をしてしまったかを……

え……?


…………

……


ただいま、リィナ。すぐに食事の支度をするよ。

! まって、おにいちゃん、それっぽっちなの……? それだけじゃ……

……おにいちゃんは、だんなさまのお屋敷で食べてきたからいらないよ。

……うそ。そんなのうそだよ!あの人、ケチだもん!

こら、だんなさまの悪口はよせ。

みんな言ってるもん! あの人、自分だけもうけて、まわりにぜんぜんあげてないって!

あたしがもっとたべものもらってくる!

待て、リィナ!


まずい!

え? どうしたのよ急に?

あの子たちは食べ物を手に入れるぞ!

それはどこからだ!?

…………

……! まさか……!?


…………

……


……50人からの従業員に配る分を引いて、残りの食糧はこれだけか……

……くそっ、闇め……! 仕入れが滞らなければ、こんなことには……!

ふん。見栄を張らなくなったらあきんどはおしまい、か……辛いところだな! ちっ、うるさい腹の虫だ!


なんだと!? どうしてここに魔物が!? くそ……どういうことだ!?


TOP↑

story6 見栄を張った商人



「――なんで門が開いて……?それに誰もいないし……?」

「――たべものいっぱいだよ!もってかえろ、おにいちゃん!」

「――リィナ……」


<――魔物を蹴散らし、屋敷の奥へ到達すると、商人が横たわっていた……>

……遅かったか……これが不運の末路だ……

これ……?そんな、どうして……!?

マール。お前はあの少年に、<幸運>を与えすぎてしまった。

なにそれ……?だって、ラッキーをあげるのが、あたしの役目……!

『努力した人間が、報われないのは間違ってる』

だから女神さまはあたしたちを遣わせたんだって、ガレアは言ってたよね!?

そうだ。<報われない>のは間違っている。そう考えている。

だが……それだけだ。過剰な<幸運>を手にしたものがどうなるか……!

行くぞ、マール。これだけでは済まないだろう……!

……!

……ねえ主人公……あの二人って……

……うん。なにかありそうね。乙女のカンで。

乙女じゃない主人公はどう?

主人公もそう思うのね……

……ついていってみましょう。

まだ魔物もいるし、最後までお手伝いしなきゃ……


TOP↑

story7 声をかけてしまった者



りょうてじゃかかえきれない♪こんないっぱいのたべものはじめて♪

ああ、そうだな……

……おい、ガキども。いい物持ってるじゃねえか。

闇の魔物のせいで、食糧が足りなてねぇのに、羨ましいぜ。分けてくれよ?

やだ、はなしてっ!

リィナ!?おい、その手をはなせっ!

――!?

<――そのとき、一本の木が倒れ、ごろつきが下敷きとなった……>

な、なんだよこれ……!

……! あたし悪くないもん……悪くないもん!

ま、待てよ、リィナ!


そんな!? どうして、あっちの人にアンラッキーが……!?

少年と対峙した結果だ。彼は不運になってしまったのだ。

違う! あたしは<ラッキー>をあげただけ!誰からも奪ったりなんかしてない!

異常なほどの<幸運>は、他者の<幸運>をも引き寄せ、奪う。

<運>がゼロになれば、その人間は生きていられない。

そんな……!そんなの、知らなかった……

どうして……? あたしは、人をハッピーにしてあげたいだけなのに……

……幸福、か……


…………


あたし悪くない、悪くないもん……!

おい、そこの子供たち。なんだその食糧は?どこから持ってきた?

これはあたしたちのだもん!

どこからか盗みでもしたか……? 話を聞かせてもらおう。さあ、ついて来い!

やっ、いやだーっ! これはあたしたちのだもん!

リィナ!

――なっ!? どうしてこんなところに魔物の群れが!?

あたし悪くない、悪くないもん!


魔物の唸り声が!

行くぞ!

こんなことになるなんて、あたし……

わかっている! まだ取り戻せる!

……でも……

前を向け、マール! ……たった一度の失敗で立ち直れなくなる……

そんな天使に、だれを幸せに出来る!?

……!

……イイコトいうじゃん、ガレア。

ええ……!私たちも力を貸します。さあ、急いで!

……うん!


TOP↑

story8 後悔する天使と反省中の神



<魔物を倒した跡に、少年と少女が立っている。兵士が倒れている……>

…………

あなたたちは……前に会った……

…………

なにか、したんですか、僕に……?

あの……

…………

ど……

…………

……?

……どう、だ?

……どう、って……

……あまり……いい気持ちじゃありません……

…………

……君にとっての幸せを、聞かせてくれないか?

……リィナと一緒に暮らせることです。

それだけか?

それだけです。他に望みなんてありません。……リィナ! それ返しに行こう。

おにいちゃん……?

ははは、捨てるわけじゃないよ。でも、独り占めって、気分は良くないよな?

リィナの分はもうあるし…………余ったらまたもらえばいいさ!そうしよう!

……うん。

いい子だ。

…………


……お願いします。

……いいんだな。

はい。

<意思を秘めた瞳で頷いた少年。ガレアの黒翼が、少年から<運>を吸い取る……

無言で頭を下げ、兄妹は立ち去った。>


…………

<ガレアはマールに向き直ると、白い翼から<幸運>を受け渡す。>

…………

これでまた、お前は他者に分け与えられる<幸運>を得た。

……あたし、いい気になってた……自分勝手に<ラッキー>を……<幸運>をばらまいてただけで……

……こんな力があっても、あたしはうまく扱えない……誰も幸せには出来ないから……

……言い忘れていたが、被害者たちは、まだ息がある。

……<運>が良ければ助かるな。

! それを早く言ってよ! それなら……それなら……! 命が助かるなら……!

いいよね!? 幸せだよね!? あたしはそうだと思うもの! あげるわあたしの<幸運>を!

ラッキープレゼント!

……う……?

あとあとあと、さっきの人と、商人の人と! 急がなきゃ!

……フン。せっかちな奴だ。

ねえ、さっきの子さあ、こーうん取っちゃったら、またふうんになるんじゃないの?

余分な不運も奪っておいた。

もしかして、そのぶんガレアさんが不運になるんですか?

それはない。俺はな。

<幸運>の神さまなんだよ、実は。

えぇっ!?

女神じゃなくて残念だったか?

ウン、ソーネ、サギダトオモウワ……

現実を受け入れろ。さて、マールを追うか。魔物もまだいるだろうしな。



TOP↑

最終話 前をむいた天使



ラッキープレゼント!

……いてててて……

ラッキープレゼント!

……ん……

長居は無用だ。行くぞ。

そーね。

……ガレア……

なんだ。

……ごめんなさい!あたしが軽々しく、<幸運>をあげちゃったせいで……!

みんなに迷惑かけて…………ガレアにも……

……本当にごめんなさい!

……いいさ。

……でも、一つだけ教えて。<幸運>は、他人の不幸の上にあるものなの……?

…………

(……みんなが幸せになる<幸運>……<ラッキー>も、きっとある……はず……

と言うか、あって欲しいし、ないのもアレだし希望は捨ててないっていうか……)

なんだかもごもご歯切れ悪いわねぇ~?

…………

現に、お前は……

え?

む。連日の謁見で疲労が。我としたことが、つのが木のフシに挟まるなどと……!

あっ! がんばってるのに報われてない人発見! <幸運>あげなきゃ!

おいっ!?

量をセーブすればだいじょうぶなんでしょ~?

……やれやれ。お人よしな性格は直りそうもないな……

いいじゃない。あんなカンジでちょこちょこやるぶんには、だれにも迷惑かかんないんでしょ?

まあな。……よくそこに気づいた。やるな、キャトラ。

ガレアさん、聞いていいですか? マールさんに<幸運>を供給してるって……

それは、どういうことなんですか?

……そうだな。ダチには、隠し事はしたくないしな。

マールは一度死んだ。俺の過失で。俺は自分の<幸運>の半分を分け、彼女を甦らせたんだ。

えっ……!?

……今回の彼女と同じように、考えなしに<幸運>を与え、その被害者にしてしまったんだ。

俺の<幸運>の半分を得て、彼女は天使として生まれ変わった。いや、俺とほぼ同じ存在だから、

<<幸運>の女神>と呼べるかもな。

そうだったんだ……

マールと一緒に世界を周るのは、彼女への罪滅ぼしと……

<幸運>は、本当に<幸運>なのか……? それを考えるためなんだ。

<幸運>の神様でも、そこはわかんないんだ?

……神だって、完全じゃない。

俺たちも、迷って悩んで、試行錯誤して、努力して生きてるのさ……

あんま変わんないのねえ、アタシたちと……


ラッキープレゼント!

む。無事だった逆の角に、鳥のフンが落ちただと。

あ、あれ……?

喜ばしいことだ。おもしろハプニングが重なった。もう一声……!

え!? なんだこの人~!? それがラッキーなわけ~!?


マールにいたっては、ほんとに全然未熟な神さまだねぇ。

……お恥ずかしい限りだ……

ふふふ……




マール・思い出

ガレア・思い出


TOP↑



~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリー思い出

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (3000万回のラッキーチャンス! Story)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ