Gamerch

【白猫】アナザー・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中
大鎌の死神
アナザー・ガロウズ CV:
禍々しい雰囲気をまとう青年。
魂を狩り、吸収している。
2014/09/24


思い出1



…………


<漆黒の衣装をまとい、大きな鎌を携えた青年が、目を閉じてたたずんでいる。

あいさつをしようと近づくと、青年は突然カッとその目を開いた。>


……近づくなッ!!

うわぁっ!?

<思わず立ち止まると、青年は、ふう、と胸をなで下ろす。>

危ないところだった……

な、何が危なかったのよ!?近寄っただけじゃない!

悪いな、おまえたちに非があったわけではない。まだ、魂がこの肉体に定着していなくてな。

え……?

気にするな。こちらの事情だ。俺の名はアナザー。……今は、放っておいてくれ。




TOP↑

思い出2



……おまえたちか。

えーっと……このくらいの距離なら平気~?

ああ、今日は、魂と肉体の<同調>が安定している。……しかし、おまえたちは変わっているな。

アンタに言われたくないけど……

そんな俺に――死神に、自ら近づこうというのだ。これが変わっていなくてなんだ?

……へ? 死神?

そうだ。

魂を狩ったりする?

ああ。

そ、そうだったのぉー!?

見ればわかるだろう。

そういうのにあこがれてるだけの、普通の人かと思ってたわよ~!

…………




TOP↑

思い出3



またおまえたちか。俺は死神だと言っただろう。

どうして、死神さんがここに来たんですか?

効率よく魂を集めるためさ。おまえたちに同行していれば、戦う機会には事欠かないからな。魂を集めるのに都合がいいのさ。

た、魂を集めるぅ!?なんでそんな怖いことしてるのよぉ~!?

ふん、そんなことまで答える必要は――……ぐぅっ!?

<アナザーは、突然苦鳴を上げてよろめいた。>

大丈夫ですか!?

く、そ……まだ<同調>が不完全なせいか……

俺は休む……しばらく1人にさせてもらおう……




TOP↑

思い出4



ぐぅっ……、ぐ――うぅ……!

アナザーさん……!?

くそ……ッ!身体が――拒絶をッ……!

いい加減にしろ……!おまえだって――死にたくはなかろうがッ!

<アナザーは、しばらく苦しみもだえていたが――やがて、荒い息を吐きつつも落ち着いた。>

ええい……世話を焼かせてくれる身体だ……!

アンタ、本当に大丈夫なの!?

なんとかな……

だが……くそっ。いつまで保つか……



TOP↑

思い出5



ぐぅっ……!はぁっ……はぁっ……!

<アナザーの不調は、まだ続いているようだ。

その姿を見て、アイリスが何かに気づく。>

アナザーさん……もしかして、その身体、あなたのものじゃないんですか?

わかるのか……?いや、<感じ取った>のか。ふん……さすがだな――

その通りだ。かつて……俺は、闇のなかで魂を喰らう<混沌>そのものだった……

だが、ある時、俺のよりどころとするルーンの力が乱れ、俺は消えかかった……

そこで俺は……死にかけだったこの男の身体を<器>として、存在の崩壊を防いだのさ……

ええっ!?それ、別の人の身体なのぉ!?

本来の魂ではないから、その人の身体が拒絶しているのね……

そうだ……ついでに、おまえたちのように強い魂の持ち主が近づくと、<同調>が不安定になる。

だましだましやってきたが……くっ、このままでは、俺も、こいつも……!




TOP↑

思い出6



ルーンの光……だと――

<アナザーの顔から、苦しみが引く。

やがて彼は、落ち着いた様子で大きく吐息した。>

助かった……礼を言う。これでかなり安定したようだ……

だが――いいのか?魂を狩る死神に、こんな力を与えるなど……

死にかけの身体に宿った……ということは、その人、まだ生きているんでしょう?

あなたは……その人のことも心配していたみたいでしたから……

…………

この身体の主は、まるで抵抗せずに俺を受け入れた。

『もう助からない命だ――あんたの役に立つなら使ってくれ』と。

だが、俺は貸しを作るのが嫌いでな。集めた魂の力で、こいつの生命を維持してもいる。

いつか、俺が本来の<混沌>に戻れた時――こいつが自分の足で歩けるようにな。

そうだったんですね……

そのためには、まだ魂が必要だ。だから、また俺を戦場に連れていけ。いくらでも戦ってやる。

おまえたちに作った貸しも、返さねば気が済まんからな……




覚醒絵・覚醒画像


さまよえる魂の狩り手




・メインイベント






~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリーテニスの話

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

新着スレッド

注目記事
ページトップへ