Gamerch

【白猫】ヴィルフリート(茶熊版)・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中
落研の帝王
ヴィルフリート・オルクス CV:子安武人
魂を裁可する、落研の帝王。
伝統的な技術の中に、笑いの光を見出す。
2015/06/09


思い出1



…………

ヴィルフリートだ。

貴様らか。

おいっすー。

…………

ちょっとキャトラ、なれなれしすぎるよ……

いいじゃない。いつまでもビビってることはないもの。

……好きにするがいい。

ヴィルフリート、おいっすー。

!? 貴様、背後背後!

えぇ!? アタシのうしろに、だれか――!?

……ちょっとぉ!だれもいないじゃないの!

……くくく。

……そういえば、ヴィルフリートさんの服も、学生服なんですか?

改造はした。ただの学生服では、我には釣り合わぬ。

(ヴィルフリートさん、お裁縫できるんだ……!勧誘しようかな……)

そうね。アンタ、そ~と~なトシだもんね。

笑止。学びの資格は、齢に左右されるものではない。

あ、まともなこと言ってる。

修学に終わりはない。死するまで、いや、死してなお、な……

……ヴィルフリートさんは、<執心のルーン>で魂を裁いてるんですよね?

そうだ。未練抱く魂が列をなし、我に陳情をする。『蘇らせてくれ』とな。

よみがえったら……不死者なのよね……

無論。

あんまりやりすぎちゃうのは……

キャトラよ。我を誰だと思っている。

我は永遠の刻を生きる吸血鬼。未練抱く魂を裁可する不死者の王、ヴィルフリートである。

我の裁きは厳正である。いかに怨みが強かろうと、故、正当でなくば力を貸しはせぬ。

そう簡単にはよみがえらせないってことね。

たとえ蘇ること叶わずとも、死者の嘆きは聞く。

……一人一人、全ての魂とお話するのですか?

そうだ。

とても忙しいのでは……?

どれだけ刻を費やそうとも、聞けるものが耳を傾けねばならぬ。でなくば、亡者どもは、いったいどこへゆこう。

我に裁かれ、土に還るか。不死者となり、いくばくかでも恨みを薄め、地に還るか。

いずれの道を選ぼうとも、魂は循環せねばならぬ。

……そうですね。

相変わらず、仕事は真面目にやってるみたいね。

当然だ。

そんなカッコウしてさ、ちょっとハシャイでるのかと思ってたわ。

ハシャイでなどおらぬ。

が、少し、高揚はしている。多少、若返った気分だ。

ふふふ。ヴィルフリートさん、イケてますよ!

やはりな。



TOP↑

思い出2



ねーねーヴィルフリート。オチ研? だっけ、それについて聞きたいんだけど。

オチ研とは、ラクゴを研究する部活である。

ラクゴというのは、アオイの島などに伝わる、お話で人を笑わせる古典芸能なんですよね?

うむ。

アタシ知らなかったんだけど、ラクゴって有名なの?

エンチョーやシンショーといった名人が、有名であるな。

ぜ、全然わかんない……!

不勉強な猫よ。

猫なんだからいいじゃない!

だが話せるであろう。ラクゴは言葉がわかれば誰でも楽しめる芸であるぞ。

うぐっ。

仕方あるまい。我が一席ぶってやる。聞いていくがよい。

おっ! おねが~い!

少し時間をもらう。



 ***



『……じゃあ、アクーアってのは、なんです?』

『アクーアってのは悪だからな。うっかりすると状態異常にさせられっちまう。こりゃ悪だ。だから悪ーア。』

『そうかねぇ。じゃあ、ゴロレオンってのは?』

『ありゃまんまだな、ゴロゴロしてるからゴロレオンだ。』

『レオンはなんです?』

『レオンってのはアレだよ、メロンのことだよ。』

『メロン?』

『メロンっぽいじゃねえか。しかもゴロゴロしてる。だからゴロレオンだ。』

『そんなもんかねぇ。コボルトはなんでコボルトってんです?』

『アレ見てゴブリンだって奴がいたらここへ連れてこい。コボルトなんだよ。』

『なんだかなぁ。』

『なんだかなぁじゃねぇ、俺が間違ってるか?』

『間違っちゃいねぇけど……じゃあ、ウッホは?』

『ウッホは簡単だ、ウホウホしてるからウッホだ。

ゴホゴホしてるからゴッホってのもいたっていいよ。』

『いや、いねぇだろうけど……ミノタウロスは?

『自分で言ったんだろうな。「俺はミノタウロスだ!」って。そう言われちゃ、そう呼ぶしかねぇもんな。』

『はぁ……ソウルはどうです?』

『なんだよ急に。』

『ですから、ミノとかウッホとか魔物倒すと手に入るあのソウルですよ。ソウルはなんでソウルてんです?

『まあ、答えはあるが……どうする、面白くするか?』

『はあ、じゃあ、一つ面白くお願いします。』

『ソウルは、そうそう売るもんじゃねぇからソウルだ。』

『あんま面白くねぇな。』

『ソカイってあんだろ?バラバラになることだ、逆に、集まっちゃうからカイの反対でウリ、ソウリ、でソウルだよ。』

『なんかイマイチだな。』

『この野郎。じゃあな、あるところに、勇者がいた!

『へぇ、どこにでもいるもんだね。』

『そうだ、たくさんいるんだよ。で、初めての大冒険だ。

おどろおどろしい洞窟の奥、巨大なドラゴンを発見した。

ドラゴンは眠っている。新米勇者は思いついた。起きる前にやっちまおう。

抜き足差し足で忍び寄る。よっぽど新米だったんだな、「そ~っと、そ~っと」って口に出して歩いていく。』

『そんな勇者いねぇや。』

『だから新米だっつってんだろ、誰でも最初は緊張する、慎重になる、違うか?

「そ~っと、そ~っと」近寄っていくと、ドラゴンパチリと目を開けた。

さあその瞬間の葛藤だ。恐怖で逃げたくなりながら、しかしやらねばと覚悟を決めて。

そ~、うるぁ~!

一刀の元に両断し、ぽろっと手に入れたから<ソウル>ってぇのさ。』


『滑稽噺<ソウル>でございました。』



TOP↑

思い出3



え~、わたくしはヴィルフリートと申しまして、大きなことを言うようですが、今ではヴィルフリートと言えば……あたし一人でごさいます。

面白いあいさつじゃない?

うむ。では今日は、ラクゴの<マクラ>について話すとしよう。

マクラ?

ラクゴには様々な噺がある。

<マクラ>とは本題に入る前の四方山話のことである。

よもやま話?

フリートークみたいなものですね。

そうだ。<マクラ>では、時事を交えたりしつつ、客をあたため、本題へ導入する。


『え~、最近とくに暑くなってまいりましたが……

暑い島から来た人はみんな、暑さに強いと思っている人がある。そうじゃありません。

暑いとっから来たって、暑い日はへばる。寒いのだってそう。

ソフィさんっているでしょ。あの子だって、寒さにめっぽう強いわけじゃないの。

あたし聞きましたよ。ソフィさんの国、外は寒いけど、家の中はあったかいんだって。

人間、環境に適応し、自然を飼い慣らし、工夫して暮らしてるんですよ。

ところで、工夫といえば……』


……と、ここらあたりから本題へと入ってゆく。

おお!ついに<マクラ>の真相が明かされるのね!?

いや、だからいまのである。

え?いまのは世間話でしょ?本題はやくぅ~!

キャトラよ。お前ははっつぁんのような奴だな。

だれよそれ?

そういうとんちんかんな奴が、ラクゴの噺にはよく登場するのだ。

ええ!?アタシはとんちんかんじゃないわよっ!

まさにそんなカンジだ。

ぶ~……!

ふふふ……



TOP↑

思い出4



ヴィルフリート~、またラクゴやってよ~?

気に入ったようだな。

うん、いつものアンタのシュールなカンジよりわかりやすいし。

シュールも大切なのだがな。

しかし……その意見もわかる。ラクゴとは、長年研ぎ澄まされ、完成された芸能だ。たしかに安定感がある。

そーそー。

だが、芸とは進化するもの。過去の作品にしがみつくものではない。

アンタ、新しいお笑いはあんまり好きじゃないじゃない?

過去をないがしろにし、流行だけを追うもまた、笑いの本質ではない。

積み上げ、さらに高みを目指し、ときに崩す……それが我の理想とする笑いよ。

……いや。我が妻の、だな……予想、に過ぎぬが……

……おくさん、とても長いあいだ眠り続けてるんですよね……

そうだ。我への罰のためか、己が意志で眠り、未だ目覚めぬ……

起きそうな気配もない……?

ややある。

おおっ!?

我が妻は、笑いを好む。しかもその目の、いや、耳か。肥えていること、我をはるかに凌駕する。

おくさんの笑いのハードル、すっごく高いっていってたもんねぇ。

眠りながらも、声は聞こえてるんですよね。

うむ。あれは登校初日のこと。

『やばい! 遅刻だ!』と飛び起きてみたところ、妻がぴくりと反応したのを我は見逃さなかった。

なにやってんのよアンタ。

無論、わざとである。朝寝坊する帝王というのも一興かと思いついたのだ。

へいへい。

どうしてその言葉に反応したんでしょうか?

妻は聡い。我の声のみで、全てを察したのであろう。

たった一言で?相当すごいおくさんね。

(おくさん、眠っていても、きっとヴィルフリートさんと通じ合っているのね……)

もしかすると、妻は『学園モノ』を好むのかもしれぬ。

(ホント、似たもの夫婦っていうかどっちもちょっと変わってるのよねぇ……)

だとすれば、これは千載一遇の好機である。

我が学生だというギャップを利用し、たたみかけ――

――妻を目覚めさせることが出来れば……

数千年ぶりに、おくさんと再会できる……?

……かもしれぬ。

過剰な期待はせぬが……あるいは……今度こそ……!



TOP↑

思い出5



…………

アラ? ヴィルフリートだ。

……貴様らか。

……どうかされました?

駄目であった。

なにが?

『間違えて先生のことを、お母さんと呼んでしまった。あるある~』

…………

と、妻に、学校あるあるを33連発してみたのだが。

スベッたのね。

いや、2発ほどはクスクスときていた。

もう起きてんじゃないの、アンタのおくさん……?

いや。未だ目覚めぬ。さながら、出るタイミングを逸した芸人のようにな……

ホントにアンタたち夫婦は……

……ふぅ……

ヴィルフリートさん……?

さすがに堪える。選んだ手段はギャグといえ――

――妻の目覚めは、我の悲願なのだ……

ヴィルフリートさん……

……アイリスよ。以前、そなたは言っておったな。

え?

素直な『起きて』の一言。妻は、それを待っているのではないかと。

……はい。

おおっ!?ついに、言う気になったの!?

気ならば常にあった。しかし、相手は我が妻。一筋縄ではいかぬ。

そんなことは……

妻の期待を知らぬ我ではない。

我は工夫せねばならぬ。しかも、笑いで。

告白は、その先にあるのだ。

……そこまでわかってるなら、なんか方法あるんじゃないの?

そこで、ラクゴである。

ほほう?

ラクゴの噺には、夫婦の絆を描いたものも多い。最適な題材があれば――

――それにからめて、告げることも出来るやもしれぬ。


主人公……冥府の底よりも、さらに静かな男よ。

そなたの発想には、我も一目置いている。

再び、我に力を貸してはくれぬか――?


TOP↑

思い出6



この光……

不死者の帝王である我にも、隔たり無く注ぐ希望の灯――

……そうか、あれか……

おくさんを起こす名案を、思いついたんですね、ヴィルフリートさん!

だが……確実とはいえぬ。

アンタらしくないわよ、不死者のおーさま!

普段はギャグばっかだけど、アンタはけっこー立派な奴だ!胸張って突撃なさいな!

……ふ。

行ってくる。

ゴーゴー!応援してるわよ~♪




 ***



『……え~、では、毎度ばかばかしい小噺を一席……』

『あらあんたどうしたの、そんなへべれけで。』

『なにをこんにゃろう、亭主が酒呑んで何が悪いってんだ。

『悪いなんて言ってませんよ。でももうお寝よ。』

『寝ない。飲む。』

『そんな酔ってまだ飲むの。飲ませませんよ。飲んでなきゃ飲ませますけど、飲んでんだから飲ませません。』

『なんだと? 女房のくせして、俺は亭主だぞ。飲むったら飲む。鼻からだって飲んでやる。』

『飲ませません。』

『あのねぇ、そう上からガミガミ言うんじゃないよ。』

『じゃあなんて言えってんです。』

『「ずいぶんとお召し上がりですが、外は外、内は内。

私の酌じゃお嫌でしょうが、一杯召し上がりませんか?」そう聞かれてごらん。

それなら俺も、そうか、もうよそうよ、と、そうなるんだよ。』

『ずいぶんとお召し上がりですが、外は外、内は内。

私の酌じゃお嫌でしょうが、一杯召し上がりませんか?』

『じゃあ飲もう。』

『なんだい!!』

『いいから飲むってんだよ。なんかつまむものないかい。』

『鼻でもつまんだら。』

『馬鹿いっちゃいけねぇ。』

『もう、ない、なんにもないの。あたしが全部、食べちゃった。』

『食べちゃったってなんだい、「いただきました」って言うもんだろ。』

『いただきました。言い方変えたってないもんはないんだから。』

『じゃあちょっと何か買ってきておくれよ。』

『こんな時分にかい?』

『まだやってるよ、角の、あそこの、あの……あの店、まだやってんだよ。』

『ハイハイ、仕方がないねぇ。なにがいィんだい?』

『あのねぇ、おめぇさんは女房なんだから、俺の喰いたいもんくらいわかるでしょうよ。』

『わかんないわよ。あとで「これじゃない!」なんてのも嫌だし。』

『いいからも、ごちゃごちゃ言ってないで、サーっと行けってんだよ。

もたついてんじゃないよ。化粧なんていいんだよお前は、だれもお前のナリなんか気にやしないよ。

ほら、行け。行けってんだ!


――行っちまった。


…………

世界広しといえど、この飲んだくれの相手をしてくれんのは、あいつくらいだねぇ。

器量だって悪くねぇんだ。「奥様お綺麗ですね」って、近所でも評判だよ。

俺だってそう思ってる。でも、そんなこと言えねぇんだ。言えねぇんだけどさ。

心の中ではいつも「ありがとう」って感謝してる。だけど口が反対に動いちまうんだ。

ああ、許してくれ。貴方みたいな素敵な人、俺なんかにゃもったいね――


なんだ! まだいやがったのか!
さっさと、行ってらっしゃいませ!』



「……ふふふ……」

「――!」

「…………」

「…………」

「……いいお噺ね。」

「――くくく。そうであろう。

この時を待ちわびていたぞ……!


我が、妻よ……!」






TOP↑

思い出7



命には終りがある。

そうね。不死者の帝王さん。

全てのものはいつか終わる。

お別れするのは、悲しいです。

命は生まれることで始まる。始まりがあるということは、終わるのが道理というものだ。

さびしい話をしにきたの?

落語にもオチがある。だからこそ落語なのだ。

え?


TOP↑

思い出8 (神気解放)



まいどながらおしゃべりを一つ。

昔から、ケチなやつというのはいるもんでございますな。

とある大工が、連れ合いにこういった。

『ちょっと隣いってトンカチ借りてきなさい』

『いや貸してくれないんですよ。トンカチで釘たたくと、トンカチがちびるでしょうって』

『こいつはケチなやつだねえ。しょうがない。うちのトンカチ出しなさい』


オチがついたら、蛇足は不要。命も、ラクゴもな。

故に……我はこの言葉で締めくくろう。


お後が……よろしいようで!




TOP↑




覚醒絵・覚醒画像


落語帝王流家元



TOP↑

その他






関連ストーリー
画像説明
ヴィルフリート・オルクス
永き刻を生きる吸血鬼。
未練抱く魂に裁可を下す不死者の帝王。
ヴィルフリート(茶熊版)
魂を裁可する、落研の帝王。
伝統的な技術の中に、笑いの光を見出す。
ヴィルフリート(正月)
お笑いを探求する不死者の帝王。
厳しい目を持つ妻のため、日々ネタを探す。
ヴィルフリート(名星会)
<執心のルーン>で魂を裁く吸血鬼。
父を滅ぼし、己が不死者の帝王となる。
 魂を裁く不死者の王  
フォースター7th
ヴィルフリート・シャオフー・メア
2015
12/24
【メイン】
魂を裁く不死者の王 Story
2015
01/09
フォースター8th
リリエル・シャオフー・ヴィルフリート
2015
01/28
フォースター9th
クロー・リリエル・ヴィルフリート
2015
02/25
3000万回のラッキーチャンス! Story
フォースター10th
ブランシュ・クロー・ヴィルフリート
2015
03/27
フォースター11th
ラーウェイ・ブランシュ・ヴィルフリート
2015
04/21
フォースター12th
キャロ・ラーウェイ・ヴィルフリート
2015
05/28
外伝私立茶熊学園 Story2015
06/09
ヴィルフリート(茶熊版)・思い出
フォースター13th
サワワ・キャロ・ヴィルフリート
2015
06/26
失われた健康を求めて Story08/07
ヴィルフリート(茶熊版)神気開放2016
01/14
【グリコ×黒猫コラボ】
ハッピースイーツカーニバル(ディートリヒ)
2016
01/29
私立茶熊学園2016 Story2016
03/25
ヴィルフリート 神気開放2016
09/29
ヴィルフリート・テニスの思い出 2016
09/16
新春さるとり合戦 2017 Story2017
01/01
ヴィルフリート(正月)・思い出
ヴィルフリート(名星会)・思い出

茶熊学園
画像説明
ミラ(茶熊版)
園芸部を創部した修道女。
もやしの栽培に没頭する。
イサミ(茶熊)
ひとり、剣道場に入り浸っている新入生。
その視線は鋭く、教師のような貫禄を持つ。
ゲオルグ(茶熊)
青春の謳歌に燃えるドラグナー。
副会長に任命され、生徒会を切り盛りする。
ザック(茶熊版)
バンドメンバーを探す少年。
ギターは習いたて。
ヴィルフリート(茶熊版)
魂を裁可する、落研の帝王。
伝統的な技術の中に、笑いの光を見出す。
ソフィ(茶熊版)
華麗な演技をきめる氷の国の姫。
マットの上にダイヤモンドダストが舞う。
カモメ(茶熊版)
水泳部に入部し、はりきる水兵。
怪力を封じ、水鉄砲で戦う。
フラン(茶熊版)
ラクロスを始めたくのいち。
ルールはよくわかっていない。
クライヴ(茶熊版)
剣ではなく、拳で勝負する若き風紀委員。
騎士道精神を守りつつも、心は思春期。

人物紹介
画像説明
ヴィルフリート・オルクス
永き刻を生きる吸血鬼。
未練抱く魂に裁可を下す不死者の帝王。
リリエル・ド・アンドレアン CV:佳村はるか
貧弱で吐血ばかりしている吸血鬼の少女。
常に点滴を打っていないと貧血で倒れてしまう。
エリザベータ・ヴェンデルス
弟のアルブレヒトと観光旅行中の吸血鬼。
仲が良く、戦う時のコンビネーションは抜群。
メルクリオ・C・アンジェロ CV:水橋かおり
偉大なる吸血鬼<夜の王>の末裔。
始祖にならって100人の花嫁を探している。


~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリー思い出

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (ヴィルフリート(茶熊版)・思い出)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ