Gamerch

【白猫】アシュレイ・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中
神殿騎士
アシュレイ・ディナ cv.速水奨
聖霊教会に所属するアルマ憑きの騎士。
血塗られた過去に苦悩し、教会を離反する。
2015/12/11

The World of Guilty
飛行島の思い出 
その他関連ストーリー関連キャラ



思い出1



……ここか。

飛行島にいらっしゃ~い!アシュレ――

どいてくれ。

っと!い、いきなりなによ!?

…………

<アシュレイは、アジトの内部と外観を警戒するように見て回る。>

伏兵に使い魔の気配もなし。不可視の罠の可能性は――

アシュレイさん、なにか探しもの……ですか?

お前たちの拠点に異常がないか確認している。

へ?なんで?

ここは戦術的価値のある島だ。敵から狙われる可能性が高い。

せんじゅ……えーっと?

過去に、この島を狙って接触してきた者がいただろう。

ま、まあ何人かくらいは……でも普通にお帰りいただいたし。

そう見せかけて……とは考えなかったのか?

いえ、そんなことは……

……飛行艇までのルートをすべて確認しておきたい。島内で孤立すれば敗北は必至――

もうアシュレイってば!ギシンアンキにもほどがあるわよ!''

見知らぬ土地を警戒するのは当然だ。地盤を固め、より生存率を高く――

ここは安全です、アシュレイさん。私たちを信じてください。

…………そうか。

最初はみんな緊張するもんよ。アンタもじきに慣れるって。

……違う。そういう問題じゃない。

ん?

目に見えるすべてを警戒するのは、影の世界で生きてきた者のさがだ。

誰かの命を奪った分だけ、今度は俺の命が狙われる。……因果応報というやつだ。

……そういえばアンタ、昔は結構、苦労してたんだっけ。

……お前たちには関係のないことだったな。

ま、アンタがワケありだろうとこっちは歓迎するけどねぇ~。

……あまり他人を信用しすぎるな。

ま、待ってください!アシュレイさん!

んー、ルウシェと違って、なかなか打ち解けてくれないわねぇ。



TOP↑

思い出2



アシュレイさん……?こんな朝早くにどこへいくのかしら……?

なんか気になるわね……こっそりついてってみましょ!


…………

……


はぁ……ひぃ……

追いかけてはみたものの……も、もう疲れたぁ~……

山に入ったところで見失っちゃったね……

……何をしている。

げげっ!見つかった!ていうか回り込まれた!?''

俺が尾行に気づかないとでも思ったか?

だ、だよねぇ~……

……さっさと来い。遭難すれば命はないぞ。

ま、待ってよ~!''


…………

……


あの、アシュレイさんは、どうして山に……?

ただの趣味だ。

しゅ、趣味!?アシュレイが?

……悪いか。

いや、そんなことはないけど……意外だな~って思っただけ。

ここには世俗の雑踏がない。山は人を孤独にするが、この静けさが俺には心地いい。

へ、へぇ~……

頂上までの道程は険しいが、登り切って山を制覇したときの達成感は、何ものにも代えがたい。

そ、そうなんですね……

獲物や山菜がとれるとなお良い。山頂で食べる山の幸は格別だ。これ以上ない活力になる。

ほほう……じゅるり……

修練で山ごもりをすることはあるが、こうしてあてどなく山で過ごすのも悪くない。

ふ~ん、ほんとに山が好きなのね。いつもよりよくしゃべってるし。

…………

いや、わざわざ無口に戻らなくてもいいのよ?

……そうか。

今度はルウシェさんも連れてってあげたらどうですか?きっと喜ぶと思いますよ。

そうだな……

うんうん、そうしてあげなさい。

ルウシェには武の素質がある。一月も篭もれば劇的な成長を遂げるだろう。

そっちじゃないから!



TOP↑

思い出3



……お前か、どうした?

なに?俺の剣を教えろだと?俺とお前では型が違うだろう。

あくまで参考に、か。

…………

……剣を抜け。お前がどの程度か見せてみろ。


――はあっ!


……なるほどな。

今の一合でよくわかった。

俺の剣を、お前に教えてやることはできない。


勘違いするな。お前に剣の才がないと言っているわけじゃない。

お前の剣には伸びしろがある。成長していく未来を感じた。

だからこそ、俺の剣で歪ませるわけにはいかない。

この剣術は教会で教えられた。相手を容赦なく斬り、確実に命を奪うための剣だ。

そんなもの、お前には必要ない。今の剣を忘れなければそれでいい。


……礼などいらない。

…………本当に、変わった連中だ。



TOP↑

思い出4



ねぇねぇ、アシュレイ~。えっと……<アルマ>だっけ?

……デュナミスのことか。

ぶっちゃけ、ソレってなんなわけ?

……どういう意味だ。

私たち、そのアルマについてもっとよく知りたいと思って……

初めて見たからね~。コーキシンってやつよ。

<好奇心は猫を殺す>という言葉を知っているか?

縁起悪いこと言わないでよ!いやなら別に――

……いいだろう。

え!?

どうした。

いや、うん……なんでもない。

(また『お前には関係ない』って言われると思いきや……意外だわ)

アルマは意思を持つソウルだ。本来なら人が使役できるような代物じゃない。

だが<聖霊教会>は、古の秘術によってアルマと契約する術を得た。

連中はアルマを聖霊と崇め、その強大な力を誇示することで大国に取り入ろうとした。

アルマって、そんなに強いの?

上位のアルマの中には、天災に匹敵するモノもいるらしい。

じゃあさ、アタシもその秘術ってのを使えば……

無理だな。

え~、なんでよぉ~!

古の秘術に堪えられるのは、過酷な修練を乗り越えた者か、ルウシェのような例外だけだ。

血を吐くような通過儀礼を経て、アルマは初めて人の前に降臨する。

俺もそうしてデュナミスを憑依させた。

そうだったんですね……

ま、そんなすごい力が楽して手に入るわけないか……

…………

ん?どうかした、アシュレイ?

なぜ俺に構おうとする。こんなことをして何の得になる?

べ、別におしゃべりくらい普通だと思うけど……

私たち、アシュレイさんのこと、もっとよく知りたいと思って……

……そんなことを言われたのは初めてだ。

もしかして……メーワク?

……わからない。だがあえて言うなら……不安だ。

不安って、なにが?

……俺は、ここにいていいのだろうか……

アシュレイさん……?

……すまない、一人にしてくれ。


いっちゃった……一体なにを悩んでるのかしらね。

……私たちで力になれたらいいのだけど……



TOP↑

思い出5



<ある日、アシュレイのもとに、一通の手紙が届く。>


…………!

どしたの、アシュレイ。……なんか怒ってるぽい?

……しばらく留守にする。ルウシェを頼む。

え、あ、ちょっと!

どちらに行かれるのですか?

……お前には、関係ない。

またそれ~?少しは信用してくれてもいいんじゃないの?

あの、私でよろしければ、騎士様のお力に……

関係ないと言っている!

っ!ご、ごめんなさい……

……大人しくしていろ。この島から一歩も出るな。


アシュレイ、どうしちゃったのかしら……

…………


…………

……


本当に一人で来るとは。潔いことです、異端者アシュレイ。

御託はいい。目的はなんだ。

貴方のアルマ――デュナミスを教会に返還していただきます。

デュナミスは、貴方が思う以上に高位のアルマなのです。手放すには、あまりに惜しい。

……それで、俺を殺しに来たというわけか。

アルマを切り離すには、憑依した者の魂を消滅させる他ありません。

……あなたも、あの島の住人が苦しむ姿は見たくないでしょう?

これは報いです、アシュレイ。貴方がしてきたことへの罰です。

己が運命を受け入れなさい。そうすれば彼らの身の安全は保障しま――

!愚かな……あの者たちがどうなってもよいのですか?

襲い来るものは斬ればいい。それだけだ。

……まるで殺戮者の思考ですね。

……貴様ら教会が扇動した紛争で、俺の家族は死んだ。

生き残った俺は、そうとは知らず教会に保護され、貴様らに飼い慣らされた。

……くっ!!

俺は――殺戮者だ。

く、来るな……!

デュナミス――八つ裂きにしろ。

ひっ……!

――っ!!



TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



…………?

<デュナミスの剣は、刃先が司教に届く寸前でピタリと静止した――>

!……どうして、お前が……!

私たちの仲間を思う意思がここまで導いてくれたんです。

仲間……俺が……?

あったりまえでしょ~!疑問形なんて水臭いわよ?

……俺は殺戮者だ。お前たちのもとへはもう――

騎士様、それは違います。

!ルウシェ……?

あなたの剣は、誰かを救うための剣です。それは私が一番よく知っています。

俺の剣が……お前を……?

私たちはかけがえのない隣人です。どうかお一人ですべてを抱え込まないでください。

……一人で抱え込むな、か。お前からそんな言葉が出るとはな。

あ……ごめんなさい!私が言えたことではありませんでしたね……

いや……お前も、変わろうとしているんだな。

…………

……デュナミス。

!……なんのつもりです、アシュレイ。私たちが憎いのでしょう?

だとしても……俺は斬らない。

何度来ようと止めてみせる。そして、貴様たちを許す。何度でもだ。

……正気とは思えません。

なんとでも言え。これが――俺の『剣』だ。

…………

……ルウシェ。

はい。

……俺は、変われるだろうか。

もちろんです!なんといっても、騎士様ですから!

ふっ、なんだそれは……

今度は事前に相談してよね?

ああ……面倒をかけた。

さあ、飛行島に帰りましょう、アシュレイさん。

……そうだな。



デュナミス……

………――――

……そうか、お前も俺と来てくれるか。

――――ッ!

ああ……俺はもう道を違えたりしない。

俺はもう――ひとりじゃない。


覚醒絵・覚醒画像


罪業を斬り断つ四霊剣 アシュレイ・ディナ



TOP↑


神気開放

実は、相談がある。

どうしたのよ?

ルウシェを山で鍛えようと考えている。だが、俺とは性別も年齢も違う。

俺の感覚で山に行くのは問題が多そうだ。お前たちだったら、どうする?

修行って具体的になにをするんですか?

一人で生きていけるように鍛える。サバイバルの訓練だ。

ルウシェは女の子なのよ!わけわかんない訓練なんかに連れてくより、もっと楽しい場所に連れていきなさいよ!

だが、俺とていつ死ぬかはわからない。備えておくべきだろう?

アシュレイって、少しズレてるわね……




この光……

そうだな。お前の言うとおりだ。ルウシェとの約束を果たすまでは死ねないな。

だが、それはそれだ。常に最悪な状況を想定し……

…………

ああ、わかっている。未来への希望はある。それを忘れたりはしない。

だが、警戒心が強いのは癖だ。今更治せるものでもない。見逃せ。

これからもよろしく頼む。





その他



関連ストーリー
画像説明
アシュレイ・ディナ cv.速水奨
聖霊教会に所属するアルマ憑きの騎士。
血塗られた過去に苦悩し、教会を離反する。
アシュレイ(正月)
〈アルマ〉に憑かれた元神殿騎士。
その剣は弱き者を守るためにある。
アシュレイ(贖罪2)cv.速水奨
聖霊協会に所属していた元神殿騎士。
己の過去と向き合い、剣を取る。

俺が、お前を――世界へ連れ出してやる――
The World of Guilty
2015
12/11
ルウシェアシュレイ
● 聖女と風色のブーケ Story2016
05/27
ルウシェ(花嫁)
新春さるとり合戦 2017 Story2017
01/01
ルウシェ(正月)アシュレイ(正月)
白猫温泉物語22018
05/02
ルウシェ(温泉)
茶熊学園20182018
10/31
ルウシェ(茶熊)
The World of Guilty 22019
10/18
ルウシェ(贖罪2)アシュレイ(贖罪2)
人物紹介
画像説明
ルウシェ・エルレンシア cv.東山奈央
聖霊協会の象徴たる<贖罪の聖女>。
魔神封印の依代として幽閉されていた。
アシュレイ・ディナ cv.速水奨
聖霊教会に所属するアルマ憑きの騎士。
血塗られた過去に苦悩し、教会を離反する。

コメント (アシュレイ・思い出)

新着スレッド(白黒wiki)

注目記事
ページトップへ