Gamerch

茶熊学園2016 Story 2日目

最終更新日時 :

story1-1 行きたくない、朝


……ああ。私はまた、見ている――


……運動会だ。リレーをしている。

――抜いた。うちのクラスが一着だ。


……私は補欠だった。誰も欠けなくて……良かった。



期末試験の順位が貼りだされている。

今度は、手応えがあった。


上から見ていく。


ない。やめた。

私の努力が足りなかったのだろう。



私には話題がない。

勉強も苦手。運動も普通。


話題がないから自信がない。

自信がないから友達がいない。


それは私の……性格の、せい。


 ***


…………朝か。

……学校、行きたくないなあ……



 Q1-1 眩しすぎる朝の通学路

TOP↑

story1-2 駆け抜ける校門


4「みなさま、おはようございます♪今日もいい朝ですね♪

「…………

4「あら? あなたは…… ?見学生の方でしたよね?

「…………

4「うふふ♪ おはようございます♪

「…………

マリはうつむくと、早足で通り過ぎた。

4「あっ……」


6「ボンジュールでござる~♪

「……!

6「オーララ?そんなに急いでどこに……

 ……行ってしまったでござる……


5「おはようございます!水泳部へ見学に――

3「YEAR!……って、アレ……?

1「園芸部に……ちょっと…… ?


視線を下げ、呼吸を止めて、マリは通り過ぎていく。



「………………っぷはっ!

……はぁ……はぁ……はぁ……


……はぁ……


…………」


TOP↑

story2-1 マイペースな新入生たち


2「みんな、おはよう!早速だが、まずは文化祭の出し物を決めよう!

「ほんとにやるの?私たち、入学したばかりなんだけど?

2「不満はわかる。だが、学長が決定したことだ。やるしかないだろう!

「……チッ……

2「ん?


「クライヴ先輩。オウガさんがいません。

2「なに!?

「ガレアさんと、エシリアちゃんも来てません~。

「あら? バイクがあったような気がしたけど……

2「なんてことだ……!風紀が乱れている!


「ちょっと探しに行ってきます!

「あたしも!

「あ、じゃあ私も。

2「あっ、おい!


「…………

2「……?

「わたくしも行って参ります。

2「シャルロット殿!生徒会長自らエスケープは……!

「みなを探す方が先決です。では。



2「! なんということだ……!

「…………

2「……カスミ殿は……?

「本を読んで待ってるわ。

2「そうか。

「全員ちゃんと戻ってくるかしら。

2「なっ……!? しまった!みんな! 待つんだー!


「……風紀、守りなさいよ……




 Q2-1 サボリを探せ

TOP↑

story2-2 自由な連中


「たしか、バイクはこっちに……犯人は、犯行現場に戻ってくるって言うし……」

「メア殿? どうしたでござるか?」

「フラン!? あなたこそ授業はどうしたのよ?」

「上級生はカリキュラムがー通り終わってるでござるから、リベルテでござるよ~♪」

「りべるて?」

「授業を受けるもよし、部活に励むもよし、討伐へ行くもよし、で、ござる~♪」

「そうなんだ、いいなあ……」

「メア殿も来年はこうでござるよ~。」

「そうね、がんばろ。」

「して、ラクロス部に何か用でござるか?練習するでござる?」

「ううん、ガレアたちを探してるんだけどね。見なかった?」

「ガレア殿……見てないでござる。見てたら絶対覚えてるでござる。

髪の長さがシャンゼリゼでござるゆえ。」

「そうよね……どこ行ったのかな……」


 ***


ルーンコンポから大音量の音楽が流れている。


「ヘヘ、どうだ?ギターのリフがイカすよな!」

「ああ、いいじゃないか。テンション上がってくるぜ。」

「そーは見えねーぞ?」

「低血圧なのさ。」

「ふ~ん。授業はいいのか?」

「低血圧だからな。」

もうしばらく、爆音のサウンドを聴かせてくれよ、ブロウ。」

「おう、好きなだけ聞いてきな。朝は部室でタべる!それもロックだぜ!」


 ***


「……あのさー……」

「……なんだ?」

「困るんだけど。あたしが。」

「…………」

「教室戻ってくんない?」

「……オマエ……」

「あ?」

「……ま、いいぜ。貸しだかんな。」

「こんくれーでせけーこと言ッてんじゃねーっつの。」


 ***


「オウガさーん! ガレアさーん!」

「エシリアちゃーん!」

「お兄ちゃん、―回教室戻らない?」

「まだ誰も見つかってないぞ?」

「他の人が見つけて戻って来てるかも。」

「それにこのままじゃ、あたしたちまでサボりになっちゃうよ?」

「それもそうだ! よし! 戻ろう!」



 Q2-2 クラスへ戻ろう

TOP↑

story2-3 カズノコ組会議


――カズノコ組。

ほとんどの生徒は集まったのだが――


「……エシリアちゃんだけ、来ないね……

「そうだね……

2「仕方ない。

「?

2「みんなは、文化祭の出し物について話し合っていてくれ。

俺はもうー度学園内外を探してくる。


では、シャルロット殿。お任せする。

「わかりました。

2「大丈夫だ。エシリアは必ず見つけ出してみせる!安心してくれ!


「最後のー言、いやに力がこもっていたな。決め台詞ってやつか。

悪くない。俺も考えてみるかな……


「あ~……じゃ、文化祭の出し物決めまーす。あたしは特に意見ないから。てきとーに決めといてー。

「えっ……

「無責任ね。

「アイディアね一んだもん、しょーがないっしょ。終わったら起こして……

「あっ、シャルロットさん……!……寝ちゃった……」

「……はぁ。」

「……ま、コイツは起きててもややこしいだけだ。」

「あなたがそう言うなら、それでもいいけどね……」


「で、どうする?それぞれから一案ずつ募るか?」

「あ、それがいいと思います!公平だと思います!」

「その後で、上位の案で決選投票をするのはどうでしょうか。」

「よし、いいだろう。」

「じゃあみなさん、紙をお配りしますので、やりたい出し物を書いてください!」

「誰かと相談して書いてもいいですよ~。」

「ええ、わかったわ。」


「なにがいいかなぁ…パフェが食べられるのがいいかなぁ……

でも、食べ過ぎると体重がアレだし……でも、毎日運動してるから……」

「あなた、割と独り言が多いのね。」

「えっ!?ご、ごめんなさい……」

「ううん、いいけど。……ふふ。」


「……あの子供たちは、しっかりしているな……」

「ああ。」

「双子だそうだ。」

「わかるさ。よく似てるぜ……」


「……えヘヘ……」

「ん?どうしたミレイユ?」

「なんでもないよ。書いた人から、この箱に入れてくださーい。」



 Q2-3 あとはおまかせ

TOP↑

story2-4 投票の結果は


「……うぐ……ぐぐぐぐう…………ぐあ……ファ!?

「オマエなあ……

「あ、終わった?

「うん。

「……はぁ。

「どんな?


「お化け屋敷とプラネタリウム、二つの案に絞って投票をしました。

「で?

「四対三で、お化け屋敷に決定です!

「……ガキっぽくね?

「そうなるだろうな。このクラスには子供が多い。

「ま、そ一ね。しゃ一ないか。

「…………

「ほんじゃ、それでクマ公に伝えとくわー。

「「「「…………」」」」


 ***


――学長室。


「どうぞー。」

「失礼いたします。カズノコ組の企画をまとめました。」

「ハイハイ、拝見いたします――って……これ……ホンキですか……?

「何か問題でも?」

「……ガチ?」

「クラスの総意です。」

「ハァ……まあ…………イヤ、でもですね……」

「失礼いたします。」

「あっ、ちょっ!シャルロットさん!」



「……これは…………よくありませんよ……」


TOP↑

story3-1 またもや会議


一方、イクラ組では――


「さて――話し合おう。


「…………」

「…………」


――二人は思った『この、クラス話し合い多っ!』



文化祭といえば、校内だけでなく、外部にも向けた、その学校のアピールの機会と聞く。

入学早々の我らに文化祭を命じた意図は不明な点もあるが……

決まったからには!手を抜くことは許されない全力で盛り上げよう!


お~っ!!!

…………

全力投球には全力で同意よ!学校―番の出し物にしましょう!

お~!!!

ゲオルグ殿の心意気やよし!我ら<鬼退治>の一族も、全霊をもって助力いたします!

はっ!

おっおお~!!


「皆……ありがたい!姫様!

「えっ!?

「アイディアを!

「えっえっ!?

「自分に出来るのは、あくまでとりまとめまででありますゆえ!


「…………

「……ゲオルグ。

「なんだ? バイパー殿。

「そこでエクセリア単独に振るのはよせ。

「そーよ、そこをみんなで話し合えばいいんだから。

「……たしかに……!


「申し訳ありません姫様。このゲオルグ、いささか気が急いておりました。

「ううん、ちょっとびっくりしただけだから……


「では、あらためて、ここから議論としゃれこみましょう~♪

「おっおっお~♪


 (……いいチームワークだ。この面子には、心配はいらないかもな……)


――というソウマの安堵とは裏腹に!

会議は破裂した!


 Q3-1 会議は破裂

TOP↑

story3-2 意見百出


「――ダメだダメだ!仮装喫茶なんてありきたりだ!

「そこをあえてー周まわってでしょ!?


「うさぎさんたちのラインダンス~♪

「お待ちください!それでは主役がうさぎになってしまいます!

「ならばドラゴンでは!?

「論点はそこではないかと!


「おかしやさん!

「俺の腕はパティシエ級だぜ!

「わ~い!

「待ってくれ!甘いものが苦手な者はどうなる!?」


「「「「「▲※■○×▼○♪※◇」」」」」



「……ええい! これではまとまらん! ならば多数決だ!

「異議あり!」

「ぬう!?」

「多数決などと!―見民主主義風味の、みせかけの公平だ!

そんなものは尖ったアイディアを絶滅させる、悪しき風習だ!」

「悪しき風習!」

「改革こそそれを断ち切る術!バイパー殿の考えに賛同いたします!」

「そっかな~?習慣ってさ~、それなりに意味もあると思うんだ~。」


「こねこね、こねこね~♪」

「あらツキミさん、おだんごですか?」

「いきなりこねないでいただきたい!」

「俺の腕はパティシエ級だぜ!」

「バイパー殿ぉおおお!!!」


「…………」

「…………」

「! あんたは……」

「…………」


「あたしもおだんごこねるんだ一!ラッキー・こねこね~!」

「なるほど……シズク。今日の昼飯はぜんざいでどうだ?」

「よいな。」

「あら、イサミさんお上手~♪いい手つきですね~♪」

「『こね』の本質も鍛練と同じ。自分と向き合うことですから。」

「なにっ!? これも鍛練なのか!?ならば……ツキミ殿は、武の達人?」

「俺も達人だぜ!」

「君はなにかと乗っかってくるな!?」


「ヘイヘーイ♪」

「ウォウウォーウ♪」


「楽しい連中だろ?」

「そうは思いません。」

「あっ……」


「ねーっ!!!みんなー!!!脱線してるよーっ!!!」


「「「「「▲※■○×▼○♪※◇」」」」」



 Q3-2 終わりなき脇道

TOP↑

story3-3 決まれば一瞬


……まったく。廊下まで響いてましたよ。何やってるんですか……

ソウマさんもですよ。こういうとさのための担任じゃありませんか。


「めんぼくない……

「申し訳ない……!全ては、学級長である自分の責任。

いかようなりとも処罰をお受けします!

「い、いや、そこまでのことでもありませんけど……

…………ゲオルグさん。ちょっと学長室までいいですか?

「はっ。

「では……ソウマさん。あとお願いしますよ。

「はい。



(……怒られちゃったね……)

(調子に乗りすぎたな)

(がっきゅーちょー、お説教かな?)

(どうだろうな)


「はぁ……それじゃあ、学級長抜きで決めよっか。

「そうですね……あの、私、思ったのですが。

「なあに、姫様?

「みなさん料理がお上手ですし、飲食店の方向性は合ってるのではないでしょうか。

「エクセリア様の言う通りですね。及ばずながら私も、料理ならば心得がありますし。

「おぉ~? じゃあ、なんのおかしにするか決めればいいんだね~♪


「ツキミ殿が本職のおだんご屋にございますが……

「えっと……でも、本職だから、みんなでやるのとはちがうかな~? って。

「配慮ある意見、さすがにございます。

「それはほめすぎですよ~♪


「なら、甘い物から離れるか。

「えぇ~!?!?

「よく考えて、マール。甘い物だったら、他の人が出してる店で食べればいいじゃない?

「あっ、そうなの~?

「ええ、むしろその方がよいかと。

「なら、わかったよ!だんちょーのおもいでおかしはやめよ~!

「となると……


そ「…………


「お好み焼きだな。

「ええ。

「だね。

「異議なし。

「同意します。

「そうなっちゃうよね。

「そうなるでしょうね。

そ「えっ!?


「ソウマ。決定した。イクラ組の出し物は、お好み焼き屋だ。

「そっ、そんなあっさりでいいのか? いや、いいならいいんだが……

「満場一致いたしましたゆえ。

「……わかった。なら、お好み焼き屋で書類を提出しておこう。」


(きっと、議論してるうちになんとなく気持ちが通じ合ったん……だろう……)


TOP↑

story4-1 垣根を越えて交流

 Q4-1 廊下で井戸端会議

TOP↑

story4-2 友達たくさんできるかな

 Q4-2 それぞれの課題

TOP↑

story4-3 秘密の購買部

TOP↑

story5-1 学長面談

 Q5-1 誰も知らぬ『場』

TOP↑

story5-2 遥かなる魔法少女

 Q5-2 学園を取り巻く噂

TOP↑

story5-3 二人の懸念

 Q5-3 忍び寄る謎

TOP↑

story5-4 マリ:二日目を終えて


S 課外授業・森林探索

 警戒訓練

 訓練

 追跡訓練

注目記事
ページトップへ