Gamerch
☆愛の光と運命の絆☆ ステラアルカナ 今すぐプレイ ☆愛の光と運命の絆☆ ステラアルカナ 今すぐプレイ

【白猫】未来は誰が為に Story

最終更新日時 :
1人が閲覧中
誉れ高き騎士ライフォードが、暗雲の未来を切りひらく――!
2016/06/13


目次


story1 脅かされた平穏

story2 異形の軍勢

story3 反攻策

story4 暴かれた闇

story5 雷火の戦場

最終話 収束する未来


主な登場人物


ライフォード
連邦加盟国<嵐の国>の騎士にして軍人。人間と冒険を愛してやまない。
ラクア
過去と未来に枝を伸ばす未来樹の精霊。様々な出来事を知る<予知>の力を持つ。


Story1 脅かされた平穏



朝方――街には平和な時が流れていた。

「私は知っていた――」

昼下がり――突然の魔物の襲来。しかも、地平を埋め尽す大群。

「これから起こることを――」


 ***


主人公、街の人たちを!

――!


うわーん!!

<主人公は、少女を抱き上げた>



生き残ったものは、聖堂に向え!ここは戦場になる!

あの方の予言通りじゃ……

おじいさん、こっちに!

わしにかまわず、お逃げなさい。これもきっと、運命なのじゃ――

運命など知ったことか!

ライフォードは老人を背負った!

ご老人。貴殿の他に動けぬものは?

酒場のゲルダは、だいぶ年でして……

あのおばあちゃんなら、大丈夫よ!

この辺りの退避は完了。よし逃げるぞ! 俺に続け!


 ***


<街の聖堂に、人々が逃れてきた。

発端は数日前である。

ライフォードが突然、この島に向かえと言いだしたのだ。>

昨日までは港町でノンビリカニカマ食べてたのに!!


来てしまったのね。主人公。わかっていたけど――

ラクアじゃない!この島に来てたの?

予言者様……あなた様のいわれた通りになりました……

私は――知っているだけ。決めるのはあなたたち。

レディ、あなたは未来に何が起こるかを知るというな。

原因はあなただったわね。ライフォード卿。未来を変えるつもり?

未来は、我が胸の中に。


 ***


壁が持たない……!!

突破されたら終わりだ。死守するぞ。

いいや。門を開けてやろう。

あ、あんたは!?

街中に誘い込み、包囲殲滅する。

街の者はどうなる!

聖堂に退避させた。備蓄があるはずだな?

あるにはあるが……しかし……!

我らなればやれる!さあ、未来をつかんで見せろ!



初級:襲い来る魔物の大軍
怯むな、迎え撃て!
ライフォード卿……あなたは……

TOP↑

story2 異形の軍勢


その図体では、ろくに動けまい!

<魔物たちの体格さえも、包囲に利用し――守備隊と冒険家は勝利した!>

ライフォード殿……貴殿は何者なのだ。

ほどなく、第二陣が来るな。

魔物がこんな……群れで襲ってくるなんて……!

それだけではない。大型の魔物で門を破り、遠関の得物をもつ魔物には支援をさせる。

奴らは群れでなく軍だ。戦うため、組織されているのだ。

バカな……!!

井戸と用水路を警戒しろ。飲み水を汲む際は、井戸に松明をかざせ。

あっ、アクーアか!

各自警戒を怠るな。全てに疑いを抱け。


 ***


z先遣隊が討たれたか。くっ、くっ、くっ……

抗うではないか。されど我が覇道は止められぬ。

悔いるがいい。愚かなるものども。そして滅べ。


 ***


うわーん! うわーん!

……泣かないで。

でも、よげんしゃさま……わざわいが来るって……

アイリス、こういう場合、どんな風にいったらいいの?

安心して。ね?

うん……


このデスピア島は、古来より魔獣の聞歩する地として知られていた。

だがこの地に挑むものは、後を絶たぬ。何故だと思う?

理由はそう、ルーンだ。数多くの貴重なルーンがこの島には眠っている。

守備隊は手練れぞろいである。彼らもまた現役の冒険家であった。

ご老人。この島の魔物は軍隊を作って街を襲うのか?

こんなことは初めてです。

アイリス、感じるかー!!

はい……!

<闇>ね。

ご老人、島のグレイスルーンは、現在も<悪魔のゆりかご>にあるのだな?

はい、それが何か?

ライフォード卿!城門の外に動きが! 隊商が魔物に追われてるらしい!

行くぞ、主人公。

待って、あの隊商は――!

ラクア殿、何か。

ライフォード卿!あれは罠です!

誘いには乗ってやろう。



中級:忍び寄る闇の気配
策はある、俺にまかせておけ。
一体どういうつもり……!?

TOP↑

story3 反攻策

z助かりました、騎士殿。

<主人公は、首尾よく隊商を助け出した>

ご無事で何より。

一体、何を考えているの?

騎士は、弱きを守るものだ。

z本当にありがとうございます。騎士様……

礼にはおよばない。さて、人助けの後は本来の務めを果たすとしようか。

ライフォード卿、本気なのですか。

無論だ。魔物どもを殲滅する。

籠城して、救援を待つべきでは。

俺には手立てがある。そうだな、ラクア殿。

z…………

手は貸しましょう。この島の皆様のため。

商人殿も、ご同行願えるか?

z私がですか?

貴殿が目にしたものを知りたい。主人公よ。留守を頼むぞ!


 ***


z……我が傀儡を連れ行く……何を考えている、この男。

傀儡を使い、街の者を我が尖兵と仕立てる腹積もりであったが、まあ良い、この男から消してやる。

だが、手立てとは何だ――あの女、警戒しておくか。

何であろうと――私の前に立つものは滅ぶ。

それが<運命>というものだ。


 ***


……行ったわ。じゃ、アタシらも<悪魔のゆりかご>に出発ね!

ライフォードとラクア、大丈夫かしら。あの商人さん、<闇>に――

後であの人の闇も祓わないと。

でも今は……ああもう責任重大!



上級:戦禍への進撃
……友よ、そちらはまかせたぞ!
やりましょう、ライフォード卿。

TOP↑

story4 暴かれた闇


<ライフォードの目前に、魔物の群れが見えた!>

z(ククク……お望みの場所に連れてきてやったぞ。地獄になあ……!)


zこの数……逃げても恥にはなりませぬぞ、騎士殿!

国一つを漬せる数だな。

よかった。あなたの目は節穴ではないのですね?

よし、ラクア殿。奥の手といこう。

出し物は、あなたか用意をしているんですよね?

無論だ。

聞け、魔物どもよ!このライフォードが相手となろう!

<ライフォードは身を乗り出し、魔物の群れに大音声で呼びかけた!>

何を考えてるの!?

こうなることも、知っていたのではないか?

なんであなたの未来をいちいち気にかけないといけないんですか?

zガァァアアアッ!!

もう!

俺はここにいるぞ!!

z(何なのだこの男は!!この無謀さは!!)


 ***


じめじめね。洞窟って慣れないわ。

<この奥が<悪魔のゆりかご>。

強大なグレイスルーンが眠っている場所だ――>

<闇>の気配がするわ。とても、昏い……

た、助け……

大丈夫ですか!?


 ***


<ライフォードはゴーレムの拳を華麗にかわした!>

zライフォード殿っ!!

(くそっ……金髪も女も、まるでスキがない!取り憑くスキが!)

追いついてみろ!魔物ども!!

逃げ足が速いんですね。ライフォード卿。

レディたちから逃げ回るうちに、足が速くなってしまってな?

誰に対してもそんな軽口を?

人は選ぶとも。時に商人殿、ガルベスという男を知っているかね?

z……はて、知りませんな。

ドラルンテ国の将軍だ。

陰謀と暴力で覇権を握るも、失脚して逃亡した。

因果応報ね。

このガルベス、国王の私生児でな。

そのせいか王位に並々ならぬ執着があったわけだ。

救いようのない俗物。

国を奪ったのは大したものだ。

だがこの男の野心は、そこで終わってしまったのだ。

z(終わった……だと)

終わった野心はただの妄想。

そんなものにつきあう馬鹿はいない!

zいわせておけば……この、青二才がぁ!!

おや?どうされたのですか、商人殿?

z我が野心の前に、散るがよい!!


絶級:解き放たれた野心
待ちわびたぞ、将軍。
なんて……禍々しい……!

TOP↑

story5 雷火の戦場


<アイリスと主人公は、傭兵を介抱した>

アンタはガルベスって人の家来だったってわけね?

家来じゃない。雇われたんだよ。でなきゃこんな所に来るもんか。

俺たちは将軍をグレイスルーンの前に連れて行った。そういう依頼だった。

だが将軍は、ルーンを前にして、化物になりやがった!!

化物は俺の仲間を……! あ、あいつは何なんだ!?

その人が、この島に闇を――!

グレイスルーンに……アイツのいったとおりね!

<グレイスルーンとは、環境や文化に強い影響をもたらすほど強力なルーンのことである。

闇はあらゆるものに取り憑く。そして、強い力をもつものに取り憑いた闇は――

より強く、絶対的な力を持つ。魔物の群れを操ることなど、造作もないだろう>

急ごう、主人公!



zライフォードといったな。

この私が、己の敵をどう扱うか知っていような?

お前の趣味嗜好は知っている。

味方を使い潰し、民を扇動し、復讐に酔いしれる。

zそれこそが、我が覇道だ!!

そうだとも、見事なる覇道だ。

だがその覇道を、お前は自ら葬り去った。

<闇>の走狗にすぎぬお前に、覇道を語る資格はない!

z黙れ!この軍勢を持って、私は再び王となるのだ!

<魔物達の大群は、ライフォードの前に殺到する!>

ライフォード卿!

ところで将軍、この地は通称、<強欲と報いの平原>といわれている。

理由を知っているか?

zな……

雷よ、落ちろ!!

<ライフォードの掲げた剣より、雷が辺った!!>

これは……!

<無数の爆炎と、激しい轟音。魔物の群れは荒れ狂う滅びに呑み込まれていく!>

zば、バカな……貴様何を!

この平原には、災いをもたらすルーンが山と眠っていてな――

だから強欲というわけですね。報いは魔獣の群れってところかしら?

我が稲妻をもって、地にうずもれたルーンにソウルを流した。

zこれで勝ったと思ったか――!?

わが軍は無限――!!この島の魔物全てが、今や私の支配下よ。

予想外の損害ではあったが、あの程度の損耗、まったくこたえぬわ!

ふっ……

zどうだ青二才! 戦というのは始まる前から決まってるのだ!!

確かにそうだ。負けるのはお前だがな!



破滅級:陰謀を打ち砕く雷剣
つかむぞ、勝利の未来を!
未来が、変わるというの……?

TOP↑

最終話 収束する未来


私は知っていた――ここまでは。

目の前を埋め尽す魔獣の群れ。その前に立つ金髪の騎士。

この運命が――この未来が。変えられるのだろうか――


z東も西も、北も南も! 空の上にも逃げ場はない!

命乞いをしてみるかね? ライフォード卿!

レディ。未来を知るという君は、これから先も知っていような。

いいえ。

どうしてだ? レディの力にはそういう限界があるのか?

楽しみだったんです。これからどうなるか――

未来が変えられるなら、未来樹の枯れる未来も――変えられるはず。

z別れはすんだようだな!!ならば!!滅べ!

俺も楽しみだ。これから先――何が起こるか。

zぐうっ……ひっ……ぐあああ!お、オマエ、何を……!

負けるのはお前と言ったはずだ。

zひっ……ひいいっ……まぶしぃ……消える、消えてしまうう!!


 ***


*×○■!&%$…………

<アイリスの聖なる光が、グレイスルーンに宿る<闇>を祓っていく!>

これでこの島は元通り……

zガァァアアアッ!!

えっと、元の魔物の巣に戻ったってワケ?


 ***


消える前に聞かせろ。

お前は失脚するまで<闇>に取り憑かれてなかった。そうだな?

zそうだ、もっと早く<闇>を……知っていれぱ……!

<闇>などくだらん!お前は欲望のままに、憎悪のままに、美しく生きた!

俺はその生きざまを肯定する!

z肯定……この、俺の……この俺のォ……!?

悔いながら逝け。

<グレイスルーンに戻った光は、商人に宿った闇をかき消す>

zはっ……私はっ……

正気に戻った魔物の群れに、主人公が難儀してるころか。

さあ、行こう、レディ。

ええ、ライフォード卿。まあ、みんなは大丈夫でしょうけど。


 ***


力二カマひとたるだからね!

お安い御用だ。空色の瞳のレディには、空の色の宝石を贈ろう。

おかまいなく、ライフォードさん。

私には何をくれるんですか?

予知してみたまえ。

あなたは――、どこからわかってたの?

逃亡中のガルベスを追った者達は、どこからともなく現れた魔獣に襲われたという。

もしガルベスに<闇>か取り憑いているのなら、もっとも手っ取り早く戦力が手に入るのはこの島だ。

それでこの島に、みんなを――

主人公には、世話になった。

どうだったかなレディ。この未来は。

悪く――ないわね♪


TOP↑







コメント (未来は誰が為に Story)

新着スレッド(白黒wiki)

注目記事
ページトップへ