Gamerch

モニカ・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中

竜を駆る少女
モニカ・ヴォルパート
ドラゴンのソルトに乗る少女。
なりゆきで冒険家を始めることに。
2016/05/17


思い出1



へえ、ここが飛行島ね。本当に飛んでるんだな?

<ドラゴンが、少女を乗せて飛んできた。>

あたしはモニカ。こいつは相棒のソルト。

今は……冒険家ってとこ。

ギイギイ!

アタシ知ってる! アンタみたいにドラゴンに乗ってる人って。ドラゴンライダーっていうのよね。

ドラゴンライダーねえ。

たしかにギルドの連中も、あたしらのことそう呼んでたな。

ご不満なの?

あたしらにすりゃ、なりゆきでなっちまったようなもんだからな。実感わかないのさ。

ギュー。

でもさ、アタシがいうのもなんだけど、人生ってそういうものらしいわよ。

らしいね……身に染みて感じてるぜ。ほんと、何が起こるかわからんよな。

あんたも覚えがあるらしいな。……そういう顔してるぜ。

…………。

ま、今日は先輩冒険家のあんたらにあいさつに来たのさ。

それはそれはご丁寧に。

こっちは駆け出しだが、腕には少々自信があるぜ。

なんたってドラゴンに乗ってるんだしね。

まーな。たまに寄るから、手を貸せそうなことがあったらいってくれ。報酬は要相談だ。


いっちゃったわ。

なんだかすごく、まっすぐな人ね。

ホントね。でもなんか

将来について悩んでるみたいだったわ……?


…………

……


なんだか、話しやすい奴らだったな。

ギイ!!

飛んでる島ってのも……なかなか気に入った。

ギー……

……わかってるさ。長居をするつもりはない。




TOP↑

思い出2



ギッギッ。

あら、ソルトにモニカね。

おうキャトラ。ちょっと寄ってみたぜ。

ギッ……

この子……アタシのことじっと見てるんだけど……?

腹が減ってるのかもな。

そうなんですか?

笑えないわあ!!

ウソだよ。ドラゴンはあまりメシを食わないんだ。

あらそうなのね。なら安心だわ……

ギッギッ!!

<ドラゴンのソルトは、キャトラに鼻面を近づけてきた。>

こいつ、あんたのことが気に入ったみたいだぜ?

よかったね、キャトラ。

懐いてるの? これ?

ギー。

<ソルトは、その場に寝ころんだ。>

…………

飽きたみたいだな。

フクザツな気分。

ギー。

<寝転がりながら、ソルトはモニカを見上げる。>

よしよし。

<モニカはソルトの頭をなでた。>

ギー。

すっごく懐いてるんですね。

まるで、大きなわんわんね。

甘えん坊なんだよ。図体がでかいのに。あっ、こら。

<ソルトはモニカの頬をなめた。>

仲良しなんですね!

相棒、だからな。

ギイー。




……あのドラゴン。

あら、こんにちは。

今日はどうされたんですか?

少し気になる件がありましてな。しばらく、この島に立ち寄らせていただきます。

ええ、かまいませんが……?



TOP↑

思い出3



はいよっと、お待ちどうさま。

<モニカとソルトが、荷物を運んできた。>

あら、宅配屋さんを始めたの?

運び屋の仕事は、金になるからな。

へえ。そうなの?

意外と、これで、食っていけるかもな……

冒険はしないんですか?

金になればするさ。あたしの場合、ギルドに入ったのも食っていくためだからな。

現実的ねえ。ところであんた、なりゆきでドラゴンライダーになったみたいにいってたけど。

そうさ。あたしはもともと、飛行艇乗りを目指してたんだ。

そうだったんですね?

空を飛ぶってのが、あたしの昔っからの夢でね……

でも、一年ほど前か、飛行艇の訓練航空中に、遭難しちまってさ。

あたしは無人島に漂流して……そこでこいつと出会った。

ソルトと……!?

そうさ。

ギイ。

初めてコイツを見たとき、あたしは思った。

あたしはここで、こいつに食われて終わるんだって。

ギイギイ。

(……この子の顔をみたら、誰だってねえ……)

そう思うと、なんか、やる気でてきてさ。手ごろな枝があったから、そいつを構えてこういった。

『来いよバケモノ。やれるもんならやってみな』あたしは次の瞬間、吹っ飛んだ。

あたしは観念した。でもソルトは、あたしの顔を見てギイギイ笑うだけ。

まあ。

遊んでるだけだったってわかったのは、後になってからだ。

ギイギイ……

あたしは泣いた。何がなんだかわからなくってね。

……泣くしかなかったのさ。実際、その時はね――



TOP↑

思い出4



モニカの無人島サバイバル、続きを聞かせて!

なんだそりゃ。本当に大変だったんだぞ。

主人公も、参考にしたらいいわ。

いいけどさ。別に。あたしは思い出せる限りの知識を総動員した。

一番やばかったのは水さ。湧き水をみつけたときは、絶叫したぜ。

水に比べりゃ食料は……イヤ、結局大変だったな。何を食ったかは聞くな。

火をおこすのも一苦労だ。訓練でやってたからいいようなもんだぜ。

ベルトのバックルってやつは、外せば打ち金になる。いいかんじの火打石も転がってた。

後は燃やすものさ。……畜生。結局服を燃やした。少しずつな。

で、ソルトはどうしてたの?

あたしが苦労してんのを、面白そうに見てやがった!

ギッ。ギッ。

しかも隙を見てからかいに来る。こっちは命がけだ。

大変だったのね。

ギリギリの日々が続いた。で、ある日のことだ。ソルトの様子がおかしくなった。

その日こいつは……あたしの聞いたことのない声で唸った。

あたしは悟った。こいつは威嚇をしているんだってね。

どうしたんですか……!?

見たら一目瞭然だった。矢だよ。大型の魔物を狩るための、でっかい矢が、ソルトの背にな。

……痛そう。

ギイ。

今から考えても不思議だけど、あたしは……どうしてか見過ごせなかった。

あたしは、ソルトの隙を見てその背に飛ぴ乗って――

矢を抜いた。こいつさ。

<モニカが見せたそれは、錆のような残酷な形状をしていた――>

ソルトは大暴れ。あたしはまたふっ飛ばされて、何度目かの観念さ。

ギッ……

でもこいつは……あたしに鼻先をちかづけてきた。ほら、キャトラにやったみたいに。

あたしはソルトに触れた。ソルトはあたしのことをなめやがった。

そのときすごく塩の味がしてさ。こいつ……海で泳ぐのが好きだから。

だから、ソルトさんなんですね。

そういうこった。

ギイ!



TOP↑

思い出5



えーっと、どうやって島を抜け出したか?

ギイ。

そりゃ、こいつに乗ってさ。……最後の希望だったんだよ。こいつがな……

最初は、しがみつくのが精一杯だった。自慢じゃないが、一瞬で海にドボン。

まあ。

こいつは遊びだと思ってるし、どこに怒りをぶつけていいかわからない状況でさ。

アンタ、気が短いもんね。

待たされるのが嫌いなんだよ。でも、あたしは少しずつ飛距離を伸ばしていった。

ソルトも要領を覚えてきた。状況は好転。だが――悠長にしてる余裕はなかった。

どうしてですか……?

ソルトに矢を刺した連中……竜狩りが、あたりの島を嗅ぎまわってたのさ。

竜狩り……

ドラゴン専門のハンターさ。所によっちゃ英雄扱いされているよな……

あたしは持てるだけの食料と水を用意して、島を脱出した。

嵐の中を二日かけて飛んで……ようやくあたしは、人の住む島にたどり着いた。

やったわ!なんだか他人事だけど感動!

あたしは嬉しさで叫びながら島に降りて……気づいた。

ソルトが島に戻ったら……殺されるってことにね。

あたしにはわかった。こんどはあたしがこいつを助ける番だって。

それで二人は、コンビを組んだのね。

そういうわけさ。おかげで故郷には戻りづらくなっちまったがね。

どうしてですか?

ソルトには……こいつには、討伐依頼が出てたのさ。

あのあとソルトを狙う竜狩りとは何度もやりあってる……いってみりゃお尋ね者さ。


自覚があるなら結構だ。

……あんたは……?

ギルドの世話役だ。君のドラゴンは、討伐対象となっている。こちらに引き渡せ。

くっ……!

<モニカは、ソルトの背に飛び乗った!……世話役は、身じろぎすらしない。>

そのドラゴンは人を襲った、庇えば君にも賞金がかかる。

ありがとうな、キャトラ、アイリス、主人公。あたしらを受け容れてくれて。

でも……あたしらはもうここにはいられない。

待って!

考え直せ……ご両親のもとに、帰りたくはないのか!

うるせえ!!




TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



……この光……ルーンの……?

なんだよ……こんな光、見せてんじゃねえ……!

信じたくなるじゃねえか!どこかに希望があるって!わかってるんだよ――!

希望なんて――もうないってことくらい!

いいや、あるわ!

キャトラ……!

アタシ猫だしよくわかんないけど!でも!ないわけないじゃない!

馬鹿な。何を考えている。


(考えろ。考えろ。考えろ――)


――――!

何……!?依頼が正当なものかどうか、調査をさせろ!?

……いいだろう。冒険家の君にはその権利がある。



…………

……



良かったんだよな……これで……


討伐の根拠となったのは、ソルトが船を襲い人を傷つけたという証言。

確かにソルトは、船を襲った。だがソルトが襲ったのは、竜狩りの密猟船だったのだ。

密猟船は好奇心の強いソルトを罠にかけて襲った。ソルトは反撃した。

決め手になったのは、モニカが持ち帰った矢じりである。



その場にいないはずの密猟船が、襲われるはずかないってことよね。

依頼を出した奴も、みんなグルだったらしい。

悔しいわね……


依頼が不当であっても、ソルトが扱いに困る危険な存在であることはかわらない。

ギルドは、ソルトを<竜の国>に預けるという決断を下した。


<竜の国>の人たち、ドラゴンと仲良しなのよ。きっと元気でやっていけるわ。

そうだよな……これで……きっと……

うっ、うあああああっ……!!うあああああっ……!!


一つだけ――方法がある。

君とあのドラゴンが、一緒にいられる方法が。



…………

……



そわそわ……そろそろ……来る頃よね!

ええ、今日が約束の日だもの。


えーっとみんな、お待たせ。


<竜の国>。そこには……ドラゴンと絆を結び、戦う騎士がいる。


ギイ!

新人ドラグナーの……モニカだ。改めて、よろしくな。


<彼らこそ、人と竜の間に立つ者。<ドラグナー>である。>


よろしくお願いします。モニカさん!

にしても、ドラグナーの修行っていうか、訓練、もう終わったの?

いやいや、訓練はこれからだよ。あたしも、ソルトもな。

団長がまーた厳しくてな……副団長はしつこいしさー。

楽しくやってるみたいね。

ああ、そうだな。飛行艇乗りの道はあきらめちまったけど……

モニカさん……

あたしは、こいつと飛びたいんだ。空の彼方まで!

ギーイ!!

行くぞソルト!飛行島と競争だ!





覚醒絵・覚醒画像


天駆ける新星ドラグナー





TOP↑

その他



関連ストーリー
画像説明
モニカ・ヴォルパート
ドラゴンのソルトに乗る少女。
なりゆきで冒険家を始めることに。

蒼空の竜騎士 Story
シエラナギ
蒼空の竜騎士2 Story

人物紹介
画像詳細相棒
エクセリア・クルス
ドラグナーにして<竜の国>王家の王女。
相棒は白竜ラピュセル。
ゲオルグ・ランディル
竜騎士団の団長を務める歴戦のドラグナー。
相棒は火竜カグツチ
モニカ・ヴォルパート
ドラゴンのソルトに乗る少女。
なりゆきで冒険家を始めることに。
セルジュ・ラングレイ
竜騎士団の団長補佐を務める若きドラグナー。
相棒は水竜マクリル。


~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリー思い出

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (モニカ・思い出)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ