Gamerch

【白猫】Brave The Lion 3 Story N-1

最終更新日時 :

story



やっと着いた~……この島って、なんだか入るのタイヘンなのねえ……


ここ<ヒストリア>では、一日わずか数便しか、飛行艇の発着が許されてませんから。


どうしてですか?


この辺りの空は不安定……安全に航行出来る時間が限られています。


海は?


ふむふむ。そのあたりが気象的な要因ね。


でも、『一つには』って言ったわよね?他にも理由があるの?


慣れてないんですよ。


正確に言えば……<ヒストリア>は、まだ地図にありません。


ええっ!? じゃあ、アタシが立ってるここは!?


土です。


じゃなくて!


この先<ヒストリア>と呼ばれることになるであろう地、です。


いまはまだ、エルフやドワーフの<集落>と分類されるような島なんですよ。


なるほど、ここはまだ、<国>になる前の島なのね。


ですからこの島は、これまで外交というものを正式にしたことがありません。


住民も、島の外から来る者に慣れていません。だから便を絞っているんです。


その割には、世界各国からお客様を招いてるんじゃなかったっけ?


建国式典と、それと同時に行う国主様の婚礼式典に、各国の要人を招待しているんですよね……


<ヒストリア>を大々的に宣伝したいんでしょうね。帝国や連邦に、軽く見られたくなくて、ね。


ムムム、矛盾だわね。


今まで通り、島は閉ざしていたい。だけれど式典には大勢を呼ぴたい。ジレンマですね。


大丈夫でしょうか……住民の方々、困惑してしまうのでは……


『いいとこ取りは諸刃の剣。トップの器が試される』


だれの言葉?


ウチの上司の。


自信マンマンだわねえ、オズマは。


ま、実際、あの人なら上手にやっちゃいますから。


デルガド……だっけ?国主になるっていうドワーフのひとの器はどうかしらね?


さて……見栄を張りたいものですから、為政者ってのは……


シニカルゥ~。


上司に似るって言うでしょ?では、そろそろ行さましょう。


まずはこの島の現状を軽く見てまわりましょう。ミッションの説明は、それから。


……わかりました……!


……魔物の気配が多すぎます。気楽な旅とはいきそうもないですね……


そうですね……


(それに……この……感覚は……!)


TOP↑

story



止まれ!


わっ!? いきなりなによ!?


!? 人語を解する猫……!?……魔獣か!?


もがーっ!!!言われなくなってきたと思ってたのにーっ!!!


きゃ、キャトラ……!


怪しい奴らめ!


まま、落ち着いてくださいよ。


……なんだ貴様?


式典に呼ばれた者です。いやあ、めでたい。これで<ヒストリア>も安泰ですね~♪


愚かな……!


へ?


<国>に意味など! 立ち去れ!


ちょ、ちょっと……!


待ってください、話を聞いてください!


語ることはない!


すぐに消えろ! さもなくば……!


げっ!




え……!?


気絶……させたの……?


あの……ありがとうございます。……あなたは……?


……グレイヴ。


ワン!


わっ!?犬もいたの!?


怯えなくてよいぞ、猫よ。


しゃべれるの!?


なんでかなあ!?


……ハァン!?こっちのセリフよ!


それがこちらの台詞だ、おしゃべり白毛玉が!


ぬ、ぬ、ぬ……!


ぎにゃあー!!!


やめろ、コテツ。


コ、コテツ!?……それ、アンタのネーミングセンス?


ダメか?


由来とかあるの?


パッと見た時、コテツだと思った。


……まあ、なくもないわよ。


自分の名でもないのに何が不満だ。


ここにいると面倒だ。


グレイヴさんでしたね。一緒に町へ、どうですか?


……俺が?


助けられた礼に、メシでもオゴらせてください。


それはありかたい申し出。おい、グレイヴ、相伴に預かろうではないか。


……わかった。


……アンタたちの関係って、なんなの?


わからん。


わかれ!


……そうだよなあ……

TOP↑

story



TOP↑

story



story



TOP↑

story



TOP↑

story



TOP↑

story



story



TOP↑

story



TOP↑

story



TOP↑

story



story



TOP↑

story



TOP↑

story



TOP↑

story


新着スレッド

注目記事
ページトップへ