Gamerch

彷徨う機械、運命の邂逅 Story【黒猫のウィズ】

最終更新日時 :

白猫ストーリー

黒猫ストーリー



名前を持たない機械人形




「……ふふっ。」


暖かな暖炉の前で手紙を続みながら、その少女は嬉しそうに笑った。

手紙を持つ手は機械のそれ……とはいえ、その動きは人聞と遜色はない。

あまりに自然な動きで、少女は手紙の続きをめくる。


傍にいる老人が、誰からの手紙だい、と優しく低い声で聞いた。

少女は少しだけ、昔を懐かしむように目を伏せると、暖炉の炎を見てもう一度微笑む。


「……私に歩く理由を与えてくれた『ヒト』です。

少しだけ、昔話をしてもいいですか?」


彼女はそう言うと、手紙に一度目を落とす。



「それは、昔々、人間の命じるままに戦うことしか知らなかった………。

……とある『人形』の、お話です。」



 ***



人形は、とある国で、人に害なすものを討つために造られました。 


その日は、街道に出没する魔獣の群れを駆除しろとの命令を受け……。

その足で、付近に広がる森へと足を伸ばしていました。


 PLB-279-T 

…………。


人形は、なにも感じず、なにも考えずに、ただただ任務をこなしていきます。

冷酷で冷血な存在――人形は、人々にそう認識されていました。 


でも、人形には心がありました。

人間の心を理解し、人間の痛みを察し、人間を傷つけることのないように……。

そう考えられて与えられた心は、人形自身の心を傷つけ、苛んでいたのです。


(――もう、疲れたな……)

最後の一匹を目にして、人形はそう思います。


(殺したくない……)

しかし、命じられた任務はこなさなければなりません。 

人形は、怯える獣を見下るすと、掌に力を集めめました。

           

 ***


戦いを終えて、人形は動かなくなった獣からすぐに目を逸らしました。

なにも考えないように、なにも感じないように……。


(帰ろう……)

そう思い、人形が踵を返したときでした。


(……これは、鳴き声?)

……小さな、小さな鳴き声が聞こえてきたのです。


「……嘘。」

森の奥、草むらの陰に隠れるように作られた魔獣の巣。


「嘘だ……はは………」

そこから、複数の魔獣が這い出してきたのです。


人形は、その時全てを察しました。

魔獣は、子供を守るために、巣に近寄る人間を追い払っていただけだということに。

魔獣は人間に害を為す存在――そう思い込もうとしていた人形の心は……。


その時、完全に壊れてしまったのです。



 PLB-279-T 

(こんなの、こんなの……ひどすぎる

 どうして私にこんなひどいことをさせるの?

 どうして……)


悲しみに染まった瞳で、人形は空を見つめます。


 (こんな事をさせる人間たちも、

 こんな事を平気でやる私自身も……

 全て、消えてしまえばいい……!!)


破壊の力を自分自身の体に集めながら、人形は涙を流しました。



ふとその時、人形は思い返します。

自分自身で決めた事なんて、今までなに一つなかったな、と。


(それなら……せめて、最後は……)


最後くらいは、自分の手で幕を引こう。

……そう思いながら、人形は心の中で最後の引き金に指をかけます。 


……けれど、その時でした。



  ???  

――泣かないで。


いつの間に現れたのか、人形の目の前に、少女が立っていました。

暴れまわる破壊の光の中で、その少女は――。


否、少女に似せて作られた人形は、悲しみに沈む人形の手をそっと握ります。

人間と見紛うほどに、柔らかな笑顔を浮かべて。


 PLB-279-T 

……止めないで。もう、いいの。

誰かの言いなりになって、ひどいことをするのは、もう嫌。

ひどいことをしろって命令する人も、それに逆らえない自分も……大嫌い……!

だから、もう――悲しい世界も辛い気持ちも、光に溶けて消えてしまえばいい……!


悲しみに沈んだ人形は、顔を覆って涙を流しました。

でも、少女に似せて作られた人形は、それを見てニッコリと笑ったのです。


  ???  

……あなた、名前は?


 PLB-279-T 

私に、名前なんて無い。

ずっと、ずっと……!!



人形の体に、強い光が集まり始めます。もう、終わりはすぐそこにありました。

さよなら、とつぶやいて、悲しみに沈む人形は終わりを受け入れようと、目を閉じます。


きっと、終わりは冷たい暗闇。それなら何も感じず、何も考えなくて済む。

なら、私はそれを喜んで受け入れよう。悲しいのにも、辛いのも……もうたくさん。

……悲しみに沈んだ人形は、そう思いました。


――でも。



 PLB-279-T 

え……?


――彼女を包み込んだのは、

果てしなく優しい、暖かな熱だっだのです。


まるで、『お母さん』のように、暖かな――。


  アイ  

……じゃア、アナタに私の名前をあげる。

アイ』……アナタは今日カラ、アイよ。


アナタは誰かの『もの』じゃナイ。

今日、あなたは新しく生まれタの。


誕生日おめでとう、銀色のアイ。


  アイ  

…………!!


悲しみに沈んだ人形は――アイは、驚きました。

おめでとう、なんて言われたのは、初めてだったから。


  アイ  

自分を嫌いになんテ、ならナイで。

あなたの髪、とっても綺麗なんだカラ。


金色のアイは、銀色のアイの髪を触りながら、

もう一度ニッコリと笑いました。


  アイ  

……!

うう……あああ……!


あふれる涙を拭いもせず、銀色のアイは、声を上げて泣きました。 

まるで、生まれたての赤ん坊のように。

いつの間にか、体に集まった破壊の光は、暖かなものに変わっています。  

そして、二人は――。  



 ***



……話の途中で、アイは昔話を止める。

暖炉の前、いつの間にか、ソファに身を沈めるようにして、老人は眠ってしまっていた。


「……風邪ひきますよ、マスター。」

微笑みながら、アイは老人に毛布をかける。


――その表情は、人間と見紛うほどに、柔らかな笑顔だった。






初登場 金色のアイ (900万DL記念)2013/10/15
彷徨う機械、運命の邂逅 (ウィズセレ祭)2015/04/16
機械仕掛けの双生


魔道工学の
第一人者
魔道義体魔道機械異端の魔道士
???AI
アイ
PLB-279-T
アイ
リツェーレ



黒猫ストーリーに戻る

注目記事
ページトップへ