Gamerch
レッド:プライドオブエデン 7月9日(木)配信開始 「新感覚」ケモガールRPG 7月9日(木)配信開始

【白猫】メインストーリー 第10章 バルヘイム

最終更新日時 :
1人が閲覧中


2016/05/12


目次


Story1 焦熱の監獄島

Story2 仲間たちとの行軍

Story3 監獄の奥で

Story4 嗤う囚人

Story5 二つの脅威

Story6 賢者の行方

Story7 世界の我儘

Story8 黒の姫と子猫

Story9 檻の目

Story10 沈黙と信念



登場人物





story1 焦熱の監獄島



ここが……!

あの、なんとかのあれってのがあるところね!

なんとかっていうのよね?もう一回聞いてもいい?

今言おうとしてたところよ。この島にあるのはただ一つ。

焦熱の監獄、タルタロス……

焦熱の……監獄……

こんなアツイところに押しこめられたら…………参っちゃうわねぇ。

この島は、黒の王国に――いいえ、<闇の王>に歯向かう者を幽閉する監獄、だった……

だった?当時は多くの囚人がいたことでしょうけど。――見て。

<遠方に霞む山……巨大な魔法の鎖が、黒煙の中心へと伸びている……>

……あれはね。たった一人を抑えるための装置なのよ。

狂える竜の神……いいえ、彼はそう呼ばれてるだけ。竜なのか、神なのかすらさだかではない……

彼はただの……暴力。そう伝えられている。

伝えられてる?

あたしも、会ったことがあるわけじゃないからね……

……彼をここへ連れてきたとき、彼以外の全ての囚人は……消滅した。

……それはあまりにも彼の力が強すぎたから。監獄も、この島も、いまでは全て、彼一人のためのもの。

ひえぇ……!そんなとこにアタシがいていいのかしら……

大丈夫じゃないかしら?

どうして?

だって――何万年も。

閉じ込められていて……弱ってないなんてこと、あるはずないじゃない?

まあ……フツーは、ね……

……必ず、味方につけなくちゃ……!……いきましょう……!

……フン。闇の王を倒すためなら……てこと?ずいぶん積極的じゃない。

……!

ま……いいわ。あいつらには、あたしも頭に来てるし。同行してあげる。

……はい。

二人とも、仲良くだよ?

……うん。

…………


さあ、そろそろいくとしようぜ。

ああ。この暑さだ。モタモタしてはいられない。迅速に進もう。

おー!やったったんぞー!

……

飛行島のことなら心配はいらない。

守りは俺様たちに任しときな。

どんな魔物が来ても撃退してみせるさ!

私に敵はない。ヒヒィーン!

……行ってらっしゃい。

うん。待っててね。

……ええ。

よぉ~し……それじゃあ……あっついけど!いくわよ!主人公!



TOP↑

story2 仲間たちとの行軍



辺りを流れる溶岩……すごい島だな……

歩いているだけで、肌がコゲつきそうだぜ。

鎧があついんじゃない?

いや。これは火山用の鎧だ。これ以上は他にないぜ。

そうね。そんなのがあるって方が驚きだわ……

この島って、だれも住んでないんだねー?

闇の王の眠りと同時に、放置されたんでしょうね。

好き好んで、こんなところに住む者がいるとも思えないし。

そっかー。闇の王って、寝てたんだねー?

……ええ。数万年前の、あの日からね……

あの日ー?

…………

……ええ。

そっかー。ずーっと寝てたんだねー。グローザも寝てたの?

そうなるわね。闇の王は、闇なる力の源だから。

じゃあ闇のひとたちは全員寝てたのー?

……例外がいるはずよ。

れーがい?

闇の道化、エピタフ……そして、ドゥドゥと同列の、シャッテンシュピールの一人……

――ウィユ・ブロサールは闇の<眠りの刻>も、活動していたはずよ……


TOP↑

story3 監獄の奥で



???

……………………


ウィユ・ブロサール

……また……来ました……

…………

ごめんなさい……これが私の……仕事だから……

バールさんは、とてもとてもとても、強いから……

…………

だから……少しずつなんです……

<ウィユはそう呟くと、人差し指ほどの太さのクギを取り出し――>

…………

あと……二回です……

少しだけずらして……半分は重なるように、削るようにして……

<――>

これでワンセット……あと、残り、千回です……

…………


…………

……


……今日の分は…………終わりです……

………………よくやる……

……王直々の……おいいつけだから……

永い永い時間をかけて……あなたを、弱らせていくようにって……

…………

だけど、あなたはまたまだ元気だから……

だから……これからも…………ごめんなさい……

……弱らせる、だと?

…………

闇のこせがれの分際で、この儂に、何が出来る?

今日は……元気ですね……何か……ありました……?

…………

……ごめんなさい……追加……しなきゃ……

あと……三千回…………を…………三セット……

…………


TOP↑

story4 嗤う囚人



…………

……ククク……!

白と黒……再び……均衡のため……動き出したか……!


TOP↑

story5 二つの脅威



――火山を利用した、脱獄不能の牢、か。しかも……

それだけではない。あの魔法の鎖で封印されているという……

うむむむ……助け出すのは難しそうだねー……

助け出す、かぁ…………まぁ、そういうことになるのかぁ……

…………

……かつて、白の王国を攻め滅ぼそうとした闇の王には、<二人>の敵がいたそうよ。

二人?

……そして、闇の王は、そのどちらも、この島に封じ込めた……

一人はその、竜なんだか神なんたかって人でしょ?もう一人はなんなの?

<智恵>だそうよ。

ちえー?

正確には、<識る>という行為そのものを司る、<智の賢者>らしいわ。

<智の賢者>……

行為そのものを司る……?どういうことだ……?

闇の王はその両者を最優先で捕え、幽閉した。

なるほどな。つまりこの島は、<力>と<智恵>の監獄ってわけだ。

……あなた、意外と飲み込みが早いわね?

あん?おかしいか?

……いいわ。その通り。ここは、闇の王にとっての二人の難敵を閉じ込めた牢獄。

てことは、その<智の賢者>も助け出しちまえば……?

無理ね。

それはどうして?

<智の賢者>は、ある日忽然と、牢獄から姿を消したそうよ。

おお!?脱走だー!

違うわ。

じゃあ、どゆこと?

おそらく、切ったのよ。

切った???

――他人が自分を、『知覚する』というその働きをね……



TOP↑

story6 賢者の行方



なあ、もう一度教えてくれ。わけがわからなくなってきた。

あら。さっきはあんなに賢かったのに?

さっきはさっきさ。それより、どういうことだ?<智の賢者>は、脱獄をしたわけじゃあないんだよな?

そう。島の外へ出たとは考えられなかったそうよ。

じゃあ、まだ幽閉されているってわけだ?

そうね。

なのに、姿は無いんだろ?

ええ。

……わけがわからねえ。

まるでリドルだな……

そお?いるけど見えないってだけのことじゃないの?

…………

だから、それがどういう理屈かわかんねーってんだよ。

そのへんは考えてもしょーがないと思うけどなー。

……あなた、結構すごいのね。

あたしはタビィだよ!

……そう。……タビィ……

ねーねー。タビィは感覚的にわかったっぽいんだけどさー、アタシはよくわかんないんだけど?

……ふふ、キャトラちゃん。いいのよ。あたしだって、この目で見たわけじゃないんだから。

頼りねえなあ。ンなんじゃ、<智の賢者>っつーのは、見つからねえんじゃねか?

最初から狙ってないわ。忘れた方がいいんじゃない?

まあ……そっか。そうだな。

……君は実に、冷静で理知的だな。

え?そう?

それに、みんなをまとめるカリスマもある。頼もしいよ。

……ヘンに褒めないで。エルフ。

エレサールと呼んでほしいな。

……図々しい。

……まだ、ダメか……

ううん。いまのは、ホントにちょっと卜ートツだったと思うなセンセー。

むむむ……



TOP↑

story7 世界の我儘



竜か神かもさだかではなく、ただの暴力、か……そんな者が、力を貸してくれるだろうか?

どうでしょうね。なんせ御大は、闇の王だけでなく、白の王国にまで喧嘩をふっかけてきたんだから。

…………

……アイリス……

……ううん……

けんかっぱやい人なんだねー。

なぁに、こっちには俺やコジロー、それに、主人公だっている。負けやしねぇぜ。

……頼もしいわね。

…………

……どうしたの?

……思い出していたのよ。

白は光に、黒は闇に。それぞれ従い、そして――互いに競り合う。それが、この世の理……

…………

彼はそんな仕組みを、真っ向から壊そうとした、世界の<我儘>……

…………

ここには、あたしに、<黒の王子>さま……白の巫女までいるわ。

彼は、どう見るかしらね?

……なくも、ないんじゃない?

……え……?

だって、ここには、白と黒……が、一緒にいるわけでしょ?

だから……仕組みを壊したかったんなら、もう……

…………

……かも、しれないわ……

理に反抗してるなら……

それなら……私たちにも……!私たちのことも……!

……きっと……!

……フン。調子のいいこと。

<黒の王子>様とは一緒にいたい……でも、闇の王は憎い……

そんな手前勝手、まかり通ると思ってるのッ!?

……それが理だと言うから……!

まってまってー!ここで喧嘩しちゃダメダメー!

…………

……どういうことだ?

<彼>は、闇の王の後継者だからな。

だけど、俺たちの仲間だぜ?

わかっている。私たちの相手は、現闇の王、それと闇の道化だ。

……ムシがいい……!

あっ、まってよ!グローザのことは言ってないよ!?

……そうだな。彼女も理から外れている……

は~ん……そんな、誰が作ったかしれねえしがらみに、縛られることなんざねぇと思うがなぁ……

当事者たちには、また別の思いもあることだろう……

…………

いこう。ここは危険だ。彼女を一人にはさせられない。

そうだな!



TOP↑

story8 黒の姫と子猫



…………

やっほー。

キャトラちゃん……?みんなは?はぐれたら危ないじゃない。

ヘーきヘーき。……あはは。

『みんな』、だよねぇ~♪

…………

あっ、あっ!ごめんってば!からかって悪かったわよう!

……怒ったわけじゃないわ。……自分でも、驚いたのよ。

ウンウン。そーゆーことってあると思うわ。それにね……

アンタって元々、悪い人じゃなかったと思うの。

……そんなことはないわ。

ううん。一緒にいたらわかる。

失敗とか、だれだってするから……アタシは、いまのアンタを見て、いいなと思えばそれを信じるよ。

……そう。ありがとう。

あらやだ、アタシったらまた善行を積んじゃったわ!

……うふふ……♪……それにしても……

んー?

キャトラちゃんって、本当に、何者なの?

…………

この島が危険なのは事実でしょう?普通の猫ちゃんが、一人でお散歩できるところじゃないわ。

んーとね……

……アタシは……

…………

……なんだと思う?

……だから、それを聞いてるんだけど……

これは――!?

ここにいたか!

安易に別行動すんじゃねえ!危ねえだろ!?

そうですよ!

……そうね……

あーっ!魔物だー!

ちっ!イヤなタイミングだ!

みんな!やるぞ!



TOP↑

story9 檻の目



やったったっぞー!

ふぅ……

……魔物たち、強くなってきてるって感じるのは、気のせいじゃねぇよなぁ?

ええ。闇の王が力を取り戻してきている影響でしょうね。

こっちも戦力が増えてなんとかやれてるけど、結構たいへんよねぇ~……

どちらも……同じように……力を増している……

……ううん。なんとなく、思っただけ……

う~ん……?

どうしたのよタビィ?

なんだか……だれかに見られてるような……?

……彼が、気づいたのかもしれないわね……

……?……って!幽閉されてるっていう奴がか!?そんな力があるってのかよ!?

それほど強大だから、闇の王も危険視したのよ。

……こりゃあ、ゾッとしねぇぜ……!

だが、だからこそ、仲間になってくれるならこんなに頼もしいことはない。

かもしれねえがよ……

いこう。

…………

アイリス。君は、魔法でサポートしてくれればいい。無理はするなよ。

大丈夫です……!

……わかった。

…………



TOP↑

story10 沈黙と信念



それにしても、荒れ果てた島だ……植物のソウルも感じられない……

のさばってるのは魔物だけ、か。

昔はひとも住んでたんだよね?

牢獄には看守が必要だもの。

どんなひとだったんだろー?

黒の王国の人間よ。闇の王に忠誠を誓った、ね。

じゃあさー、ちゅーせーを誓ってなかったひともいたのー?

……どうでしょうね。黒の王国で生きるってことは、闇の王に従うってことだけど……

…………

――!……なんでもありません……

なあ、その、黒と白の王国ってのは、何万年も前に栄えた国なんだろ?

……ええ。

しかし、いまは残ってねえ。どうして滅んだんだ?

……白の巫女に聞けば?

アイリスに?

――!

いや、そういうことなら……聞かねえ。

俺はアイリスを信用してる。

話すべきことなら、時が来たら話してくれるだろうからな。

ダンテさん……

……ホントに……どいつもこいつも、おひとよしなんだから……!

グローザ?

そういうつもりじゃあねえさ。

だったらなんなのよ!

言っただろ?信用だ。

おめでたいわね!?もしだまされてたらどうするのよ!?

だまされていたとわかったときに、止める。

そのときにはもう手遅れよ!

わかんねえさ。信用することと、盲信することは違う。

おかしいと思ったらぶん殴って、正しい道を向かせてやるさ。<こいつ>でも、アイリスでも、な。

……!

や、ちょ、アタシはどんなことがあっても殴らないわよね!?

猫は殴らねぇ。

ほっ……!なんかよかったわ……

……ありがとうございます、ダンテさん。

……私はみんなを、だましてはいません……

ただ、いまはまだ――勝手だとわかってるんですが……

だから、いいっつってんだろ?気長に待ってるさ。

私もダンテと同意見だ。

あたしもあたしもー!

みんな……!ありがとう……!

くだらない……!

そうか?

ええ、心底ね!

わかった。ならこの話はもうよそう。

え?

お前さんをイラつかせたいワケでもないのさ。さ、先へ進もうぜ。

ああ。

おー!

……なんなのよ……?

……あのね、ダンテはね、やや単純なけーこーがあって……

……もう、いいわ。ひとつだけわかったわよ。あなたたち……

――本当に、仲間なのね――

……うん!そーゆーことよ♪




next




関連ストーリー
  メインストーリー  
! メインストーリー 第01章
大冒険の始まり(アストラ島)
ストーリー
2014
07/14
! メインストーリー 第02章
大いなるルーンを求めて(イスタルカ島)
ストーリー
07/14
! メインストーリー 第03章
バルラ城塞王国(バルラ島)
前編後編
07/14
! メインストーリー 第04章
常夏の楽園(ピレント島)
前編後編
08/20
! メインストーリー 第05章
ガラクタ島の機械少女(ディーダ島)
前編後編
10/07
! メインストーリー 第06章
アオイの国の風来坊(アオイの島)
前編後編
11/19
! メインストーリー 第07章
メルヘン島の白馬の王子様(メルリン島)
前編後編
2015
01/23
! メインストーリー 第08章
宿命と記憶の眠る島(学術都市スキエンティア)
前編後編
03/30
! メインストーリー 第09章
大歓迎!テーマパークの島(ジモ島)
前編後編
08/24
! メインストーリー 第10章
監獄に潜む暴虐の衝動(監獄の島バルヘイム)
2016
05/13
! メインストーリー 第11章
闇の底に射す光(監獄タルタロス)
2017
02/24
【番外編】ゼロ・クロニクル07/14
! メインストーリー 第12章
一枚のコインの導き(海底都市ウェルテクス)
11/08
【 if 】四魔幻獣 【WORLD END
1部2部3部4部5部
2018
03~07
! メインストーリー 第13章
(貴石の国センテュリオ)
10/19
! メインストーリー 第14章
(虚空の幽園)
2019
10/30

白猫 mark

コメント (メインストーリー 第10章 Story1)

新着スレッド(白黒wiki)

注目記事
ページトップへ