Gamerch

【白猫】メインストーリー 第10章 バルヘイム

最終更新日時 :
1人が閲覧中


2016/05/12



目次






story



ここが……!

あの、なんとかのあれってのがあるところね!

なんとかっていうのよね? もう一回聞いてもいい? 

今言おうとしてたところよ。この島にあるのはただ一つ。

焦熱の監獄、タルタロス……

焦熱の……監獄……

こんなアツイところに押しこめられたら…………参っちゃうわねぇ。

この島は、黒の王国に――いいえ、<闇の王>に歯向かう者を幽閉する監獄、だった……

だった? 当時は多くの囚人がいたことでしょうけど。――見て。

<遠方に霞む山……巨大な魔法の鎖が、黒煙の中心へと伸びている……>

……あれはね。たった一人を抑えるための装置なのよ。

狂える竜の神……いいえ、彼はそう呼ばれてるだけ。竜なのか、神なのかすらさだかではない……

彼はただの……暴力。そう伝えられている。

伝えられてる? 

あたしも、会ったことがあるわけじゃないからね……

……彼をここへ連れてきたとき、彼以外の全ての囚人は……消滅した。

……それはあまりにも彼の力が強すぎたから。監獄も、この島も、いまでは全て、彼一人のためのもの。

ひえぇ……! そんなとこにアタシがいていいのかしら……

大丈夫じゃないかしら? 

どうして? 

だって――何万年も。

閉じ込められていて……弱ってないなんてこと、あるはずないじゃない?

まあ……フツーは、ね……

……必ず、味方につけなくちゃ……! ……いきましょう……! 

……フン。闇の王を倒すためなら……てこと? ずいぶん積極的じゃない。

……!

ま……いいわ。あいつらには、あたしも頭に来てるし。同行してあげる。

……はい。

二人とも、仲良くだよ? 

……うん。

…………

さあ、そろそろいくとしようぜ。

ああ。この暑さだ。モタモタしてはいられない。迅速に進もう。

おー! やったったんぞー!

飛行島のことなら心配はいらない。k守りは俺様たちに任しときな。rどんな魔物が来ても撃退してみせるさ! m私に敵はない。ヒヒィーン! 

……行ってらっしゃい。

うん。待っててね。

……ええ。

よぉ~し……それじゃあ……あっついけど! いくわよ! 主人公! 



TOP↑

story




辺りを流れる溶岩……すごい島だな……

歩いているだけで、肌がコゲつきそうだぜ。

鎧があついんじゃない? 

いや。これは火山用の鎧だ。これ以上は他にないぜ。

そうね。そんなのがあるって方が驚きだわ……

この島って、だれも住んでないんだねー? 

闇の王の眠りと同時に、放置されたんでしょうね。

好き好んで、こんなところに住む者がいるとも思えないし。

そっかー。闇の王って、寝てたんだねー?

……ええ。数万年前の、あの日からね……

あの日ー?

…………

……ええ。

そっかー。ずーっと寝てたんだねー。グローザも寝てたの? 

そうなるわね。闇の王は、闇なる力の源だから。

じゃあ闇のひとたちは全員寝てたのー? 

……例外がいるはずよ。

れーがい? 

闇の道化、エピタフ……そして、ドゥドウと同列の、シャッテンシュピールの一人……

――ウィユ・ブロサールは闇の<眠りの刻>も、活動していたはずよ……


TOP↑

story




…………

…………

……また……来ました……

…………

ごめんなさい……これが私の……仕事だから……

バールさんは、とてもとてもとても、強いから……

…………

だから……少しずつなんです……

<ウィユはそう呟くと、人差し指ほどの太さのクギを取り出し――>

…………

あと……二回です……

少しだけずらして……半分は重なるように、削るようにして……

<――>

これでワンセット……

あと、残り、千回です……

…………


…………

……



……今日の分は…………終わりです……

…………

……よくやる……

……王直々の……おいいつけだから……

永い永い時間をかけて……あなたを、弱らせていくようにって……

…………

だけど、あなたはまたまだ元気だから……

だから……これからも…………ごめんなさい……

……弱らせる、だと? 

…………

闇のこせがれの分際で、この儂に、何が出来る? 

今日は……元気ですね……何か……ありました……?

…………

……ごめんなさい……追加……しなきゃ……

あと……三千回…………を…………三セット……

…………


TOP↑

story




…………

……ククク……! 

白と黒……再び……均衡のため……動き出したか……! 


TOP↑

story




――火山を利用した、脱獄不能の牢、か。しかも……

それだけではない。あの魔法の鎖で封印されているという……

うむむむ……助け出すのは難しそうだねー……

助け出す、かぁ…………まぁ、そういうことになるのかぁ……

…………

……かつて、白の王国を攻め滅ぼそうとした闇の王には、<二人>の敵がいたそうよ。

二人? 

……そして、闇の王は、そのどちらも、この島に封じ込めた……

一人はその、竜なんだか神なんたかって人でしょ? もう一人はなんなの? 

<智恵>だそうよ。

ちえー? 

正確には、<識る>という行為そのものを司る、<智の賢者>らしいわ。

<智の賢者>……

行為そのものを司る……? どういうことだ……? 

闇の王はその両者を最優先で捕え、幽閉した。

なるほどな。つまりこの島は、<力>と<智恵>の監獄ってわけだ。

……あなた、意外と飲み込みが早いわね? 

あん? おかしいか?

……いいわ。その通り。ここは、闇の王にとっての二人の難敵を閉じ込めた牢獄。

てことは、その<智の賢者>も助け出しちまえば……? 

無理ね。

それはどうして? 

<智の賢者>は、ある日忽然と、牢獄から姿を消したそうよ。

おお!? 脱走だー! 

違うわ。

じゃあ、どゆこと? 

おそらく、切ったのよ。

切った???

――他人が自分を、『知覚する』というその働きをね……



TOP↑

story



なあ、もう一度教えてくれ。わけがわからなくなってきた。

あら。さっきはあんなに賢かったのに? 

さっきはさっきさ。それより、どういうことだ? <智の賢者>は、脱獄をしたわけじゃあないんだよな?

そう。島の外へ出たとは考えられなかったそうよ。

じゃあ、まだ幽閉されているってわけだ? 

そうね。

なのに、姿は無いんだろ?

ええ。

……わけがわからねえ。

まるでリドルだな……

そお? いるけど見えないってだけのことじゃないの? 

…………

だから、それがどういう理屈かわかんねーってんだよ。

そのへんは考えてもしょーがないと思うけどなー。

……あなた、結構すごいのね。

あたしはタビィだよ! 

……そう。……タビィ……

ねーねー。タビィは感覚的にわかったっぽいんだけどさー、アタシはよくわかんないんだけど? 

……ふふ、キャトラちゃん。いいのよ。あたしだって、この目で見たわけじゃないんだから。

頼りねえなあ。ンなんじゃ、<智の賢者>っつーのは、見つからねえんじゃねか?

最初から狙ってないわ。忘れた方がいいんじゃない? 

まあ……そっか。そうだな。

……君は実に、冷静で理知的だな。

え? そう?

それに、みんなをまとめるカリスマもある。頼もしいよ。

……ヘンに褒めないで。エルフ。

エレサールと呼んでほしいな。

……図々しい。

……まだ、ダメか……

ううん。いまのは、ホントにちょっと卜ートツだったと思うなセンセー。

むむむ……



TOP↑

story




竜か神かもさだかではなく、ただの暴力、か……そんな者が、力を貸してくれるだろうか? 

どうでしょうね。なんせ御大は、闇の王だけでなく、白の王国にまで喧嘩をふっかけてきたんだから。

…………

……アイリス……

……ううん……

けんかっぱやい人なんだねー。

なぁに、こっちには俺やコジロー、それに、主人公だっている。負けやしねぇぜ。

……頼もしいわね。

…………

……どうしたの?

……思い出していたのよ。

白は光に、黒は闇に。それぞれ従い、そして――互いに競り合う。それが、この世の理……

…………

彼はそんな仕組みを、真っ向から壊そうとした、世界の<我儘>……

…………

ここには、あたしに、”黒の王子”さま……白の巫女までいるわ。

彼は、どう見るかしらね? 

……なくも、ないんじゃない? 

……え……?

だって、ここには、白と黒……が、一緒にいるわけでしょ? 

だから……仕組みを壊したかったんなら、もう……

…………

……かも、しれないわ……

理に反抗してるなら……

それなら……私たちにも……! 私たちのことも……! 

……きっと……! 

……フン。調子のいいこと。

”黒の王子様”とは一緒にいたい……でも、闇の王は憎い……

そんな手前勝手、まかり通ると思ってるのッ!? 

……それが理だと言うから……! 

まってまってー! ここで喧嘩しちゃダメダメー! 

…………

……どういうことだ?

”彼”は、<闇の王>の後継者だからな。

だけど、俺たちの仲間だぜ? 

わかっている。私たちの相手は、現闇の王、それと闇の道化だ。

……ムシがいい……! 

<>

あっ、まってよ! グローザのことは言ってないよ!?

……そうだな。彼女も理から外れている……

は~ん……そんな、誰が作ったかしれねえしがらみに、縛られることなんざねぇと思うがなぁ……

当事者たちには、また別の思いもあることだろう……

…………

いこう。ここは危険だ。彼女を一人にはさせられない。

そうだな!



TOP↑

story






TOP↑



メインストーリー
  メインストーリー  
! メインストーリー 第01章
大冒険の始まり(アストラ島)
ストーリー
2014
07/14
! メインストーリー 第02章
大いなるルーンを求めて(イスタルカ島)
ストーリー
07/14
! メインストーリー 第03章
バルラ城塞王国(バルラ島)
前編後編
07/14
! メインストーリー 第04章
常夏の楽園(ピレント島)
前編後編
08/20
! メインストーリー 第05章
ガラクタ島の機械少女(ディーダ島)
前編後編
10/07
! メインストーリー 第06章
アオイの国の風来坊(アオイの島)
前編後編
11/19
! メインストーリー 第07章
メルヘン島の白馬の王子様(メルリン島)
前編後編
2015
01/23
! メインストーリー 第08章
宿命と記憶の眠る島(学術都市スキエンティア)
前編後編
03/30
! メインストーリー 第09章
大歓迎!テーマパークの島(ジモ島)
前編後編
08/24
! メインストーリー 第10章
監獄に潜む暴虐の衝動(監獄の島バルヘイム)
2016
05/13
! メインストーリー 第11章
闇の底に射す光(監獄タルタロス)
2017
02/24
【番外編】ゼロ・クロニクル07/14
! メインストーリー 第12章
一枚のコインの導き(海底都市ウェルテクス)
11/08
四魔幻獣 【WORLD END
1部2部3部4部5部
03/29
07/14
! メインストーリー 第13章
(貴石の国センテュリオ)
2018
10/19
2019

コメント (メインストーリー 第10章 Story1)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ