Gamerch

ソラナ・バックストーリー【黒猫のウィズ】

最終更新日時 :

白猫ストーリー

黒猫ストーリー


ソラナ・カルナ CV:
2014/04/30


目次


ウィズセレクション 2014/04/30

バレンタイン 2015/01/31

星詠みのおしごと 2015/07/31



ウィズセレクション



光を司る神々によって治められし、さる異界。

星詠みの聖女として世界の行く末を見守るソラナはある日、微かな星の変化に気付く。


それは夜空で微かに煌めく小さな輝き、遥か彼方より降り注ぐ吉兆。

新たな世継ぎの誕生か、祈りに応えし神の息吹か――それとも。


多くの星詠みたちの中で唯一、ソラナだけがそれを見つけ、思わず感嘆の声を漏らしてしまう。

親友のヒカリや皆に予兆を伝えると、星詠みたちの宮殿はにわかに慌ただしい空気に包まれる。


「星の教えは運命の導き……行こう、みんなに伝えなきゃ!」



TOP↑

story1



その日、聖界に住まうソラナのもとに、地上の世界から多くの祈りが捧げられた。

星に願いをかけるのは、太古の時代から行われてきた、人間の根源的な習慣だ。

そして、それらの願いは、“星詠みの聖女”である彼女のもとに届けられる。


此度の祈りの内容は、皆が等しく「恋愛成就」だった。


「この季節がやってきたのね。人々の恋が満ちる、この季節が……」


誰もが「恋」に思いを馳せ、想い人への告白に、ほのかな期待を抱く。

ソラナは、この恋に満ちた季節が大好きだった。


できることなら、星に祈りを捧げた者たちの願いを叶えてあげたかったが、そこまでの力を持ち合わせていない彼女に、それは難しいことだった。

それでもソラナは、彼らのために何かしてあげたいと思い、“星の観測者”である親友のヒカリに相談した。

「ねえ、ヒカリ、私にできることって何かな?」

「うーん、そうね……“星の力”を使って、みんなを応援することができれば……」

なかなか妙案が浮かばない中、ふと、ソラナは人々のとある風習を思い出す。

この季節には、意中の人にチョコレートを渡して想いを伝えるという催しがある。

皆が思い思いに愛を込めてチョコレートを作るのだ。

「想いを込めたチョコレート……これだわ!」

ソラナは、そのチョコレートに、星の祝福を与えようと思い立った。


ソラナは、星を司る力を使って、

星々の光を、さながら光のシャワーのように地上へと降らした。

その中から出でた一条の光は、想い人に贈るチョコレートへと降り注ぎ、星の祝福を与えた。


星の祝福――それは、ソラナの祈りである。

――想いが伝わりますように。

――恋が実りますように。

恋する人々を応援するために、彼女は精一杯の想いを込めて祈り、その祈りを星の光に託した。

ソラナの想いが宿った聖なるチョコレートは、恋する人々の心に希望を与えた。

星の祝福に歓喜した人々は、聖なるチョコレートを手に、想い人のもとへと向かった。


「みんな、がんばってね……!」


聖なるチョコレートは、恋する人々を応援し、告白に踏み切れずにいた者たちにも、想いを伝える勇気を与えた。

そして彼らは、星の瞬く夜空を見上げ、再び星に祈りを捧げた。

“ありがとう”、と――。


人々の祈りを聞いたソラナは、慈愛の笑みを浮かべ、星が導く世界と人の営みを見守るのだった。



TOP↑



黒猫ストーリーに戻る

Goodコメントランキング
注目記事
ページトップへ