Gamerch

時詠みのエターナル・クロノスⅢ 魔道杯 Story【黒猫のウィズ】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ストーリーまとめ


大魔道杯〈ネイキッド・ティータイム〉
2017/00/00


目次


Story1

Story2

Story3

Story4

Story5

最終話


主な登場人物




story1



 ステイシー・マーキュリーは気づいてしまった。


しまった。

 ティーソーダーのグラスについた水滴が、自分の手を濡らした瞬間――

 彼女の中で全ての事実が結束し、ひとつの結論を導きだしたのだ。


 ステイシーは落ち着きを取り戻すために、グラスを満たす琥珀色の液体で唇を湿らせた。

 舌の上で、心地のよい刺激が踊る。


どうしたのですか、ステイシー?

 呆然とするステイシーを見て、イレーナが心配そうに赤髪の女神に尋ねる。

ウチたち……遊んでない。

 声は溺れるような、大きさだった。イレーナは思わず聞き返す。

は?

 イレーナの方へ向き直り、今度ははっきりと発言した。


いや、だから。せっかくエターナル・クロノスを離れて、こういう所に来ているのに、やってることはいつもと変わらないじゃない。

ええ……まあ、そうですね。

良くないと思わない?

いいえ。思いません。

マジでか!


 ワゴンを押して、エイミーとセリーヌがやってくる。

 ついでに、鼻をくんくんさせながら、ワゴンの上のパンケーキを覗きこむカヌエもいた。

 つまり、パンケーキととびきりのんき者の登場である。


バァナァナァ……。

ふたりとも、パンケーキの到着だよ☆

 だが、ステイシーにとってはそんな場合ではなかった。一大事である。個人的な一大事であった。

パンケーキとか食べてる場合じゃないよ、セリーヌ。私たち、遊んでないんだよ。

せっかくエターナル・クロノスを離れたのに!

パンケーキを食べている場合じゃない?

そう! そんな場合じゃない!

つまりそれって……ティータイムを否定している? つまりそういうこと?

あ。

 しまった、とステイシーは思った。

 セリーヌはティータイムをないがしろにされると、ものすごくメンドクサイことを言い出すのである。


それって酷くない? 時計塔で働くみんなはティータイムをどれほど楽しみにしているか……。

そういう下の意見を聞かない女神って、ちょっと古いと思います。

あ、ステイシーは未来の女神だけど、なんかそういうの過去っぽいと思います。そういう古さ? ステイシー、たまにそういうとこあるよね。

そうだねえ。そういうところあるよねえ。

ごめん、ごめん。ティータイムを悪く言うつもりはなかったのよ。

ほんと?

ほんとよ。

じゃ、謝って。

ごめんなさい。

私じゃなくって、ちゃんとティータイムに謝って! ティータイムの方向いて!

(ティータイムの方ってどこ?)

 怒りの収まらぬセリーヌに応じて、ステイシーはティータイムの方に向き直り、謝罪する。

ごめんなさい。……これでいい?

オッケー☆


なら、ちょっと、私の話を聞いてほしいのよ。私たち、全然遊んでない。それって良くないと思うの。

ですが、貴方はけっこうお祭りを満喫していたのでは?

いや、あれは一応時間を取り戻すという名目があってのお祭りだから……なんかちょっと仕事感があるじゃない? だから、だめ!

なら、またお祭りの日に戻る☆

それは冗談でも言わないで!

ごめん……。


 時の女神たちの不毛な議論に割って入ったのは、カヌエだった。


それならもう一回祭りをやったらいいんでないかい?

え? いいの?

神様がやりたいって言ったら、だいたいは出来るから。

ま、だーいじょうぶだから。じゃ、ちょっとソラも呼んで相談すっからー。


 言うと、カヌエの指先に球体の光が出現する。

 それは徐々に具体を持ち始め、何やら奇妙な鳥の形を取った。


鳥キュー! キュー!

おお! なんか神様っぽい!

 翼を大きく2度羽ばたかせると、その鳥は太陽だけがギラギラと輝く青空へ飛んでいった。


カヌエさん、そんなことも出来るんですね。

 飛んでいった鳥を見送り、イレーナは感嘆しつつ、カヌエを見た。


……。

アレが本体だったッ!?



TOP↑

story




7ああ、確かにアレ出すと、くらぁってなるな。

そう。便利なんだけど、すごぉいくらぁぁぁってなるからねえ。

1それを最初に言ってほしいのですが。

3いきなりあんな風になったらちょっと驚いちゃうね。

彼女たちが話題にしているのは、いま木陰でピーチクパーチクしている謎の鳥のことである。

2で、アレなに?

7さあぁ……?

2いやいや。何で知らないのよ。

みんなが思ったことが、力になっちゃうわけだからね。

誰かが鳥とか出せんじゃないかなあって思ってるんじゃないかな?

2他にも何か些細な能力とかあんの?

7あるよ。えーと。カキに当たらないようになるおまじないとかかな。

2絶妙に使えるような使えないようなおまじないね。カヌエにもあるの?

鯛の骨の中に、ほら、ちっちゃい鱗みたいなのあるよねえ。アレを見つけられる。

2絶妙過ぎるね。

7だが、この世界ではあの骨は縁起物だからな。幸運のお守りでもある。

3そうだ☆ それを探すお祭りにするのはどう?

7だめだめ。あの骨はカヌエのお守りだ。お祭りは平等なものじゃないとだめだ。

3そうかぁ……。


時計塔の3女神と太陽を司るふたりの女神。彼女たちはいま悩んでいた。

ステイシーの祭りを楽しみたいという提案を受けて、新たな祭りを開催することに決めた。

決めたのはいいが、一体どんな祭りをすればいいのかわからなかったのである。


1やっぱり競争する方がいいんですよね?

とイレーナはカヌエとソラに確認した。

7そうだな。そうじゃないと、盛り上がりに欠けるからな。

祭りっつったら、競争っしょー!競争してなんぼっしょー!

2で、やっぱりこの気候とか海に相応しいものじゃないとだめよね。

そら、サンザールつったら、太陽と青空っしょー!

1太陽、青空、海、競争……。

と条件を上げた所で、新しい祭りは、なかなか見つかるものでもなかった。

〈洗濯祭り〉というのは、どうでしょうか。とてもいい天気ですから、捗りますよ。

2エイミー、それはちょっと……。

7ああ、それはだめだ。前に一度やって、誰が誰のものか分からなくなって大変なことになったんだ……。

なるほど、残念です。

2前にやってみたんだ……誰か止めなかったの?

1〈あつあつシュー祭り〉というのはどうでしょうか?

この暑さの中で、熱々のシチューを食べ続けるのです。意外と面白いかもしれませんよ。

その意見を聞いて、カヌエは即答した。

正気かい?

1……す、すいません。

そんな中、唐突にソラが呟く。その表情は真剣そのものである。

7……釣り祭り。

街中総出で釣りをして、魚を釣りまくるんだ。一番釣った人が勝ち。

どうだ。なかなかいいんじゃないか?

街中の人でやったら、それもうただの漁になっちゃうねえ。

7そうか……。地曳網は? みんなでやると楽しいぞ?

それもう完全に漁だねえ。それに網を仕掛けて、待ってる間、何するんだい?

7……釣り?

漁だねえ。効率良くなっちゃったねえ。


憂いの多い午後。

話し合いは暗礁に乗り上げ、他愛もないアイデアが取り留めなく出て来るだけだった。

そんなとき、どんな者もそもそもの始まり、事の原点に立ち戻ろうとする。

この話し合いの始まり。つまり、ステイシーが遊びたいという欲求に立ち戻った。

すると、みんなの心のどこかに、「別にもういいか」という感情がむくむく芽生えてきた。


2ちょっと待って、勢いが無くなって来てない? だめだめ!祭りするよ!ちゃんと考えて!

ええ~。


そんな時、黒猫の魔法使いが散歩から帰って来た。

一同は、ぎろりと魔法使いに目を向けた。なにやら助けを求めるような、そんな視線である。


1魔法使いさん。何か良い祭りを知りませんか?

Wにゃにゃ?

君は祭りと言われて、反射的に魔道士ギルドのお祭りイベント〈トーナメント〉を挙げた。


9おお!いいんじゃないかねえ。それ、いいんじゃない。

2うん。盛り上がりそうだね。

3うんうん。

君の発言によって、暗礁に乗り上げていた議論が一気に解決へと向かった。

ひとえに〈トーナメント〉の新しさと、女神たちの「もう早く決まってほしい」という本音が、強力な勢いを生み出したのである。

ところが、それに異を唱える者がいる。

7太陽と青空と海はどうする? サンザールっぽさは?

「「「「……。」」」」

7な、なんだよ。

女神たちの絶望的な視線が、助けを求めるように、ソラから君に向けられた。

Wにゃにゃ、なんかやばいにゃ。

君は苦し紛れに言った。水着でやれば、と言った。

「「「「それ採用!」」」」


というわけで、サンザールの街で始めてのトーナメントが行われることになった。

水着で。


TOP↑

story















TOP↑

story



 サンザール初の〈トーナメント〉は終わった。


 約4日間続いた戦いは、真っ赤な太陽の光が優しさに傾き始めた頃、終わりを迎えた。

 光は、まるで君たちの戦いを讃えるようだった。


にゃは。たまにはこういう〈トーナメント〉も良い物にゃ。


ええ、すごく楽しかったですね。

まさかエイミーが飛び入り参加してくるとは思わなかったです。

ふふふ。実は最初からそのつもりでございました。魔族の血が騒いで仕方がなかったのです。


 君はとてもいい戦いだったと、皆を讃えた。


じゃあ、ちょっくら結果でも見に行くっしょー!

Sでは参りましょう。

新着スレッド

注目記事
ページトップへ