Gamerch

【白猫】大いなる呪術書を求めて Story

最終更新日時 :
1人が閲覧中

呪術、こわくないよ!
メリドが呪術書探しの冒険へ――!
2016/07/25


目次


Story1 情報収集

Story2 <スクロールハンター>

Story3 追って追われて

Story4 帰還した村で

Story5 約束

最終話 呪術、こわくないよ


主な登場人物




story1



 『強力な呪術書が眠る、封印されし遺跡がある』

その噂を聞きつけたメリドは、主人公たちとともにとある島へと来ていた。


ああ~……のどかなところね~。

島で唯一の村みたいだね。人口もそう多くはないみたいだ。

まずは、住民の方に遺跡のことを聞いてみましょうか。

うん、そうだね。でもその前に……イメージアップ運動だ!

情報収集は、そのついでにね。

ついでかい。

こんにちは。呪術、こわくないよ。

ひっ!?こ、こんにちは……

しょっぱなからビビられたわ。

私たちは、この島に遺跡があると聞いて、調査にやってきた者です。

<あの人>の仲間、ですか…… ?

<あの人>?

おぬしらも、呪術書を探しに来たのか?

わしはこの村の長じゃ。……そうなんじゃろ?

ええ、そうです。なんでも、遺跡は封印されているとか……

……うむ。

この島に来ている人が他にもいるみたいですね。

……ふむ。どうやら、あやつの仲間ではないようじゃの。

ムム。先を越されちゃったかしら。

その心配は無用じゃ。遺跡の場所は実に巧妙に隠されておる。あやつが見つけることはまず不可能じゃ。

……よろしければ、詳しいお話をお聞かせ願えますか?

……この村の人間は代々、遺跡の存在を秘密にしてきたのじゃが……

半年前に村を出て行った若者が、どうやらその秘密を漏らしてしまったらしいのじゃ。

それで、遺跡のウワサが広まったってわけね。

島にやってきたほとんどの人間は、遺跡の場所を見つけられず、素直に帰ってくれたが……

あの男は別じゃ。乱暴で危険きわまりない。またヤツが戻ってきた時、何をされるか……

……わかりました!僕でよろしければ、お力になりましょう!

おお、ありがたい……!正直、おぬしをひと目見て、色々と覚悟しちょったがの!

もちろん、アタシ達も協力するわ!

ありがとう、みんな!では村長さん、その男が向かった場所を教えてください!




初級:男のいる森へ


TOP↑

story2 <スクロールハンター>



<遺跡がある森は、ひどく荒らされていた。>


なによこれ!?メチャクチャじゃない!

「……あー、クソッ!!めんどくせ一なあ!!どこにあんだよお!!」

!あっちだ!

すぐに向かいましょう!


 ***


この俺がここまで手こずるなんてよお……クソ、ここも焼き払ってみるか……

やめるんだ!

……あん? んだてめーは。

メリドだ! 呪術、こわくないよ!

いってる場合か!

てめー、呪術書を探しにきたのか? わりーが、それは俺のモンだ。

アンタが村長がいってた男ね! 何者なの!?

俺かあ? 俺はカラザ。泣く子も黙る<スクロールハンター>よ!!

<スクロールハンター>…… ?

……魔術書や呪術書など、あらゆる術書を収集する人のことだよ。

大半は、立派な志を持ったすばらしい人たちだけど……

コイツ、どう見てもそうじゃないわね。

当たりだよ、ドラ猫!!

だーれがドラ猫じゃーい!

知ってるか? 未発見の術書ってのは、裏のマーケットでベラボーに高く売れるんだ。

……目的はお金か……!

つーわけで、お前ら、さっさと失せろ。でなきゃ、後悔することになるぜ!

<スクロールハンター>の風上にも置けない男だな!

何とでも言えよ。つーか、てめーに言われたくねえ。賊みてえな格好しやがって。

賊だって……!? これっぽっちもセンスがないな、君は!

なんのセンスだよ!

クールだ! クウーーーーールのセンスだよ!

イミわかんねーよ!!


やっと見つけまちた!!

ナナホシちゃん!?どうしてここに!?

……チッ! 次から次へと!てめーらに構ってる暇なんかねーんだよ!

<ガラザが地面に手を当て呪文を唱えると、空間の裂け目から巨獣が出現した!>

じゃーな! ハハハァ!

主人公君! 追うよ!

わっ、とっとっ、わ、わたちも行きます!



中級:ガラザを追え!


TOP↑

story3 追って追われて



くそっ! 追いつかれた!

聞いてくれ、ガラザ君! 僕は、君のハンター活動を止めようとは思っていない。

……あん?

術書を売ること自体は、罪ではないからね。……良くはないと思うけど……

……でも、今回は諦めてほしい。僕たちのためじゃなく、村の人たちのために……

……

長い間、静かに見守られてきた遺跡なんだ。そっとしておこうじゃないか。……頼む。

……チッ、わーったよ。探し回るのにも疲れたしな。

……! ありがとう!

あー、クソ、バカバカしい。こんなとこ来るんじゃなかったぜ。

(……なーんてな)


……アンタって子は、ホントに甘いんだからー。

むやみに争うのは良くないよ。これでいいんだ。

それよりも……お嬢ちゃーん、大丈夫かーい?

<ナナホシがヨロヨロと主人公たちのもとへ歩いてきた。>

うう……おちりが……おちりが……

案の定、転んでたのね……アンタ、どうしてここに?

わたちは、里からジューヨーな任務をまかされてきたのです……

……あなた、すごく強いですね。びっくりちまちた。あ、わたち、ナナホチです。

こんにちは、ナナホチちゃん。呪術、こわくないよ。

ナナホチじゃありま……あ! こんなことちてる場合じゃありまテンでちた!

……まってー! まってくださーい!

あ、行っちゃった……

ガラザに何の用なのかしら……?

二人とも村へ行っただろうし、僕たちも追いかけようか。そろそろ休みたいしねえ。

ん? こっそり遺跡を探すんじゃないの?

エッ。

……ジョーダンよ。

(冗談には聞こえなかったわ……)


上級:遺跡、さがさないよ

TOP↑

story4 帰還した村で


おいジジイ、いい加減にしろよ。

…………

ジジイ!!!

っ!!い、嫌じゃ! 絶対に教えん!

あーそうかい。そうなのかい。しゃーねーなあ!!!

ジジイのせいで村に魔物があふれても、しゃーねーよなあ!!!

!!

てててて……や、やめてください!

勝手にすっ転んどいて何言ってやがる。

うう……おちりさえ痛くなければ……

……わかった。お前の言う通りにしよう……

<村長は、ふところから遺跡の地図を取り出すと、ガラザヘ手渡した。>

最初っから渡しとけや、クソが!


!!村長さん!!

ハハハァ、―足遅かったようだな!

アンタ……メリドとの約束を!

そうだよ、ドラ猫……約束通り、村のためになることをしてやんだよ!

<ガラザは地面に手を当て、素早く呪文を唱えた―!>

きゃああ、助けてー!

き、貴様……!何ということを……

主人公……!

オラオラ、早く助けね一と大変なことになるぜー!……おし、今のうちに……

…………………………ラザ……

あん?

<メリドの体が、禍々しい魔力に覆われてゆく――!>

ガァァァアアァァラァァアアアザァァアアアアアア!!!!!

!!!!!!

……クソはてめえだ……

ひ、ヒイッ!

そんなに遊びたいか? なら、俺たちがまとめて相手してやるよ……

ふ、ふざ、ふざけんな! ちくしょう、なんなんだ、てめー!

主人公、やるぜ……遅れんじゃねえぞ!


絶級:激情のメリド

TOP↑

story5 約束



……………………

ヒッ! わ、悪かった! 俺が悪かったーー!

……本当にそう思ってる?

お、思ってる! 思ってるよお!

じゃあ僕に誓ってよ。悪いことはもうしない、って。

(性格は元に戻ってるけど……妙な迫力があるわ……!)

誓います!誓いますよアニキぃ!

アニキになっちゃった。

<約束>だよ、カラザ君。僕と君の……よく、覚えておいてね。

へいぃ!!では失礼しやす!!

<ガラザは村長に遺跡の地図を返し、立ち去ろうとした。その時――>

まってください!

ナナホシちゃん?

わたちの里の巻物、返ちてください!

な、なんのことかな?お嬢ちゃん。……じゃあ、あっしはこれで……

とぼけないでください!……もう、許ちまテン!

あんぎゃあ~~~! 尻があ~~~!!!

……手裏剣、珍しく命中したわね。

これがちぜんの道理! <七転び八起きの術>です

<悶絶しているカラザのふところから、巻物がポロリと落ちた。>

これです、この巻物です!……ふふふ、任務カンリョーです!

任務って、巻物を取り戻すことだったのね。

で、ではみなさん、お達者で~!!

……ふう。これにこりて、いいハンターになってくれればいいんだけど。

なるんじゃないかしら。……たぶん。

本当に、ありがとう。感謝のしようもないわい。

おぬし達……本当に、ありがとう。感謝のしようもないわい。

…………

<村長は遺跡の地図をおもむろにメリドヘ差し出した。>

……受け取れません。みなさんが守ってきた遺跡でしょう。僕たちは――

……違うのじゃ。

……わしら村人の、一生の願いを聞いてくれんか。

――正しい心を持った、<呪術師>のおぬしにしか頼めん。

……………………!

……わかりました。お引き受けしましょう。

……すまぬ……!

メリドさん、どういうことですか?

みんなには、後で話すよ。……行こう、遺跡へ!

う、うん。

いってらっちや~い。


***


……見つけた!ここが遺跡の入り口だ。

<メリドは入り口をふさいでいる石板をゆっくりとなでた。>

……術を複雑に組み合わせて印を作っている……

……呪術師にしか解けない封印だ。これは一体――? まさか…………いや、でもどうして……

ああ、ごめん。さ、少し離れてて! 主人公君、準備はいいかい?


破滅級:封印されし遺跡へ

TOP↑

最終話 呪術、こわくないよ



<遺跡の最深部、こじんまりとした部屋の中にある祭壇に、その呪術書は奉納されていた。>


苦労したけど、ようやく見つけたわねー。で、どんな呪術なの?

……………………

!!

ちょちょちょちょーっと!? なんで燃やしちゃうのよ!?

………………禁術だよ。

詳しくは言えない。多分、言うだけでみんなに呪いがかかるだろう。

……そんなのってアリ?

……この世にはね、存在しない方がいい、存在してはいけない呪術もある、ってことさ。

……ごめんね、みんな。せっかくここまで来たのに……

いーのよ。アタシ達、すごいイイことしたんでしょ?

うん……

あの……呪術、こわくないよ…… ? ほんとうだよ……? ほんとうなんだよ…… ?

わ、わかってるから。


遺跡から戻ってきた主人公たちに、村長は村の言い伝えを語った。

――その昔、この島は雑草も生えないほどに荒れ果て、人々は飢えに苦しんでいた。


しかしある時、一人の呪術師がやってきて、雨を降らせ大地を甦らせた。遺跡を見つけたのは、その時である。類まれなる才能と知識により、―瞬にして禁術書の存在を感じ取った彼だがーー

入り口への封印を施すと、さっさとその場を去ってしまった。


なんでよ! その時に燃やしちゃえばよかったじゃない。

……どうやらそのお方は、未来の呪術師を信じてくれていたみたいだよ。

村長がメリドに渡したボロボロの巻物。そこに書かれていたのは――


『雨降らして、わし疲れちゃった。遺跡潜るの、めんどくちゃい。封印だけしといたから、後輩君、あとはよろぴく』


………………こうなることを、わかっていらしたのですね。

……かなわないな。ふふっ。


さ、宴の準備が整ったぞい!

どんどんぱふぱふ!

……おぬしは、この地を救った方と同じ。偉大な呪術師じゃ。

村長さん。僕は、偉大ではありません。呪術を愛する、ただの呪術師ですよ。

……前から思ってたけど、アンタ、かまずによくいえるわね。

生ハムおいち一です!

うむうむ。みな、ぞんぶんに食べて飲んでくれい!

メリドさん!ありがとう!

チョーかっこよかったっす!

……ふふ、メリドさん。また、イメージアップになりましたね。……あら?

<メリドの禍々しいオーラが全身からもれ出している……!>

おお……わかってくれる人が、こんなにたくさん……!!

アンタ、ちょっとそれおさえたほうが――


呪術、こわくないよ!!






コメント (大いなる呪術書を求めて Story)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ