Gamerch

シュシュ・思い出【白猫プロジェクト】

最終更新日時 :

シュシュ・チューチュエ CV:日笠陽子
霊鳥<朱雀>をその身に宿す少女。その昔はヤンチャだった。


思い出1



へえ。ここがアンタらのシマって訳かい?

ようこそ飛行島へ。

世話になるね。

改めてになるけど……アタイはシュシユってんだ。『朱雀を宿す者』さ。

アタイはキャトラよ~♪

アイリスです。こちらは主人公。

はいこれ、土産だよ。つまんないモンだけど、良かったら食べな。

これはご丁寧に、ありがとうございます。

早速だけど、何か手伝う事はないかい?

家事でも魔獣討伐でも、何でもいいよ。

うーん、いまはわりとヒマだから、大丈夫よ?

そっか……何かあったら、いつでもアタイに言うんだよ。

悩んでいる事とかあったら、アタイが相談に乗ってあげるしさ。

はい、ありがとうございます。


……会って問もないのに、馴れ馴れしかったかい?

いえ、そんな事は。

すまないねえ。つい、世話を焼きたくなっちまうのサ。

いいことだと思いやすぜ、アネゴ~!

……何だい、そりゃ……

や、なんとなくいいたくなってね?

そうかい。まあ、アネキみたいにどんどん頼ってくれていいからね。

アタイもそっちの方が嬉しいしさ。


昔はヤンチャしたモンだけど……

今こうやって、空飛ぶシマで冒険をするってのも、わるかないね。

……ちなみに、そんなアタイの夢は、およめさんになる事~♪

カワイイ~♪


TOP↑

思い出2



聞いてもいいかしら、シュシュ?

何だい?

『朱雀を宿す者』っていってたけど……それ、どういうこと?

この世界には、<朱雀>っていう霊鳥がいてね。

ソイツがアタイの中にいて、力を貸してくれているのさ。

朱雀……

ガルーダっていう鳥がいるだろ?ソイツの先祖とされてるらしいけど、本当かどうかは怪しいモンだね。

飛んでいる姿を見た者がほとんどいないんだ。だから、ハッキリとした姿や生態も謎。

わかっているのは、炎の力を操り、人間に幸い、もしくは災いをもたらす存在だって事と――

数百年に一度、人間の元へと降り立って、その身に宿るって事だけさ。

よ一するに、よーわからんけどすごい鳥なのね。

良くも悪くも、ね。とにかく、その朱雀は――

アタイが生まれた瞬間に空からやってきて、赤子のアタイの体に宿ったそうなんだ。

なぜシュシュさんを選んだのでしょうか?

朱雀は自身を奉る家系の人間に宿るからさ。つまり、ウチ……チューチュエ家って事。

その時期にきていた、って事なんだろうね。ま、クジの一等が当たったようなモンさ。

こんな力、滅多に手に入らないからネエ。

でもさあ、不安はないの?もし、中にいる朱雀が暴走したら……とか。

そうさねえ……そんときゃアタイとコイツのステゴロタイマンだろうねえ。

すてごろたいまん?

拳と拳で会話するって事だよ。

……時々、感じるんだ。中にいる朱雀の<視線>を。……アタイは品定めされているのかね?

『コイツは何のために自分の力を使うのか?』ってサ。

ナカナカ怖いわね、それ……

まあ、くよくよ悩んだってしょうがないさ。

アタイは生まれ持ったこの力を、アタイの信じる道の為に使うだけ。

それに……朱雀は<アニキ>の研究にも役立ちそうだからねえ。

アニキ?

ブルーの事さね。動物保護団体<シェルター>のリーダー。

ああ、アイツね。

ブルーは、アタイにとっちゃ本当のアニキみたいなモンなんだ。

近いうちにココに寄るって言ってたから、その時に詳しい話をしてあげるよ。


TOP↑

思い出3



4というわけでやってきたぞ、諸君。

早かったじゃないか、アニキ、

4私が遅れた事があったか?シュシユ。

……アタイの誕生日会。

4……イイ男は女を待たせるものだ。そう、<ネムリドリ>のようにな。

ハイハイ。


こんにちは、プルーさん。

4シュシユが世話になっているな。

動物保護団体<シェルター>のリーダーなんですよね。

改めて聞かせてもらおうかしら。ほごだんたいってことは、動物をまもっているのね?

4そうだ。生態系を破壊するあらゆる原因を探り、対処する。

また、対処する為には動物を研究せねばならん。動物を知る事で、動物を守る事が出来るのだ。

時には利益目的の為に、動物を乱獲するハンターとも戦う。

……つまり、動物の為なら何でもやる団体つて事さねえ。

重要なお仕事ですね……!

4シュシユには主に空の動物を担当してもらっている,

朱雀の力を借りて、炎の翼で空を飛ぶのさ。人が入れないような所にも行けるしねえ。

なるほど……

それで? シュシュは何でその<シェルター>に?

4私とシュシュは、<ゾクの島・ブンブン>で出会った。

ゾクの島……?

4シュシュはレディースの元総長だ。

れでいーす?

端的に言えばグレた女集団さ。

ア、アンタ、グレてたの……!?

昔はヤンチャしてたって言ったろ?まあ昔っていっても、ほんの一年ぐらい前なんだけどね。

……ソクの島は、悪さをするのが仕事みたいな連中が集まる島でね。

アタイも若かった。ただ暴れたくて、自分の力を誇示したくて、ムチヤしてた時期があったんだ。

一人でシマに乗り込んで、レディース――<炎帝>を作った。

4そして瞬く問に南部―帯を支配するまでの<ゾク>になった。全く、大したもんだよ。

アニキと出会ったのは、他のソクとの対立が激しくなっていた時だった。


 ***



「猫パンチが子猫パンチになった。……疲れてんのかい?」

「……<炎帝>のナワバリを俺達によこせ。そうすりや、お仲問は返してやる。」

「にゃー、にゃー、にゃー。」

「……トサカに来たぜ、こりゃあ……」

ゾクの一員はナイフを取り出した。


「死ねゴラァ!」

?「よっと。」



「このお嬢ちゃんは君の知り合いか?」

 「そ、総長……!」

「通りすがりに救出した。ほう、お前が<炎帝>の総長か。」

「ア、アンタはー体……?」

「通りすがりの動物好きさ。」



「なあ、頼むよ!アンタに恩を返したいんだ。」

「無理だ。お前に務まるような仕事ではない。…………!」

シュシュの体を、力強くも美しき焔が覆う――

「アタイは……<炎帝>。」

「『朱雀を宿す者』か……!」

「アンタが知らなかった事も、わかるかもしれないよ?……それに……」

野良犬が、どこからともなくシュシュに寄ってくる。

「アタイも動物は好きでね。」


 ***



4そうしてシュシュは<シェルター>のー員となり――

<炎帝>を辞めるまで、ゾクの島に生息する動物の保護と調査を担当してくれていたのさ。

あれ……レディース、辞めちゃったのね?

アニキに助けられて以降、総長としての限界を感じるようになってきてたし――

何より<シェルター>での活動が、楽しくなってきちゃってねえ。

……いつまでも、暴れ回ってる訳にはいかないのさ。


TOP↑

思い出4



起きな、主人公。


おはよ。よく眠れたかい?

朝ご飯、できてるよ。まずは顔を洗ってきな。


ご飯は大盛りでいいかい?

おかわりもあるからね。たんと食べな。


今日は警備依頼があるんだったね?必要な物は準備しといたからね。

気にしないどくれ。アタイが好きでやってんだからさ。


お、やってるやってる。

!?

ふふ。<およめさんシミュレーション>なんだって。

主人公はダンナ役ってワケよ。


どうだい?主人公。アタイは、いいおよめさんになれそうかい?

なれるなれる。ゴハン、メチャウマだもん。ジュジュ、おかわり!

はいよー。

もう、いつの間に……


おはようございまーす!郵便屋さんですよー。

えっと……シュシユさんに、お手紙です!


アタイにかい? どれどれ…………マズイね。

何かあったんですか?

<炎帝>のダチからだ。……ナワバリが危ないらしい。

アタイが辞めたのをチャンスと見た他のゾクが、攻め込んできてるらしいんだ。

こ……抗争ってヤツね!

アイツらが心配だ……それに、動物達も。

みんな、アタイはちょっと行ってくるよ。

私達も行きます!

力になるわよ!

……すまないね。


TOP↑

思い出5



ヒャーハハハ!<朱雀>がいねえと、<炎帝>もカタナシだなあ!?

オラオラ、今日からここは俺たちのナワバリだ!さっさとどけやゴルア!

クソ……!

まあどうしてもっていうんなら?俺達の舎弟にしてやってもいいぜえ……♪

アタイのダチに汚いツバを飛ばしてるのはアンタらかい?


<炎帝>をナメるんじゃないよ、三下。

そ……総長っ!!どうして……!?

総長はオマエだろ。……久しぶりだね。

アネゴおおおおおおお!!来てくれたんですね!!……うっ……うっ……

メソメソするんじゃないよ。……アタイが来たからには、もう大丈夫だよ。

シュシュさん……!みんなが……! みんなが!!

わかってる。


……よくも、アタイの大事な仲間を傷つけてくれたネエ。

辞めたヤツがナニ言ってやがんだゴルァ!やんのかゴルァ!

あれから俺達もデカくなってよお。……100人相手に勝てるカァ!?

暴れ狂う豪炎が、シュシュを包む!

<朱雀>相手にたった100人かい?……やっぱナメてるよ、アンタら。

いいよ。かかってきな。――男、見せてみなよ?

喧嘩上等おおおおおお!!


 ***


すいあせんしたーーー!!

さっさと失せな。

アタシたちの出番はまったくなかったわね……

アネゴ……ふがいなくて、スイマセン……

うっ……うっ……

いつまで泣いてんたい、キミコ!


………………やっぱり、アタイがいた方がいいかねえ。

手紙を出したのも、アタイに戻ってきて欲しいからだろう?

……キミコ。アネゴが心配するから連絡はするなと、あれだけ言っといただろう!?

ゴメンナサイ、総長!アタシ、アタシ……!

バカ野郎っ!!アネゴはなあ――


やめな。……うん、やっぱり戻るよ、アタイ。

悪いけど、総長の座は返してもらうよ。

そんなっ! ダメです!!

アタイが始めた事なんだ。

せっかく……せっかく、他の生きがいを見つけたのに!

『動物を守る』って……『人の役に立ちたい』って……あれだけ嬉しそうにしてたじゃないですか!


アイリス、キャトラ、主人公。……すまないね。お別れだ。


TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



主人公……何だい、こりゃ……

え……



4こいつの言う通りだ、シュシュ。

ア、アニキ!?どうしてここに!?

そんな事はどうでもいい。話は全て聞いた。……なあ、シュシュ。

お前は重く考え過ぎなんだよ。

だ、だけど……

どっちかー方だけを選ばなきゃいけないって訳じゃないんだ。

お前は<シェルター>のー員だ。私の大事な仕事仲間であり……妹のような存在だ。

だが同時に、こいつらはお前の一生のダチ公なんだろ?それで、いいじゃないか。

アニキ……


アネゴ。アタシ達、あなたと比べて、まだまだ弱くて情けないけど……

でも、絶対に、守り抜きますから。アネゴが作ってくれた、<炎帝>っていう居場所と――

アネゴが大好きな動物達を、守り抜きますから。

…………

だから……やっぱり、総長の座はお返しできません。その代わり――

たまに、遊びに来てください。アタシ達と、動物達の顔を見に。

……まったく。いいツラ構えじゃないか。

任せたよ――


 ***


アニキ。……ありがとね。

4これもリーダーの務めってヤツさ。

ふふっ。やっぱりアニキはアタイのアニキだ。


主人公。効いたよ、あの眩しい光。

イイ男っぷりじゃないか。……どうだい、アタイをおよめさんに貰うってのは。

!!

ははは、冗談さ。



4さあ、シュシュ、出発だ。まだ見ぬ動物が私達を待っている!

ああ、アニキ。どこへだってついていくよ。

……アタイにしか出来ない事が、きっとあるはずだから。


そう、アタイは『朱雀を宿す者』。猛き焔の<炎帝>だ――!



炎帝

TOP↑

相関図


ブルー・ナテュール CV:小野友樹
動物保護団体<シェルター>のリーダー。動物を救うためならどこまでも。
シュシュ・チューチュエ CV:日笠陽子
霊鳥<朱雀>をその身に宿す少女。その昔はヤンチャだった。
ティガロ・ハウ CV:増田俊樹
人呼んで<陸のティガロ>この男、まさしくタイガーである。
トルチェ・スルス CV:久保エリカ
幼い亀の人魚。陸上ではのろまだが、海中を飛ぶように遊泳する。


その他





ストーリーまとめに戻る

Goodコメントランキング
注目記事
1/2 2/2
ページトップへ