Gamerch

【白猫】流星のエンブレム 序章 Story

最終更新日時 :
1人が閲覧中
2017/03/31




目次


Story1 少年の生きる道

Story2 少女の生きる道




story1 少年の生きる道



「……うーん。なんでこの人はこんなに悲しそうな顔をしているんだろう。

なんども見てるけど、わかんないや……

……この人が生きていた時代にかんけいあるのかな?」


少年は、絵が大好きだった。

毎日のように美術館に行っては、日が暮れるまでー流の画家たちによる作品を飽きる事なく鑑賞する。



「だめだ。どうしてもアサギ色にならない。」

「ユキムラ、いい加減に寝なさい!」

「はーい。……もういちど、試してみるか……」


家に帰れば、寝るまで筆を手放さない。そんな少年だった。

旅先の美術館で、少年は自身の運命を変える作品と出会う。



「なんなの、これ……とっても、きれいだ……」


それは<紋章>だった。緻密な構図と美しい色彩。少年は直感する。


「これこそ、僕のめざす芸術だ……!」


少年は、己の生きる道を決めた――


 ***


「違うな。これではバランスが悪い……」

――

「――桜花爛漫。散りし命、が、大地に根付き……

ああ、何故そうなるんだ。」

――

「…………」

――

「クソッ!

足りないっ!

違う……違うっ!」




TOP↑

story2 少女の生きる道



「かきかき! かきかき!」

「かきかき! かきかき!」

「かきかき! かきかき!」


少女には、絵に対する天賦の才があった。

水彩、油彩、版画、ペン画……彼女なら、どの絵画でも難なくモノにしただろう。

しかし彼女が選んだのは、彼女が最もその才能を発揮したのは――<紋章>だった。


「これは、お嬢ちゃんが描いた紋章かい?」

「うん、そうなの!」

「……素晴らしい作品だ。プロの紋章画家と何ら遜色ない。」

「ソンショクってなにいろー?」


その才能を最大限に開花させるべく、両親は彼女を連れ、世界中を旅して回った。




「♪♪~♪~

ゆうやけさんは、あたしの心臓! どくんどくーんってなみうってる!」

「迎えに来たぞ、イロメロ。」

「あっ! にいちゃーん!」

「今日も、楽しく描けたか?」

「うん! しろいろさんがね、ゾウさんみたいにパオーンっていって、それを、あおいろさんがチャプチャプあそびにきたの!」

「ハッハッハ。そうか、さすがは俺の妹だ。」

「にいちゃん、あたらしいモンショーできたんでしょ!? はやく見せてー!!」

「慌てるな、後でたっぷり見せてやる。――さあ、帰ろう。」


少女の生きる道は、いつでもまばゆい光に包まれていた――


 ***



「は~! ひさしぶりにきました、ゲージュツの都!

変わってないなァ……街灯のテテンッってした感じとか、石だたみのカラコロトッバーン! とか……

……あ! ああっ! きましたきました! お野菜お肉に川の色、カラフルフルフル~っ!」


「わっ! おねーさん、なにやってるのー?」

「モンショーを描いてるんだよー! ほら、見てて!

シュバーーーッときてからの、サラ~~~~~ッ。最後にデュワ~~~……」

「わあ~~~っ、きれ~~~い!」

「すっげ! なにこれ、どうなってんの!?」

「へっヘヘー。これはね――

って、あたし、美術館にいかなきゃなんだった! ……これ、ふたりにあげるね!」

「ほんとう!? ありがとう!!」

「ばいばーい!」


 **


「さーーーーてっ!

明日から、いそがしくなるぞ~っ!」




TOP↑


next






~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリー思い出

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (流星のエンブレム Story0)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ