Gamerch

【白猫】レイン(シェアハウス)・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中
白猫シェアハウス2
飛行島の思い出 
その他関連ストーリー関連キャラ



レイン・ディアボルス CV:木忖良平
戦いを好む血気盛んな悪魔。愛車と共に世界を爆走する。


思い出1



主人公たちは、レインと待ち合わせをしていた。


「よお、オメーら。」


レインが<バイク>にまたがりさっそうとやってきた!

――すごい音だ!


「赤髪ィ……元気そうじゃねえか?

よし。じゃあ早速ヤりあおうぜ。」


「待たんかい!」」

「あ?」

「ものごとには順序ってものがあるわ!」

「順序?」

「アンタがいきなりバイクに乗って登場したら、びっくりするじゃないの。」

「一体、なぜバイクに……?」

「んなこと、別にどうでもいいだろ。」

「教えてほしーなー。」

「……はあ。」


「少し前に、<ゾクの島・ブンブン>ってトコに行ったんだよ。魔獣をブチのめしにな。」

「あ一、ヤンチャな人たちがたくさんいる島ね?」

「ああ。どいつもこいつもアホみてえにガンつけてきやがる。ありゃあいい島だった。

魔獣ついでに、ケンカ売って来たヤツを片っ端からブッばしてたんだけどよ……」

「アンタがいちばんヤンチャかもしれないわね。」

「そん中のー人が、バイクで突進して来やがったんだ。」

「あぶない……!」

「だから、ブン取って乗ってやった。」

「……え、もしかして、そのバイクを盗んで……!?」

「んなチンケな事するかよ。試しに走ってみただけだ。」

「それで……ハマったわけですね?」


「飛ばせば飛ばす程、俺の全身をアホみたいにブン殴ってきやがる。

んで、いくらブチのめされてもめげねえ。全く、大したクソ度胸だよ。」

「独特のひょうげんね……」

「だから、しばらくはコイツに付き合ってみるのもいいかと思ってな。

島のバイク屋にソッコーでカチ込んだってわけだ。」

(買ったってことね……)


「つうわけで、赤髪。俺と――

……いや、ちょっと待ってろ。軽くこの辺を流して来るからよ。」



「あれは……どっぷりハマってるわね。」


TOP↑

思い出2



世界中のバイク好きが集まる、ツーリング専用に整備されたとある島で――

主人公とレインは、朝っぱらから爆走していた――!


「ハハハハア!どうだ赤髪!

この音! この振動!最っ高だろうが!


 「風が気持ちいいぜ~♪」

 「俺達の走りがー番だぜぃ!」


「あいつら全員ブチ抜くぜ!しっかりつかまってろ!」


 ***


「腹へったな。メシでも食うか。」


「……む? ブロウ。奇遇だな。」


「……あ?なんだ、オメーの知り合いか?」

「お前……レインか?」

「……その羽。クソ天使様だな。何で俺を知ってんだ。」

「知っているさ、元<悪魔殺し>。お前は有名だからな。

……それと、ルカがいつも世話になっている。」

「……あ一……そういう事か……」

「それにしても、お前もバイクに乗るのか。

この島までわざわざ走りに来るとは、相当のライダーと見たぞ。」

「フン……」


レインは、ガレアの乗っているバイクを眺める。

(クソ……いい味出してやがるな……)


「……ふ。一緒に飯でもどうだ?」

「誰がクソ天使なんかと。」

「そう言うと思ったよ。……ところで、レイン。

お前、レースに参加するつもりはないか?」

「レース?」

「この島で定期的に開催しているんだ。今度のレースが、お前のバイクでも出場できるヤツでな。

来る者拒まずのアマチュアレースだが、レベルはかなり高い。

誰が最速か――誰が最強か。血沸き肉躍る戦いってやつだ。」

「……ほう。」

最強という言葉に、レインの眉がピクリと動いた。


「よければ考えてみてくれ。

普段の走りとはまた違う<アツさ>が、そこにはあるぞ。」


ガレアが渡したチラシを、レインは奪うように受け取る。


「レース、ねえ……!」

(出る気だ!)


TOP↑

思い出3



レインは、バイクのメンテナンスをしている。


「聞いたわよ、レイン。レースに出るらしいわね?」

「おう。」

「あのさ、アタシたちも気になって調べてみたの。」

「過酷なレースのようですね……」

「整備されてるとはいえ、街やら森やら、島中を何十周も走るからな。」

「私たちも、何かお手伝いしますよ。」

「いや、いい。」

「でもさあ、そのレース、ビットインっていうのがあるんでしょ?」

「内蔵してあるルーンのいくつかを、いったん止まって交換しなきゃいけないんですよね。」

「それも俺一人でやる。」

「さすがにそれは無理があるんじゃ……」

「……交換っつったって、そうカンタンにはいかねえんだよ。

ルーンの働きがちゃんと伝達されるように、中で複雑にパーツが組み合わさってんだ。

ピットインでは、それを速く、確実にバラさなさやいけねえ。」

「……でも、―人でやるよりは……」

「オメーらに頼るつもりはねえよ。俺は、俺一人の力でやる。」

「ムムム……」


「バッカモーーーン!」


「話は聞かせてもらったぞ!わたしも混ぜろー!!」

「来やがったよ……」

「レイン!お前ひとりだけじゃ、勝てるモンも勝てんぞ!

過酷な勝負に必要なのはそう!チームワークッ!!」

素人にピットクルーは務まらねえって言ってんだ!」

「愛と勇気があれば何でもできる!

……わけじゃないから、練習する!上手くできるまで!そうでしょ、みなさん!」

「「「♪♪♪」」」


「レイン、信じろ!お前の仲間を!」

「…………」


 ***


「……で、ここを時計回りに半回転させるんだ。そうすりやルーンは取れる。」

「ここは、アイリスに任せた方がよさそうね。」

「うん、大丈夫だと思う。」


「ルカは<ルーンエンジン>の方かしら。力いるし。」

「そうですね……!力仕事ならおまかせください!」


「赤髪、オメーは燃料係だ。」

「♪」


「さて、ひととおり説明も受けたし、あとは練習あるのみね!」

「―人前のピットクルーになったらーーーい!」


「……オメーら。……あんがとな。」

「いいってことよ。」


TOP↑

思い出4



そしてレース当日――


「さーて……いっちょブチかますか!」


「レインさん、頑張りましょう!」

「せいいっぱいサポートするからね!」

「レイン、漢を見せたれよっ!」

「――♪」


「――おう!」


 ***


レインは、スタート位置についた。


「おや、あなた。このレース、初参加ですか?」

「だから何だ。」

「私の名前はピョルク。お互い、正々堂々と頑張りましょうね。……正々堂々、と。」

「バイクに関しちやルールは守る。」

「ふふふ……。」


「よろしくネエッ!ネエッネエッネエ~~~ッ!」

「負けないでごわっしゃい!」

 (クレイジーなメンツだなおい……)


スタート準備が完了

何台ものバイクが、いまかいまかとパワフルなエンジン音を響かせる……!


「……フン。やってやるよ。俺が最強だ!」


レーススタート!


「いいわね!いいスタートを切ったわよ!」

「ピットインは、レースのあいだ二回、好きなタイミングで出来るのよね。」

「焦りは禁物……!レイン、冷静にな……!」


レース序盤。

レインはたくみなバイクさばきで、トップから4番目の位置についていた。


(さて、どう料理してやろうか)

レインの目の前を走るのは――


「初心者にしてはやりますねえ。」


(イケすかねえ野郎だが……こいつ、シフトワークからコーナリングまで、全てのテクニックがクソやべえ

恐らく、このレースでー番つええのはこいつだ。こいつさえ何とか抜けば、後はどうとでもなる)


「邪魔だオラア!どけオラア!」

「黙れ三下。ブチのめすぞ。」

「ヒイッ!」


 ***


それからずっと、ビョルクの後ろにビタリとついていたレインはー

(見えたぜ……!)

彼の<クセ>を見抜いた。

(次のコーナーで仕掛ける!)


「…………」

「今だっ!」

クセから生じたわずかなスキを突き、レインはビョルクに肉薄する!

――しかし。


「なっ!?」

マシン同士の、接触――!

「――やべえっ!」

立ち上がりでバランスを失ったレインは大きくコースを外れ、大木に衝突しそうになるがー―

「……ラアッ!」


レインの類まれなる反射神経により、回避に成功する。しかし……

彼がコースに戻るその数秒の内に、何台ものバイクが、レインを追い抜いていった――


TOP↑

思い出5



「……きたきたきた!レインきたわよ!ピットインよ!

かかれー―つ!

「……完了!アイリスさん、そっちは!?

「もう少しです!


「……の野郎……

「……レイン?

「あのクソ野郎……!わざと俺に当てやがった……!

おかけで順位はが夕落ちだ……!クソ……クソ、クソッ!」


「ほらレイン!」

「もが……!」

「水分補給して、頭を冷やしなさい!」

「そこまで離されたわけじゃない!お前なら、充分追いつけるぞ!」


「……完了しましたっ!」


「順位が落ちたなら――

前のヤツらを蹴散らすまで!でしょ、レインっ!」


「オメーら……

……ああ。そうだな……!」


「――行ってくる!」

「ファイトーーーーッ!」


 ***


「ごわっしゃい!ワテの勝利は目前でごわしゃしゃしや!

「アタシは二位が好きなのつ!二位でいいのよ~ん♪お二位ちゃん、キープよ~ん♪


「……ふん。あのチンピラ。いい気味たぜ……

……さて、と。俺は――待つ男。前のバカニ人は……最後の最後で喰う!


―回目のピットインを終えたレインはー

実にファンタスティックな走りを見せていた!


「……ハハハハハ!」

レインはいつしか、この状況を心から楽しんでいた。何故なら……気づいたからだ。


あのクソ野郎に、感謝しねえとな!

敵を探し、狙いを定め――ブチのめす。……まったく、燃えるじゃねえか!」

これは自分の……元<悪魔殺し>の得意分野であった事を。


「せいぜい、油断して待ってやがれ!」



 ***


「……そろそろピットインするか?いや、またた。待て、俺……


「うわー―――つ!

「な、なんだコイツ!はええ!!


「……あん?」

何事かとビョルクが振り向く。するとそこにはー


「捉えたぜ……?――クソ野郎!

鬼の――いや、まさしく悪魔の形相をしたレインがいた!


「な……なぜ!? どうして!?お前は、あの時俺に……!」

「借りを返しに来たんだよ、クソ野郎。

――テメーをブチ抜く。覚悟しろ。」


「……くそおっ!!」

ビョルクがピットロードに入る!


「いいぜ。付き合ってやる。」

レインとピョルク、共に二回目のピットインー



TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



「……よし、あとはここを締めて……――完了しました!

「こっちもオッケイ!主人公さんは!?

「――♪」

「レイン! いけるわ!」


ビョルクを抜いたのは、レインではなかった。


「おっしゃあ!」

「なっ……は、速い……!」


そう――


「行け、レイン!」

「絶対に勝てます!」

「――!」


チームワーク――!


「……オメーのその、くだらねえ光が……

今は、気持ち良くてしかたねえ!

ブチかましてくるぜ!」


「ま……待てえええええ……!」


 ***



レースが終わった――

「……おしかったですね。」


結果は、二位。

「まさか、武士のおじさんが最後にあんな伸びるなんて……

「……カンペキ、見誤った。バイクは奥が深え。よくわかったよ。

「……優勝、したかったよね……

「ああ。でもな……なんつーか……

オメーらがいなけりゃ、俺はここまで走れなかった。……いや、マジで。

「レイン……」


「…………。

……俺は、今までずっと、自分一人だけの力で生きてきた。でなきゃ生き残れなかったからだ。」

「……レイン?」

「これからもそうでなきゃいけねえと思ってる。

……だけど、よ……

――こういうのも、悪くねえもんだな。」

「うふふ。……でしょ?」


「……今回はマジで助かったわ。あんがとな。」



「――ああクソッ!柄にもねえことを口走っちまった気がするぜ。

赤髪!俺に何言わせてんだゴラァ!」

「――!?」

「あー、イラついてきたぜ。おい、こうなったら夜までとことんヤりあうぞ。」

「……――♪」

「そうこなくっちゃなあ!」



「…………。よかったね……レイン。」




悪魔の疾駆 レイン・ディアボルス


TOP↑

その他




関連ストーリー
画像説明
レイン・ディアボルス
<悪魔殺し>の異名を持つ悪魔。
気性が荒く、好戦的な性格をしている。
レイン(シェアハウス)
戦いを好む血気盛んな悪魔。
愛車と共に世界を爆走する。
レイン(茶熊)
授業をサボりがちな悪魔。
ひたすら強い者を探している。
レイン(WOH2)
強者との戦いを望む好戦的な悪魔。
己を見極めるためにその力を奮う。

人物紹介
画像説明
ツキミ(シェアハウス)
保育園で働く団子売りの少女。
ねんねんころりよ、おころりよ~♪
ルカ(シェアハウス)
男気あふれる守護天使。
そのたくましい愛で人々を守る。
オスクロル(シェアハウス)
いかなる職場にあっても全力を尽くす元魔王。
翻って私生活でも手を抜くことはない。
レイン(シェアハウス)
戦いを好む血気盛んな悪魔。
愛車と共に世界を爆走する。
レクト(シェアハウス)
不思議な力を手に入れた少年。
自分の進むべき道を模索している。
エレノア(シェアハウス3)
ケーキ屋で働くことになった少女。
華やかな都会での日々は、驚きの連続。
シャルロット(シェアハウス)
スローライフを渇望する光焔の御子。
便利な機器への理解は早い。


コメント (レイン(シェアハウス)・思い出)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ