Gamerch

恋する乙女は花嫁候補!? Story【白猫テニス】

最終更新日時 :

ストーリーまとめ


開催期間:9/22 16:00 ~ 9/29 15:59


目次


Story1

Story2

Story3

Story4

Story5

最終話


主な登場人物




story1 発端



ラヴ学関係者が出場選手を招集すべく、各地に散らばる数日前―

一人の少年が物憂げな表情で歩いていた。


彼の名はメルクリオ――偉大なる吸血鬼<夜の王>の眷属である。

そんな彼のもっぱらの悩みといえば……


「なぜだ…………

なぜ僕には、一人も花嫁ができないんだっ!?」

100人の花嫁を得る、という野望を持ちながら、未だ一人も花嫁がいないことだっ


「いっくよ~っ!」

「ふーむ……スポーツをする女というのも悪くないな。

やはり我の花嫁となるからには健康でなくてはならん。

その点、運動をする女は生命力が強く、たくましいはずだしな!」

「そうだッ――!!スポーツをする女性は強く、美しく、たくましいッ!

そこに気づくとは、なかなか見所があるな、少年。」

「さ、魚……?なんだお前は……!?」

「フム……輝く女性達には、それに相応しい舞台を用意すべきかもしれない。」

「おい、無視するな――――……」

「ハッ……!そうかッ!

各地より集った女子テニスプレーヤーたちが、白熱の戦いを繰り広げる……

くラヴ学女子シングルスオープン>を、開催するのはどうだろうか!?」

「各地より女が集う、だと…… ?」

「早速使いを出して、出場者を集めるとしよう!」

「おい、貴様!その話、くわしく聞かせろ!」

「むっ?君も大会に興味があるのか?

だが、すまない。男子は参加できないぞ。」

「そ、そうなのか?」

(くそっ……!花嫁を見つける、いい機会だと思ったのに……』



「……どうしても、僕が参加することはできないのか!?」

「ふむ……一つだけ方法がある。」

「ほ、ほんとか!?その方法とはなんだっ!?」

「その方法とは――――……」


TOP↑

story2



「諸君、よくぞ集まってくれた!

それではこれより、くラヴ学女子シングルスオープン>を開催する!」

『対戦相手決めを行います。出場選手は順番に、くじを引いてください』


「22番か。フローリアは何番?」

「私は10番。カスミとはしばらく戦えなさそうね。」

「必ずお互い勝ち残って、決勝戦であいましょう。」


「17番よ。

「あっ、じゃあ、あたしと近いかも。」

「あら、マヤじゃないの。アンタも来てたのね。」

「……優勝したら、彼が『さすがお嬢様です』って喜んでくれるかなって……」

「あー……なるほど。」


『出場選手全員のくじ引きが完了しました』

「では早速試合を始めよう!」


「ねえ……あそこにいるのってメルクリオじゃない?」

「あ、ほんとだ。メル君だね。」

「あんなところで、何してるのかしら……?」

「ボールパーソンなのかな?」


「クク……魚の言うとおりだ……

大会スタッフになれば、選手にここまで近づくことができるんだな。

これなら100人の花嫁が集まるのも、そう遠くないぞ!フハハハハハハハ!!」


「なんか、ボールを拾わずに大爆笑してるわね……」

「ピッピッピーッ!」


「あっ、審判に注意されてる……」


TOP↑

story3



TOP↑

story4



TOP↑

story5



TOP↑

story6



TOP↑

story7



TOP↑

最終話



その他



相関図


白猫テニス Story(コラボアプリ)





Goodコメントランキング
注目記事
1/2 2/2
ページトップへ