Gamerch

ジュディ・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中
メインストーリー
飛行島の思い出 
その他人物紹介関連ストーリー



ジュディ・ロックハート CV:優木かな
<トランプの国>を治める女王。
トランプとクロッケーが大好き。

思い出1



ごめんあそばせ。

あそばせー。

こちらが飛行島ですのね。うふふ、浮いてますわねぇ……

申し遅れました。私、ジュディと申します。よろしくお願いいたしますわ。

ずいぶんと礼儀正しいのね~。

飛行島へようこそ、ジュディさん。

おほ。では早速、あなた方のクビをいただいてもよろしいかしら?

……ン? くび???

……はぁん。失礼いたしました。私、つい先走ってしまいました。

は、はあ……

私は<トランプの国>で女王をしておりまして。

……女王さまなのね。

国にいた頃はよく、下の者のクビを容赦なくハネましたわ。

ア、アンタって……!

勘違いしないでくださいませ。

解雇……クビにする、という意味ですわ。本当にハネるわけではございませんの。

まぎらわしいわね!

トランプが好きなのですわ。あんなに楽しいゲームは他にありませんもの。

ヌヌ……トランプとなんの関係が……

それはまた後で話すといたしましょう。まずはゲームをいたしません?

……クビはハネないでね?

あらぁ……

残念そうにしない!

ゲームは<グレート・ザ・リッチ>でよろしくて?


 ***


はい、上がりですわ。

ぜんぜん勝てないんだけど。

ファイトですわ、<グレート・ザ・プア>様。

キーーーー!!

……あ、私も上がりです! うふふ、今回は<ザ・リッチ>よ~!

ちょ、アイ――え……主人公も?

またあなたが最下位ですわよ~。

……おつよいですのねぇ。

うふ、うふ、うふふ。楽しいですわね、楽しいですわね

も~~~……ぜんぜん勝てる気がしないわよ~~~……・

では、私の完全勝利ということで、あなた方のクビを――

ハネないでね? ていうか、アタシたちをクビにするっていうのもイミがわからんし……

張り合いがないですわねぇ。もっとノっていただけませんこと?





TOP↑

思い出2



それで、ジュディ。教えてほしいんだけどね?

<トランプの国>の事ですわね?

どういった国なんですか?

建国しましたのは、何を隠そう、この私ですの。

アンタが……?

私の国は、トランプを中心に回っているのです。つまり――

『全てがトランプで決まる』社会なんですのよ。

国民に必要なのは、運とトランプの強さのみ。トランプの強者は社会の強者。逆もまた然りですわ。

トランプ勝負で、物事が決められている、という事ですね?

おっしゃる通り。酒場のしがないウェイターが、一夜にして経済界のドンになってしまう事もあれば――

何不自由ない贅沢な暮らしを、ものの数分で失ってしまう人間もおります。

ハイリスクハイリターンってやつね……!

もちろん、国の基盤となるシステムや、トランプ勝負に関するルールは厳密に定めてはおりますが――

基本的には、全てが自由。生き方は各々に委ねられ、そして――

誰にでも<チャンス>がある。私の国は、そのような国なのですわ。

でもさ、そんな国で王さましてると、いろいろと大変じゃない?

ええ、それはもう。トラブルは絶えません。

ですが、私、トランプは強いですから……

……というと?

国民に不利益な制度を作ろうとする政治家や、過激なことを企む悪い組織……

行き過ぎた者達は、全て私が<粛清>するようにしておりますの。

粛清……!

イケない人間のクビは、ハネなければいけませんでしょぉ?

えっと……トランプ勝負で勝って、こらしめてるってことよね。……ね?

うふふ……もちろんですぅ……

そのように、騒がしく、落ち着かない国ではありますが……

自由とチャンスを求める人間にとっては、<トランプの国>は理想郷とも言えるのですわ。

……無論、私にとっても。

ふーむ……世の中にはすごい国もあったもんね……

まあ、国といっても、世界的に見れば取るに足りない小国ですわ。

……アンタなら、そのうち国をまるごと賭けちゃったりもしそうね。

あらぁ、それ、イイですわねぇ。戦争よりもよっぽど平和的ですわ。

そう……ですね?

あはぁ……一度でいいから、ハネてみたいですわね……国というクビをぉ……



TOP↑

思い出3



勝ちましたわ。また私の勝ちですわ。おほほほほ~。

うぅ……ババ抜きには自信があったのに……

ところで、ジュディさん。

何ですの? 

この前のお話の続きをしてもいいでしょうか?

続き、と言いますと?

<トランプの国>の女王様なんですよね。えっと、どうして国を出てきたのかな、と……

私は……一人の少女を探しているのです。

少女?

少し長くなりますが、よろしいでしょうか?

その方は……ある日突然、私の国にいらっしゃいましたの。

何が目的というわけでもなく、たまたま来てしまっただけらしいのですが……

日夜行われているトランプ勝負を見て、『面白そうだから』と彼女も参加し始めたのですわ。

ふむふむ……それで?

……圧倒的でしたわ。彼女は国内でも有数の名手達を、次々と打ち破っていったのです。

私の元へとやって来るのに、そう時間はかかりませんでした。

それは……とうとう、女王の座をかけた勝負にまでなったということですか……!?

ええ。……間違いなく、私が今まで戦ったどの相手よりも強い。そう思いました。

私は私の全てを懸け、彼女と戦いました。

うふふふふ……興奮しましたわ……あんな凄いゲームはぁ、初めてでしたぁ~……

……勝負の行方は、一体……?

……負けてしまいました。あと一歩及ばず、といった所でしょうか。

謹んで、私のクビを献上いたしましたわ。

その女の子が、新しい女王になったわけですね……!

……ですが、問題が起きまして……

いきなり国へとやってきて、あっという間に女王まで登り詰めた彼女を、恨む者がいたのですわ。

暗殺者を雇い、彼女の命を狙つたのです。

ぶっそうね……!

彼女はそれも楽しんでいたようですが……どうやら、国にいる事に飽きてしまったようで。

気づいた時には、すでに島の外へと出て行っておりました。

私は代理として女王の座に戻り……そして待ちました。彼女の帰還を。

けれど、帰ってはこなかった。……だから、その子を探すために国を出た、と。

現女王はあくまで彼女。……ですから正確には、今の私は<元女王>なのです。

そういうことでしたか……

でもさ、ジュディ。くやしくなかった? その子に負けちゃったこと。

むしろ逆ですわ。……嬉しかったんですのよ。私よりも強い者がいて。

それに……そういった事が起きるのが、私の国のいい所なのですわ。

そっかぁ……

……女の子、見つかるといいですね。

ええ。女王として、国にいてもらわないと困りますし――

……あの血がたぎるような熱い勝負を、ぜひもう一度、彼女と……

うふ、うふふ……今度は、本物の首を賭けてみようかしらぁ……・

やめい!

冗談ですぅ……♪ おほ、おほほほぉ~♪




TOP↑

思い出4



さあ、始めますわよ、みなさん。

朝のスポーツは体にいいのですわ。

スポーツ?

<クロッケー>、ですわ。旅の途中で知りましたの。それまではトランプだけが楽しみだったのですが……

今や、私の立派な趣味の一つなのです。

<ジュディは飛行島の芝生に、門の形をした小さな鉄製の金具をいくつか剌していった。>

これは……どうやってあそぶの?

端的にいえば、木製のボールを打って。これらのゲートに順番に通していき――

最後に、中央に立てた棒にボールを当てるんですの。

ずいぶんとシンプルですね。

シンプルだからこそ……ヤミツキになりますわよ~。

……なるほど、このスティックでうつのね。

みなさんはそれをお使いになってください。

ジュディさんは?

おほ。私は、こうするのですわ。

<ジュディは大剣を用い、器用にボールを打つ。>

こっちの方が調子が出るんですのよ。

<のどかでまったりとしたスポーツの<クロッケー>。

あ~~~~っ、おしいっ!!

私の番ね。今度こそ、あがってみせるわ……!

――

やった~っ!

お見事ですわ!

<主人公たちは、その楽しさに気づいた……!>

……これ、メチャクチャ面白いわね!

力をほとんど使わないから、誰にでもプレイできるのがいいですね……!

そうでしょう? うふふ……

こんな楽しいスポーツがあるなんて、知らなかったわ~。

つい最近誕生したばかりですからねえ。まだ全然普及してないのですわ。

……さ、朝食の前に、もうひと勝負いたしましょ?

いいわね! 受けて立つわ!

今度こそ、クビをいただいてもよろしくて?

だめ!!



TOP↑

思い出5



<すっかり<クロッケー>にハマった主人公たち。

今日は、街の公園がプレイコートだ。

主人公さん、センスがありますわ。どんどんお強くなりますのねぇ。

ムムム……主人公、負けないんだから!

見てなさい!アタシの<にくきゅうストライク>を……!

……おや。あんた達、ここで何をやっているんだね?

なんだか、面白そうなことをやっているねぇ。

これは、<クロッケー>というスポーツですの。

くろっけー? 聞いたことないが……

ご高齢の方も楽しめますのよ。おやりになりますか?

いいのかい? どれどれ……


よーし、最後の門を通したぞ!

こりゃあ、接戦だねえ!

ワシも負けねぇからな!

……このスティックは、改良の余地があるのう。

用具一式はどこで買えるのかね? 孫と一緒に庭でやりたいよ。

おいみんな、そろそろ茶ぁにすんべや~。

ほれ、甘納豆買って来たぞ~。

<――いつの間にか、公園がお年寄りだらけに!>

お年寄りのブームになるかもしれませんわね!

みーつけた。

よお、<粛清の女王>さま……

まさかこんな所にいたとはナァ。

どちら様ですの? あ、あなた方もクロッケーにご興味が

コロッケ? なに言ってんだテメーは。

俺たちゃ、トランプ勝負をするためにやってきたんだよ。

あら……国民の方でしたの。

女王さまよぉ……勝ったままトンズラこいてんじゃねえぞ、コラ!

別に逃げたわけではありませんわ。

女王に挑める条件、苦労してクリアしたんだからよぉ。今こそ勝負してもらおうじゃねえか、コラァ!

あらあら、勇ましいこと。

……もちろん、受けてくれるよな? でなきゃ――

な、なんじゃ、あやつらは……

…………

テメーと仲良さげにしてる、あのジジイともに憂さ晴らししちまうかもなあ。

…………

いいでしょう。

ジュ、ジュディ……

あなた方のクビ……私が貰い受けますわ。

<自身の背丈ぼどもある巨大な剣を、ゆっくりと構えた。>

……え。ちょっと待って。ジュディ、まさか……

テメー、何を――

いただきまぁす♪

<白刃が、閃いた――>


TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



ちょ……ちょっとーーー!! なんてことを……

待って、キャトラ。

う……うぐ……

イケない子達ですわねえ。同じ国民以外の人間に迷惑をかけるなど。

さっさと国へ帰り、長屋生活からやり直す事ですわね。

<気絶しているだけだ……>

何とも軽いクビですわねせ、おほ、おほほほほ~♪

もう……! ビックリしたわよ!

トランプ勝負は、あくまで国の中での話。

外では物理的に成敗した方が手っ取り早いのですわ。

……それにしても、今の動きは……

…………

私、もとは処刑人をしておりましたの。

暗殺者、といっても良いかもしれません。もちろん、比喩ではなくってよ。

……アンタ、ほんとうに……?

一人の人間が民を恐怖で支配する国で、私は、王に逆らう者達を――

悉く、<粛清>しました。

その国には、自由も、チャンスもありません。あるのは、どこまで行っても終わらない、憎しみと悲しみの連鎖だけ――

虚しくなりましたわ。ですから、辞めたんですの。

そして……<トランプの国>を?

誰もが希望を見出せる国。誰もが自由意志を持てる国。……無論、平和な国とは言い切れませんわ。そして、国として完璧でもない。

ですが、そんな国こそが、私が理想とする国であり……

処刑人として生きていた私が抱いた、初めての理想だったのです。

ジュディ……

血なまぐさいお話をしてしまって、ごめんなさいね。

……ええ、わかっておりますわ。大事なのは、今と、これから……

けれど、私の過去は、そう簡単に消せるようなものでもありません。

――きちんと向き合いながら、生きてみようと思っているのです。

……うふふ。私は、それをみなさんに知って欲しかったのかもしれませんわね。

ジュディさん。……もし、向き合うことに疲れたら……

いつでも、アタシたちを頼ってね。……クビはあげないけど。

みなさん……ありがとうございます。

これからも、<トランプの国>が理想の国であり続けるよう、頑張って――

クビをじゃんじゃんハネていきますわ♪

……フクザツだわ……いーんだろうけど……

とりあえず、早くあの方――現女王様を、見つけませんとね~。

……じゃ、主人公も光ったところで、クロッケーを再開しましょうかね~。

キャトラさんのクビ、今度こそいただきますわよ~♪ おほ、おほほほほ~!

…………

……キャトラ? どうし主人公の頭の上に……?

いやね? こうして首だけを見せ続ければ、ハネるもなにもないかな~って……

どーでもいいんだけど……ふと思って……やってみたくなって…………えへへ。

考えましたわね!




粛清の女王 ジュディ・ロックハート







関連ストーリー
画像説明
ジュディ・ロックハート
<トランプの国>を治める女王。
トランプとクロッケーが大好き。

エシリア・イン・ワンダーランド mark

人物紹介
画像説明
エシリア・ファーニス
好奇心のおもむくままに旅する不思議な少女。
楽しいことや珍しいものが大好き。
キャロ・ギャンビット
対戦相手を求めて旅するチェスプレイヤー。
自分が勝つまで試合を続けるので敗北はない。
オズワルド・ファーニス
真実にして不朽の美を求める謎の旅人。
<時>に対して尋常ならざる信念を持つ。
ヤマネ・グリスガールズ
せわしなく動き回る女の子。
外見よりも精神年齢がずっと低い。その理由とは……
モコ・グリンベリー
10年の眠りから目覚めた猫の半獣少女。
不思議な時計で大人に変身できる。
ジュディ・ロックハート
<トランプの国>を治める女王。
トランプとクロッケーが大好き。


~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリーテニスの話

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (ジュディ・思い出)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ