Gamerch

【白猫】ノア(茶熊)・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ノア・メル CV:水瀬いのり
フィギュアスケート部の部員。
ドーナッツが大好きなのです♪

メインストーリー
飛行島の思い出 
その他人物紹介関連ストーリー



思い出1


ゆらり。ノアなのです。

あら、来たのねノア。

後輩になったのです。よろしくお願いします。なのです。

こちらこそ……学校は、どうですか?

勉強が、むずかしいのです。

そうね!

初めてのことが多くて、おろおろなのです。

そうですよね……!

でもノアは……がんばりたいのです。

がんばることがあるのが、うれしいのです。

一緒に頑張りましょう、ノアさん……!

ねえねえ。ノアは……どこの部活に入ったの?

フィギュアスケート部に入ったのです。

素敵ですね。

フィギュア……スケートって……

どうしたのです?

いや、アンタ……いつもだいたい、ゆらゆら~してるじゃないのさ。

ゆらゆら。なのです。

できるの? スケート……

やってみたら、できたのです。

スケートって、やってみたらできるものなの……?

余計な力が入ってないから、できたみたいなのです。

確かに……余計な力が……入ってない感じするわ……

ノアさんに向いていたのかもしれませんね。

そもそもどうしてスケートをやろうとおもったの?

くるくる回りたかったのです。

くるくる?

フィギュアスケートは、くるくる回るのです。

くるくる……滑りながら……?

氷の上で、回るのです。

難しそうですね……

やってみたら、できたのです。

できたの!?


TOP↑

思い出2


ゆらゆら~。

お見事です、ノアさん♪

一日でこんなに上達されるなんて……

けんそんなのです。

エッジの使い分けが、とてもお上手です……

ゆらゆらして、バランスをとっているのです。

自然とゆらゆらしていることで、バランスを保ってるのですね?

難しいことは、よくわからないのです。

では、私たちも……

ご覧ください♪

すいーっと滑るのです。

<エクセリアとソフィは、回転を決めた……>

二人でくるくる、なのです♪ ノアもやってみたいのです♪

<ソフィは、ジャンプを決めた……!>

くるくるまわって、ジャンプしたのです……!

これはトゥループというジャンプです。

どうして後ろ向きに飛んだのです?

フィギュアのジャンプは、後ろ向きに飛ぶんですよ。

……怖いのです。転んじゃうのです。

ノアさんのバランス感覚なら大丈夫です。今は無理でも、きっと飛べます。

きっと……?

ノアさん?

ノアは……飛べないのです。


TOP↑

思い出3



……アンニュイなのです。

どうしたんですか、ノアさん?

悩んでいたのです。

部活動のことでしょうか?

そうなのです………ノアは飛ぶのが怖いのです。

フィギュアスケートの、ジャンプの事ですね……? 最初は誰だって怖いと思いますよ?

そうなのですか?

そうですよ~。ノアさん、けっこう身軽じゃないですか。

ゆらゆらしてるだけなのです♪

いつかきっと、氷の上でも飛べます♪

氷の上でも……

ノアさん……そうだ。おやつを買って帰りましょう。

おやつ……素敵なのです。そういえば、学食にドーナッツが売っていたのです♪


 ***


ごめんね、売り切れだよ……

がっくりなのです……

本当に悲しそう……

海に帰りたいのです……

ノアさん、ドーナッツ……作ってみませんか?

ドーナッツを……!? いい考えなのです!


 ***


<スイーツ作りが始まった……!>

ふつつかものですが、家庭科部の一員として、私もお手伝いいたします!

先生、今日は何をつくるのですか?

せんせい!? 私先生なんですか?

ドーナッツですよね?

はい……すごく簡単なのを作ってみたいと思います。

簡単なのです。

こちらのホットケーキミックスを使いまして、焼きドーナッツを作りたいと思います。

焼きドーナッツ……油を、使わないのですか?

はい。オープンで焼きます。

お手軽ですね♪

まずはバターを温めまして……卵と牛乳とお砂糖を混ぜます。

まぜまぜなのです。

混ぜたら型に入れるんですね。

いろんな型があるのです。

これはハート型ですね。

かわいいのです。でもドーナッツは、まんまるがいいのです。


 ***


焼けました~。

できたのです。わくわくなのです。

お紅茶滝れますね♪

なんだか、たくさんできましたね。

大丈夫なのです。ネモにも、食べてもらうのです。


 ***


ネモは廊下で、家庭科室の様子を見ていた。

やれやれ。

ネモの手には、ドーナッツの入った袋がある。

野暮なことをしたもんだな。


 ***


はむはむ……幸せなのです~♪


TOP↑

思い出4



ノアさんは、バランス感覚と柔軟性については……素晴らしいと思います。

でも、飛べないのです……

踏み切る時に、ためらってしまうんですね。

ノアは、だめだめなのです。

そんなことはありません。一緒にがんばりましょう。

はい、なのです。


 ***


じゃあ、得意なところからやってみましょうね♪

くるくるなのです。

……見事なスピンです。スピードもありますね……

背中を反るのです。

レイバックスピン……!

スケートの刃をつかむのです。

これは! パールスピン!

くるくるくる~♪

ドーナッツスピン!? 上級技です!

ドーナッツなのです~♪

スピンは完璧なんですが……


……ごめんなさい、なのです。

いいんですよ。私も、最初は怖かったです。

怖かった……です?

そうですよ……焦る必要はないんです。

……こんなとき、ネモなら…………きっと、諦めない、です。

部長さん、ノアは……もうちょっと頑張るのです。

はい……がんばりましょう!


いいですよ……スピードは十分です!

ここで……踏み切るのです!


……氷が……?

あっ……

氷を突き破り……現れたのは、怪物――


ああ……


ノアは、氷の上で転び、うずくまった。

怪物は見る間に成長し、茶熊学園の空を、埋め尽した……


駄目です……飛んでは駄目なのです!

ノアさん?

えっ……? 氷……割れてないのです……?



TOP↑

思い出5


ノアは一人、凍った森の湖で自主練をしていた。


「あれは思い出なのです。でも、ノアの思い出ではないのです。

海の底で眠っている……方舟の思い出なのです」


さんご礁の島の少女、ノア。

彼女は方舟と呼ばれる存在の使者である。


方舟を生み出したのは、遥か古の文明。

己の滅びが避けられないと悟った彼らは、命の種をつなぐために、方舟を生み出した。

あらゆる命を取り込み、永遠に生き続け、しかるべき時に命の種を撒き、環境を再生させる。


「それが、方舟の使命なのです」


ノアは、スケートリンクをくるくると回る……

「方舟は、ノアを作ったのです。ノアの使命は、方舟の眼になって世界を見ることなのです。

目覚めの時を見きわめるのです。いつかくる終わりの日に、方舟はまた目覚めるのです。

でも……この世界はまだ、大丈夫なのです。

……あっ……!」


突然氷は割れ、ノアは水の中に引き込まれた……

ノアは、沈んでいく……

青く深い、海の底。


「……そうだったのです。

ノアはずっと……海の底にいたのです。

海の底で……方舟と……


……夢だったのです。


隣に……いたかったのです」



ノアの姿は、消えた――


 ***


最後に見たのは――あんたか。


ネモは、ノアのスケートの軌跡が残るリンクを見つめていた。

湖の氷は割れていない――



TOP↑

思い出6 (友情覚醒)


優しい光なのです。

あのとき見た……海の光なのです。


わかってるのです。あの思い出は、夢なのです。

悪い人たちが、蘇らせた方舟……方舟を止められるのは、ノアだけなのです。

ネモは、ノアのことを……見送ってくれたのです。

だから、これでいいのです。ノアは海の底で……ずっと、眠っているのです。



 ――ノア!

「…………ネモ……?」

 帰るぞ。俺たちの学園に。


ネモは、ノアを抱えたまま浜辺に上がってきた……

ノアが沈んだのは湖ではない。ノアは自ら――海に身を投じたのだ――


「アルゴノート号は、お前の存在を感じ取れる。

――方舟が、お前を呼んだのか?」

「違うのです。ノアのせいなのです」

「お前の……?」

「方舟の思い出が、ノアの中に流れこんできたのです……」


 ***


「氷の下を潜航するのはいいが、上を滑るのはな――」

「ノアの手を放しちゃだめなのです」

ノアとネモが、二人でスケートをしている……

「舐めるな。もうコツはつかんだ」

「……方舟は……本当は、飛びたくなかったのです。

でも、命を守るためには、飛ぶしかなかったのです」


凍てつく海から現れた、方舟は――雪空へと舞い上がる。

成長した方舟には、いかなる攻撃も通用しない。

文字通り、命を取り込む。

あらゆる命と同化し、己の中に溶かしていく……

方舟は、残されたあらゆる命への侵略を開始する――


「命を取り込んだ方舟は……眠りについたのです。

……世界の傷が癒えて、命を受け入れるようになるまで……

海が青い色を取り戻したころ、方舟は命の種をまいて、海の底に沈んだのです」。

「……命か……」

ノアは、トゥループを決めた!

「……飛べたのです」


 見て見てみんな! ノアが飛んだわ!

 やりましたねノアさん!

 よかった……


「飛んでみれば、なんてことはない。――案外そんなものだ」

「ネモ」

「何だ」


ノアは、ネモの手を取った――



茶熊学園 ノア編 -END-




氷海より飛び立つもの

TOP↑

その他




関連ストーリー
画像説明
ノア・メル
さんご礁から来た少女。
マイペースだがとても世話好き。
ノア(サマー)
ミステリアスな雰囲気の少女。
大きなクラゲに乗り、ゆらりと夏を侵略する。
ノア(混沌)
マイペースなクラゲ少女。
ゆらりとメイドに挑戦中。
ノア(茶熊)
フィギュアスケート部の部員。
ドーナッツが大好きなのです♪
絶海の侵略者 Story
2016/03/07
白猫ミステリーランド! Story
大会の侵略者 Story
2017/01/11
熱戦 こだわりの味を求めて! Story2017/07/10
サマーバケーション2016 Story
深淵の追撃者 Story
納涼 月下の夏祭り Story
混沌インフィニティX
ネモ(MVP)2017/11/30

人物紹介
画像説明
ネモ・カノープス
潜水艦アルゴノート号の艦長。
冷静沈着で容赦のない性格。
ノア・メル
さんご礁から来た少女。
マイペースだがとても世話好き。
マナ・ドリース
帝国海軍の機密を握る技術将校。
――海の乙女よ、夕凪に眠れ。
シン・シャーク
潜水艦ドレッドノート号の艦長。
謹厳実直かつ優れた戦術眼を持つ。
ルル・ルゥ
旦那様とお嬢様に尽くす万能のメイド。
人生いろいろ、ソースは一つ。


~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリーテニスの話

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

新着スレッド

注目記事
ページトップへ