Gamerch

黒騎士の夜想曲 Story【白猫プロジェクト】

最終更新日時 :

ストーリーまとめ


2017/00/00


目次


Story1 死の風の運び手

Story2 初級:漆黒の息吹

Story3 上級:黒き槍の魔女

Story4 絶級:闇に馳せる影

最終話 破滅級:夜を想う騎士


主な登場人物




story1



…………


静かなる夜道を悠然と進む、漆黒の鎧の騎士――イリア。

彼女は不意に振り返り、不機嫌そうに目を細める。


――同道を頼んだ覚えはない。

でも、ひとりでは危険ですよ、イリアさん。

危険など、承知の上だ。戦場に向かっているのだからな。

でしたら、ますます放っておけません。意地でもついていきます。

……勝手にしろ。

はい、そうします。あ、ケガしたら言ってくださいね。

勝手にしろ、ってことは、とーぜん勝手にケガを治してもいい、ってことよね~?

好きにするがいい。

はあ……とことん無愛想ねえ、アンタってば。

で? この先に何かあるわけ?

……その答はヤツらに聞くのだな。

ヤツら?


キャトラがきょとんとなった時――

鎧をきしませながら、数体の機械兵が周囲に姿を現した……!


な、なんなのよ、こいつらぁー!?

ふん……出たな。滅び損ねた亡者どもめ。

槍を構え、前に出るイリア。

今度こそ――完膚なきまでに葬ってくれる!



TOP↑

story2



こ、ここ、なんであんなに兵士がいるのよぉ~……

ただの機械兵さんじゃないわ……なにか……怨念のようなものを感じる――

<ような>……ではない。怨念だ。まちがいなくな。

戦場で散っていった兵士たちが、壊れた機械に宿り、夜な夜なうろついている――

そういうウワサが流れていた。だから来たのだ。

全部、ユーレイぃ~!? ひぃいいい~!

亡霊であろうと、実体があるなら破壊は可能だ。恐れることはない。

そういうことじゃなあーいっ!

だが……警戒は必要だな。

え?

ヤツらは意味もなくうろついているわけではないらしい。

これは、軍の動き方だ。統率している何者かがいる……

ゆ、ユーレイの親玉がいるってことぉ~?

おそらくな。


あっさりと言って、イリアはさらなる闇の奥に足を進めていく。


ま、まだ進む気ぃ!?

当然だ。この地に巣食う亡霊どもは1匹残らず滅ぼし尽くす。

地獄に行くのが嫌だと言うなら……私が地獄を見せてやるまでだ――



TOP↑

story3



オ、オ、オ、オ、オ――――!

すべての手勢を破壊し尽くされた怨霊兵の長が、ぶるぶると震える。

イリア! イリア! イリア! 死の風の運び手! 漆黒の息吹! 屍の丘を築く者!

黒き槍の魔女に呪いあれ! おまえの未来が、冷たい鉄の刃で閉ざされんことを――かつておまえが我らにしたように!

――遺言の続きは終わったか?

憎悪に満ちた罵声を浴びながら、イリアは顔色ひとつ変えることなく怨霊兵に槍を向ける。

ならば散れ。貴様らの居場所はもはやない!

グァァアアァアアアア――――!


イリアさん……今の方々って――

かつて、私がこの地で倒した兵士たちのなれの果てだ。

ええっ!?

……なるほど。

イリアさんは、彼らがさまよってるって聞いて、解放してあげるためにここに来たんですね。

……勝手な解釈をするな。

根こそぎ滅ぼしたはずのものが残っていた……それが気に喰わなかっただけだ。


言って、彼女は身をひるがえし、立ち去っていく。


もー、なーんであんなにサツバツとしてるのかしら!

主人公、アイリス、アタシたちも行こっ!

……そうね。

アイリスは、おもむろに振り返った。

ちょっと、やることやってから……ね。


TOP↑

story4



……また、ついてくる気か?


夜の道――黙然と歩いていたイリアが、不機嫌そうに振り返ってくる。


もちろんです、イリアさん。

ま、まままままた、ユーレイの出るトコに行くのぉ~? アンタどういう神経してんのよ~!

戦場に亡霊はつきものだ。いまさら恐れるものでもない。

ひょ――ひょっとして、ここも戦場なの?

そうだ。かって大きな戦いがあり、多くの兵が命を落とした場所だ。

前回は亡霊が機械に宿っていたから槍が通じましたけど……

霊体になっていたり、ガイコツに宿っていたりしたら、私の魔法や主人公の剣が必要じゃないですか?

やりにくいのは確かだが、槍がまるで通じぬわけではない。なんとでもなる。

だからこそ、しっかり援護してあげないと。ね、主人公?

アイリスもガンコよねえ……


TOP↑

最終話



……どうあっても、ついてくるつもりか。

だってイリアさん、放っておいたらケガをして帰ってくるんだもの。

戦いとはそういうものだ。

勝とうが負けようが、どちらも傷を負って終わる……その繰り返しでしかない――


オオオオオオ――……

無数の叫びが、響き重なる。何体もの幽霊たちが、こちらを取り囲んでいる……


ギャ、ギャー! で、出たぁーっ! アイリス! バーンナップ! バーンナップゥ~!

……待って!

この人たちからは、敵意や怨念を感じないわ……むしろ歓迎してくれているみたい。

く、『食いちぎるぞコラァ!』って言ってるようにしか見えないけど!?

……でも、ホントに襲いかかってくる気配ないわね……

ここにいるのって、イリアが倒しちゃった人じゃないの?

私が死なせた相手には違いない。

昔の部下たちだ。ここで、苛烈な戦いの果てに散っていった……

そのせいか、魂が土地に呪縛されてしまい……死してなお、ここを離れられずにいる。

どうにも退屈らしくてな。たまに話をしに来てくれと、私にせがむのだ。

うーん……確かに、こんなトコにずーっといるのは退屈よねえ~。

オォォオオオオン……!!

ぎゃあー! お、怒ったあー!?

同意を示している。

わかりづらぁーい!

……私の祈りで、みなさんの呪縛を解きましょうか?

……! できるのか――?

とーぜんよ! この間の兵士たちもアンタが倒した後で、アイリスが浄化してたんだから!

勝手をしてすみません。でも、勝手にしていいってお話でしたから。

……なるほど。そういうことだったか――


イリアは、亡霊たちに視線を向けた。

すると、亡霊たちが、いっせいに声を上げて答える。


……そうしてほしいと言っている。――頼めるか。

はい。任せてください!


アイリスは目を閉じて、深く祈りを捧げ始めた。場に清浄な光が満ち、亡霊たちを包み込む――

すると、亡霊たちが穏やかな光に変わり、空へと昇っていく……


……もうだいじょうぶです。

これでやっと、あいつらにも静かな夜が訪れたか……

イリアは、うっすらと目を細め、空を見上げてつぶやいてから――

――礼を言う。

一言だけを残して、きびすを返し、歩き去っていく。


ちょっとー! もりちょっとさー、なんか言ってもいーじゃんかー!

いいのよ、キャトラ。私たちも行きましょう。

そろそろ、夜も明けそうだし……ね?


TOP↑

その他



相関図



ストーリーまとめに戻る

Goodコメントランキング
注目記事
1/2 2/2
ページトップへ