Gamerch

クロー(ギャラクティカ)・思い出【白猫プロジェクト】

最終更新日時 :

ストーリーまとめ



スオウ・クロー・ヨシヤス CV:樋口智透
正気を取り戻した歌舞伎役者の男。
己の無力を知り、芸道を更に進んで行く。


思い出1



クロー!? クローよね!?

zおう、おめぇさんらかい。どした? ハトが豆鉄砲喰らったようなツラあして?

どーしたのよその髪の色!? そんなにショックだったの!?

zなにがでぇ?

なにがって…… !

いろいろ……!

いろいろが……!

zはは、いらねえ心配をかけちまったようだな。

この髪は、歌舞伎の舞台化粧よ。いわゆる連獅子ってヤツでな。

あ……そうなの? でも、前はさ、もっと赤っぽかったじゃない?

なんで白なの?

z一から出直そうと思ってよ。

俺ぁ、一人じゃなんにも出来やしねぇ。それを痛感してなぁ。

もう一度、まっさらなところから、自分を鍛え上げようと思ったのさ。

いまからゼロからやり直すの?

zなぁに、長え人生、何かを始めるのに遅いってこたねえよ。

それで、どうして白なの?

z赤い連獅子は子供。白い髪は、親さ。

出直すって言いながら、外見は親に成長するってとこに、洒落が利いてると思わねえかい?

わかりづらいわ!

zま、そこは俺らしさとでも思ってもらいたいねえ。

……それにしても、わざわざはじめからやり直すことは……

zん。

クローさんは、歌舞伎役者としてとても人気があると思いますが……

zいままですがってたソレも、一旦、ナシだ。

男、スオウ・クローヨシヤスは、芸についても、最初から学び直すつもりよ。

zじゃあな!


クローさん、本気みたいね……

一ついいこと言ってたわね。

『人生、何かを始めるのに遅いなんてことはない』

その信念があるのなら、クローはきっと、以前よりももっともっと成長するわね。

……うん、そうだね♪

――完――


な、なにが!? 急にどうしたのキャトラ!?

ごめんごめん……なんだか言いたくなっちゃって……


TOP↑

思い出2



zん~~~……

クローじゃない。ウンウンうなってどうしたの?

いやな。一から、芸を学び直すためによ。

ふんふん。

zどっかの役者の付き人になるところから始めようと思ったんだが。

誰も雇っちゃくれやしねぇ。なんでなのかねぇ?

アンタ派手だからよ。

zなんだってぇ?

付き人の方が派手なんてヤでしょ。それともアンタ、地味なカッコウする?

zうんにゃ、そいつあ俺の流儀じゃあねぇ。

ゼイタクねぇ。

誠心誠意、頭を下げて頼み込んだんだがなぁ。

いくら腰が低くても、クローさんからはオーラがにじみ出てますし……

そうよねえ。

zなんてぇこった。俺ぁ、出直すことも出来やしねえってのかい……

だから、髪とか服とか落ち着ければ……

zそいつぁ無理な相談だ。

ゼイタクねぇ。これ二回目よ?

zただのゼイタクでこんなナリしてるわけでもねえんだって。

こいつぁ俺なりの、覚悟の証だかんなぁ。

覚悟の?

zこの見た目をしてりゃあ、逃げも隠れも出来ねぇ。俺あいつ何時でも、邪悪と見たら戦うぜ。

それとは別に、常に衆目を意識した振る舞いも必要になる。これは役者としちゃ大事なことだ。

そういった意味もあったのねぇ。

伊達や粋狂で傾いてんじゃねえぜ?

嘘おっしゃい。歌舞伎ってのは伊達と粋狂の塊でしょ。

zはっはっは! こいつあ一本取られたぜ!

やったわ! 一本ゲット!


z冗談はさておき、どうしたもんかな……誰にも弟子入り出来ねえし……

そんなら仕方ないじゃない。しばらくは、自分一人で芸を磨いてたら?

一から出直すったって、これまでの経験もあるんだし。練習の仕方くらい知ってるでしょ?

zお、こいつあ目からウロコだぜ。それもそうだな。ひとまず、一人稽古に励むとするか!


TOP↑

思い出3



z…………

一人稽古をするっていうんで来てみれば……

クローさん、ずっとああして黙ったまま、動かないね……

……ちょっと! クロー!

zん?

これのどこが稽古なのよ?

z自然の観察は立派な稽古だぜ? 木の葉のそよぎ、鳥のさえずり。そういった中にも演技のヒントは山ほどあんのさ。

期待してたのと違うの! もっと、発声練習とかすると思ってたのに!

zまあ、それも基本だがな。だがよ、声っつうのも突き詰めりや究極、人に伝えるためのもんだ。

逆に言やぁ、どんなに滑舌のいい大声でも、人に伝わらなけりゃ意味がねえ。

かもしれないけど、基本でしょ!それもやりなさいよ!

キャトラったら……

zそうだな。適量、やるか。


……す~……ふ~……

あーあー! はっはっは!


z終わり。

終わらないでぇ~!

zなんでぇ?

アタシが期待してたのはアレなの! 『アクーア青いなアイウエオ!』みたいなヤツなのよぅ!

zいや、知らねぇよ……

もっとこう! 早口言葉的な練習をアタシに見せて~!

キャトラって、演劇のことに意欲的なものですから……

zおかしな猫もいたもんだなあ。ま、構わねえよ。そんじゃ……

『ウイロー売り』って知ってるか?

ういろーうり!

とある薬の売り口上だがよ。よく滑舌の稽古に使われんのさ。じゃあ、そっから一節。


――来るは来るは何か来る、高野の山のおこけら小僧、狸百匹箸百膳、天目百杯棒八百本。

武具馬具武具馬具三武具馬具、合わせて武具馬具六武具馬具。


zっとくらぁ。

おおー! ぶぐばぐ! アタシそれ得意だわ!

zお?


ぶぐばぐぶぐばぐぶぐばぐぶぐばぐ

ぶぐばぐぶぐばぐぶぐばぐぶぐばぐ

ぶぐばぐぶぐばぐぶぐばぐぶぐばぐ

ぶぐばぐぶぐばぐぶぐばぐぶぐばぐ

ぶぐばぐぶぐばぐぶぐばぐぶぐばぐ


zおぉおっ!? す、すげぇな……!

えっへんってなモンよ!

(キャトラ……!いまのはズルいわよ……!)



TOP↑

思い出4



クロー! 芝居のこと教えて!

z俺のは<歌舞伎>だぜ?

芝居は芝居だもの! こんぽんはいっしょだわ!

いつか来る日のために、アタシは演劇的な知識を溜めこまなきゃならないの!

z……ホントにコイツ、興味があんだな……

……はい…………ご迷惑をおかけします……

zや、迷惑ってこたねぇよ。そうだな。弟子入りも叶わなかったし。

教えるにゃあ、三倍の理解が必要たってなよくある話だ。いいぜ、板の上でのことなら、なんでも教えてやらぁ。

やったー!


zじゃあまず、基本の立ち姿勢を――

ううん、応用でいいわ! だいたいアタシ猫だから、ひとの骨格とも違うし!

zああ~? 基本を疎かにする奴ぁ、ロクな芝居出来やしねぇぞ?

アンタもこないだ基本をすっ飛はしたじゃない! アタシもそれと一緒よ!

zクルクルよく回る舌だぜ……俺ぁ、基本をないがしろにしてるわけじゃねえんだが……

ま、いい。そうまで言うなら、応用的な部分を教えてやらぁ。

オーケー! とはいえ、歌舞伎だけじゃなく、フツーのお芝居にも使えるコツをお願い!

へいへい。じゃあ、そうだな。

『舞台は上手から下手にゆるやかに風が吹いている』

知ってるか?

ホホーウ! 知らなかったわ! そーゆーのそーゆーの!

それってどういうこと!?

z人の動きの自然きとか、難しく言えば色々あるんだが……

ま、強引に結論を言やぁ、同じことをするんでも、上手に立つのと下手に立つのじゃ見え方が違ってくるってことだ。

聞いてもわかりづれぇだろうし、実際に見せてやるよ。

お願いするわ!


お~い。

お~い。


……?

zそれぞれ、どう見えた?

お~いって言ってたわ。

zどんな状況だと思った?

……???

あ、なんとなくわかったかも……

zじゃ、もっぺんだ。


お~い。

お~い。


z微妙な違い、わかったか?

はい!

右側にいたときは、待っていたクローさんから声をかけられた感じでした。

左側にいたときは、クローさんが後ろから追ってきて声をかけてきたように思えました。

zご名答! そういうことよ!

今みてぇに、同じセリフでも、立ち位置によってニュアンスが微妙に変化するってぇわけさ。

マニアックゥ~♪ もっとそういうのちょうだ~い♪



TOP↑

思い出5



z…………


……思ったんだけどさ。

クロー、前よりも静かになっちゃったよね。

やっぱり……元気ないのかな……?

……あんなことがあったんだものね……

zお? そんなとこに突っ立って、どした?

クロ~~~!!!

zおわっ!? なんでぇ!?

アンタってば……! いいのよ! 辛いときはアタシらに頼って!

z話が見えねえぞ!?

キャトラ、クローさんのことが心配になったみたいで……

zあぁ!?

ごめん、アタシってば、思わず突進しちゃった。

z……心配って? 何かだよ?

いや……なんというか…………未練的なものとか……

……ホラ、アンタ……あの子のこと、アレだったし……

z…………

ま……そうだな。

特殊な形になっちまったが…………実らず、で、仕舞いさ。

…………

…………

zよくあるこった。

……それでいいの?

zああ。それによ。。

俺自身、とんでもねえ目に遭っちまったが、役者なんてな、不幸な目に遭や遭っただけ、芝居の幅も広がるってモンよ。

いつまでもクヨクヨ悩む気はねえよ

そう……

z心配してくれてありがとよ。じゃあな。


 ***


――さて。とはいえ、だ――

ケジメは、つけておかねぇとな――

クローは一人、闇の中で武器を構えた。

そして目をつぶり、念を凝らす。すると――


やっぱ、いるかい。あいつを呼んじまったのは、俺の弱ぇ心だもんなあ。

さてさて……己の心の影に、武芸が通用すりゃいいが――

おや、効きやがる。いや、待てよ。

容易く効くのは甘えだな。すぐに出来ると思っちまう。そいつが俺の根本か……

何をやっても、すぐに成果が出ちまった……

そんな俺のこれまでの人生に、ケリをつけるにゃあ――

クローは武器を投げ捨て、己の影に対して両手を広げた。

――こうだな。

影が振り下ろした斧が、クローの胸へ吸い込まれる――!




TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



――くぅ~っ……痛ツツツ……!


フローリア


z……やっぱり、いるかい。そういや、直接言っちゃいなかったな。

……あんたに、惚れてたぜ……

だがもう、思い出ン中だ。あばよ……

…………


ジュウベエ


小さい兄上は、見栄を張り過ぎなんです。

z……ジュウベエか? なんでぇ、いきなり。

残酷かもしれませんが、大きい兄上は、別なんです。

z兄貴……あんたは、俺とそっくりだと思ってたぜ。何でもソツなくこなしてよ。

けど、なんだかんだで俺より面倒見いいかんなあ。今もどこかで、苦労してんのかい?



z……あんたか。

あんたは、俺が想像出来ねえくらい長い間、苦しんでたんだってなあ。

…………

z……でも、一個、勝ったぜ。

俺は……愛して、その人を……失った。

それはあんた、経験ねぇだろ?

…………


……そうだな。

俺あ存外、ちっぽけな人間だ。小器用にゃあ生きれるが、特別な力なんぞねぇ。

人を導くカリスマもねぇ。凄惨な過去もねぇ。背負う使命もねぇ。

だからよ……人間として。

人間らしい痛みを糧に、これからも、生きてくってワケだ……

その点、誰かと比べて負けてるってことも、ねぇのかもな――


……へっ。

開き直って、生きてやらぁ!


 ***


……クロー! こんなトコで寝て! また酔っ払ってたの!?

思わず主人公に光ってもらっちゃったじゃない!

z……おう。手間かけちまったなあ。

ふんとにもう! 原因はナニ!? ホントーに飲みすぎたったら……

zああ、ついつい過ごしちまった。

ぎにゃーっ! ゆるさーーーん!

z悪い悪い。

反省の色が見えーーーん!


もう、キャトラったら……

だけど、クローさんに、明るさが戻ってきたような……?





出直した男

TOP↑

その他



相関図



ストーリーまとめに戻る

Goodコメントランキング
注目記事
1/2 2/2
ページトップへ