Gamerch

ダンビ・思い出【白猫プロジェクト】

最終更新日時 :

ストーリーまとめ



ダンビ・アランサ CV:大西亜玖璃
動物たちと育った少女。
森の妖精ハロとジェロと一緒に野苺を探す。


思い出1



ダンビだよ。よろしくね♪

はじめまして、私はアイリス。

それとキャトラに主人公です。

ふえぇ……島が浮いてる……

もしかして、こわい?

うん……私、ずっと森に住んでたから……

でも、もうなれた。

きりかえ早っ!?

あの……森に住んでいたというのは?

私は小さいときに森で拾われてね……あっ!

え?

向こうに小鳥さんがいる! ちょっとあいさつしてくるね!

あ、ちょ……

ひとの話を聞かない子ね……

 ずだだだだ~!

なんて足の速さ!?

姿がもうあんなに小さく……

あの子、ただものじゃないわね。

 うわっ!

大変! 木にぶつかったわ!

 ごめんなさい!

木に謝ったわ!

ずだ~!

戻ってきたわね……

小鳥にあいさつはすんだのかしら?

それが……私が木にぶつかったせいで、驚いて逃げちゃった!

あ、あわてんぼうさん……


TOP↑

思い出2



いまさらなんだけど、アンタの近くに浮いてるその黒い毛玉はなに?

ハロとジェロだよ。

ハロ!ジェロ!

しゃべったわ!?

な、なんなのよこいつら……?

森のよーせーさんだよ。サイラスが拾ってきたんだって。

サイラスさん?

サイラスは優しいんだよ。傷ついた動物たちを元気にしたり……

森で遭難した冒険家さんたちを救出したり!

なんだかすごいひとね……

それにね、私を拾って育ててくれたの!

てことはアンタの家族は……

うん……パパとママとは小さいときにはぐれちゃったの……

大人の鹿たちも大変なことになって……

しか……?

でも、今の私にはサイラスがいるから平気。少しさみしいけど……

このことについてはあまり触れない方がいいかもしれないわね。

ハロ! ジェロ!

あ、ごめん。ふたりともおなかすいてたんだったね。

野苺を探さないと……

のいちご? そんなの飛行島にあったかしら……

あるよ。くんくん……この甘い匂いは……

あっちの森からだ!

あ、こら、待ちなさい!そんなに急ぐと……

ずだだだ――

だぁ!?

<ダンビが木にぶつかった。>

いたたたた……

考えるよりも先に体が動くタイプね……


TOP↑

思い出3



雨が降りそう……

洗濯物をとりこんだほうがいいよ!

え? でも、空はこんなに……

本当に降ってきたわ!?

なんでわかったの?

雲を見ればなんとなく。あとは匂い?

そういえばアンタ、猫のアタシよりも鼻がよさそうだったわね。

野苺の採りかたも天気の見分けかたも、全部サイラスから教わったんだよ。

サイラスさんってほんとにすごいわね……

……っと、それより洗濯物を取り込まないと。

手伝うよ。

アンタは足が速いから助かるわ。

はっ!?

どうしたのよ?

く、くる、ビリビリが、くる……!

それって雷のこと? 言われてみればアタシのヒゲが……

うわー! どうしよどうしよー!

ちょっ、落ち着きなさいよ! 走り回らないで!

たしかに雷はこわいけども、急いで洗濯物を取り込んで家に避難すれば……

そっか! じゃあ、いそいで洗濯物を!

ずだだだだ~!

ダンビちゃん、そんなに走ったら!

ふええっ!?

<ダンビの顔に洗濯物がはりついた。>

うわー! 目の前がまっくらー!

こ、こら、あばれないで!

はわっ!?

転んじゃった……

…………

ダンビ? だいじょうぶ?

…………

大変、気絶してるわ!?

もう! 洗濯物の前に、ダンビを取り込むわよ!


TOP↑

思い出4



今日はお世話になってるみんなのために、料理を作ってあげるね。

まあ、うれしい。どんな料理をふるまってくれるのかしら?

野苺をふんだんにつかった……

…………

どうしたの?

野苺がない!

ズコッ。

そういえばさっき、ハロとジェロにおやつを……

ハロ! ジェロ!

ちょっと摘んでくる?

でも、飛行島にはもう残ってないよ。

もしかして全部食べちゃったの!?

ごめん……

それなら別のフルーツで料理を……

フルーツって?

え? りんごとかバナナとか……

あ、それなら森で見かけたことあるよ。

じゃあ、ああいうのを野葺の代わりにすればいいんだね!

まあそうね。

じゃあ、今から探してくるね!

ずだだだだ~!

あ、待っ……

あの子が走ると不安になるわね……

ずだだ~!

戻ってきたわ。

はい、フルーツ。

……ってキャベツじゃない。これは野菜よ。

え、違うの?

じゃあ、これは?

おせんべい! お菓子よ!

これは?

ヤシの実よ! あ、でもフルーツね。

えっ? ヤシの実? いったいどこでこれを……

うーん……フルーツってむずかしいね……


TOP↑

思い出5



みんな遅いよ~。

アンタが速いんだってば……

モタモタしてると野苺がなくなっちゃうよ!

私たち以外に誰もいないようだし大丈夫かと……

くんくん……近くに野苺の匂いが……

あれ? それとこの匂い……

ハロ! ジェロ!

あ、あれは魔獣!

動物たちが襲われてる!

主人公! いくわよ!

私はいまのうちに動物たちを!

みんな、ついてきて!

主人公! あぶない!

こ、これは療気……

吸い込んじやダメよ、主人公!

げっ、遅かった!

主人公!!!

ずだだー! 戻ってきたよ!

ダンビ!?

ずだだだキーック!!!

<ダンビは猛スピードを保ったまま前方に飛び跳ね、魔獣に蹴りを放った!>


す、すごい、一撃で魔獣を……

わとととと……

でも、勢いをつけすぎよ! そのままだと木に……

ふぎゃっ!?

ぶつかったわね。

大丈夫、主人公? 今、治療を……

それにしても……

森が枯れてる……

さっきの魔獣の療気が原因ね……

そんな……これじゃ野苺は……動物たちも住めないよ……

こんなの、ひどいよぉ……


TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



ま、まぶしい……なにこれ……

見て、ダンビ! 森が!

え……?

<枯れ果てた森はルーンの光を吸収し、息を吹き返した。>

緑が戻った……

くんくん……いい匂い……

みんな……!

動物たちが帰ってきたわね。

ダンビさんのところに集まってるわ……

あはは、そんなに近づいたらくすぐったいよ。

ふふ、素敵な光景ね。

けど、意外ね。アンタってば、熊とかこわがりそうな雰囲気なのに……

はっ!?

こわいんかい!

それでも、困ってる動物たちは助けてあげないと……

サイラスがそうしてるように。

またサイラスさん……

ここまでくると、本人に会ってみたいわね。

ああ、俺もだ。

い、いましゃべったのはハロとジェロよね?

サイラスだよ。

どういうこと?

ハロとジェロがいれば、どこにいてもサイラスと会話ができるんだよ。

そんな大事なこと、いまごろ言わないでよ!

ダンビはああいう子だ。大変かもしれないが守ってやってほしい。

……はい。まかせてください。


それはそうと、本来の目的忘れてない?

そうだった! 野苺!


 ***


できたよー!

おお、これが野苺料理。

この野苺ジャム、すごくパンにあうわね。

野苺ヨーグルトもあるよ。

ヘー、美味しそうね。

他にも野苺ムースに、野苺プリン、野苺シャーベットに……

待って待って。なんか似たようなデザートばっかね……

そんなこともあろうかと、本を読んで勉強したんだ~。ほら、これ。

こ、このピンクの塊は……?

野苺の煮っころがしだよ。それでこっちは野苺フライ。こっちは野苺おにぎりだよ。

うっ、名前だけで胃もたれが……というか……

あ、それと野苺スープに野苺丼に、それから……

作りすぎよー!!!

野苺、だーいすき♪





森に愛されし者

TOP↑

その他



相関図


ダンビ・アランサ CV:大西亜玖璃
動物たちと育った少女。森の妖精ハロとジェロと一緒に野苺を探す。
ハロとジェロ
サイラス


ストーリーまとめに戻る

Goodコメントランキング
注目記事
1/2 2/2
ページトップへ