Gamerch

【黒ウィズ】ディートリヒ&ローヴィ編 (5th Anniversary)Story

最終更新日時 :
2018/03/05

目次


Story1 元帥の不在

Story2 一発の弾丸

Story3 私掠免許状


主な登場人物





TOP↑

story1 元帥の不在



ディートリヒ・ベルクが、ドルキマスを去った。


脆弱な空軍を率い、小国だったドルキマスを覇権国家にまで押し上げた戦の天才。

そして、知るものは少ないが、亡き前王の遺児でもある。

国民にとっては、先行きが見えなかったドルキマスの前途を――

その溢れんばかりの軍事的才能によって、力ずくで切り開いてくれた英雄であった。



「もはやこの国で、あなたが成すべきことはない……。そう思われたのですか?

それとも、これもあなたの復讐ですか? 救国の英雄を失って、混乱に陥るドルキマス国を遠くから眺めて笑うつもりでしょうか?」

ローヴィの眼前には、ブルーノ・シャルルリエの墓石がある。

ディートリヒが着用していた上着と軍帽が、ブルーノの長年の勲功を讃えるように墓石にかけられていた。

「……ここに来れば、まだ閣下がいらっしゃるような気がしたのですが、気のせいだったようです。」


ディートリヒの出奔に気づいたドルキマス軍は、上から下まで、蜂の巣を突いたような騒ぎであった。

狭疑心という病魔に冒されたアルトゥールは、即座に国境周辺へ憲兵を派遣し、ディートリヒを国外に逃亡させないよう命じた。

だが、いまだにディートリヒの影を捉えたという報告すらあがってこない。


「閣下がいなくなってしまえば、私は生きる目的を失ってしまいます。」


沈みゆく陽光を一身に浴びたディートリヒの上着は、まるで聖衣のように輝いて見えた。

ローヴィは、それを手に取った。

長い間、外気に晒されていたものだが、顔を当てると、まだディートリヒの温もりが残っているような気がした。



 ***



「また、副官に見限られたんだってな? 軍務局のお偉いさんが、俺のところに泣きついてきたぞ?」

「部屋に入ってきて早々、お説教か? ブルーノ。貴君の指揮する艦は、ここにはないはずだが?」

「取り次ぎ役の副官が居着かないから、いちいち俺が、出張ってこなきゃならんのだ。こっちの苦労も考えて欲しいものだな。」

「御託はいい。ここは酒の席ではないのだ。端的に要件のみを言いたまえ。」

「これは失礼いたしました! 実は本日、ディートリヒ・ベルク閣下の副官となられる将来有望な人材をお連れした次第です。

目通りの許可をいただけますでしょうか?」

芝居がかった大仰な口上にディートリヒは呆れたような苦笑を返すのみ。

「おい、入ってこい。」


ローヴィ・フロイセ少尉です! 失礼いたします!」

「……ほう?」


お互いを認識したふたりの間に、わずかな緊張が走ったが、ブルーノはその異変に気づかなかった。


「閣下の副官に任じられて光栄です。誠心誠意務める所存です。なんなりとお命じください!」

「士官学校で、たっぷり行儀を教わったようだな? ただ、私は騒々しいのは苦手だ。」

「失礼いたしました……。」

「フロイセ少尉。君は、エルンスト・バルフェツト少佐以来の逸材と聞いている。」

「光栄で――! ……光栄であります。」



「閣下は、見てのとおり気難しいお方だ。

君には苦労を押しつけてしまい、非常に心苦しいのだが、どうか閣下を見捨てずに、よろしく頼む。」

「はっ……は?」

「ブルーノ。新任の副官の前で、悪い印象を与えるような言葉は慎みたまえ。」

「おっと、失礼いたしました。つい、ふたりきりの時の癖で……。はははっ。」

ローヴィ・フロイセ少尉。さっそく雑用を押しつけてすまないが、シャルルリエ大佐を指揮すべき艦まで案内してやってくれたまえ。」

「子どもじゃないですよ。自分の艦に戻るぐらい、なんてことありません。ひとりで戻れます。

それではフロイセ少尉。くれぐれも、閣下のことをよろしく頼むよ。」



 ***



ドルキマス空軍一、軍紀に厳しいと言われている第3艦隊には、暇を持て余している者は誰もいない。

少ない人材を遊ばせておくことをディートリヒはなによりも嫌った。


今日も、鉄の床を軍靴の底で叩く音が、慌ただしく響いていた。


「戦務参謀殿より、物資集積所の移転に関してのご相談があるそうです。

第4艦隊新設にあたって、鉄鋼資材の割り当てを決めて欲しいと、軍需大臣ベルファルト伯より、連絡がございました。」

列官であるローヴィにとって、各部署からの通達をディートリヒに取り次ぐことが、一番の仕事だった。

「これも戦に向かうための準備だ。将校にとっては、机の上も、ひとつの戦場だと自覚し、務めたまえよ。

とはいえ、ローヴィ。君のメモだが、字に癖がありすぎて読みづらい。暗号解読の座学を強いられている気分だ。」

「し、失礼いたしました。内容を読み上げさせていただきます。」


初めての副官任務に振り回されていた。

与えられた仕事をこなすのが精一杯で本来の目的(・・・・・)を願みる暇すらなかった。


(それでも私は、必ず見定めてみせる。

閣下の真意を。そして、私の父を殺した男かどうかを――)




TOP↑

story2 一発の弾丸



ローヴィにとって王を弑逆し、玉座の主すら意のままにするディートリヒは、明らかに敵意を持ってしかるべき存在だった。


(元帥閣下は、ドルキマスをいままで以上の地獄へ引き摺り込むおつもりですか?

私にとっては、ドルキマス国への忠誠がすべて。父が、命を捧げたドルキマス国の存続と繁栄のために

あらゆる迷いを断ち切る覚悟を決める他ありません)


国王を失ってからのドルキマスは、すべてが喪に服したかのような沈黙の夜がつづいた。

消灯時間がすぎたというのに、今日もディートリヒの執務室には、まだ明かりが点っていた。

聞こえるのは書類がめくられる音とときおり紙の上を走るペンの音だけだった。

反乱を成功させたあとも、ディートリヒは己の行いに浸るでもなく、祝杯を挙げることもなかった。


「まだ、お休みにならないのですか?」

「うむ……。」

副官がひとり執務室に入ってきたところで、ディートリヒは気にもとめない。

いまや、ローヴィは側にいて当然の存在であった。

(父を殺し、ドルキマスを混迷に引き摺り込む大罪人。

たとえ上官といえど、大義はこちらにある……)

ローヴィの手が動く。腰にぶら下げた護身用の短銃を引き抜き、引き金を絞る――それだけでいい。

(……くっ)

短銃を持つ手が強ばっていた。いまさら、なにを迷うことがあろう?


「……なぜ、撃たない? 私を殺しに来たのではないのか?」

「……っ!?」

なんと、殺気に気づかれていたようだ。しかし、動揺を顔には出さないように努めた。

「殺すべき敵を目の前にしたとき、私は、迷わなかった。

だから大事を成せた。ところが、貴官には迷いがある。怯えがある。それでは、私を殺せんよ。」

「迷いなど………ありません。」

「では、なせそのような怯えた眼をしている?」

ディートリヒは、椅子から立ち上がる。暗闇の中、元帥服に包まれた長躯が迫ってくる。

ローヴィは逃げることができずに、あえなく壁際に追い詰められた。

(機会が巡ってきた。殺せ……ここで殺せは、父は浮かばれる。ドルキマス国も救える……)

しかし、短銃を握った腕は、なぜか凍り付いたように硬直していた。

「それだと自分の脚を撃ってしまうぞ。銃口を向けるべきは、こちらではないのか?」

ディートリヒはみずから、ローヴィの持っている短銃を騰導し、自分の胸にあてがった。

銃口が当たっている場所は、ディートリヒの心臓のちょうど真上。銃を通して、心臓の鼓動が伝わってくるかのようだった。

「引き金を引くだけでよい。それで、私は死ぬ。貴官の父君も、アルトゥール殿下も、きっとお喜びになるであろうな。

唇が震えているな? まさか、この期に及んで怖じ気づいたとは、言うまいな?」

「わ、私は……。」

口が上手く動かず、頭が回らない。それ以上、言葉が出てこなかった。

目の前に迫ったディートリヒの隻眼に、まるで心と身体が縛りつけられたようであった。

「私は子どものころから、暗殺者の影に怯えて暮らしてきた。だが、もう怯えて生きる必要もなくなった……。」

それは、グスタフ王を殺したからだと、ローヴィは察した。

「しかし――そんな安堵の渦中にいながら、信じていた部下に裏切られ、あえなく命を落とすのも一興とは思わんか?

ローヴィが戸惑ってできないと言うのであれば、私が手伝ってやろう。」

引き金に添えられているローヴィの手に、ディートリヒはみずからの手を重ね合わせた。

「なにを……なさるのです?」

――手伝うとはどういう意味なのか?

混乱したローヴィには、理解が追いつかない。

硬直して動かない人差し指に、ディートリヒの指が絡みついた。

「楽になりたいのだ、私は……。」

乾いた笑みを浮かべる。

(まさか閣下は、死を望まれているのか?)

その直後、短銃の引き金が、ローヴィの意思を無視して絞られた。


暗い執務窒に一発の銃声が轟く。

だが、弾丸はディートリヒの心臓を撃ち抜かなかった。

弾丸が発射される直前、ローヴィがとっさに銃口を逸らしたため――

放たれた弾丸は、ディートリヒの肩をかすめただけですんだ。


「どうやら私は、死神に嫌われているようだ。」

肩口から赤い血が、腕を伝ってしたたり落ちた。

闇の中に佇んだディートリヒの表情には、露骨に落胆の色が浮かんでいた。

「なぜですか? なぜ、死を求められるのです?」

王は死に、ディートリヒを狙う者も、行動を遮る者もいなくなったはず。

いまや、ドルキマスを意のままに操ることも、他国と手を結んでドルキマスを滅ぼすこともできる自由な立場だ。それなのに――

「おかしなことを言う。私を殺しに来たのは、ローヴィ……貴官の方であろう?」

「……できませんでした。私は、大事を成す覚悟も意思もない弱い娘にすぎませんでした。」

ローヴィは、神妙になって持っていた短銃をディートリヒに差し出した。

「どうか、御処分を。」

「……潔いのは結構なことだ。だが、今日は人を殺したくない気分なのでね。」

短銃を拾いあげてローヴィに手渡す。

「次は、私に気づかれないように上手くやりたまえよ。」

その口ぶりは、とても寂しげだった。ローヴィは、気づいた――


(このお方は、すでに抜け殻なのではないのか?)

復讐という大事を成し終え、あとはただ戦争を生き甲斐にして彷徨うしかない、悲しい生き物なのではないだろうか?



 ***



結局、閣下は殺せなかった。私は、父の敵を討てなかった。

いえ、死を求めている閣下を討ったところで、はたしてそれで、父が浮かぱれるのかもわからなくなった。

復讐を諦めるのであれば、私はこれからどう生きるべきなのか……。

ひとつ言えることは、私はもう閣下のお側にはいられない――

この日から私もまた、目的を見失って彷徨う、孤独な魂と成り果てたのだ。




TOP↑

story3 私掠免許状



「結局、持ち帰ってしまった……。」


手元には、ブルーノの墓石にかけられていたディートリヒの上着と軍帽があった。

あのまま野ざらしにしておけば、そのうち風で飛ばされるか、墓荒らしに奪われる運命だったはず。

これは、一時的な保護にすぎないのだと、しきりに自分に言い聞かせていた。

「だがこれは、私が持ってていいものではない。」

ディートリヒが、亡きブルーノヘ贈ったものだ。

近いうちに必ず、ブルーノの娘であるクラリアに返却するべきだろう。

(だが、それまでは……)


「……ディートリヒ閣下。いま、あなたはどこにおられるのですか?」

ローヴィは、上着を抱きしめながら、その場にいないディートリヒに問うた。

もちろん答えなど、返ってくるはずもなかった。狭い士官室の寂寥とした空気は、胸を激しく締めつけた。

やがてローヴィの頬に勢いものが伝っていった。

「涙? なぜ……?」

ローヴィははたと気づく。その涙のわけを……。

だが、それは、決して口に出していい理由ではない。

「私は父を……。そして、自分自身に抱いた決意を裏切ることはできない……。」

涙を拭って、立ち上がる。

温れ出てしまった感情をしまい込むようにディートリヒの上着と軍帽を、チェストの一番奥へとしまい込んだ。

窓を叩く夜風は強く、近いうちに嵐になりそうな予感があった。


 ***


――その日の夜。

ドルキマス国王アルトゥールからの使者が、ローヴィの士官室を訪れた。


玉座に座るアルトゥール国王は、樵悴し切っていた。

王宮の者の話によると、ディートリヒの出奔は、他国と通じてドルキマスを攻め取る計画の一旦だとアルトゥールは、思い込んでいるらしい。

それはなんの根拠もない妄想であった。

しかし、ディートリヒを恐れるあまり、狭疑心を肥大化させたアルトゥール王は、誰の言葉にも耳を傾けなかった。


ローヴィ・フロイセ少佐。そなたにやってもらいたいことがある。

他国に出奔した我が弟……テオドリクを連れ戻して欲しいのだ。」

「はっ……。」

「そのための艦を用意した。小型艦だが、飛び回るには良い艦だそうだ。」

すでに艦まで用意されているとは――。

それほど、必死になっている証拠であった。

「だが、軍属のそなたが、他国の空を堂々と飛び回っていては、あらぬ疑いをかけられるやもしれん。」

「身分を偽装せよと……仰られるのですね?」

側近の者が、1枚の書状をローヴィに差し出した。

それはドルキマス国の印章の入った『私掠免許状』であった。

「私に空賊として行動しろと……?」

空賊船に偽装した小型艇が1隻ドルキマス国外の空を飛んでいても、目立つことはないだろう。

それに空賊を装っていれば、同じ界隈のものたちから、ディートリヒ――テオドリクの情報を得られるかもしれない。

「テオドリクは、私にとって大切な弟だ。なんとしても、我が国に戻ってきてもらいたい。」

アルトゥールの言葉は、耳触りがよすぎた。言葉の裏に潜む負の感情に気づかないローヴィではなかった。

「ご命令、謹んでお受けいたします。」

「くれぐれも頼むぞ。」

覇気が失せた表情に眼だけが爛々と光っている。ローヴィは、彼の表情に狂気を感じた。

弟の『テオドリク』がもし発見されたら……彼をどうするつもりなのか、容易に想像できた。


「軍人である限り、命令には従うしかない。

なんとしても閣下……。いえ、テオドリクさまを見つけ出す。」

ローヴィの手には、ディートリヒの軍服があった。


 ***


――元帥閣下の軍服と軍帽は、貴様が持っているのがいいだろう。

ひょっとして、なにかの手がかりになるかもしれんからな。

閣下が、我々を……ドルキマス国を見捨てるはずがない。それに我々には、まだ閣下が必要なのだ!

ローヴィ少佐。私からも頼む。なんとしても元帥閣下を見つけ出してくれ。――


 ***


(いまの私にはわかる。閣下が出奔なされた理由が。

きっと、死に場所を求めて、旅立たれたのだ

閣下にとって、死ぬことが、空虚となった心の苦しみから逃れる唯一の手段だというのなら――

閣下を死なさず生かしつづけることが、私にとっての復讐になる――)


「ローヴィ艦長。まもなく出航の準備整います。」


命令とはいえ、まさか空賊を演じることになるとは。

ローヴィは、自分の置かれた立場に苦笑せざるを得なかった。


「ドルキマス空軍第4艦隊所属、特務艦《ホーラル・シュテルン》(極北に兆しあり)――主機点火。機関始動。」


ローヴィは、ディートリヒが残した軍服の上着に袖を通した。

サイズの合わない軍服を乱暴に羽織った姿は、なんとなくローヴィが想像する空賊のイメージに近い気がした。


「特殊任務とはいえ、我々がやろうとしていることは、ドルキマス国を左右するきわめて重大な任務だ!

各自、それぞれの役割をはたせ!」

ローヴィは、舵を取った。船首を北に向ける。


「抜錨!《ホーラル・シュテルン》――出航せよ!」


北の空は、この先の前途を示すように白く澄み切っていた。







TOP↑


空戦のドルキマス
ディートリヒ 初登場 (ウィズセレ)2014/11/14
空戦のドルキマス ~沈まぬ翼~ 
ドルキマス軍 最終戦
2015/10/22
空戦のドルキマス 外伝集2015/10/22
黄昏の空戦記 (正月)
ディートリヒ過去
2016/01/01
白猫×グリコ コラボ
(メイン飛行島)
2016/01/29
深き黒の意思 (黒ウィズGP2016)
ディートリヒ過去
2016/06/13
 
空戦のドルキマス ~昏き英雄~
0 1 2 3 4 5 6 7
2016/09/23
プルミエ(4周年)
イグノビリウム侵略
2017/03/05
フェリクス(GW2017)
イグノビリウム侵略
2017/04/28
対シュネー艦隊戦 (GP2017)
ブルーノ少尉とディートリヒ准尉
2017/08/31
ドルキマスⅢ
2017/09/30

ジーク外伝
2017/09/30
ジーク(謹賀新年2018)2018/01/01
元帥の不在(5th Anniversary)
ローヴィ&ディートリヒ編 3後
2018/03/05
ディートリヒ編 GW2018
クラリアのリボン
2018/08/31
月夜の思い出 魔道杯
うさ耳祭
2018/09/20
血盟のドルキマス【コードギアス コラボ】
0 1 2 3 4 5 6
2018/11/30


黒猫ストーリーに戻る


注目記事
ページトップへ