Gamerch

バス・ラシュール

最終更新日時 : コメント(0)

バス・ラシュール



バスの身体には、強力な竜の力が宿っていた。

遠い祖先が竜に挑み、契約の果てに得た力だ。


竜人の力は、契約した竜の強さに大きく依存する。

そして、バスの祖先が契約した竜は、きわめて強大な個体だった。


その力を受け継いだバスは、幼い頃から負け知らずだった。

自分なら、伝説の竜人と呼ばれるクロード一族にだって負けはしない。

バスは、そんな自信にあふれていた。


少年の頃、バスは多くの強者に挑み、勝利を飾るのを趣味としていた。

自分よりはるか歳上の相手を打ち負かすのが、楽しくて仕方なかったのだ。

そして、ある時、いかにも歴戦の猛者といった風格を持つ壮年の戦士に挑んだ。


結果はバスの敗北だった。手も足も出なかった。

それだけでも驚きだが――相手が竜力をほとんど使わず、純粋な武の技を

以ってこちらを圧倒したことにこそ、バスは心底から驚嘆した。


「確かに、おぬしは強い力を秘めておる」猛者は泰然と言った。

「されど、技量が伴っておらぬ。いかに強い力を持っていようと、

ああもぞんざいな使い方をするのでは、見切られるは必定と心得よ」


バスは感銘を受けた。竜力の強さこそ勝利の条件だと思っていた。

その常識を覆されて、悔しさよりも屈辱よりも、すごい、という素直な尊敬の念が湧き上がっていた。

次の瞬間には、バスは平身低頭、猛者に弟子入りを願っていた。


それからバスは、猛者のもとで武術の修業に明け暮れた。


武とは、持てる力を効率的に、かつ最大限に引き出すための技。

これまでバスは思うまま竜力をまき散らしていたため、狙いも適当で力のロスも大きかった。

しかし、先人たちが長い時をかけて編み出してきた武技を学ぶことで、

常に竜力を最適な形で振るうことが可能となった。


学ぶべきは戦いの技ばかりではなかった。師は、精神修養こそ武の本質であると告げた。

心は常にくもりなく、澄んだ水面のごとくあるべし。かくあればこそ、真の強者たるものの威厳と貫録が宿る。

武技を培い己の力を高めるは、いかなる事態にあっても平静を保つための手段に過ぎぬ。

確固たる強さと威厳を備えれば、自ずと誰もが強者と認めよう――


本能と力が支配する世界にあって、師の言は異質なものだと言えた。

だが、バスは抵抗なく受け入れることができた。

バスと戦った時、師は泰山のごとく動じず、冷静沈着にこちらの攻撃をさばいていた。

力で勝る相手を技で破ることができるのは、常に最適な技を繰り出す

明鏡止水の精神があってこそだと、バスは身に染みてわかっていたのだ。


やがて、バスは師から免許皆伝を告げられた。

「世界には数多の強者がひしめいておる。

 彼らと拳を交えることで、おぬしはさらなる武の高みを目指すことができよう。だが――」

「承知。抱くべきは敬意であって憎悪にあらず。いかなる敵をも師と思い、存分に学ぶべし」

答え――青年となったバスは、ニッと悠然たる笑みを浮かべて見せた。


「いかなる強者と出会い、己を高められるか……それがし、待望の極みにござる!」

コメント (バス・ラシュールに対して)

  • 名前
    ログインしてニックネームで投稿する
  • コメント ※必須 残り300文字
  • 利用規約に同意の上、投稿してください

Goodコメントランキング
注目記事
1/2 2/2
ページトップへ