Gamerch

【黒ウィズ】イェルノー・ケラス

最終更新日時 :
1人が閲覧中

イェルノー・ケラス




赤ん坊の彼女は、霊山に捨てられていたという。

本来なら生きていけるはずもなかったが――ロドムという竜が彼女を拾った。


大地の竜力を安定ならしめる努力を長いこと続けてきたロドム――

家屋ほどの体躯に、長さ時を経てきた巌のごとく剛健なる鱗を持ちながら、穏やかにして優しい瞳を持つ古き竜。

赤ん坊は、その竜の子として生きることとなったのだった。


ロドムは、赤ん坊にイェルノーという名前を授け、慈しんだ。

イェルノーは生まれつき身体が弱かったため、ロドムは赤ん坊の彼女と契約し、己の力をゆっくりと注ぎ続けることで健康をもたらしてやった。


イェルノーはすくすくと育った。遊び場たる霊山をやんちゃに駆け回り、あるいは翼で飛び回った。

ロドムは彼女の親代わりとして、時に誉め、時に叱り、そしていつも愛情を注ぎ続けた。


「なあ、ロドム。あんたさ、なんで竜力の調整なんてやってんの? 誰かに頼まれでもしたわけ?」

ある日、幼いイェルノーが素朴に問うた。


『そういうわけではない。その素質を持つ者は我をおいて他になく、我がやらねば世界は崩壊してしまう……我とて死を望むわけではないからな。

仕方なくやっているのさ』

「ふうん……でも、ずっとここにいるなんて、退屈じゃない?」

『まあな。だが……』

ロドムは目を細め、イェルノーの頭をそっと撫でた。

『今はおまえがいる。退屈する暇もないさ』

その言葉に、イェルノーは「いぇへへ……」と照れたように笑った。

「んじゃ、あたしがずっとそぱにいてあげるよ! あんたがさびしくないようにさ!」


――十年ほど経った頃、異変が起こり始めた。


『大地の竜力が激しく乱れている……』ロドムはうめいた。『竜力を持つ者が増え、野放図に力を使った影響か……』


乱れた竜力を調整するため、ロドムは必死に精神を集中した。

竜のためにイェルノーがしてやれることはなかった。せめて、そばにいてやることくらいしか。


ロドムは日に日に樵悴していった。

彼がそこまで力を振り絞っても、竜力の乱れはとどまるところを知らなかった。


イェルノーは、やせ細ったロドムの身体にすがりついて泣いた。

「もう、もうやめようよ、ロドム! 無理だよ! このままじゃ、あんたが死んじまうよ!」

『我がやらねば、世界は崩壊する。ここでやめても、座して死を待つのみだ』

ロドムは浅い呼吸を繰り返しながら、イェルノーの頭をなでた。

『させてくれ、イェルノー。おまえが生きる、この世界を守るために……』

イェルノーは答えなかった。嗚咽する以外、どうすることもできなかった。


いつしか、イェルノーは泣き疲れて眠っていた。

ぼんやりと、彼女は夢を見た。まだ異変が生じる前の霊山の夢を。


1頭の竜が――ロドムが歩いていた。イェルノーは慌ててその後を追い……

そして、見た。

ロドムが、1人の赤ん坊を拾うのを。ロドムの前に、1人の男がいるのを。


「この子は長く生きられぬ……」男は泣いていた。

「もはや、あなたにすがる以外にないのだ……勝手とわかってはいるが――」

『引き受けよう』

驚いて見上げる男に、ロドムは笑った。

『ここにいると、退屈でかなわぬ。幼子の面倒を見るは、長さ無聊のなぐさめとなろう――』


イェルノーは、ハッと目を覚ました。

傍らにいたはずのロドムがいなくなっていた。


慌てて見回すイェルノーの頬を、頭を、何かがそっとなでていく。

風だ。

淡く輝く優しい風が、イェルノーの周囲に吹いている。


光の風は――ぼんやりと、見慣れた竜の姿を形作っていた。


「あ……」


消えていく――薄れていく。風が、ほどけるように宙へと溶ける。

最後まで、イェルノーを案じるようになでながら。


「ああ……ああああああーーあああああああああっ……!!」


膝を着き――イェルノーは咆啼した。


力尽きるまで――命尽きるまで、魂を振り絞って竜力を抑えようとしたロドム。

このまま世界が消えてしまうなら……その遺志はどうなる?

ロドムの奮闘は、無為なものと終わるのか?


「させる……ものか!」


涙をまき散らすようにして、イェルノーは叫んだ。


「何も残らないなんて……そんなことにさせるものかっ!

 なんとしてでも――残すんだっ! ロドムの……世界の存在した証を!!」











~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリーテニスの話

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (イェルノー・ケラス)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ