Gamerch

ジョッシュ・ソール

最終更新日時 : コメント(0)
ジョッシュ・ソール CV:
2017/00/00



ジョッシュ・ソールほど悲しい運命を背負ったヴァンパイアはいない。

彼は高名な男爵家の長男として生まれ、やがて家督を継ぐ者として大切に育てられた。

それはまさに愛に満ち溢れた少年時代だった。――その能力に目覚めるまでは。


ジョッシュが自分の能力に目覚めたのは、ある春の朝のことだった。

その日、風邪で臥せっていた母の為にジョッシュは花を摘んだ。

「へへっ。母様、これお見舞いのお花! 早くよくなってね」

「……ジョッシュ、あなた……そのお花」

母の曇った表情に驚き、手にした花に目を落とすジョッシュ。

先ほど摘み取ったばかりの花は、その小さな手の中で無残に枯れ果てていた……


ジョッシュの目覚めた能力とは、触れたものから生気を奪う、死を与える能力だった。

その力は自分の意思とは関係なく発動し、手にしたものの命を奪っていく。

父は領地の僻地にある深い森に屋敷を作らせ、ジョッシュを一人住まわせた。

最愛の母でさえ、ジョッシュを忌み嫌うようになった。ジョッシュはその力ゆえに、愛を失ったのだ。

それ以来、窓から見える風景をただ見つめるだけの生活が何年も続いた。


そうして何度目かの冬が近づくある朝のことだった。

ジョッシュは窓の外を歩く一人の女性に目をとめた。女はボロボロの服をまとい、木の実や野草を摘んでいる。

最後に人を見たのはいつのことだろう。

――話をしてみたい。

強い衝動に駆られたジョッシュは、そう思う間もなく扉を開き、彼女を屋敷に招き入れた。

彼女の名はロゼット。いわれなき罪により、魔女裁判にかけられることになった彼女は、迫害を逃れ一人この森へ身を潜める様になったという。

互いの悲しみを分かち合う二人はほどなくして打ち解けた。彼の悲惨な半生に涙を流すロゼットにジョッシュは言う。

 

「不幸な運命を嘆くのは今日でやめよう。僕たちはもう孤独ではないのだから……」

 

その日以来、二人は毎日顔を合わせ、文字通り朝から晩まで話をした。ジョッシュの冗談にロゼットは声を出して笑った。

そんなロゼットを見てジョッシュも笑った。どれだけ喋っても会話が途切れる事はなかった。

二人はこれまでの失った時間を取り戻すように、人生の春を謳歌した。


そんな二人が互いを深く愛するようになるまでに、さして時間はかからなかった。


ジョッシュはロゼットに触れたいと願った。

ロゼットはジョッシュの腕に抱かれたいと願った。


互いの愛を意識した瞬間から、二人の新たな悲劇が始まった。


どれだけ心を寄り添わせても、決して肌を重ねる事は出来ない。

愛が深まるほど、すぐ隣にいるはずの相手が遠く感じられる。

そのジレンマが、万力のように二人の心を一日、一日と締め上げていった。


そしてついに、二人の春は終わりを告げた。


ジョッシュの腕に抱かれてロゼットは死んだ。

ジョッシュは二つの棺を作った。

一つはロゼットの為に。そして一つは自分自身のために……


しかしヴァンパイアのジョッシュに、神は自死する自由さえ与えることはなかった。

出来る事は、棺の中でただ眠る事だけだった。


愛深きヴァンパイア、ジョッシュ・ヒール。その悲しい眠りを妨げる者に対してのみ、彼は容赦のない死を与えるだろう。



TOP↑


コメント (ジョッシュ・ソールに対して)

  • 名前
    ログインしてニックネームで投稿する
  • コメント ※必須 残り300文字
  • 利用規約に同意の上、投稿してください

Goodコメントランキング
注目記事
1/2 2/2
ページトップへ