Gamerch

リュコス・ヴォーダン

最終更新日時 : コメント(0)
リュコス・ヴォーダン CV:
2017/00/00

「俺たちは月の守護者だ」

父は、いつもそう言っていた。

「俺たちヴォーダンの一族は、月から強い篭を授かっている。だからお返しに月を守るのさ」


「じゃあさ」

ひょこ、と狼の耳を立ててリュコスは問うた。

「お月さんがピンチになったら、あたしたちが助けてあげるわけ?」

「そうだ」父はにやりとした。「落ちそうになったら支えるんだぞ」

冗談に、リュコスも父も大声で笑った。


──ある時、ヴォーダンの一族が住む森に人間たちが現れた

「月の加護を得ているそうだな」彼らは居丈高に言った。「その力、我らのために使ってもらう」

父が拒否すると、人間たちは問答無用で襲いかかってきた。


相手はこちらの弱点を見抜いていた。

強烈な刺激臭を放つ何かの肉がばらまかれ、鋭すぎる嗅覚を持つ狼たちは苦しみもだえた。

だが、一族はそれでも誇り高く抵抗を続けた。


「逃げろ、リュコス!」

戦いながら、父は叫んだ。

「一族の血を絶やすな! おまえは、行けぇっ!」


すさまじい気迫を宿した言葉に、リュコスは震え、命令に従った。

身をていしてかばってくれる仲間たちに涙しながら、リュコスは、脇目も振らず走り続けた……


──数日後、人間の街に忍び込んだリュコスは、一族の噂を聞いた。

「軍は月の加護を手中に収めたがったが、狼の一族が激しく抵抗したらしい」

「結果、相打ちで全滅か。恐ろしい話だ……」

リュコスは知った──自分はひとりになってしまったのだと……


「何が月の守護者だ……」

人知れず──リュコスは月に吼えた。

「おまえのせいだ! おまえのせいで、みんな殺された!

 おまえさえいなければ……こんなことにはならなかったんだッ!!」

震える吼え声に、月がこたえることはなかった。


──数年後、和ノ国で最も高い山『富嶽』を、異国から来た狼の妖物が訪れた。

強い月の加護を受けた狼は、強い月の加護を受けたその地で、ある儀式を行おうとしていた。

月との強固なつながりを利用して、月を我が身に引き寄せる儀式を……

「墜としてやる……」

憤怒と憎悪にまみれた咆哮が、月を撃つ。

「おまえを……叩き墜としてやる!!」



TOP↑

コメント (リュコス・ヴォーダンに対して)

注目記事
ページトップへ