Gamerch

【白猫】Wings of hearts Story 序章

最終更新日時 : コメント(0)

目次


序章

悪魔を屠る悪魔

守護を司る天使



story1 勢力闘争



「…………っ!!シ、シスター……!」

「?どうしたの、ルーシー。」

「みんな……みんなが、あらそっているのだ……!」

「何のことよ。……もしかして、また負の感情を吸収したの……?」

「……声が聞こえるのだ、シスター。ルーシーが逃げ出した、ルーシーとシスターのふるさとから……」

「……ああ、それね……ルーシー、そんなもん聞かなくていいわよ。あたし、わざと聞こえないようにしてるの。」

「お願いなのだ、シスター……!たいへんなことが、起きているのだ……!」

「……わかったわよ。」


 ***


 ――悪魔の国。

 〈サタニアス〉地方の境目。


 ……悪魔の亡骸が、山のように積み上げられている。


「いいか?こいつらは反〈サタニアス〉の間者どもだ。

我らが誇り高き思想を覆そうとする者……死に値する者達だ。

……最近は、本当に愚かな連中が増えた……――同志よ、なぜ理解しない?」


「同志?笑わせるな。それに理解しないのではなく、理解できないだけだ。

……お前らのやり方は過激すぎる。時代も変わった。だから俺達も変わるべきだ。」

「平和的な布教活動とやら、か?反吐が出る。

我々が気に入らぬのならば、こそこそと間者など送らず、真正面から力づくで変えて見せよ。」

「言われずとも、やってやるさ。……俺達を、あまり甘く見るなよ?

お前達に対抗する為の武器を作った。ありったけの魔術を取り入れてな。」


 その言葉を合図とするように、草むらから大勢の悪魔が姿を現した。

 怪しく、不気味に黒光りする武器を堂々と掲げながら。


「クク、探す手間が省けたな。……悪魔を殺す悪魔のエモノか。面白い。

骸の山がまた一つ増える訳だ。何、心配するな。その武器は我々が大切に使ってやる。」


「ぬかせ!……みんな、行くぞっ!!」


 ***


「…………」

「シスター……」

「……まったく、〈サタニアス〉の連中はこれだから嫌いよ。

あたし達の地道な布教活動を台なしにしようってんだからね。」

「……悪魔の国は、これからどうなるのだ……?」

「……わかんないわ。ただ……」


(サタニアスには、アイツがいる……

……昔、戦ってる姿を一度だけ見たことがある。強いなんてもんじゃなかった。

あんなのがいる限り、勝てる訳ないじゃない……!)


「……シスター?」

「……ルーシー。今日だけは、デザート頼んでもいいわよ。」


TOP↑

story2 神と天使は潤う



「よくない流れだ。」

「えっ?なにが~?」

「悪魔が悪魔を殺している。しかも、大勢を。」

「えっ……なんで?」

「考え方の違いだ。人間に寄り添おうとする者と、そうでない者のな。

今はまだ小競り合い程度だが……下手をすれば、あるいは……」

「……ねえ、よくわかんないんだけど。それって、あたし達もなにかしなきゃいけないんじゃないの?」

「……すでにしてるさ。」


「お疲れさまです。」


「……どちらさま?」

「お前と同じ天使のリンデだ。英雄の魂を集める仕事をしている。」

「わあ、そうなんだ!よろしくね、リンデ!」

「ウワサは聞いてるわよ、マール。ラッキープレゼント!つってね。

……ガレアさん、お久しぶりです。……少し痩せました?」

「むしろ太ったかもしれん。」

 「ええっ!?ガレア、おなかぷにぷに?」

「それでだ、リンデ。例の〈サタニアス〉の件だが。」

「みましたみました。いやー、ほんと酷いですよねー。勘弁してほしいですよねー。

こっちからしたら余計な仕事が増えるだけっていうか。いや余計って言ったら御幣が生じるんですけどね?

まだウチウチでやるんならいいんですけどねー。いよいよ人間に目をつけてるらしいじゃないですか。

……誰でしたっけ?貧乏クジを引いたの。」

「クジは引いていない。自分から志願したそうだ。愛の女神に仕える――」

「あー……〈男気天使〉……」

 「その人、この前ガレアがいってた人?」

「そうだ。リンデ、そういう訳で俺は古都に戻る。出立の儀式に参列しなくてはならんのでな。」

「〈ニカエア〉って、まだそんな風習残ってるんですね。」

「マールを頼んだぞ。……何が起こるか、わからんからな。」

「はい、任せてください。

……マール、あとで私とスイーツ食べ放題の店に行きましょ。女子会女子会♪」

 「いいね~!たくさん食べよ~♪」

「…………」

「あ、ところでガレアさん。……ゴッド、見ませんでした?」

「知らん。」


TOP↑

story3 奪う者と護る者



 ――悪魔が悪魔を滅している。

 あまりにも一方的だった。

 武器を構えるスキも与えず、その悪魔はケタ違いの強さで次々と同族を微塵にした。


「……格が違いすぎる……!

……くそ…………甘かった……!これほどとは……!

〈悪魔殺し〉ィ……!」


 ――〈悪魔殺し〉。

 呼ばれた二つ名に、悪魔はニタリと笑った――


 ***


 天使は悪魔を〈視て〉いた。

 気持ちが、逸る。争いの火種を撒きにやってくるのは、この〈悪魔殺し〉――

 恐れなどなかった。ただ心にあるのは、決して揺らぐ事のない、不動の信念。

 〈守る〉。


 守護天使はゆっくりと目を開ける。

 出立のときは、刻一刻と近づいていた――





悪魔の企てを阻止するため、
守護天使は出立する!

序章 悪魔を屠る悪魔


『――!』



「……ったく、こんな所にまで潜り込んでるなんてな。

 外界の連中はカンタンにはこれねーはずなんだけどな、ここ。」

『〈悪魔殺し〉ィィィ! 覚悟ォォォォ!』

「うるせーよ。威勢だけはいい弱小悪魔が。」


「お~い。レインくぅ~~ん。」


「……エルゴラム様。」

「や~、殺してるね~。イイヨイイヨ~。その調子ダヨ~。」

「この間の小競り合いは沈静化しましたが……何匹か進入を許してしまったみたいすね。」

「や~。ほんとヤだよね~。困っちゃうよね~。使えないよね~。下っ端の奴らはさー。

……そんな訳で、予定を少し早めることにしました。

レインくん、今からすぐ行っちゃおう。ナ~ウ!」

「今から、っすか?」


「うん。あのね、小耳に挟んだ情報によると、どうやらクソ天使も出張ってくるらしくてね。

 だからさ、悪は急げ、だよ!人間を利用して、僕たち悪魔の存在を知ってもらおうじゃないの~。」

「……わかりました。」

「出張費は出るからね~。なんつって。」


「それで、どんな人間なんすか?」

「――さみしんぼ。」



序章 守護を司る天使



「お弁当よし!水筒よし!ハンカチよし!

わたしよし!!

よーし!待っててくださいお子様さん!守護天使のわたしが――

なにがなんでも守ったらーい!!」


ルカ。」

「……っとと!女神さま!」

「出立の儀式、ご苦労様でした。」

「はい!初めてなので緊張しましたが、どうってことないです!へへっ!」

「ふふ。……あなたには、何の心配もしておりませんよ。胸を張ってお行きなさい。」

「ありがとうございます!ルカ・フォルテス、賜った使命を精一杯果たせていただきます!

ではっ!行って参りまあぁぁぁす!」


「……ここから飛べばいいのに……」


 ***


「いそげいそげいそげ~!

 お子様さんがわたしを待ってる~!」

「ルカ。」



「……っとと!ガレアさま!」

「止まらなくていい。……見送りに来た。」

「うわあ!ありがとうございます!光栄です!」

「……今、悪魔族はかなりデリケートな状況に陥っている。

……これ以上、彼らに対する人間達の印象を下げる事になれば――

人間に寄り添おうとする悪魔たちの立場も危うくなるだろう。」

「大丈夫です、ガレアさま!人間も、良い悪魔もみんな――

全部わたしが守ったりますからー!!」

「ふ……さすがは〈男気天使〉だな。」

「あ、ちょ、ガレアさままでー!その二つ名、ぜんぜん女の子ぽくなくてイヤなんですー!」

「俺は良いと思うぞ?……ところで……

お前の弁当、大丈夫か?箱がバコンバコン揺れてシェイクされているぞ。」

「握り飯なんで大丈夫です!」

(握り飯て……)


「……気をつけてな。」

「はいっ!見送りありがとうございました!では、行って参りまぁぁす!」


「………………飛べよ……」




【白猫】Wings of hearts Story 序章

【白猫】Wings of hearts Story 前編

【白猫】Wings of hearts Story 後編

コメント (【白猫】Wings of hearts Story 序章に対して)

注目記事
ページトップへ