Gamerch

シルヴィア・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中


シルヴィア・エルオネス CV:悠木碧
サタニアスに住む悪魔の少女。
人間の力になりたいと心から願っている。
2018/08/31


Wings of hearts 2
飛行島の思い出 
その他人物紹介関連ストーリー


※※※このお話は、イベントストーリー

Wings of hearts 2』の後日談となっております※※※


思い出1





悪魔の国<サタニアス地方>での出来事からしばらくしたある日――

悪魔の女の子が、飛行島にやってきた!


こんにちは~。

こんにちは。

飛行鳥というのは、ここであっていますでしょうか?

あってるわよ。アンタはだーれ?

初めまして。私はシルヴィアと申します。

初めまして、シルヴィアさん。私はアイリスです。

アタシがキャトラで、こっちは主人公よ。

どうぞよろしくお願いします。

みなさんはベテランの冒険家だとお聞きしています。

うん。それなりにはベテランね。

シルヴィアさんも冒険家なんですか?

じつは私、まだライセンスを取ったばかりでして……

あら、新米なのね!

はい。なので、先輩方から色々とアドバイスをいただけないかと思いまして。

私たちでよければ、お力になりますよ。遠慮なく頼ってくださいね♪

わあ、ありがとうごさいます!

私もできる限り、みなさんのお役に立ちたいと思っていますので!

あらあら、頼もしいわね~。

…………

あ、すみません、じろじろと。……その。

赤髪さん、ってあなたのことですよね?

あなたのことは、同じ悪魔の方から『マジではんぱねーヤツ』だと聞いてまして……!

……ムム? 赤髪? 同じ悪魔?

どんなに怖い人なのかと思ったら、その……すごく優しそうな方だったので、意外で……

ねーねー。もしかして、アンタは悪魔なの?

あ、はい。すみません、言い忘れてましたね。

私は、悪魔の国<サタニアス地方>からやって来ました――


TOP↑

思い出2




<シルヴィアは、ここ飛行島に来るまでのいきさつを、主人公たちに話した>


……大変だったのね。

でも、いまはもう元気いっぱいですよ。

……それに、下を向いてても、なにも始まりませんしね。

そーね! 人生もねこ生も悪魔生も、前向きにいかないとね!

……悪魔なのに、ヘンですよね。

ううん、ぜんぜん。ひとと同じで、悪魔にもイロイロいるもの。!

もやし好きな貧乏悪魔とか、女の子がニガテな夢魔とか、ぬいぐるみに封印されたあわれな悪魔とか。

……思いつくの、ダメダメ悪魔ばっかりたわ!

そうなんですね~。ちょっと安心しました。

私、ほとんど島を出たことがなかったので、他の悪魔たちがとのように活動しているか、あまり知らなかったんです。

じゃあ、ひとと関わったこともあまりないんだ?

サタニアスの村をのぞけば、そうなりますね。

でもアンタいま、冒険家として依頼とか受けてるじゃない。

ひとの多い島とか、だいじょぶ? 緊張しちゃったりしない?

いえ、むしろテンションが上がりますね。

あがるんだ!

なんかこう、ウズウズしてくるんです。

ウズウズ……?

もし困ってる人がいたら……と思うと、いてもたっても居られなくなるんです。

人助けしたくてソワソワするって、どんだけよ……

どうしました?

なにか、困ってることはありませんか?

いまも!?



TOP↑

思い出3



シルヴィア! たいへんなの!

キャトラちゃん!? どうしたんですか!?

背中がすごいカユイの! でも、とどかないの!

ああ……それは大変です! いますぐ、かきますね!

はぁ……助かったわ、シルヴィア♪

うふふ♪このぐらい、何でもないですよ~。

キャトラ……いきなり猛スピードでいなくなったと思ったら……

アイリスか主人公でもよかったんだけど……

どーせなら、お助け悪魔のシルヴィアにお願いしようかと思ってね。

頼っていたださ光栄です!

……そーいえばさ。

はい?

アンタって、どうしてそんなにひとを助けたいって思うの?

いや、やさしいことに理由なんてなくていいんだけど……

あと、いま助けたの子猫だけど……

実は、理由はあるんですよ。私も、最近になって知ったのですが……

私は、人間の<愛情>を糧とする悪魔なんです。

愛情……ですか?

……それって、かなり珍しいんじゃないの?

悪魔の中では、異質な方だと思います。特に、故郷のサタニアスでは。

人の役に立ちたいとずっと考えてきたのも、生きるための本能からだったのでしょう。

…………

感情を得られない悪魔は、長くは生きられないですから……

……それは、違うんじゃないでしょうか?

え……?

きっと……優しい心を持っていたから、なんだと思いますよ。

だからこそ、シルヴィアさんは愛情を糧とする悪魔になった。

根拠はないんですけど……私は、そんな風に思います。

……そーね。アイリスのいう通りよ。アンタは、もっと自分を誇っていいわ。

だって、愛情を力に変えるなんて、すっごく素敵だもの。

みなさん……

さて、じゃあ今日も、依頼仕事に出かけましょうかね。

キャトラ先輩がビシバシ鍛えてあげるわ! 覚悟しておきなさい!

はいっ! よろしくお願いします、先輩!



TOP↑

思い出4



vすごーい! ここが飛行島なんだね!

とっても大きいでしょう?

ありゃ? シルヴィア、その子は?

あ、みなさん、ちょうどいいところに。紹介しますね。

この子はリサちゃん。私の、大切な家族です。

あー、アンタがシルヴィアが言ってた!

みなさんに会わせたくって、一緒に来てもらったんです。!

vリサです! シルヴィアがお世話になってます! よろしくお願いしまーす!

よろしくね、リサちゃん♪

アンタたちって、いまは一緒に暮らしてるのよね?

はい。とある小さな島に、いい家を見つけまして。

v海が見える家で、眺めも最高なんだー!

よかったじゃない。今度、遊びにいってみたいわ。

vぜひぜひー!

二人の生活、とっても楽しそうですね。

楽しいですよ! ……あ、でも、問題が一つあって。

リサちゃん、家事のほとんどをこなしちゃうんです。私かやるっていっても聞かなくて。

あらまー。ちっちゃいのに、立派なのねえ。!

v二人で暮らしてるんだから、あたしも働くのは当たり前! それに家事なんて慣れっこだしね!

シルヴィアには、冒険家の仕事に集中してもらいたいんだよー。!

リ、リサちゃん……!

vあひゃー。今日十回目のハグ!

じゅっかいめ……

……あ! しつれいしました……

かわいくってしょうがないって感じね。

しょうがないですね! それはもう、しょうがないです!

v……それはうれしいんだけどさ。あたし最近、心配になってきちゃってるよ?

心配? なにが?

vシルヴィアが、一人でもやっていけるか……

ひ、一人!? リサちゃん、どこか行っちゃうの!?

vいや、いかないけどさ。でもいつかは、二人とも大人になるでしょ?

いろいろ身の回りに変化も起さるだろうし、そしたら、別々に住むようになる可能性もあるし……

うぅ……そうだよね……

vあ~あ~、そんな悲しそうな顔しないの! いつか、もし、の話だから。ね?

うん……

…………リサのほうがよっぽど大人だわ!


TOP↑

思い出5



l邪魔するぜ。

r来たったらーーーい!

ルカさん! レインさんも!

vおっ、ルカさんレインさん、お久しぶりー!

rリサちゃんひさしぶり! あぜ道、走ってるぅ~?

v走ってるぅ~!

なにその挨拶……

ねーレイン、アンタでしょ! シルヴィアにアタシたちのこと教えたの。

lまーな。

今日はオメーに用があって来た。二代目。

で、ですから、私は二代目じゃありません!

l俺と勝負しろ。

しょ……勝負!?

l前に言ったよな。どっちか強えか確かめてみたいと。

で、でもあれは――

lオメー、コイツらと一緒に仕事してんだろ? 場数だってそれなりに踏んできてんだろ?

それは、そうですけど……

lだったら前より強くなってるはずだよなあ?

r…………

ちょっとルカ! 止めなくていいの?

r…………今回は、止めなくていいかもしれません。

l武器を取れ、二代目。

…………わかりました。

vシルヴィア……大丈夫なの?

……大丈夫。きっとレインさんには、理由があるんだよ。

lククク……滾るぜ……二代目ェ……!

……きっと!



TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



オラァッ!

くっ……!


vシ、シルヴィア……

シルヴィア、思った以上に渡りあってるわね!


(強い……!少しでも気を抜けば、やられてしまう……!)

lそんなモンかよ!

(……でも……なんだろう。レインさんの、この戦い方……)

lその程度で人を助けるってか? 笑わせんな!

エルゴラムをブチのめした時の気合い、見せてみろや!

(まるで……私を……)

lいいか、二代目。テメーの道理を通し続けてえなら――

――もっと――強くなれ――!

<レインの気が跳ね上がる――!>

(来る――!)

…………! この光は……!


いけぇ、シルヴィア!

vシルヴィアー!


はあぁぁぁぁっ!

勝負です、レインさん!

l来いやぁー!


 …………

 ……


lおいコラ赤髪ィ! 俺のケンカに横槍入れてんじゃねえ!

なにいってんの。さりげなく目配せしたくせに。

lなわけねーだろ!

あの光は……主人公さんの光だったのですね。

とっても……温かかったです。おかげでまた一つ、私は……

……レインさん。ありがとうございました。

k何のことだ。

私をここまで導いてくれたことです。

l俺はオメーとケンカがしたかっただけだ。

そのケンカで、さらに教えてくれたでしょう?

lオメーの思い過ごしだ。

ふふ、そういうことにしておきます。


r不器用だよねえ。ほんとはとっても気にかけてるくせに。

lあーもう、イチイチうるせえな……

……ま、あれだ。同じサタニアスの悪魔だしな。

ジモトのヤツらは大体トモダチ、みたいな?

lんだそれ。

私……もっともっと、強くなります。


 …………

 ……


r守ったらーーーい!

守ったらーーーい!

r必まだまだ! まだ出るよっ!


l……で?なんでクソ天使のマネしてんだ?

v大声は救助のときに役立つからなんだって。

r守ったらーーーい!


lうるせぇ……




TOP↑

その他





~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリーテニスの話

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (シルヴィア・思い出)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ