Gamerch

カレン・テニスの思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中

カレン・ガランド CV:瀬戸麻沙美
騎士として自らを厳しく律する、剣誓騎士団副長。
誇り高きプレーでテニスに挑む。

思い出1



はっ、やっ!

あら? あそこにいるのって……


ふう……ん?

カレンじゃない! ヤッホー!


やあ、君たちか。奇遇だな。

キレのある動きだわ。もしかして経験者?

小さい頃に少しだけな。

なんでまた始めたの?

我が騎士団で流行っていてな。つきあいという奴だ。

カレンさんの所属する、剣誓騎士団ですね。

ディーンが総長なのよね。

あいつも随分テニスに入れ込んでいたな。

きっと……みんなが褒めてくれるからだわね……

おそらく君の推測どおりだ。

よかったら、これから私たちと一緒にやりませんか?

アタシたちもちょうとこれからテニスやるところなのよ。

手合わせならば、いつでもお相手しよう。

しかし、私を気にして練習のぺースを乱す必要はない。

お固いわね相変わらず。

やる気なのか――

ならばいっておく。私は甘くないぞ。



TOP↑

思い出2 (LV20)




キレイなフォームだわ。誰に教わったの?

セリア様だ。

ディーンさんの、お母さんの……

大切な思い出なのね。

……優しさを、教えてくれた方だ。

アンタ、お姫様なのに……その人しか優しくしてくれなかったのよね。

ガランド王家の血は受け継いではいるが――

私は姫ではない。この身は常に騎士としてある。憐れと思ってくれるな。

剣爵騎士団の剛長さんですものね。

ああ。国と民を守るのが私の使命だ。


 ***


久々にやってみたが……

体は覚えていてくれたようだ!

お絵描きはへたっぴなのに! テニスはセンスあるわ!

ぐっ……ぬ……

私はカレンさんの絵も個性的でいいと思いますよ。


 ***


カレンさん、少し休憩にしませんか?

今、お茶いれますね。おやつもありますよ♪

いいわね~!

おやつか……。そこまで甘えてしまっていいのだろうか?

テニスは体力を使うから、栄養補給も大事よ!

それもそうだな。だが、甘えは甘え……どうしたものか。


TOP↑

思い出3 (LV40)



はっ!

ナイスショットです、カレンさん!


二人とも~そろそろ休憩にしたら?

私はもう少しやってからにしよう。


 ***


お疲れ様~。

テニスは体力づくりにもいいな。

騎士の訓練にも使えるかもしれない。

相変わらずマジメねえ。もう少し楽しんでやればいいのに。

あ! そうだ!

ねえねえ! よかったらここらで大会に出てみない?

大会か……

カレンの腕なら、いいトコロまでいけると思うわ。

私のテニスは、まだ未熟だ。試合には早い。

それでも! 挑戦することに意義があるってもんよ!

なるほど……下手な己をさらすのを恐れては、上達の道も閉ざされる。

カレンさんなら、きっと大丈夫ですよ!

ならば挑むとしよう。未熟に甘えてはいられないからな。

その意気だわ! さっそく練習しましょ!

まずは走り込みからだな。


TOP↑

思い出4 (LV60)



はあっ!

ここだ!

せいっ!


 ***


まだ甘いな……もう一歩踏み込まなければ。


カレンさん、すごい気合ね……!

見ているこっちも力が入るわ!


よし、この感覚だな……

主人公! 次、相手を頼めないだろうか?


 ***


すまないな……私の練習に付き合わせてしまって。

いえ、私たちもいい練習になりました。

大会が楽しみね!

当日は私たちも精一杯、応援しますね。

ああ。君たちの期待にも応えねばな。



TOP↑

思い出5 (LV80)



私が、選手としてこの場に立とうとはな――

選手も観客も、ずいぶんと熱をあげているようだ。

この中で、私は戦うのだな……

大丈夫? 緊張してない?

心配はいらない。私はいつもどおりだ。

君たちと積んだ鍛錬の、結果を出すとしよう。

カレンさん、がんばってください!

ベストを尽くして、テニスを楽しむのよ!

む……


 まもなく試合が始まります。

 選手の皆さんは……


さぁ、アタシたちは観客席で応接よ!



(楽しむか……)


どうしたのかしら、カレンさん……


(それは――どうやるんだ?

……セリア様に、教わったはずだったが……)


来い!!



TOP↑

思い出6 (覚醒進化) (LV100)


くっ!


がんばって! カレンさん!


……なるほど、手強いな。

だが……!


――!!


よし!

!! 今、私は……


 ***


やったあ! カレンの優勝よー!

おめでとうごさいます!カレンさん!

やったわね!

はじめての大会はどうだった?

私は――笑っていたか?

カレンさん、とっても……楽しそうでした……

そうだったか――

少しは思い出せたようだ。

ともかく、いいプレーだったわ!

私もそう思います。とてもいい試合でしたよ。

……いや、楽しみすぎた。

それって駄目かしら。

相手への甘えだ。試合ともなれば――

真剣に立ち会うのが筋。

真剣に試合するってのも、楽しいもんよ!

――それも道理か。


(ディーンがテニスを進めた理由が分かった気がするな)


……良ければこれからも、一緒にテニスをさせてもらえるだろうか?

もちろん!

ありがとう、よろしく頼む。





高貴なるショット


TOP↑

その他


相関図








~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリーテニスの話

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (カレン・テニスの思い出)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ