Gamerch

【白猫】シルバ・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中
シルバの修行録 Story
飛行島の思い出 
友情覚醒画像その他相関図



ジルバ・カヌス CV:天海由梨奈
黒魔術士の家系に生まれた少年。
しかし本人は白魔術士を目指す。
2018/06/26


思い出1



……すごい……この島、本当に空を飛んでる……

アラ、見慣れない顔ね。どなたかしら?

あ、すみません。突然お邪魔してしまって。僕はジルバといいます。魔法学園の魔術士です。

はじめまして、アイリスです。こっちはキャトラと主人公。

偶然この島が目に入ったんです。それで、好奇心を抑えきれず……

構わないわよ。ゆっくりしておいさなさい。

ありがとうございます。いいところですね、ここは……

普段魔法の研究ばっかしてるから、お外が気持ちいいのかしら?

そうですね。正確には、魔法ではなく魔術ですが。

それってどう違うんだっけ?

魔術とは、ルーンに頼らず、自然や己のソウルを利用して効果を得る技術です。

発現する効果は魔法と似たようなものですが、原理が違いますね。

そうだったそうだった。黒とか白とかあるヤツよね?

はい、そうです。黒魔術や白魔術といったものが、代表的な魔術です。

じゃあ他にも色々あるのかしら?どうでしょう?

日々研究されていますから、そのうち赤魔術というものが出てきても不思議はありませんね。

それでジルバは、白魔術士ってわけね。

……残念ですが、今のところ、僕に白魔術士を名乗る資格は……

そうなの?そんなに白いのに?

その理屈だと、キャトラさんも白魔術士になりません?

なったっていいわよべつに。とくに使えないけども。

キャトラ……

……そっか……そんな自由な考え方も……

?じゃあシルバは、そんな見た目なのに黒魔術士なのかしら?

それも、『元』、ですね。今となっては……

どういうこと?

足を洗ったんです、黒魔術から。だけれど、白魔術も全くと言っていいほど使えない……

そんな半端者なんです、今の僕は……

シルバさん……?


TOP↑

思い出2



おいで、アディ。ごはんの時間だよ……

アラ、そのカラスは?

あ、みなさん。この子はアディ。僕の使い魔です。ほら、ごあいさつは?

ふふ、よろしくね、アディちゃん♪

使い魔って?

元々、小さい頃からアディとは一緒だったんですが、黒魔術をしていたときに正式に契約しまして。

そっか、足を洗ったってことは、やってたってことだもんね、黒魔術。

ええ。僕の家は、代々黒魔術士の家系で。

サラブレッドってやつかしら?

……はい。脈々と受け継がれてきた僕の家の血統は、黒魔術の素養に特化しました。

黒魔術に関しては、クラスメートの誰よりも、僕が飛び抜けていました。

それなのに、やめちゃったんですか……?

どうして?

…………

……言いづらい理由?だったらいいわよ、無理してしゃべらなくても。

……いいえ。過去から目をそむけたって、意味はありません。聞いていただけますか?

もちろん、いいわよ。

半年前、僕は訓練の途中で、黒魔術の制御を誤ってしまいました。

そして、暴発した術は、僕の親友を飲み込んだんです。

そのお友達は……!?

一命はとりとめました。……ですが、黒魔術の本質は対象の侵食と破壊です。

彼の体の奥まで食い込んだ魔力は、完全に消え去ることなく、彼を蝕み続けています……

そんな……

腕の立つ白魔術士とかに治療を頼めないの?魔法学園なんだから、先生とかもいるでしょ?

……暴発し、複雑化した黒魔術は未知の魔術です。

それに、僕自身の黒魔術の威力も重なり、解式は困難を極めます。

いまの技術で、彼にかかった術を完全に解くのは不可能だと……

…………

……とはいえ、ある程度回復はしています。今では、日常生活は可能なくらいに。

ほっ……

だからって許されることじゃない。もちろん、僕は彼に謝りました。ですが、彼は言うんです……!

『さすがジルバだ。今回は失敗しちゃったけど、俺のことなら気にするな。

やっぱりお前の術は別格だな。それでこそ俺の親友だ!いずれ偉大な黒魔術士になってくれよ!』って……!

……いいお友達じゃないですか。

ええ、そうです!こんな僕にはもったいない、いいヤツなんです!

そんなかけがえのない親友を、僕は、僕のせいで……!

……シルバ、あんまり自分を責めちゃダメよ……?

責めますよ……!あいつが責めてくれない分も……!

ううん、それはちが……

――だから僕は、捨てたんです。それまで心血を注いできた、黒魔術を……

……アンタが黒魔術士をやめたってこと、その子は知ってるの?

まだ言っていません。彼にもう一度会えるのは、白魔術士として一人前になってから。

そう思っています。

……そうかな……



TOP↑

思い出3



ジルバが黒魔術士をやめた経緯はわかったわ。

はい。

ということは、今のアンタは白魔術士を志してるってことでいいのよね?

破壊するだけの黒魔術では何も生み出しませんから。

<再生>を生むわ。

(キャトラが哲学を……!)

月並みだけどね。

…………

……たとえそうだとしても。今の僕の望みは、白魔術士として力をつけることです。

ふーん。だから真っ白なかっこうなの?

魔術には思い込みの力も作用しますから。

詭弁よ。

わかってますよ。

ちょっと、キャトラ……

いくら白い服を着たって、毎日牛脂を飲んだってね。心が変わらなきゃ何の意味もないわ。

(牛脂……!?牛乳じゃなくて……!?)

いいえ、心が変わったとてそう簡単にはいかないわ。黒魔術士の血筋なんでしょ?

そんなものくらい覆してみせますよ。

ならやってごらんなさい。今朝がた、カサブタをはがしてきたの。アンタに癒やせるかしら?

馬鹿にしないでください。そんな小さな傷くらい、さすがに僕にだって。

<七の天光 四の霊耀 ーの破暁。我が身のほむらを矩火となし。もって汝に燈し置かん>!

…………

かゆいわ。

そ、それは、それこそ、白魔術で傷が癒えようとしている証で……

いいえ、おしりがよ。

カサブタの方はウンともスンともね。いいえ、スンとはしたかしら?

ともかく治る気配はないわ。

っ……!なら、この薬草を使って……

薬草はナシ。

なっ!?薬草の併用も、立派な白魔術なんです!

ごまかすんじゃないわよ。アタシはアンタの適性を見てるの。

ほら、白魔術は?もう一度やってごらんなさいよ。

ぐぐぐ……!

<七の天光 四の霊耀 一の破暁。我が身のほむらを矩火となし。もって汝に燈し置かん>!

ねむいわ。

そ、それが、いままさに治ろうとしている副作用で……!

いいえ、猫だからよ。

くうううっ……!

そう。

猫だからねむいのよ。

くっそおおおおおおー!!!




TOP↑

思い出4


…………

k…………

……カァー、カァー……

……うん?どうしたんだい、アディ?

通訳してあげましょうか?

結構です。わかりますよ、アディの気持ちくらい。

使い魔ならそうでしょうね。でも、受け取り方次第で、伝わるものも伝わらないわ。

ひととひとの会話と同じようにね。

(キャトラがまた哲学を……!?)

わかったようなことを言わないでください。僕とアディは一心同体です。

そうかしら?なら、アディはなんて言ってるの?

『ぼーっとしてないで、魔術の稽古に励んだら?』って。

『なに』魔術かしら?

…………

……白魔術ですよ。決まっているでしょう。

決まっているのはアンタの中ででしょう?

なに言いたいんですか!!!

アタシが言いたいんじゃないわ。アディが言いたいのよ。

ヘンなこと言わないでください!アディは誰よりも僕のことをわかってくれます!

アンタの親友もアンタをわかってるんじゃない?

……っ……!

わかってないのはアンタだけなんじゃないの。

……もう一度言います。なにが言いたいんですか?

もう一度言うわ。アディが言いたいのよ。

……アディ……?

k…………

……カァー!カァー!

……どうしてっ……!

どうしてそんなことを言うんだ!アディだけはわかってくれてると思ってたのに!

kカァー!

もういい!

kカァ!カァー!

まったく、イコジな子ね……

キャトラ?

あ、通訳するわね。ええと……


……ジルバさんに、黒魔術を諦めて欲しくないんだね、アディちゃんは。

そう。みーんなわかってるのに、ジルバたけがわかってないんだから。

k……カァー……

いいのよ、アンタが代わりに謝らなくって。

白魔術士を目指すのもさ、本当に、本気の本気で、イチからやり直したいんなら止めたりもしないけど……

……そうだね。ジルバさんがけがをさせたお友達も、そんなことは望んでないと思うわ。

黒魔術自体が悪いわけじゃない。白魔術だって人を殺せる。

えっ!?

要は使い方次第ってことよ。お薬の飲みすぎだって、体に害を与えることはあるわ。

そ、そうだね……

あの子は言いわけしてるだけよ。怖くなったってこと、自信がなくなったってことを。

kカァー……

ジルバが心配、か……

気づいてほしいね。アディちゃんの、お友達の気持ちに……




TOP↑

思い出5



ギルドの依頼で、討伐に来たはいいけれど……

ホントにアイリス抜きで大丈夫なのかしら?アンタに任せてホントに平気?

心配いりません。回復は任せてください。

だってアンタの白魔術って……

いざとなれば薬草もあります。今日はナシじゃないでしょう?

まあ、ね……

(しょうがないわねえ。いざとなったらアタシがツバつけてあげるから)


…………

……


――ふう、討伐おしまいっと!主人公、ついてきて。

いいじゃない、イロイロあるの。ちょっと外すわよ、ジルバ。

わかりました。

…………

kカァー……

いいんだよ、アディ。あのひとたちは腕も立つし、わさわざ僕か戦う必要は――


しまった!こんなときに……!黒魔術……!いや……!……時間さえ稼げば……!

kカァー!

<ためらうシルバをかばうように、アディが魔物にとびかかった!>

アディ!無茶だ!

<禍ツ鎖よ、賛を貪れ>!

kカァ!?

!!


――!?そんな、まさかー!


ジルバ!?いま、魔物の鳴き声が!?

たいへんなんです!アディが……!

どうしたのよ!?

そんな、こんなことが……!僕の、僕の黒魔術が、また暴走して……!

あのときみたいにっ……!

k…………

あぁあああああっ!!!アディ、アディっ!!!

落ち着きなさい!まだ息はあるわ!

僕が、僕が、自分の力を制御できなかったせいでっ……!

今言うな!

!!

制御失敗したのね!?わかったわ、次は制御しなさい!

何か手はないの!?主人公、早くアイリスを――

……次は制御を……!制御……!そうだ……!

一つだけ方法かあります!

……ジルバ?

僕の黒魔術で……アディの体に侵食していく、僕の黒魔術『だけ』を破壊します!

……自信は?

ありませんよ、さっきの魔術の制御よりも、よっほど難しいっ……!

だけど、一刻を争う……!いまここでアディを救えるのは、僕しかいないんです!

なんでも、制御するしかないじゃないですか!?

……わかったわ。落ち着きなさい。深呼吸。

……す~~~っ……!……ふ~~~っ……!

心を研ぎ澄ませなさい。威力に怯えるんじゃないわ。

アンタの血に流れる、黒魔術の力はその程度?いいえ、違うわ。

そこはアンタのフィールドよ。黒魔術をねじふせなさい……!

ねじふせる……!



TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



<黒衣の六 破蝕の四 黄昏の一。我が身のほむらを矩火となし――>

(……駄目だ!この構成じゃアディまで……!

どうすれば、アディの体の魔力だけを……!)

――!!そうか――!

<黒衣の六 破蝕の四 黄昏の一。我が身のほむらを矩火となし。異なる螺旋を取り払わん>

(――どうだ!?)

やったわ!アディ……!……って、ジルバ?ジルバ!?

(……あれ……?)

kカァー!?



……………………

…………


ただいま戻りました、みなさん。

kカァー♪

ふふ、おかえりなさい、ジルバさん、アディちゃん♪

ずいぶん遅かったじゃないの?

ええ、僕自身は、一日で回復したんですが……

会わなければならない人が、いたもので。

……で?うまくいったの?

……はい……それが……

大成功です!彼の体を蝕んでいた魔力を、完全に取り除くことが出来たんです!

……本当に……!よかったですね……!

はい……!みなさんのおかげです……!ありがとうございました!

kカァー♪

なに言ってんの。アタシたちはちょっと背中を押しただけ。成長したのはアンタ自身よ。

……本当は、頭の隅では気づいていたのかもしれません。

あいつを蝕んでいた魔力を取り除くには、術者の自分がもうー度干渉するのが一番効果的なんだってこと。

だけど僕は……また制御を誤るのが怖くて、見て見ぬフリをしてしまいました。

果ては、自分に全く通性のない、白魔術に望みを託したフリまでして……

そうね。カサブタ一つ治せない、まったくの才能ナシだったのにね。

はは……忘れてください、というのは、ムシがいいですね……

じゃあジルバは、黒魔術に戻ってきたのね。

ええ。親友にも期待されてますしね。<偉大な黒魔術士>を。

私たちも期待してますね♪

ですが、正確には、ただの黒魔術士とは別な魔術士になろうと思います。

?ただの黒魔術士とは別な魔術士って?

今回、無効化できた二つの黒魔術は、どちらも僕がかけたものです。

別の魔術士がかけた黒魔術では、こうはいきません。まだまだ研究が必要です。

ふむふむ?

ですので、僕は、黒魔術を解く魔術士――

――<黒魔術の白魔術士>を、目指そうと思っています!

ヘンなのー。

そう言わないでください。魔術はまだまだ発展途上ですから。

いいじゃないですか。一人くらいそんなのがいたって。

kカァー♪




心優しき黒 ジルバ・カヌス




TOP↑

その他


フォースター
ウミルリストシルバ


関連ストーリー
画像説明
ジルバ・カヌス cv.天海由梨奈
黒魔術士の家系に生まれた少年。
しかし本人は白魔術士を目指す。

人物紹介
画像詳細年齢
ジルバ・カヌス cv.天海由梨奈
黒魔術士の家系に生まれた少年。
しかし本人は白魔術士を目指す。
13
ミモリ・ベアフィックス
魔法学園の異端児。
ずぼらで適当で変態だが、成績は学年トップ。
15
ハルカ・グレイヘヴン
魔法学園で白魔術を学ぶ少女。
成績は万年二番手だが、くじけず努力を続ける。
15
フィリップ・アイレンベルク
魔法学園の教師。
紋章魔法を専門に教えているが、軟弱で生徒に強く出られない。
26
イザベラ・オルタ cv.嶋村侑
魔法学園で教鞭をとる女教師。
不勉強な生徒は厳しくおしおきする。
27
プリムラ・プラント
魔法学園に入学したばかりの少女。
春の精霊に守られている。
8


~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリーテニスの話

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (シルバ・思い出)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ