Gamerch

【白猫】亡國のツバサ Story0

最終更新日時 :
1人が閲覧中



――ー1――ー王国の危機



――アレス王国――

自然と資源が豊かな、辺境の小国。

大きな動乱や災害もなく、長きにわたり平和が保たれてきた国は、いま――


だ……団長……

おい、死ぬな……!死ぬなっ!

ど、どうか、生き……て……

 突如として出現した、魔獣の侵攻を受けていた。

……くそぉっ!

第三波、来るぞ!

団長! 近衛から報告……!王宮に魔獣が侵入しました!

なんだと……!?

ここは我らにお任せください!団長は、陛下を……!

……死ぬなよ?

鷹のように強く、気高くあれ。我らアレス騎士団に負けはない――

そうでしょう?

……ああ!


とはいえ、こりゃあ、きついな……


 ***


王宮・正門前――


ヴィシャス!

……ディラン。

中の魔獣どもは!?

……数は少ない。近衛が何とかしている。

……問題はこっちだ。

おらぁっ!

……おかしいと思わないか?

ああ。数が異常な上に、やけに統率が取れている。

……恐らく、操っている親玉がいるな。

俺も同じ考えだ。この襲撃には、はっきりとした人の意志を感じる……

……お前の眼で探し出せるか?

さっきから試みているが、見つからない。

1……ちくしょおおおおっ!

<アレ>を使うしかないのか……?

…………


?ヴィシャス兄!

ノエル、なぜここに……?

……親父の側についていろ、と言ったはずだが。

ディランも、聞いて!

――父さんが、<フレスベルグ>を使うしかない、って……!

 ガアアアアアッ!

邪魔っ!

僕も賛成だ。さあ、遺跡へ行こう。

……アレを起こしても、大丈夫なのだろうか?

この状況を変えられるのは、フレスベルグだけだよ……!

…………

わかった。



――ー2――ー古代兵器


<アレス王国・立ち入り禁止区域

<国土の半分近くを占めるその場所には、巨大な古代遺跡がある。


……あったぞ。

<それは、うずくまるように眠っていた。

空飛ぶ古代兵器<フレスベルグ>……

まさか、本当に使うことになるとはね。

こんなデカブツが、本当に飛ぶのか?

……やっぱり、俺は不安だ。

……騎士団は、壊滅状態なんでしょ?

……ああ。

魔獣を止められる戦力は、もう、コイツしかないよ。

父さん……陛下も、同じ考えだ。

……そうか。そうだな。

――やるしか、ないか。

……時間がないぞ

呪文の詠唱は僕がやる。その方が確実だ。

<*※●■#▲&+…………>


<長い眠りから目覚めるように――それは、ゆっくりと身を起こした。

見て、胴体の一部が開いた。あそこから乗り込むみたいだ。……行こう。


 ***


ひ、広い……!中に居住空間があるなんて!

操縦席はとこだ…… ?

たぶん、上の方だと思う。ついてきて!

…………

うむ、さっぱりわからん。どれをどうしたら飛ぶのだ?

ノエル、わかるか!?

こんな古代文字、見たこともないよ……!

よし、わかった。こういう時は――

とりあえず全部触っとけー!

よし、いいぞ……!

ふむ、操舵輪はこれか。

なにやってんだ!ぶっ壊す気か!?

失敬。

ちょ、ちょっと貸して僕がやってみる!


フォー-----ン……

起きあがった!さすがノエル!

遺跡が崩壊するぞ……!脱出しろ!

そんなこと言われても!

いいから行け!とりあえず……上だっ!

うわあぁぁぁぁ――!

殻を破るように、崩壊する遺跡から<最終兵器>が飛び出す――!


――ー3――ー戦の終わり


「……おまえ、寂しいと思ったことはあるか?

「どうしてそんなこと聞くの?

「いや、な……

「オレには、オヤジも弟たちもいる。さびしくなんかないよ。

「弟は、好きか?

「うん。ちょっと世話が焼けるけどね。

だから、オレが守ってやんなきゃダメなんだ。

「頼もしいな……

「長男だからね――


 ***


……う……うぅ……

ディラン!気がついたか。

…………

な、なんだ……俺は……どうしたんだ?

コイツを起動して、乗り込んで、それから……どうなったんだ?

落ち着け。頭を打って混乱しているんだ。

お、教えてくれ。あのあと、どうなったんだよ……?

…………

おい……なんで黙り込むんだ。

…………

な、何だよ……

落ち着いて、よく聞いてくれ。

そ、そうだ!アレスは無事なのか!?

外がやけに静かだ。……そうか、コイツで魔獣どもを一掃できたんだな!

<ディランはよろよろと立ち上がり、外へ通じる扉を開けた。

持て――

やったぞ!俺たちは、この国を守ったんだ――


…………

……間にあわなかった。

武器が、使えなかったんだ。それっぽいものが、どこにもなくて。

島が、魔獣で埋め尽くされていくのが見えた。僕は、どうしていいかわからなくて……

そしたら王宮が火の海に包まれた。僕は、悲しくて、つらくて、操縦できなくて、そしたら――

やめろノエル。もういい。お前は、よくやった。

魔獣どもは……?

引きあげていった。用は済んだということだろう。

……生き残った者は。

俺たちだけだ。

……死んだよ、ディラン。父さんも、死んじゃった……

これからどうする。……アニキ。

わからねえ。

<焼け野原と化した地を、ディランは呆然と眺めた。

守れなかった……!



――ー4――ー空飛ぶ三兄弟


……ふうん。そんなことがあったの。

生き残りはいなかったって、新聞には書いてあったけどね?

別に信じてもらわなくてもいいさ。

……で、どうしてバウンティハンターに?

そこまでは話せないな。

<ウラ>の賞金首ってのは、ヤバいヤツばっかりだよ。その分、賞金は高いけどね。

俺たち、腕は立つぞ。特にコイツはな。

…………

無口ね。

実はそうでもないんだ。ほら、自己紹介。

元アサシンです。なんでも殺ります。

な?

ふーん……

…………(麗しい)


 ***


この島も、ダメか。

…………

俺たちの国をやったヤツは、相当に用心深いな。

……裏の世界で動いてりゃ、少しは手がかりが得られると思ったんだが。

あるいは、オモテの方なのかもな。

わかっちゃいたが、一筋縄では行かねえよなあ。

だが……絶対に、見つけ出してみせる。

そして、いつか必ず――俺たちの国を、再興するんだ!

……ああ。

ノエル、出発だ!

オッケー。


…………

あーあ、まただ。

締まらないな、ディラン。

があーーー!動けポンコツーーー!

蹴らないでよ!よけい壊れるだろ!

『蹴れば大体直せる』これ親父の遺言な!

ウソいうなよ!

『蹴れば大体殺せる』これ俺の遺言な。

まだ死んでないだろ!

そうだった。

ええと、まずは飛行ルーチンをリセットして――

あ、昼寝の時間だ。

だまっててよバカ兄!

久しぶりに、兄ちゃんと一緒に寝るか?

寝ない!






next






~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリーテニスの話

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (亡國のツバサ Story0)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ