Gamerch

【アナデン】ノマル Story

最終更新日時 : コメント(0)
アナザーエデン・キャラクエスト「ノマル編」


目次


Story1 見習い警備隊のお仕事

バルオキーの商人からカレク湿原の魔物を退治するよう頼まれたノマルたち。

顔なじみのため了承したのだが……。

Story2

Story3





story1 見習い警備隊のお仕事



「アルドちょっといいか?頼みがあるんだが。

「ああ。どうしたんだ。困った時はお互い様だろ?なんでも遠慮なく言ってくれ。

「すまんなアルド。実はカレク湿原の魔物を退治してきてほしいんだ。

「えっ!なんだそんなことか。魔物退治は警備隊の仕事のうちだしすぐにやっつけてくるよ。

「そう言ってもらえると助かる。なにせ今日はちょうど王都から娘が帰ってくる予定でな。


「あの子帰ってくるんですね。

「知ってるのか?

「はい。先輩と知り合う前からの付き合いで小さい頃によく遊んでました。

「まあ幼馴染ってヤツだな。だがこれか強情に育っちまってな。……ノマルの爪の垢でも煎じて飲ませてやりたいぜ。

「そんな……僕は。

「……それでな。カレク湿原の魔物を討伐したついでに娘も拾ってきてくれると助かるんだが。

「それくらいお安い御用だ。王都で待っているのか?

「ああ。討伐が終わったら王都まで迎えに行ってやってくれ。頼んだぜ!


 ***


「う、うわぁ!

「グルルルル!!

「こ、こんな所までモンスターが……!

「落ち着けノマル!訓練通りにやれば大丈夫だ。

「は、はいっ。


 ***


「一通りは片付いたか……。ノマル大丈夫か?

「はぁはぁはぁ……。て、手が震えて。

「もう敵はいないから落ち着け。ゆっくり呼吸をするんだ。

「は、はい……。

すぅ……はああぁ~。

……もう大丈夫です。すみません先輩。情けないところを見せちゃって。

「慣れてないうちはそんなもんだ。経験を積めば動揺しないで戦えるようになるよ。

「そうですか……早く先輩みたいに戦えるように頑張ります!

「別にオレを目指す必要はないぞ。

それじゃあこのまま王都へ向かおう。お前の幼馴染が待ってるんだろ?なら急かないとな。


 ***


「遅いじゃない。警備隊が迎えにくるっていうから出発を遅らせて待ってたのに。

「そいつは悪かった。けど街道の安全を確保するためには多少の時間はかかるんだ。許してくれ。

「……そうね。あなたの言う通りだわ。生意気を言ってごめんなさい。……それでもう出られるの?

「ああ。親父さんもバルオキーで首を長くして待ってる。ノマル補給が済んだらすぐに出発だ。準備をしておいてくれ。

「あ、はい!


「……ノマル?ノマルなの!?その恰好……まさかあなた警備隊に!?

「うん。そうだよ。まだ全然新米なんだけど。

「なんで?そんな……警備隊みたいな大変な仕事気弱なノマルに務まるわけないじゃない!

「そんなこと……。

「ないって言えるの?私の目を見て。

「う……。


「……ふたりとも。そこまでだ。

積もる話があるのはわかるがのんびりしてると日が暮れる。

続きはバルオキーに帰ってからにしてくれ。

「……わかったわ。

「それじゃあ君はオレたちの後をついて来てくれ。危険はないと思うけど注意はしてくれよ。

「ええ大丈夫。これでも行商人の娘よ。旅で何が危険かはわかってるつもりよ。

「そいつは頼もしいな。じゃあ行くぞ。


 ***


「おお帰ったか!

「ただいま父さん!でも警備隊に護衛を頼むなんて過保護が過ぎるわよ。

「バカを言え。依頼のメインはあくまで魔物の討伐だよ。通商が滞れば多くの商人か困るからな。

「ならいいけど………。

……警備隊のみなさん今日は本当にありがとうございました。

「親父さんにも言ったけど困った時はお互い様だ。

「それならこのお礼は私たち商人の流儀で返させてもらうわね。

「そりゃ楽しみだ。


「ところでノマル?

「な、なに?

「……本当に警備隊員としてやっていくつもりなの?正直言ってそういうのは向いてない……。

「……決めたんだ自分で。

「そう。……ならいいけど。


「ほう娘を黙らせるとは……。ノマルも立派になったもんだ!

「もう茶化さないでよ!

「はははすまんすまん。それじゃ失礼するよ警備隊の諸君!村のことは任せたぞー!




TOP↑

story2


コメント (【アナデン】ノマル Storyに対して)

注目記事
ページトップへ