Gamerch

【黒ウィズ】カプレイ・シュシュ

最終更新日時 :
1人が閲覧中

カプレイ・シュシュ

2015/04/16



ウィズセレ



ここはふにゃふにゃした柔らかな生き物だけが住む異界……。


「でも私、特にふにゃふにゃでも柔らかでもありません! メェ!

あ、初めまして。私はカプレイ・シュシュ。この異界で郵便屋さんをしています。

メエエエ? 手紙を食べる? 私か? なんで? ……ないないないって、そんなこと……。

私、意思強いですから! そりゃ、ハラペコで誘惑に負けちゃいそうなときとかありますよ……。

でも、みんなの想いがつまったお手紙を食べちゃうなんて、絶対メェですから。」

それでは早速、そんな素敵なお手紙さんたちを皆さんのもとへ……ってアレ? ……ん?

「メェエエエ! ゆ、郵便カバンがない!?」

独り言の多い慌てんぼうの郵便屋、カプレイはいつものように急いでホウキに飛びのって……。

「キャッ!」

ひっくりかえって、またまたがって、なくなった郵便カバンを探しに飛んでいきました。



TOP↑

story2



郵便カバンを探し求めて飛び回るカプレイは、空の上から小さな妖精をみつけました。

「あ、ラパパさんだ!

彼は普段はとても温厚パパなんですが、いざって時は天敵のゴーラを倒しちゃうくらいすごいんです!

だからきっと、こんな私の「いざって時」も助けてくれるはず!」

そんな独り言を言いながら、カプレイはその妖精の元へ急降下していく。

「ラパパさん!」



『ぷぅ?』

「私の郵便カバン、知りませんか?」

『ぷぷぅ? ぷぷぷぅ?』

「そ、そうです! あの手紙がいっばい入った大きなカバンです!」

『ぷぅぷぅぷぷぷ……。ぷぅぷぅぷぷぷぅぷぷ!』

「メェエエエ!! 誰かが拾って持ってった? ……それで、その人はドコですか?」

『ぷぅ、ぷぅぷぷぅ。』

「なるほど! ありがとうラパパさん!

「きっとお腹をすかせた人のしわざね。大事な手紙を食べるなんて絶対メェなのに!」

怒った彼女は、二つのツノをブルブル震わせながら、急いでカバン泥棒の元へ向かいました。



TOP↑

story3



「……メェ? 自分はこれまで一度も手紙を書いたことがない!?」

カバンを取り返したカプレイは、カバン泥棒から事情を聞くことにしました。

「……だから人の手紙を参考にして、好きな相手にラブレターを書きたかった……そういうことね?」

話を聞いたカプレイは、少し考えてから言いました。

「他人の手紙を見るのは絶対にメェです! だってその手紙にはその人が想いがつまってるんですから。

……でも手紙を書きたい、っていうあなたの気持ち、私は本気で応援したいと思います!」

カプレイはそう微笑んで、カバンから便箋とペンをとりだすと……。

「まずは、気持ちを落ち着けて、相手の顔をイメージしてください。それから……。」

と、気持ちを込めた手紙の書き方を教え始めました。

その人があなたをどれだけ素敵な気持ちにさせてくれるのか、素直に書いてみましょう――。

想いを届ける郵便配達人、カプレイ・シュシュのお手紙講座は、結局朝まで続きましたとさ。


「夜中に書いたラブレターには要注意! びっくりするくらい想いがコモッちゃってるかも!

封筒に入れる前にもうー度読み返してみてね!」





TOP↑






~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリー思い出

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (カプレイ・シュシュ)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ