Gamerch

【黒ウィズ】Abyss Code 04 Story

最終更新日時 :
1人が閲覧中
2016/01/30



光無く、寒く、貧しい世界があった。


まともな食物などロクにない、誰もが餓えを抱えている世界。

ニティアはその世界に生まれた。笑うのが好きな少女だった。


「えへへ。」


不思議なことに、彼女がいるだけで、人々の心は和んだ。

ニティアの前を通りかかると、人々は彼女の笑顔につられて、笑った。


「ほら、みんなも笑って。」


ただそれは、彼女の前でだけの話。その笑顔は、彼女の前を通り過ぎる頃には、消えた。


「…………。」


だからニティアは舞を覚えた。彼女が舞うと、人々はもう少しだけ長く笑っていられた。


「さあ、みんなも踊って、舞って、はしゃいで、騒いで!

この世界にはこんなに楽しいことが残っているんだよ!」


彼女は、自らの言葉とは裏腹に、舞えば舞うほど、人を喜ばせば喜ばすほど、

世界には、こんなにも楽しいことが残っていない、と思い知っていった。

それでもニティアは笑顔を絶やさなかった。そうするべきだと思ったからだ。


「さあ、さあ、まだまだお楽しみは始まったばかりだよ。」


笑い続け、舞い続けた。


すると人々はニティアを疎ましく思い始めた。

この世界の何が楽しいのか。

常に餓え、常に凍え、常に奪い合う。そんな世界の何が楽しいのか。


ぶ厚い夜に支配された世界の彼らには、ニティアの笑顔が眩かった。

眩し過ぎた。そしてニティアは黙殺された。

人々は、彼女の前を素通りするようになっていった。

だが、それでも彼女は舞い続けた。



「みんなー。ニティアの舞が始まるよ。踊って、騒げば、嫌な気分も吹き飛ぶよ!」


舞い続けながら、こう願った。


「どうか神様、この世界に光を下さい。

どうか神様、ここに住む人々の心を温めてください。」


すると、神が降りてきた。

踊り続ける彼女の心に、直接神が降りてきた。


「神様、あなたは私の願いを叶えてくれますか?」


最初の神は言った。

無理だ、私の力では不可能だ、と。


それでもニティアは舞い続けた。

神を自分の心に呼び込み、繋がり続けた。


「神様、私の願いを叶えてくれる神様。どうか私の声を聞き届けてください。」


何度か神と繋がった後、炎の神ラヒルメの名を教えてくれた神がいた。


「ラヒルメ……。その神様なら、この世界に光をもたらしてくれるのですか?」


その神は、ラヒルメなら容易いだろうと答えた。加えて、ニティアに問うた。

本当に、この世界に光を与えるのかい? この世界の人々はお前を憎んでいるぞ。それに――。

ラヒルメに繋がろうとして、失敗すればお前の心が焼かれてしまうよ。

それでもラヒルメを呼ぶのかい、と。


「でも、この世界に光が生まれるんでしょう?人の心が温かくなるんでしょう?

それなら、何も迷うことはないです。」


ニティアの答えを聞くと、その神は満足そうに、わかったと言い残して、去っていった。



ニティアは暗くぶ厚い常闇の空を見つめた。



「さあさあ、ニティアの楽しい踊りが始まるよ。みんな、一緒に踊ろうよ。

踊って、騒いで、愉快に過ごそうよ。仲間に入りたい者は寄っといで。

神様だって、寄っといで。こんなに楽しいことはまたとないんだよ。」





TOP↑








黒猫ストーリーに戻る


コメント (Abyss Code 04 Story)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ